新型フェアレディZ 色・カラー紹介!人気カラーは?

009

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型フェアレディZの色・カラー情報が公開されています。

フェアレディZはそのデザインに惚れる方も多いだけに、そのボディカラーにもこだわって選びたいという方も多いことでしょう。

そうした要望に応えるように、バリエーションに富んだ色が用意されています。

こちらでは2016年の新型フェアレディZの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

Z34-150721-01-618x412

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/Z34-150721-01-618×412-e1470669132230.jpg

日産は、2人乗りのスポーツカー「フェアレディZ」を一部仕様向上し、2015年7月より発売開始しました。

消費税込の価格帯は3,831,840円~5,734,800円。

「フェアレディZ」は、世界トップレベルの走行性能や、走りのために鍛え上げられたしなやかでダイナミックなデザインなどにより、あらゆるシーンで走る愉しさを満喫できる真のスポーツカーとして、ユーザーから高い評価を得ています。

また、「フェアレディZ NISMO」のラインナップ追加などにより、新しい魅力を提案し続けている車とも言えるでしょう。

そんな新型フェアレディZには、どんなカラー展開があるのでしょうか。


スポンサーリンク

新型フェアレディZのカラー展開

気になるボディカラーは新色「オーロラフレアブルーパール」を含む全8色を用意。

全ての色をご紹介します。

ブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB・スクラッチシールド〉(特別塗装色)

708_dl0000481830

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000481830-e1470669623938.jpg

プレミアムサンフレアオレンジ(2PM)〈#NAM・スクラッチシールド〉(特別塗装色)

708_dl0000481824

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000481824-e1470669962590.jpg

プレミアムディープマルーン(P)〈#NAG・スクラッチシールド〉(特別塗装色)

708_dl0000481826

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000481826-e1470670104116.jpg

オーロラフレアブルーパール(2P)〈#RAY・スクラッチシールド〉(特別塗装色)

708_dl0000585211

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000585211-e1470670185831.jpg

ブリリアントシルバー(M)〈#K23・スクラッチシールド〉

708_dl0000481832

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000481832-e1470670261799.jpg

ダークメタルグレー(M)〈#KAD・スクラッチシールド〉

708_dl0000481834

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000481834-e1470670330700.jpg

ダイヤモンドブラック(P)〈#G41・スクラッチシールド〉

708_dl0000481836

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000481836-e1470670408659.jpg

バイブラントレッド(C)〈#A54・スクラッチシールド〉

708_dl0000481838

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/708_dl0000481838-e1470670473741.jpg

以上8色のカラーバリエーションです。

このうち、プレミアムサンフレアオレンジ・プレミアムディープマルーン・ブリリアントホワイトパールは特別塗装色です。

また、全カラーにすりキズや引っかきキズを時間とともに修復するSCRATCH SHIELDを採用。

軟質樹脂を配合したクリヤー塗装が、洗車によるすりキズや日常での引っかきキズ程度なら、時間とともにほぼ元の状態に復元します。


スポンサーリンク

どのカラーが人気なのか

日産の新型フェアレディZ公式サイトによると、

ボディカラーランキング

1位:ブリリアントホワイトパール(3P)

2位:ダイヤモンドブラック(P)

3位:プレミアムサンフレアオレンジ(2PM)

とのことです。

やはりスポーツカーらしい高級感を感じさせ、日常でも使い易いホワイトとブラックが人気のようですね。

ちなみに、誰でも投票できるインターネット上の一般ランキングでは少し違った傾向が見られました。

1位2位は日産公式サイトと変わらずなのですが、3位にブリリアントシルバー、4位にバイブラントレッドが続きます。


スポンサーリンク

新型フェアレディZ 内装のカラー展開

シート地は、Coupeが本革とスエード調ファブリック、NISMOが専用チューニングRECARO製スポーツシートになっています。

カラーもパーシモンオレンジ〈R〉、ブラック〈G〉グレー〈K〉と豊富なラインナップ。

si_imgsld_01_01b

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/si_imgsld_01_01b-e1470672301978.jpg

こちらはフェアレディZ Version ST(6MT)

ボディカラーはプレミアムサンフレアオレンジ(2PM)〈#NAM・スクラッチシールド〉(特別塗装色)。

内装色はパーシモンオレンジ〈R〉/本革・スエード調ファブリック。

カーウイングスナビゲーションシステム(地デジ内蔵・HDD方式)+Bose®サウンドシステム+アクティブ・サウンド・コントロール+アクティブ・ノイズ・コントロール+ステアリングスイッチ(オーディオ、ナビ、ハンズフリーフォン)+バックビューモニター+ETCユニット〈ビルトインタイプ〉はメーカーオプションです。

si_imgsld_01_02b

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/si_imgsld_01_02b-e1470672455834.jpg

また一風雰囲気の変わったこちらはフェアレディZ Version S。

ボディカラーはプレミアムディープマルーン(P)〈#NAG・スクラッチシールド〉(特別塗装色)。

内装色はブラック〈G〉/ファブリック。

カーウイングスナビゲーションシステム(地デジ内蔵・HDD方式)+ステアリングスイッチ(オーディオ、ナビ、ハンズフリーフォン)+バックビューモニター+ETCユニット〈ビルトインタイプ〉はメーカーオプションです。

si_imgsld_01_03b

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/si_imgsld_01_03b-e1470672742131.jpg

スポーツカーらしい爽やかな印象のこちらは、フェアレディZ Version T。

ボディカラーはオーロラフレアブルーパール(2P)〈#RAY・スクラッチシールド〉(特別塗装色)。

内装色はグレー〈K〉/本革・スエード調ファブリックになります。

内装とボディカラーとのカラーコンビネーションが可能ですので、見ただけで惚れ惚れするような一台を目指してみるのも面白いのではないでしょうか。

車好きにはいろんな方向性がありますが、ビジュアル面から攻めるのもなかなかいいと思います。


スポンサーリンク

まとめ

まさにスポーツカー界の貴婦人とも呼べる新型フェアレディZ。

購入を検討の際はお気に入りのカラーをしっかりチェックして日産に向かった方が良さそうです、

いつまでも走っていたくなる快適なスポーツカー、新型フェアレディZで、週末のドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。

新型フェアレディZの値引きの方法については、

「新型フェアレディZ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にフェアレディZを購入して下さい。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう