新型スバル レヴォーグ D型(2017) 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

exterior_slideimg02

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型スバルレヴォーグの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型スバルレヴォーグの価格・値段いくらなのかをグレード別にまとめました。価格の違いについてもご紹介しています。


スポンサーリンク

レヴォーグ(LEVORG) その姿は

富士重工業は、スバルブランドで展開し同社の旗艦車種としてベストセラーを続けていた「レガシィ・ツーリングワゴン」の生産を終了し、その後継車種として開発された新型スポーツツアラーが「レヴォーグ」です。

5代目レガシィは北米を中心とした海外市場からの要望に応える形で大型化したため、国内市場での従来のポジションをカバーする位置づけで、当初は日本国内専用として投入されましたが、最近では英国市場をはじめとした欧州市場やオセアニア市場への販売が予定されています。

price_01

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/interior.html

車名の由来は、「LEGACY」、「REVOLUTION」、「TOURING」を組み合わせたもので、「スバルの大いなる伝承(LEGACY)を引き継ぎながらも次世代に先駆けた変革(REVOLUTION)により、新たなツーリング(TOURING)カーの時代を切り拓く」」という思いを込めたものをコンセプトにして作られました。

price_02

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/interior.html

 


スポンサーリンク

レガシィ&レヴォーグ

5代目レガシィ・ツーリングワゴン(BR型)は、先代(BP型)と比べるとボディサイズは一回り大きくなりました。

4代目(BP型) 全長4680mm×全幅1730mm×全高1470mm

5代目(BR型) 全長4775mm×全幅1780mm×全高1535mm

後席を中心に居住性は大幅にアップしたものの、従来のレガシィファンにとっては、日常の使い勝手やスポーティーな走りには、あまりいい評価ではありませんでした。

そこでレヴォーグは
全長4690mm×全幅1780mm×全高1490mm*1495mm*1500mm

ほぼ4代目と似たようなサイズとなりました。

全幅はBP型より50mm広がっているものの、ホイールベー2650mmとなり、BR型2750mmやBP型2670mmより短くすることで、運転のしやすさを確保し、全幅を広げたことで居住性をアップさせています。

また、ラゲッジスペースはBR型の520ℓから522ℓへと拡大、バンパーとラゲッジフロアの段差を低くしたことで、使い勝手の向上が図られています。

price_03

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/package.html


スポンサーリンク

レヴォーグ・メカニズム&アイサイト・ツーリングアシスト

パワートレーンには新開発の1.6Lターボエンジンと2.0Lターボエンジンの2種類が用意され、水平対向エンジンとシンメトリカルAED及びリニアトロニックCVTは共通ながら、それぞれ異なったキャラクターを持った設定となっています。

1.6Lエンジンは、インプレッサと同じ「FB16型」で直噴ターボ“DIT”仕様、無鉛レギュラーガソリン指定で、最高出力70ps/4800~5600rpm、最大トルク25.5㎏f・m/1800~4800rpmを叩き出し、トランスミッションは専用チューニングされた「リニアトロニック」が採用され、2モード変換できる「SI-DRIVE」を装備しています。

駆動方式は「新世代アクティブトルクスプリットAWD」が採用されて、燃焼消費率16.0km/ℓ(JC08モード)と高い省燃費性が実現され、エコカー減税の対象となり、自動車取得税20%、重量税25%(ただし、グレードによって異なる)となります。

2.0Lエンジンは、FA20型直噴ターボ“DIT”仕様、無鉛プレミアムガソリンが指定され、最高出力300ps/5600rpm、最大トルク40.8㎏f・m/2000~4800rpmを発生させています。トランスミッションには高出力に対応し8速マニュアルモードを備えた「スポーツリニアトロニック」を採用しています。
駆動方式には走行状況に合わせて前後輪への駆動配分を連続可変制御する「VTD-AWD(不等・可変トルク配分電子制御AWD)が組み合わされています。燃料消費率13.2km/ℓ(JC08モード)、ハイパフォーマンスモデルながら低燃費となっています。

スバルの先進安全技術「Eye Sight」は「Eye Sight Ver.4」である「アイサイト・ツーリングアシスト」にバージョンアップされ、全車速追従が可能となり、ステアリング制御を含めこれまで以上のち密な制御が実現されました。

また、D型への年次更新によって、先進安全装備「アイサイト・セイフティプラス」がメーカーオプションとなりますが設定されました。


スポンサーリンク

レヴォーグ・グレード・価格

全車「アイサイト・ツーリングアシスト」搭載となり、メーカーオプションで「アイサイト・セイフティプラス」などの装着が可能となります。

1.6L車では「1.6GT Eye Sight」、「1.6GT Eye Sight S-style」、「1.6GT-S Eye Sight」、「1.6STI Sport Eye Sight」の4タイプが設定されています。

2.0L車では「2.0GT-S Eye Sight」、「2.0STI Sport Eye Sight」の2タイプ設定となり、上位モデルに位置付けられるGT-Sタイプにはビルシュタイン製ダンパーやピロボール付きアルミ鍛造製フロントロアアームが採用され、走りの質を高めたモデルとなっています。

■1.6GT Eye Sight

2,862,000円(消費税込)

price_04

 

エンジン:1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”

駆動方式:AWD(常時全輪駆動)

トランスミッション:リニアトロニック

最高出力(ネット):125kw(170ps)/4800-5600rpm

最大トルク(ネット):250N・m(25.5kgf・m)/1600-4800rpm

JC08モード燃費:16.0km/L

<エコカー減税>

自動車取得税20%+自動車重量税25%減税

<標準装備>

price_05

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/grade/grade.html#grade1

■1.6GT Eye Sight S-style

2,959,200円(消費税込)

price_06

 

エンジン:1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”

駆動方式:AWD(常時全輪駆動)

トランスミッション:リニアトロニック

最高出力(ネット):125kw(170ps)/4800-5600rpm

最大トルク(ネット):250N・m(25.5kgf・m)/1600-4800rpm

JC08モード燃費:16.0km/L

<エコカー減税>

自動車取得税20%+自動車重量税25%減税

<標準装備>

price_07

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/grade/grade.html#grade2

■1.6GT-S Eye Sight

3,110,400円(消費税込)

price_08

エンジン:1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”

駆動方式:AWD(常時全輪駆動)

トランスミッション:スポーツリニアトロニック

最高出力(ネット):125kw(170ps)/4800-5600rpm

最大トルク(ネット):250N・m(25.5kgf・m)/1600-4800rpm

JC08モード燃費:16.0km/L

<エコカー減税>

自動車取得税20%+自動車重量税25%減税

<標準装備>

price_09

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/grade/grade.html#grade3

■2.0GT-S Eye Sight

3,650,400円(消費税込)

price_10

エンジン:2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”

駆動方式:AWD(常時全輪駆動)

トランスミッション:スポーツリニアトロニック

最高出力(ネット):221kw(300ps)/5600rpm

最大トルク(ネット):400N・m(40.8kgf・m)/2000-4800rpm

JC08モード燃費:13.2km/L

<エコカー減税>

なし

<標準装備>

price_09

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/grade/grade.html#grade4

■1.6STI Sport Eye Sight

3,596,400円(消費税込)

price_11

エンジン:1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”

駆動方式:AWD(常時全輪駆動)

トランスミッション:スポーツリニアトロニック

最高出力(ネット):125kw(170ps)/4800-5600rpm

最大トルク(ネット):250N・m(25.5kgf・m)/1600-4800rpm

JC08モード燃費:16.0km/L

<エコカー減税>

自動車取得税20%+自動車重量税25%減税

<標準装備>

price_12

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/grade/grade.html#grade5

■2.0STI Sport Eye Sight

4,082,400円(消費税込)

price_13

エンジン:2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”

駆動方式:AWD(常時全輪駆動)

トランスミッション:スポーツリニアトロニック

最高出力(ネット):221kw(300ps)/5600rpm

最大トルク(ネット):400N・m(40.8kgf・m)/2000-4800rpm

JC08モード燃費:13.2km/L

<エコカー減税>

なし

<標準装備>

price_12

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/grade/grade.html#grade6

まとめ

スバル・レヴォーグは圧倒的なパワーと充実した装備で、まさに新たなツーリングカーの時代を切り拓いています。

レガシィ・ツーリングワゴンの伝統とEye Sight に代表される先進の安全技術は他の追随を許さないものとなりつつあります。

スポーツカーとステーションワゴンを融合したフォルム、スバル伝統の動力性能など、他のライバル車の追随を許さない“くるま造りの妙”を感じます。

これからのスバルの動向に目が離せません。

レヴォーグはEye Sight やスバル伝統の4WD(AWD)、ドライビングなど、「購入する理由」をたくさん備えたクルマとなっています。

特に、レガシィからの乗り換えには最もふさわしいクルマの一台といってもいいと思います。

レヴォーグの購入を検討する時、1.6リッターターボを選ぶ人が多いと思われますが、「GT」あるいは「GT-S」で迷う人も多いと思います。

一つの選択として、「GT」をメーカーオプションとアフターパーツで自分好みに仕上げるという方法もあるのではないでしょうか。

新型レヴォーグの値引きの方法については、

「新型スバル レヴォーグ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得に新型レヴォーグを購入して下さい!

価格の違いについて

新型スバルレヴォーグは1.6Lターボエンジンモデルが286万円〜360万円、2.0Lターボエンジンモデルが365万円〜408万円となっていますが、大きな価格差はエンジンの排気量の違いと、GTモデルとGT-Sモデルの装備品の差となっています。

基本装備は全グレードとも共通で、GT-Sの方がよりスポーツ的な装備品が標準となっています。

フロントグリルや18インチアルミホイールなどはGT-Sの専用装備となっておりGTに比べて約20万円程高い値段設定です。

なお、グレードによってエコカー減税の割合や、自動車取得税、重量税、翌年の自動車税などがかわってきます。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう