徹底比較! ホンダ S660 VS ダイハツ コペン 

S660 COPEN コラム

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2015年は軽自動車スポーツカーにとっては大変な当たり年となりました。

ホンダからビートの後継として新たにホンダSの名を冠したS660、スズキから過去絶大な人気を誇ったアルトワークスの再来アルトターボRS、ダイハツからは軽スポーツに革命をもたらせた初代に続き二代目コペンと、待ち望まれた3車種がほぼ同時期に新発売されたのです。

中でも、軽自動車という制限の多いパッケージにも関わらずスポーツだけでなくオープンカーとしての側面を併せ持つ2台S660とコペンをあらゆる角度から比較してみたいと思います。

cero_gallery02

コペンセロ


スポンサーリンク

基本スペック

まずは、中身の比較に入る前にメーカーから発表されているカタログスペックをおさらいしてみます。

両車のボディサイズは、全幅・全長は軽自動車のほぼ限界値3395×1180mmで、全高のみ大きく異なりコペンが10cm高い1280mmとなっています。

これは、コペンが若干ユーザフレンドリーさを考慮に入れていることとルーフの電動開閉機構上の限界のせいだと思われます。

走りに大きく影響を与えるエンジンスペックと車重については、両車ともに軽スポーツを標榜するだけあって660ccという制限の中で限界とも思える数値を出すことに成功しています。

エンジンのホンダと言われるだけあって、S660の方が最大トルクとピーク発生回転数が若干優位で、

最高出力:47[64]/6000(kW[PS]/rpm)

最大トルク:104[10.6]/2600(N・m[kgf・m]/rpm)を発生させます。

コペンは、その最大の武器ともいえる軽自動車初となるリトラクタブルトップを備えていることもあり、車重はS660+20kgとなる870kgとなっています。

重量的に圧倒的に不利と言われるリトラクタブルトップを搭載してのこの車重に抑えられたことは称賛に値するといっていいでしょう。

新型のコペンの目玉ともいえる新開発の「D-Frame(ディー・フレーム)」シャシーが軽量化に貢献している結果の表れです。

S660 リア

S660(画像引用:公式)


スポンサーリンク

スポーツカー×エコ 燃費の徹底

スポーツカーといっても軽スポーツとして忘れてはいけないのが経済性!両車の燃費を比較します。

ATとMTではMTの方が燃費がいいとされたのは一昔前の話、今では高効率なCVTの出現もありAT限定免許で乗れる方が燃費がよくなっています。

S660でMT:21.2km/L・CVT: 24.2km/L、コペンはMT:22.2km/L・CVT:25.2km/Lと共にCVTの方がMTに比べて約15%程度低燃費となっています。

実燃費としては、両車に違いはほとんどなく既に納車(納期)済みのオーナーの実測値を見る限りでは、街乗りで17km/L・高速で20km/L、屋根を開けると5%程度低下するとのことです。

 

cero_dc_img_1_5

コペンセロの車内


スポンサーリンク

スポーツカーの命 走行性能

いよいよ走行性能について比較したいと思います。

メーカー側ももっとも心血を注いだ部分でもあり、両車の思想の違いがより色濃く反映されている部分でもあります。

まずはS660について、そのSの名に恥じないシャープな切れ味よいハンドリングと中速を犠牲にしない高回転高出力型のエンジンがもたらす高揚感、それらが見事に合わさったときにもたらされる人馬一体感が最大の魅力と言えます。

エンジンを車体の中心とするMRレイアウトなこともあり軽自動車という概念から外れてリアルスポーツとしての絶対性能も高く、それでいて加速、減速、コーナリングの全ての操作が楽しいと思える車に仕上がっています。

対してコペンは、実は似ているようで対極にあります。

「D-Frame(ディー・フレーム)」シャシーがもたらす剛性感やそこからくる絶対的な安定感、そして、エンジンを車体前方に配置するFFレイアウト、これらは必ずしも絶対的な走行性能や乗り味にプラスに働くとは限りません。

ですが、それを補って余りあるリトラクタブルトップの快適性、リアトランクのラケッジ容量、万が一の事故時の衝突安全性がコペンにはあります。

もちろん870kgの軽量ボディーに47[64]/6400(kW[PS]/rpm)のパワー&92[9.4]/3200(N・m[kgf・m]/rpm)のトルク、楽しくないはずがありません。

あくまでも走り重視のS660と比較した場合での話です。

→ 【合わせて読みたいコラム】世界を魅了した初代マツダロードスターを、4代目NDは超えることができたのか?


スポンサーリンク

結局どっちがいい??

私がどちらかを購入するなら・・・・・・・・1台で乗るならコペン、セカンドカーならS660ですね。

コペンならCVTでゆったりとオープンドライブを楽しみたいし、S660なら絶対MTで目を三角にして峠を攻めたいです。

スタイリングをとっても、コペンは可愛くて女の子受け良さそうだし、S660は軽とは思えない造形で小さなスーパーカーの雰囲気さえあります。

はっきりと性格の違う両車ですから、乗るシチュエーションや家族構成に合わせて決めることができると思います。

どちらもどこをとっても魅力的で軽という枠を外れて、末永く購入したことをよかったと思わせてくれるに違いありません。

ルールという制限があるからそこに工夫が生まれて技術になる。

両車をみていると、日本にこの軽自動車という他の国にはない優れたレギュレーションがあったことに感謝せずにはいられません。

記事を書いた人

M.Y氏
高級車のメンテナンスや販売を行う傍ら、
若手ドライバーのプロデュースも手掛ける。

外車の扱いが多いながらも、
若かりし頃に峠やサーキットを駆け抜けた
国産車への愛着が根強い。

☆気に入っていただけたら
SNSのボタンをお願いします☆


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう