新型フェアレディZ 口コミ評価 評判まとめ

フェアレディZ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型フェアレディZにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは2016年の新型フェアレディZの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

実際に試乗、購入した7人の方の口コミを、エクステリア&インテリア、エンジン性能&走行性能、乗り心地&価格&燃費にそれぞれまとめています。

fairlady-z-2012

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/fairlady-z-2012-e1470562431196.jpg


スポンサーリンク

エクステリア&インテリアの口コミ

fairlady-z-back

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/fairlady-z-back-e1470563316420.jpg

はじめにエクステリア、インテリアの口コミを見てみましょう。

【エクステリア】

・ノーマルだとホイールがダサい。社外品へ交換。走る、曲がる、止まる。

・洗練されてはいないがいかにも走りそうな姿に思わずニヤついてしまう。

・凄く良いデザインだと思いますが、ぽっちゃり系なのが少し残念。

・唯一押しボタンみたいなZマークは嫌いです。

・好みにもよりますが、私的にはスポーツカーの雰囲気も出ていてカッコイイと思います。

・ホイールもメーカー純正とは思えないくらいでいいと思いました。

K0000286578_0009

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/K0000286578_0009.jpg

【インテリア】

・バージョンSTのナビ付きオレンジシートなので三連メータの時計以外は非常に満足。

・ファブリックシートの下位グレード、特にナビ無しだと内装がしょぼいのでおすすめしません。

・目的に適した妥当な装備で、エンジン始動時は毎回テンション上がりますね。

・高級感のある内装よりもこっちの方が見た目的にも好きです。

・値段を考えれば少し安っぽい気もしますが、3連メーター等スポーツカーの雰囲気が感じられていいと思いました。

Nissan-FAIRLADY-370Z-Nismo-2015-02

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/Nissan-FAIRLADY-370Z-Nismo-2015-02-e1470563542363.jpg


スポンサーリンク

エンジン性能と走行性能の口コミ

【エンジン性能】

・ノーマルだと低速トルクが薄く、Z33の頃のようなトルク感がなく不満だった。排気系交換後に劇的に改善。

・Zを買う層は古臭い高回転型スポーツエンジンよりも大排気量による豪快な走りを求めているため、次期モデルがあるなら低速トルクを重視した味付けにした方がいいと思う。

・排気量分の仕事はしており、低速から満遍なくトルクが出るので走り易いのと、0-100km/hまでは同性能のクラス帯では最上位。

・エンジン音はガサツな運転の仕方によっては五月蝿いのかもしれませんが、変速タイミング、アクセル開度含めまともにコントロール出来る方なら良い鳴りの車になります。

・7L V6の334bhpは高水準で、サウンドもまるでマスタング並み。

・3.7Lのエンジンはトルクがあって扱いやすかったです。

・低回転から高回転まで満遍なく使えますが、一般道では高回転はあまり役に立たないと思います。

z_v_nismo06

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/z_v_nismo06.jpg

【走行性能】

・スポーツカーの作り方が上手く、336馬力の後輪駆動車で運転席と駆動輪がこれだけ近いと流石にスポーツカーらしい運転感覚になるが、それを実現するには2シーターにするしかない。この車にしかない乗り味、運動性能が出せている。

・走行性能はほぼ満点でしょう。本当に良く曲がります。車両バランスから見ても不足はありません。これ以上はサーキット専用にして普段使いは犠牲にしなければならないレベル。そしてシンクロレブコントロールですが出来がかなり良いです。良きライバル、そして助手席に誰かを乗せる際には非常に心強い味方となります。

・ステアリングも違和感なく扱え、固定式パドルも悪くなかった。低速域のトルクも強く、ストレスなく走れる。

・ドライビングポジションの低さはゆっくりと流して走っていても楽しいと思います。先代のZ33に比べてボディ剛性・足回りもよくなっているようで、純正でも十分だと思いました。また、MTにはシンクロレブコントロールが付いていてギアを変えるとエンジンの回転数を合わせてくれるので誰が乗っても気持ち良く走れると思います。私的にはオプションでもいいような気もしましたが。ブレーキの効きも純正で十分だと思いました。

82_dl0000407058-2

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/82_dl0000407058-2-e1470563988112.jpg

新型フェアレディZの値引きの方法については、

「新型フェアレディZ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にフェアレディZを購入して下さい。


スポンサーリンク

乗り心地 & 燃費 & 価格の口コミ

次に乗り心地、燃費、価格についての口コミを見ていきます。

【乗り心地】

・乗り心地はやや固め。良路でのドライブは楽しい。

・高速の段差でもしっかり吸収してくれます。この辺りも好みですが良いバランスだと思います。

・仕方ない事だが、足回りの硬さはちょっと無骨すぎるように思う。モード選択できればベター。後方視認性の悪さは、いかにもスポーツカー。

・乗り心地は硬めな感じですが、いいと思います。タイヤも19インチを付けていましたし、それを考えると十分だと思います。インチダウンをすればもう少し良くなるかもしれませんね。

026_o

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/026_o-1-e1470564157526.jpg

【燃費】

・燃費は悪い。ただし全く気にせず運転している。

・このタイプの車ですから、燃費は悪くてあたりまえです。ポルシェよりは若干良いです。

・低燃費のご時世、10Km/L走らないのは厳しいですね。ただ、燃費を気にして乗る車ではないと思いますし、排気量を考えればそれほど悪くはないと思いますが…。

・燃費は良いです。燃費は走り方による差が最も大きい部分ですが、ある程度巡行出来る道なら9~10km/Lぐらいで走れますので、排気量から見れば良いという結論です。

【価格】

・だいたいお値段と品質がバランス取れていると思います。お値段以上の驚きは無かった。

・価格は微妙。不便さにかけては他の車を寄せ付けないレベルのためセカンドカーがあったほうがよく、結局色々な意味で余裕がないと購入はできないと思う。自分の場合は雪国なので余計そう感じる。

・値段としては、Z33の方が買いやすかった。正直今のご時世では、この値段は頑張って手が届くというレベルではない。

・ベースグレードでも乗り出し400万程度になってしまうので、誰でも気軽にというワケにはいかないと思いますが、数少ない国産のスポーツカーですのである程度は仕方がないと思います。

・コスパで言えば最高レベルと自信を持って言えます。ノーマルグレードなら300万代から選べ、サーキット仕様のnismoも500万代で収まっています。仮にこの車をトヨタが出していたら1000万ぐらいでLマークが着いていたでしょう。さらにほぼ同性能と言っても良いポルシェケイマンSも1000万ですから、ほぼ半額で買えるコスパは最も誇れる点だと思います。

file-3

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/file-3-e1470564494449.jpeg


スポンサーリンク

総評とまとめ

【総評】

・車としてはカッコイイですし、走っても気持ちがいいのでよくできている車だと思います。MTはもちろん、ATでもスポーツカーを楽しめる数少ない車だと思います。車の雰囲気的にはATの方が合っているかもしれませんね。フルモデルチェンジがあれば、即、乗り換えるでしょう。

・次期モデルも買いたいが、欧州の不人気スポーツカーではなくV8のコルベットに対抗できる性能、ルックス、コストパフォーマンスを見せて欲しい。

・私はフェアレディZが与えてくれる満足感は高いと思っています。サーキットも公道もと中途半端だと×を付ける人が居たり、逆に乗り心地が硬く高級感0と馬鹿みたいな文句を謂う輩が居るかもしれませんが、それはただ単に自分の求める車種やグレードすら選べない車音痴の言葉です。

・フェアレディZはノーマルグレードからnismo仕様まで出てますから、中途半端が嫌ならnismoを選べば適切にセッティングされた車がチューニング費より遥かにコスパ良く手に入ります。一方で高速での移動までという人向けスポーツクーペとしても選べます。

・フェアレディZはスポーツカーです。日本で唯一庶民の買える王道の王道をいくスポーツカーがフェアレディZです。本来当たり前の事なのですがスポーツカーが欲しいという人になら満足のいくスポーツカーだと思います。

・日本車におけるスポーツカー市場の牙城とも言える存在。Zが好きで、欲しいと思っている人は安心してぜひ買って欲しい。

・全体的なクオリティに関しては、まだまだ荒く、特にラゲッジ周辺は未完成品な印象。これの新車と、中古のボクスターS等を並べてみて、気持ちが傾かなければ買い。

Nissan-FAIRLADY-370Z_001

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/Nissan-FAIRLADY-370Z_001-e1470547618395.jpg

いかがでしょうか?新型フェアレディZ、満足度はかなり高いように思います。

どの部分を重視するかにもよりますが、スポーツカーとしては大変優秀な部類に入るのではないでしょうか。

この口コミを参考に、購入の検討をしてみてください。

65_dl0000480581

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/65_dl0000480581-e1470546973564.jpg

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク