ヴォクシー ハイブリッドZSの口コミと評価

ヴォクシーハイブリッド

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年のマイナーチェンジから登場し、一躍、トヨタの大人気自動車となったヴォクシーハイブリッドZSですが、もともと人気のあったヴォクシーZSが、ハイブリッドモデルになったということで、その注目度は抜群です。

新たにヴォクシーハイブリッドZSを購入し、オーナーとなった方もたくさんいますので、今回は、そんな新たなオーナーさんからの評価や、試乗体験をした方の口コミなどを紹介したいと思います。

→ ヴォクシー ハイブリッドZSを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

ヴォクシーハイブリッドZSの魅力とは?

1http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

もともと、ヴォクシーZSはエアロパーツ装着モデルとして、独自のスタリッシュなエクステリアを誇っており、とても人気のあるグレードでした。

しかし、ハイブリッドモデルは、ZSとは別個に設定されていました。

そのため、ZSのエクステリアと、ハイブリッドモデルの優れた燃費性能の両立は不可能とまでは言えないでも、オプションパーツとして取り付けるのは結構に手間がかかる上に、コストもかかりますので敬遠されがちでした。

しかし、ヴォクシーハイブリッドZSのグレード設定を望んでいたユーザー数は、少なくなかったと思われます。

2http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

→ 知っておきたい特集記事をまとめてチェック!

2016年の1月にマイナーチェンジによって、ヴォクシーハイブリッドにいくつかの改良が加えられました。

どれも特筆すべき変更点ばかりなのですが、その中でも先述したヴォクシーハイブリッドZSのグレード追加は、ヴォクシーハイブリッドの購入を検討していたユーザーにとって歓迎される大きな改善点となりました。

もともと「エモーショナル・ボックス」と呼ばれるデザインコンセプトを掲げているヴォクシーですが、そのコンセプトに相応しく、直情的な格好良さを持ち、利便性も兼ね備えた快適な室内空間を持つハコ車というのが、ヴォクシーの魅力といえるでしょう。

3http://toyota.jp/voxy/interior/seat/

エクステリアだけではなく、インテリアのスタイリッシュさも、決して見逃すことのできない美点です。

4http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

そのヴォクシーの中でも、群を抜くスタイリングの良さを誇るのが、ZSのデザインでしょう。

少々ばかり、威圧的とも取れるその精悍なフロントフェイスは、見るものを魅了してしまいます。

ヴォクシーのテレビコマーシャルは「カッコイイ父親とその子供」をモチーフにしたものが多いですが、確かに若いパパがヴォクシーハイブリッドZSを運転していたら、カッコイイですよね。

5http://toyota.jp/voxy/

→ フィットハイブリッドのバッテリー交換費用と時期について

しかも、環境性能にも配慮している自動車を選ぶというのは、なかなかにクレバーかつ、好感を持てる選択と言えましょう。


スポンサーリンク

口コミで一番多かったのは、もちろんその燃費の良さ

口コミ情報を見ていると、燃費の良さに関する言及が多いですね。

やはり、ヴォクシーハイブリッドZSは同クラスミニバンの中では、ハイブリッドモデルということで群を抜いた燃費性能を誇っています。

その燃費は23.8km/Lという数字をはじき出し、ミニバンとは思えないくらい燃費がいいのです。ここは当然、口コミでも話題となる数字となるでしょうね。

このヴォクシーハイブリッドZSに対抗する競合車は、同じく、トヨタ内のハイブリッドミニバン以外は、ほとんどありません。

しかし、今後、燃費性能で追従するのではないかという車種が一つだけあります。

今年中に新型の日産セレナがフルモデルチェンジを果たし、現状のスマートシンプルハイブリッドではなく、ストロングハイブリッドバージョンのセレナが登場するとの情報があるのです。

フルモデルチェンジ後のセレナは、ヴォクシーハイブリッドZSに大きく引き離された燃費性能の差を、果たして埋めることができるのでしょうか?

ハイブリッドカーを作り出すノウハウは、トヨタがナンバーワンと言われているので、ヴォクシーハイブリッドZSを始めとした、トヨタのハイブリッドミニバン覇権はまだまだ続きそうですね。

→ オデッセイ ハイブリッドの予約状況はどうなのか?


スポンサーリンク

エアロパーツを奢られたスタリングの良さは絶品

専用設計のエアロパーツを取り付けられたヴォクシーハイブリッドZSは、運転してみれば燃費よし、降りてから眺めてみてもスタイリングよしと、一分の隙もないグレードに仕上がっています。

欧州系で流行している、カナードフィンのようなデザインのフォグランプ周りや、鋭利で威圧的な印象を抱かせる迫力のあるフロントフェイス。

トヨタのハイブリッドカーであることを指し示すブルーに輝くエンブレムなどは、スポーティーかつラグジュアリーな印象を抱かせますね。

足元はヴォクシーハイブリッドZS専用デザインの16インチ鍛造アルミホイールによって豪奢に飾り立てられていますし、そのドレスアップぶりは、純正カスタムカーとも言うべき完成度です。

そのド派手なエクステリアに対して、中身は立派なハイブリッドカーであるというのは、実にいいアクセントといいましょうか、いいギャップになっていますね。

7http://toyota.jp/voxy/performance/hv_system/

クリーンなイメージを演出するヴォクシーハイブリッドZSのキャラクターは、他のミニバンと比較しても、とても魅力的かつ個性的であると言えるかもしれませんね。

→ ホンダ オデッセイ ハイブリッドはエアサスを装備してるのか?


スポンサーリンク

外側だけでなく、インテリアもカッコイイ

ヴォクシーハイブリッドZSはインテリアデザインも秀逸で、エクステリアと合わせて「見た目が決め手になった!」「一目惚れしてしまった!」という口コミが多かったです。

8http://toyota.jp/voxy/grade/grade7/

確かに、エクステリア同様に、一目見てカッコイイと思わせるインテリアです。

特にオススメしたいのが、オプションとして設定できるオレンジ色の内装色です。

ヴォクシーハイブリッドZSのシートファブリックには、スポーティー仕立ての専用ファブリックが採用されており、ドアを開いてシートポジションを決めるまでに、ドライバーをヤル気にさせる演出が盛り込まれています。

インテリアの良さもヴォクシーハイブリッドZSの、見逃せない美点といえるでしょうね!

→ ヴォクシー ハイブリッドZSを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

走行性能もまったく不満なし!

「ハイブリッドカーというと、燃費ばかり先行して、走りはイマイチではないかと不安でしたが、そんなことはまったくの杞憂でした!」

このような口コミも目立ちました。

9http://toyota.jp/voxy/performance/hv_system/

確かに、一般的に流布されている口コミには、ハイブリッドカーの走行性能を甘く見ている方もいますか、ヴォクシーハイブリッドZSに一度でも試乗したことのある方であれば、その走行性能の高さが折紙付であると体感できるでしょう。

豪華な装備とエアロパーツ、通常エンジンの他にも重量のかさむハイブリッドシステムを搭載したヴォクシーハイブリッドZSの車重は、決して軽いとは言えないものですが、それでもあまりあるパワーがあります。

これは、モーターアシストによる加速の良さが一役買っているといえるでしょうね。

→ ホンダ ヴェゼルRSのターボ車の評価は?

carlineup_voxy_performance_hv_system_2_01_pchttp://toyota.jp/voxy/performance/hv_system/

ヴォクシーハイブリッドZSのエンジンは1.8リッターですから、その数字だけ見ると、どうしても非力なイメージが払拭できないかもしれません。

しかし、ハイブリッド化による最大の恩恵は、モーターのアシストによる、トルクの増大、つまりは加速性能の大幅向上です。

これによって、普段の街乗りから、長距離に及ぶ高速道路の走行まで、シーンを選ばないパワフルな走りが実現できるというわけです。

見た目も良くて、やんちゃな走りが出来るのに、燃費もいいなんて、まさに夢のようなミニバンですよね!

感想・まとめ

何か同時にヴォクシーハイブリッドZSの不満な点も挙げたかったのですが、口コミや評価を見ていても、そう言ったデメリットを挙げている口コミはほとんどありませんでした(笑)

結果として、褒めちぎり記事になってしまいましたが、確かにヴォクシーハイブリッドZSは、貶すところを探すのが難しいほど高次元でバランスされた、まさしく名ミニバンといえるでしょう。

とはいえ、車体価格がやや割高なのは否めませんが、性能や装備を鑑みれば、納得のお買い物となることでしょう!

→ ヴォクシー ハイブリッドZSを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク