ホンダ オデッセイ ハイブリッドはエアサスを装備してるのか?

特集!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ホンダから販売されている、スポーティーな高級ミニバンでおなじみとなっているホンダ オデッセイ ハイブリッドですが、なんと、新型オデッセイにはエアサス装着モデルが登場するというウワサが流れています。

実際のところ、オデッセイハイブリッドのエアサスモデルの、真偽が気になる方もいらっしゃるでしょうし、そもそもエアサスとはどんなものなのだろうと、疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

今回は、エアサスとは何か、どんな仕組みで動いているのかという解説と、オデッセイハイブリッドのエアサス装着モデルの真偽について迫ります!

→ ホンダ オデッセイ ハイブリッドを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

エアサスってどんなもの?

エアサスとはエアサスペンションの略称のことです。

1http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODY_mn_styling

その名の通り、空気バネの仕組みを使って、走行時の路面の凹凸による衝撃を緩和しています。また走行時の安定性を高めるために使われています。

空気は圧縮すると反発力が増しますが、その反発力はバネの性質に似たものがあり、エアサスはその圧縮空気の性質を生かしたサスペンションと言えるでしょう。

通常のサスペンションと比較して、乗用車にエアサスが使われることは少ないです。

2http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODY_mn_styling

→ ステップワゴン ハイブリッドの発売日は2016年のいつ?

よく、カスタムカーイベントでエアサスが取り付けられた車両が出展されていたりしますが、イベント出展車両は、後付けでエアサスが取り付けられており、純正品のエアサスではなく、社外品を取り付けされた車両がほとんどです。

昔は高級乗用車にエアサスが採用される例がいくつかあったのですが、現在はエアサスが一般乗用車に採用されることは、ほとんどないと言っていいでしょう。


スポンサーリンク

エアサスの仕組みに関する説明

エアサスがどのような仕組みで動いているのか、簡単に説明しましょう。
まず、エアサスを構成する部品の説明をしていきましょう。

強靭なゴムで作られたエアバックと、圧縮した空気を作り出す装置であるコンプレッサと、空気を送り込む配管、空気の入り抜きをする役割のバルブとスイッチ、空気圧を制御する役割のプレッシャーレギュレーターや、空気圧を観測するためのエアメーターなどが必要となります。

3http://jats.co.jp/airsuspension/structure

→ ホンダ オデッセイ ハイブリッドを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

イメージとしては、コンプレッサがエアバッグという風船を膨らませたり、しぼませたりしていると考えてもらうといいかもしれませんね。

風船をイメージしてもらえるとわかると思いますが、圧縮した空気をどれだけ送り込むかによって、エアサスペンションは固さや長さを変更することができます。

これは、他のサスペンションにはなかなかできないことです。

普通のサスペンションであれば、サスペンションの固さを変更するにはスプリングを交換しなければならず、スプリング交換には大変な手間がかかります。

長さを交換するのは、高級なアフターパーツである車高調などがないと不可能です。

4

http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODY_mn_styling

→ 知っておきたい特集記事をまとめてチェック!

それを、エアサスペンションであればワンタッチで、スイッチ一つで可能とするのです。

加えて、エアサスペンションは、空気圧の調整で、簡単に車高の変更することができます。これは、ひょっとすると皆さんも一度は見たことがあるかもしれませんね。

先ほどお話しした、カスタムカーイベントなどでは、エアサス装着車としてのデモンストレーションとして、車高の変更などを実際に見せてくれるショップもあります。

5https://ja.wikipedia.org/wiki/空気バネ

さらに身近なところで言えば、大きなバスが、人の乗り降りするときだけ、車高が下がり、ステップに乗り降りしやすくなって、走行時にはだんだんと車高が上がっていく……と言う様子を見ることができます。

6https://ja.wikipedia.org/wiki/空気バネ

→ 知っておきたい特集記事をまとめてチェック!

大きなバスの場合は、単純に乗り降りをしやすくするためだけにエアサスを導入しているわけではなく、先ほど言った通り、サスペンションの固さが可変できるというメリットの方が重要です。

例えば、たくさんの人が乗っている時と、あまり人が乗っていない時のバスの重量は大きく違ってきます。

安全かつ快適に運転するためには、たくさん人が乗っている時には、サスペンションを硬くする必要がありますし、逆にあまり人が乗っていない時は、サスペンションを柔らかくした方がベストなのです。

エアサスはバスなどの車重の変化が大きい車に対しての利用がベストと言えましょう。

また、エアサスには、普通のサスペンションとは大きく乗り心地が違い、どこかふわふわとした感覚を感じるかもしれませんね。

バス特有の振動は、エアサスペンションによるところが大きく、何か違和感を感じた時は「このバスはエアサスなのかな?」と疑ってみるのもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク

オデッセイハイブリッドのエアサス仕様はデマ?!

結論から言うと、ホンダ オデッセイ ハイブリッドにはエアサスペンションは取り付けられていませんし、エアサスペンション搭載グレードも存在しないようです。

7http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODY_mn_styling

→ ホンダ オデッセイ ハイブリッドを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

現在発売されているホンダ オデッセイ ハイブリッドには、フロント側にマクファーソン式ストラットサスペンションが採用されており、後輪には車軸式トーションビームサスペンション(4WD車にはド・ディオン式サスペンション)が採用されています。

8http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODY_mn_styling

→ 2016年にエルグランドがモデルチェンジ?時期は?

一般的に良くある形式のサスペンションで、エアサスではありませんね。

ホンダ オデッセイ ハイブリッドのようなクラスに、本当にエアサスが採用されていたなら、もっとセンセーショナルなニュースとなっていたことでしょう。

ホンダ オデッセイ ハイブリッドがエアサスを採用することができない理由としては、いくつが挙げられるのですが、最初に発生するのは導入コストの問題ですね。

エアサスを導入するには、通常のサスペンションに比較して、大きなコストが発生します。

まず、部品点数が多くなり、エアサスを構成する部品をざっと枚挙しても、エアバッグ、エアーゲージ、エアータンク、コンプレッサなどが必要です。

多数ある部品を車体全体に配置していかないといけないので、開発費用もかかりますし、組み立てにも手間がかかりますし、部品自体も高額なので、結果として車体価格が跳ね上がってしまいます。

9http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODY_mn_styling

→ 2016年レヴォーグSTIが販売!詳細について

乗用車にエアサスを採用しているのは、一部の高級車に限るということから見ても、コストが高くついてしまうという事実は、明らかでしょう。

当然ながら、故障の際には修理しなければならないですし、その修理費用も場合によっては非常に高額になってしまいます。

というわけで、確かに、性能的な恩恵は高いですが、エアサスを導入することによるデメリットやリスクは想像以上に大きなものになります。

ということで、ホンダ オデッセイ ハイブリッドにエアサスが採用されることはありませんでした。

どうして、このような情報が錯綜してしまったのかはわかりませんが、どうやら、ある自動車雑誌の企画記事を誤解してしまった人が「ホンダ オデッセイ ハイブリッドにエアサスが導入される!」というふうに言ってしまい、そこから広まってしまったという説もあるようです。

でも、ひょっとすると将来的には、ホンダ オデッセイ ハイブリッドにエアサスが採用されることもありえるかもしれませんね。

10http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODY_mn_stylin

今回はどうしても間に合わないということで、一般的なサスペンションが採用となりました。

ですが、本当はホンダ オデッセイ ハイブリッドにエアサスが採用される予定だったのかもしれません。

火のないところに煙は立たずといったところでしょうか。

今回のエアサス騒動は、単なる騒動で終わってしまいましたが、今後のホンダ オデッセイ ハイブリッドの動向に期待したいですね。

→ ホンダ ヴェゼルRSのターボ車の評価は?


スポンサーリンク

感想・まとめ

残念なことに、ホンダ オデッセイ ハイブリッドにはエアサスが採用されなかったということでした。

センセーショナルなニュースとなるか!?という印象だったのですが、誤情報ということで間違いないようですね。

とはいえ、大人気のホンダ オデッセイ ハイブリッドですから、通常のサスペンションであってもその乗り味は本物と言えるのではないでしょうか!

→ ホンダ オデッセイ ハイブリッドを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク