新型アクア (2017年) 値引き術!

アクア

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型アクアの値引き方法について情報をまとめました。

2017年の新型アクアはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。

その方法についてご紹介します。

”三代目アクア”と宣伝されている、新型アクア。実際にはMCですが、X-URBANがCrossoverへと趣旨替えしたこともあり、話題もそこそこといったところでしょう。

ただ、トヨタとしても”e-POWER”と”ワンペダルドライブ”の日産ノート、そしてエンジンを完全にチューニングし直し、大掛かりなMCとなったホンダフィットに挟み撃ちされて…と、順風満帆な売り出しとは行かないのが実情のようです。

となれば、この際アクアを買おう!という方には追い風。ぜひおいしい購入をしていきましょう!


スポンサーリンク

ヴィッツと比べてはいけない

aqua_mainvis_pc

引用:http://www.tokyo-toyopet.co.jp/car/new/aqua/

車両価格を見る…ヴィッツは競合車にすべからず

●Crossover:2,062,800円
●G“ソフトレザーセレクション”:2,089,800円 ……合成皮革:ブラックソフトレザー+ダブルステッチ (シルバー)+パーフォレーション付
●G:2,062,800円
●S:1,886,760円
●L:1,785,240円

アクアのプライスレンジは178万円〜208万円。まず比較したいのは同じトヨタのヴィッツハイブリッドです。価格帯は181万円〜223万円ですがから完全にバッティングしています。

車両寸法は、全長×全幅×全高で
●アクア :4,050mm×1,695mm×1,455mm(ノーマル車)
●ヴィッツ:3,945mm×1,695mm×1,500mm

つまり、全長ではわずか105mmヴィッツが短いものの、車高が高いことから室内空間の広さはヴィッツの方が広いのです。特に後席に人を乗せる場合はヴィッツの方がゆとりがあり、エンジンは同じ1.5L+モーターというハイブリッド。

アクアとヴィッツの違い…ほとんどの方はアクアの方が”車格が上”と感じているようですが、価格上はヴィッツハイブリッドの方が上です。これは、ノーマル車の後にハイブリッド車を追加したことから、ハイブリッド車は”格上です”というセールスをするための値決め。

ヴィッツとアクアを競合させても、意味はないのです。


スポンサーリンク

CX−3とアクア・Crossoverをぶつけてみる

●Crossover:2,062,800円
●CX−3(ディーゼル):210万円〜306万円

クロスオーバーとCX-3を比較する場合、ハイブリッドとクリーンディーゼルをぶつけていくのがよいでしょう。

単純に車両価格だけを比べると、CX-3が高く見えますが、クロスオーバーにナビや合成皮革シート(ホワイトソフトレザー+ダブルステッチ +パーフォレーション付)、LEDパッケージなどを付けると260万円近くに跳ね上がります。

PRC_MY18_0020_V001

引用:https://www.toyota.com/priusc/photo-gallery/exterior/8

LEDパッケージは…Bi-Beam LED ヘッドランプ(オートレベリング機能付/スモークエクステンション 加飾/ランプオートカットシステム)+LEDクリアランスランプ+フロントターンランプ:108,000円。

CX-3と比較するなら、パーフォレーションレザーシート

ドライビングで一番大事なモノは何?…反応のいいステアリングフィール、自然な加速力、的確なブレーキなどなど…思いつくものはこのようなものでしょうか。

ですが、クルマ選びで欠かせないのがドライビングシートです。座ったときの姿勢、メーターの見え方、ステアリングの位置、ペダルの位置など、全てはシートが基本です。

コンパクトカーであればあるほど、ロードノイズや走りの振動をシートが強烈に受け止めますが、吸音性を備えるのがパフォレーションレザーという素材。

合成皮革では、細かなパンチング(穴あけ方法)によるパフォレーションが様々なドライビングストレスを解消してくれます。クロスオーバーの場合は、このシートが16,200円のオプションで提供されます。(G”ソフトレザーセレクション”の場合は標準装備)

p2

↑パーフォレーションレザーの一例。これはマツダCX−3のシートだが、座面に細かい穴が開いているのが分かる。パーフォレートとは穴を開けることで、吸音性にも優れる効果がある。

引用:cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/note/000/003/266/074/3266074/p2.jpg?ct=d2ee66865720

マツダCX−3のXD Lパッケージ、2WDで2,808,000円。クロスオーバーやG”ソフトレザーセレクション ”とバッティングさせると、トヨタディーラーは”マツダの方が価格が高いですね”と一蹴するでしょう。

ですが、そこで敢えてマツダ品質を褒めてみる。トヨタディーラーとすれば、クオリティで勝負にならない…となれば悔しいはず。値引き率をさらに下げてアクアを勧めてくる可能性、大でしょう!

aqua_city_example01_car

引用:http://www.tokyo-toyopet.co.jp/car/new/aqua/


スポンサーリンク

バッティング本命はフィットハイブリッド

日本で一番売れ”はじめてきた”コンパクト、日産ノートとバッティングさせよう…という方も多いでしょう。

ですが、ノートと比べる場合、試乗段階でおそらく勝負アリとなるはず。ハイブリッド対決ならe-POWERノートですが、ドライビングフィールが全く異なる2車となります。

ワンペダルドライビングとほとんどEVといった感触のノートe-POWERと、モーター+エンジンのバランス重視、アクア。おそらく値引きした方を選ぶ…というよりもクルマの好みで決着が付いてしまうはずです。

1605

引用:http://www.c-aichi.co.jp/lineup/aqua.html

フィットは”インテリア+走り”で強敵に

pic_styling_gallery01_02

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

●フィットハイブリッド:169万円〜236万円
●アクア:178万円〜208万円

プライスレンジで言えば、フィットは戦略的な値決めをしています。ですが注目点は207万円で買えるフィットハイブリッド”HYBRID・L Honda SENSING”。

ホンダセンシングとトヨタの”セーフティセンスC”を比べてみましょう。ミリ波レーダーと単眼カメラは同じですが、車両を認知するだけか、それとも人も認知できるシステムか…といった点、アクアの”セーフティセンスC”はホンダよりも遅れたものと言えます。

PRC_MY18_0014_V001

引用:https://www.toyota.com/priusc/photo-gallery/interior/6

ディーラーで確認していただきたいのは、MCで大事なのはより時代に合わせた”安全性能”になっているのかどうか…という点。燃費競争も素晴らしいのですが、安全競争はもっと大事です。

クルマを好みの点で甲乙つける”難癖値引き”も一案ですが、安全性能で難癖付けるのはむしろ正解でしょう。メーカーにはどんどん新しい安全性能を要求すべきところ、値引きで我慢する…というテクニックも取り入れてはいかがでしょうか?

インテリアもかなりおしゃれになっているフィット。ぜひ乗り比べてみるべきでしょう。

PRC_MY18_0001_V001

北米仕様車(PRIUS-c)は全て同じフロントマスクとなり、クロスオーバーフェイスをそのまま持ってきている。ちなみに、グレードは「One」「Two」「Three」「Four」の4つで、最上級が「Four」。

引用:https://www.toyota.com/priusc/


スポンサーリンク

まとめ 無理難題の値引きより効果のある方法を

PRC_MY18_0010_V001

引用:https://www.toyota.com/priusc/photo-gallery/interior/2

プリウスとアクア…この2台がなぜ売れ続けたのか、それは燃費と静粛性のいいハイブリッド専用車であったことが理由です。

そして、見栄えもよく先進的で貧相さがないのもウリと言えました。ディーラーは黙っていてもクルマが売れていたので、さほど値引きをしてこなかったはずです。

ところが、2016年はノートの出現で形勢逆転となっています。フィットハイブリッドも非常に高評価となっています。単なる燃費競争の時代は過ぎ、走りの楽しさやスペースの広さ、ロードノイズの少なさなどを比較対象にする”目の肥えた”方が増えているのです。

ですが、ここからは安全対策の比較もすると良いでしょう。高価なナビを勧めるよりも、ドライブレコーダーを勧めるディーラーの方が親切と言えるかもしれません。

アクアが欲しいが、ここの部分、装備は満足できない…ということを正しく伝えれば、値引きで対応してくるしかない。そこを攻めて行きましょう!

PRC_MY18_0015_V001

引用:https://www.toyota.com/priusc/photo-gallery/interior/4

アクアを値引きからさらに一歩踏み込んで安く購入する方法については、こちらをどうぞ!

→ 新型アクアを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク