新型エクストレイル(2017年) 試乗レポートまとめ!

エクストレイル6

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型エクストレイルは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは2017年の新型エクストレイルの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

Vモーションとなった日産のフロントデザイン。

日本では生産販売されていない”キャシュカイ”や”マイクラ(日本名マーチ)”がVモーションに変身し、新型エクストレイルは全世界共通のVモーション車種としてMCされました。

市場調査でも、この新たな”顔つき”にはおおむね好評という感想が多く、日産のデザイナーもほっと胸を撫で下ろしているでしょう。

ここでは、続々入ってきている試乗レポートをまとめてみました。


スポンサーリンク

エクステリアは満足なレベル

-----

引用:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=nissan+rouge+2017+uk&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=nissan+rouge+2017+u&ai=ACBedgkyTrmV8LLS3sIDsA&ts=14178&fr=top_ga1_sa#mode%3Ddetail%26index%3D14%26st%3D300

以前のエクストレイルはボクシーなデザインで、好感が持てた。

今のデザインはマルっぽい感じだが、ようやく“目に慣れた”こともあって、試乗。

実際に見てみるとなかなかいい。

実車映えする。Vモーショングリルが特に力強い雰囲気を出すので、強い存在感が感じられる。

一番に試したのが、ハンズフリーバックドア。

フォレスターのパワーバックドアも試したことがありますが、フォレスターの場合はバックドアトリムを引くのが基本。

バンパー下でキックするだけで開くバックドア、やはり便利ですね。

荷物を両手で抱えるのは男の役目なんで、これは楽しいですね。

全長4,705mm、全幅1,830mm(モード•プレミア)は、全幅が広すぎて、狭い道が多い場所では扱いづらい。

車庫入れなどをよくよく考えないと、購入には至らない。


スポンサーリンク

インテリアはどうか?

っrre

引用:https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/X-TRAIL_DEV/specifications/grade/XTRAIL_grade_20xhev.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg

内装の質感、高いですね。D型のステアリングはかっこいいです。

全幅が1,830mmあるせいか、室内が広い!シルバー加飾がダークメタ系になりましたが、落ち着いた感じでいいです。

ただ、収納が本当に少ないです。

2列目のシートですが、もう少しリクライニングの角度が付くといいんですが…ただ、足下は広々。

これはいいと思います。3列シートの場合はわかりませんが…

エアコンですが…後席の吹き出し口はとても重宝すると思います。

試乗の際、後席に座った子供は絶賛していました!

収納スペースですが、ティッシュボックス一つ置く場所がない…なんとかしてほしいですね。

インテリジェントルームミラーですが…実際のミラーで見るよりかなり近くに見えるため違和感アリ。

前後の距離の調整機能が欲しいですね!

付随の画像ですが、画素数が”足りない”せいで不鮮明のケースもありました。

夜は特に潰れて見えない。

が、後席に人が乗っていてもうしろがクリアに確認できるのは大きなメリットです。

あると便利です。


スポンサーリンク

エンジン性能は?

041_o

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/3321234/041_o.jpg

(ガソリン車)エンジン音は静かですね。17インチでしたが、足回りがいいんでしょうか?
信号待ちで音がしません。

走り出しも静かなのがいいですね。

サイズ的に見ても、思ったより取り回しが良く感じました。ステアリングが軽い!

ハイブリッド車とガソリン車の燃費の差はあまりないし、走りはそれほど変わらない…といった話をディーラーで聞き、実際に試しました。

結論で言えば、ガソリンで十分。ハイブリッドですが、回生エネルギーの蓄積量が増えた程度で、力の差はあまりないような…。

燃費を考えると、車両価格差が30万円も高いハイブリッドにするほどのものもないかと。


スポンサーリンク

プロパイロットを試す!

New-Nissan-X-Trail-2016-India

引用:https://www.indiacarnews.com/wp-content/uploads/2015/08/New-Nissan-X-Trail-2016-India.jpg

ディーラーで”プロパイロット”を試したい!と懇願したところ、なんとOKが出て、高速道を試走。

渋滞ではなく、走行車線も追い越し車線もほどほどの走行状態でした。

車速と車間距離の設定がうまくいかなかったのか、最初はプロパイのボタンを押しても反応なし。

その後、営業マンに再設定してもらってからは、前車との車間距離がす〜と開き、反応しているのが確認できました。

時速100kmでの走行、自車ラインへの割り込み車にも素早く反応。

車線内のど真ん中をきれいに走ってくれることなど、本当に感激しました。

ステアリングはカーブで少しずつ切れていくのがわかりますが、握る自分の手の”力の入れ具合”がわからなかった…

;@;@;@;@

引用:http://carsoid.com/wp-content/uploads/2016/12/2017-Nissan-X-Trail6-750×375.jpg

ディーラーの声、プロパイロット

●プロパイロットの目玉は、車間距離の自動化と車線内走行の自動化。

車間距離は”渋滞時のブレーキ操作回数が減る”というストレスフリーが大きい。

●ドライバーによっては、アクセルペダルとブレーキペダルに”濡れた滑りやすい靴”で踏み込んでいる場合がある。

ちょっとした足の操作の遅れや滑りで、うっかり追突!というケースが多く、プロパイロットは一度使うと体が楽になる。

●車線内走行は、しっかりと白線が引かれているケースでないと自動化はできない。

日産の取説には”ステアリングは常にしっかり握って下さい”との表示があるが、プロパイロット試乗の方の多くは”どの程度の力を入れて握ればいいのかがわからない”と感じている。

●カーブでは少しずつステアリングが自動に曲がっていくが、その感触がまだぎこちない。

ここはメーカーもスムーズな曲がり方に変更していく…と思われる。

シートアレンジは便利になった

1000..

引用:https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/global/vehicles/x_trail/t32/1_carryover/features/EULHD/15TDIeulhd_XTRHelios074.png.ximg.l_full_m.smart.png

ディーラー内で展示されていた、エクストレイルに乗ってみました。

家族で前席、後席の乗り心地を確かめましたが、スライドできる後席には驚きました。

アームレストになる後席の中央席をパタン、と倒せるので、スノーボードやスキー板、サーフボードなどが詰める!4人でドライブしてもルーフキャリア上に積み荷を”くくり付ける”必要がなさそうです。

使い勝手がいいのは、2列シートかな。リモコンバックドアもあるし、本当に欲しくなりました。

2017-02-06-13_17_02-New-Nissan-X-TRAIL-2017--Register-your-interest

引用:http://images.caradvice.com.au/thumb/770/382/wp-content/uploads/2017/02/2017-02-06-13_17_02-New-Nissan-X-TRAIL-2017-–-Register-your-interest.png

nissan-juke-interior-copy

引用:https://photos-0.carwow.co.uk/blog/1600/nissan-juke-interior-copy.jpg

まとめ

4pp

引用:http://www.suvdrive.com/sites/default/files/public/45%20angle%20view/45%20angle%20view%20Nissan%20X-Trail%20Ti%202017.jpg

新型エクストレイルは、エクステリアが好評。

Vモーショングリルも力強さが出て、ディーラーでの感触はかなり良いようです。

インテリアは”収納が少ない”ことを除けば、後席も広々。

2列シートは特にシートアレンジが3分割でき、4人乗っても荷物がかなり載せられる…と評判です。

ハイブリッドにするか、NAにするか…ということですが、ハイブリッドにするほどの燃費ではない(ハイブリッド20km/L、NA16km/L=カタログ値)。

ガソリン車を選ぶユーザーが多いようです。

ここはぜひ実車確認と行きたいですね!

(口コミ参考:価格com./みんカラ)

試乗の後は値引き交渉です!

新型エクストレイルの値引きの方法については、

「新型エクストレイル 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にエクストレイルを購入して下さい。

XTRAIL-2-1024x683

引用:http://www.westwaynissan.co.uk/blog/wp-content/uploads/2017/06/XTRAIL-2-1024×683.jpg


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう