新型マークX エコカー減税他自動車税まとめ!

013

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型マークXのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型マークXのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。


スポンサーリンク

新型マークXの購入で課される税金

新型マークX 白 TRD

引用:http://toyota.jp/markx/grade/

新型マークXの購入に関して、忘れてはいけないものに「税金」があります。

税金にもたくさんの種類や基準がありますが、今日は新型マークXの購入に関する税金の種類と共に、いろんな情報を見ていくことにいたします。

近年は、エコに配慮した車が発売されることが多く、各企業が競争するように次々と環境に優しい車を出してくれることは、購入する人には嬉しいことですね。

それでは、エコカー減税を理解する前に、新型マークXなどの自動車にかかる税金についてお伝えしますね。

まず、新型マークXなどの自動車を取得したり、維持するための決められた税金は、「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税と軽自動車税」と大きく分けて3種類になります。

新型マークX ダークレッド サイド

引用:http://toyota.jp/markx/

1.自動車取得税

自動車取得税は、新型マークXに対する購入時にかかる税金となりますが、2014年4月以降に新車登録、または届出した場合の税金で、新型マークXを購入するときの取得価格に対して3%(2016年7月現在)が課せられることになります。

例えば、250万円の新型マークXに、15万円のオーディオを取得するとしたら次のようになります。

250万円+15万円×3%=79,500円

つまり、この場合で見ると、79,500円が自動車取得税となり、新型マークXの購入者に対して納税義務が発生するのです。

その際には、カーナビやエアコン、オーディオなどのオプションも取得価格に含まれるので助かりますね

※スペアタイヤやマットなどは、含まれませんので注意が必要です。

※自動車取得税は、消費税率が10%に上がる時点で廃止予定になっています。

新型マークX ワイン? 海岸?

引用:http://toyota.jp/markx/

2.自動車重量税

自動車重量税というのは、購入する時と車検する時に、自動車の重さに比例して課される税金となります。

エコカーの対象になっている自動車の場合には、新規検査や、車検の際に自動車重量税の減免がされます。

0.5トンに対する税率が、7500円のケースで見てみると、車両重量が1.5トンの場合には、初回の車検まで3年間あるので、計算方法は次のようになります。

7500円×1.5トン/0.5トン×3年=2万2500円

この場合には、このように算定された自動車重量税が新型マークXの購入代金に上乗せされて納付するようになります。

新型マークX 黄 シート

引用:http://toyota.jp/markx/grade/

3.自動車税と軽自動車税

毎年、課される自動車税と軽自動車税は、5月の上旬あたり(GW明け頃)に自動車税(軽自動車税)の納付書が送付されてきます。

なぜならば、自動車税や軽自動車税の基準というのは、毎年4月1日時点における所有者へと全額が課されるからなのです。

たまに耳にする話の中で、「友人同士での口約束で売買成立となったとき」の自動車税の支払義務をめぐって、もめごとになってしまうケースがあります。

このケースのような場合には、「自動車税の課せられる毎年4月1日時点」を考慮して、話し合うようにする必要がありそうですね。

新型マークXの値引きの方法については、

「新型マークX 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にマークXを購入して下さい。

新型マークXを購入する時には、購入代金だけではなく、その後の税金を知ることも、とても大切です。

では次に、エコカー減税を見ていきます。


スポンサーリンク

エコカー減税について

新型マークX コンプリート

引用:http://toyota.jp/markx/grade/

 

エコカー減税とは、排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、その性能に応じた自動車重量税と自動車取得税を「免税や軽減をしてくれること」です。

そこで、エコカー減税の実施期間というのを調べてみると、2017年(平成29年)4月30日までは、エコカー減税が施行されることが分かりました。(2016年7月現在)

※2015年(平成27年度)の燃費基準は、燃費基準がかなり厳しいものでしたが、2020年(平成32年度)からの基準が新たに加わり「燃費基準を達成したものと、その基準を上回るもの」というように基準が創設されました。

新型マークX ムーンルーフ リア

引用:http://toyota.jp/markx/

そして、エコカー減税の対象となる税目を見ていくと、次の3点になります。

1. 自動車取得税

2. 自動車重量税

3. 自動車税

また、自動車税については、グリーン化ともいわれていて、排出ガス性能や燃費性能に優れた自動車というのが対象になります。

sinngataマークX 室内

引用:http://toyota.jp/markx/spec/

Q.自動車税は、重量税と同じじゃないの?

A.自動車取得税と自動車税が別に取り扱われる理由としては、「自動車取得税の場合は地方税」なのですが、自動車重量税というのは国税になるので、新型マークXを購入するときに課せられ様々な諸税とは一括りにできないということがあるからなのですね。

トヨタのHPを見てみると分かると思いますが、新型マークXの場合は、エコカー減税の対象には含まれていないようです。

では、減税が出来ない分、少しでも費用を安く抑える方法を考えていきましょう。


スポンサーリンク

新型マークXの購入には費用を安く抑える

新型マークX Gs マフラー

引用:http://toyota.jp/markx/grade/

新型マークXの購入に対して費用を安く抑えるには、「準備のために自分で動くことで、諸費用を安くする方法」をとる必要があります。

その方法とは、新型マークXを購入するときに「値引きを大きくする」ことに繋げるために、次の注意点があります。

その注意点とは、自分が現在乗っている車は、ディーラーに「下取りを出す」のではなく、中古車の買い取り専門業者に「買い取ってもらう」ことです。

その理由を具体的に、ご説明いたしますね。

新型マークXを購入する時の費用を抑える方法というのは、値引きを大きくするというのが最大の目的になりますが、すべてをディーラーでしてしまうと大きな値引きには繋がらないのです。

それは、ディーラーには「値引きの限界」と「本当の価値ではない下取り価格」があるからなのです。

そのために、費用を抑えるには「本当の価値ではない下取り価格」を「本当の価値が反映される買い取り価格」に変えることで解決をしていきます。

1新型 マークX  ワイン? op装着車

引用:http://toyota.jp/markx/

次のような順番で、自分で出来ることは動いてみて、諸費用を安くするように頑張ってみましょう。

新型マークXを販売しているディーラーで、自分の愛車に対する下取りの査定をしてもらったら、複数の買い取り専門の業者に自分の愛車の査定をお願いしてみましょう。

複数の買い取り業者に行く理由としては、買い取り業者はお店ごとに「欲しい車」が異なるからなのです。

それは、「欲しい車」=「売れる車」は、お店がある地域や客層などによって変わるということですね。

もしも、買い取り業者にとっての「欲しい車」=「あなたの愛車」だったとしたら、買い取り価格は跳ね上がることになります。

新型マークX アナログメーター

引用:http://toyota.jp/markx/

そういう意味で、複数の業者に査定をしてもらう方が、「自分の愛車の価値が高くなる買い取り業者」に会える確率が上がり、その結果として、大きな値引きに繋がる可能性が高くなってくるのです。

しかし、ディーラーは新車を販売するお店なので、「中古車に関しては専門ではない」ことを考えると、仮にたくさんの業者に行くことが出来なかったとしても、買い取り業者に買い取ってもらう方が下取りよりも大きな価格になることが多いようです。

自分の愛車の価値を知ることは、そのぶん新型マークXを安く買えることに繋がり、エコ減税の対象でなくても自分で大きな値引きを作ることが可能になるのです。

お仕事などで、時間の確保や労力を必要としますので大変だとは思いますが、家族や友人等にも協力してもらい、少しでも安く新型マークXを購入できるようになると良いですね。


スポンサーリンク

まとめ

sinngataマークX 青 ドア オープン

引用:http://toyota.jp/markx/

では、今日のまとめです。

  • 新型マークXを取得したり、維持するために決められた税金は「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税と軽自動車税」と大きく分けて3種類ある
  • 自動車取得税には、カーナビやエアコン、オーディオなどのオプションも取得価格に含まれる
  • 自動車税や軽自動車税の基準というのは、毎年4月1日時点における所有者へと全額が課される
  • エコカー減税とは、環境に対する自動車の性能に応じた「自動車重量税と自動車取得税」を免税や軽減をしてくれること
  • 新型マークXの場合は、エコカー減税の対象には含まれていない
  • 新型マークXが、エコ減税の対象でない分も、下取りではなく買い取り業者を選び、自分で動くことで諸費用を安くおさえる

新型マークXを早く購入したい気持ちが早まってしまいそうですが、少し冷静に税金のことも考えてみるいい機会となりますね。

どうしても、車には「維持するための費用」が必要なので、情報を集めながら工夫をして、新型マークXを自分のもとに迎えたいですね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう