レクサス LS の新型にはFグレードが!?

Lexus

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



レクサスのフラッグシップモデル「LS」がモデルチェンジを控えています。

レクサスの中でも最上級セダン「LS」によりスポーティな”Fグレード”が加わりそうです。

どのような姿で登場してくるか、先行して登場した「GSF」などの情報も交えてお伝えします。


スポンサーリンク

レクサス LS スポーティヴァージョン FSPORTとは

img_hero[2]img_the_flagship_of_f_sport[1]

引用:https://lexus.jp/

レクサスLSは、トヨタ自動車の高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」のフラッグシップモデルでFセグメントに属する大型セダンです。

1UR-FSE型4.6L V型8気筒DOHCエンジンを搭載する「LS460」、「LS460L」と2UR-FSE型5.0L V型8気筒DOHCエンジン+モーターのハイブリッドモデル「LA600h」、「LS600hL」が用意されています。

そして、2013年モデルにビッグチェンジに衣替えした際、追加グレードとして設定されたのが「F SPORT」になります。

「F SPORT」が、GS、IS、CT、RXに設定されている「F SPORT」と同様、スポーティな走りに重点を置いたセッティングが施されており、専用のローダウンサスペンション、トルセンLSD(LS460のみ)、アクティブスタビライザー(LS600hのみ)、専用ブレーキ(フロントブレンボ製6ポッドキャリパー)を搭載し、スピンドルグリルもメッシュ調の専用デザインとなり、本革スポーツシートも専用のものが用意されています。

今回、2017年に実施が予想されているフルモデルチェンジでは、GSF/RCFに続きさらにスポーティな走りに徹するLSFの登場が予想されています。


スポンサーリンク

GSFからLSFを予想する

img_gallery_19[2]img_gallery_06[2]

引用:http://lexus.jp/

GSFは、GSをベースモデルとして、エンジン回転の滑らかさとレスポンスの良さをさらに進化させた5.0LV8エンジンや、レーザースクリューウェルディングなどの先進技術で強化したボディ剛性などにより、優れた走行性能を実現し、さらに、TVD(トルク・ヴェクタリング・ディファレンシャル)やスポーツモード付VDIM,上下加速度センサー付きABSなどを標準装備とすることで、高い操舵安定性と走る楽しさが両立したミッドサイズスポーツセダンです。

また、内外装デザインでは、優れた機能美と上質さが融合した”F”モデルとしてのラグジュアリーなスポーツセダンとしての演出がなされています。

さらに、多面的な安全運転支援の強化のために、予防安全パッケージ「LEXUS Safety System +」が採用されています。

主要スペックと価格

hyou301

引用:http://lexus.jp/

■レクサス GSF試乗レポート

ではここでレクサス GSFの試乗レポートをご紹介します。

フラッグシップセダン LSに”F”モデルが設定された時の参考にしてください。

res_272653_1[2]res_272653_6[1]res_272653_13[2]

引用:https://gazoo.com/

レクサスのスポーツグレードには”F”の一文字が追加されます。

この”F”は富士スピードウェイの頭文字から取られており、「GSF」の試乗も”F”生誕の地富士スピードウェイで行われました。

では「GSF」に実力はいかがなものか。

まず、ボディ剛性の高さが際立っていること。走り出すとすぐすぐにボディの優劣が分かりました。ウェットな路面でしたが100Rでもタイヤが路面をグッと掴んで回っていくなかボディは全く揺るぎなく、それは1コーナーのフルブレーキングでも同じで1.8トンという重量級のボディをABSがフル作動するようなブレーキングでも、力強さは変わりない止まり感がありました。

「GSF」のミッションはコンベンショナルなトルコン付8速ATで、ドライブモードはエコ、ノーマル、スポーツS、スポーツS+の4種類が用意され、スポーツSまたはスポーツS+を選んだ場合は応答性の高いシフトアップ制御とブリッピングダウンシフト制御が行われます。サーキット走行の場合は、このポジションでは2速以上のギヤがロックするようになっているためやはりM(マニュアル)ポジションを選んだ方が良いようです。

「GSF」にはミッションのモードとともに走りに大きな影響する走行モードの切り替えがTVD(トルク・ベクタリング・ディファレンシャル)のモードがあります。TVDはコーナーリングの時リヤ左右のトルク配分を積極的にコントロールするもので、モードはスタンダード、スラローム、サーキットの3種があります。スタンダードはオープンデフに近い設定、スラロームはヨ―(曲がるための力)を積極的に発生させるモード、サーキットは安定性を高めたモードとなっています。乗っていて楽しいのはスラロームモードで,クルマの向きを積極的にかえていくのが楽しいのです。

今までかつて国産車に無かったサーキットで思いっきり楽しめるスポーツセダン が登場したのは実に大きな出来事でした。価格も1100万円と気軽に変えるクルマではないが、欧州車と肩を並べるクルマをトヨタが世に送り出したこと自体が大きな評価を得ることでしょう。

■レクサス新型LS F SPORT試乗レポート

今回は、先日発表されたばかりの最高級ラグジュアリーセダン、新型レクサス「LS」の試乗レポートをお届けします。

今回のメジャーチェンジではすべてがリファインされ、さらに「LS」では初めてとなるスポーティバージョン「F SPORT」が設定されました。

試乗したのは、「LS460 ”F SPORT”AWDで、このモデルはLF全モデルの中で「LS460 F SPORT」に次ぐスポーティなモデルとなっています。

Fスポーツバージョンは、フロントに専用のバケットシートが装備され、パドルシフト付本革巻ステアリングにはアルミトリムが施されています。

また、2WDタイプにはトルセンLSD、AWDタイプにはトルセン式センターデフが採用され、サスペンションはスポーツ仕様に調整され、車高も10mm低くなっています。

他にもFスポーツの特長は、ブレンボ製ブレーキ(モノブロックの6ポッドキャリパーをフロントに使用)や、19インチ鍛造アロイホイール(夏タイヤとオールシーズンタイヤの選択あり)などが挙げられます。

ドライブモードを、エンジン、エアサスペンション、電動ステアリング、ギア比の状態を最もスポーティでアグレッシブな「SPORT S+」モードに切り替えて、峠道に向かいました。

このモードでは、ボディはほとんどロールせず、ステアリングは少し重くなったが、それでもライバルとなるヨーロッパ車の同じセグメントに比べれば軽いと言えるでしょう。

加速は申し分ないものでしたが、低速トルクに少し物足りなさを感じました。これは最近のヨーロッパ車がターボによる低速トルクのアップを図っているからかもしれません。

しかし、加速だけでなく、スポーティさを追求した場合のドライビングダイナミックスという点では、LS FスポーツはBMW「アルピナB7」に劣るかもしれません。どちらも車重は約2,000kgですが、ドライビングフィールではBMWは俊敏で、スピードが上がるほど軽快さが増してくる感じです。

対するレクサスの走りは正確で安定したもので、通常の運転ではFスポーツはB7よりずっと快適です。

いうなれば、高速域でのアグレッシブな走りに適しているのがB7で、一般道では最適なのはLS Fスポーツというところではないでしょうか。


スポンサーリンク

まとめ

LF-FC_01

LF-FC

LF-FC_06

LF-FC

引用:http://www.lexus-int.com/

LF-C2_01

LF-C2

引用:http://www.lexus-int.com/

では、レクサス「LS」のモデルチェンジの際に設定されるであろうスポーツモデル「LSF」はどのようになるのでしょう。

予想されるエンジンは

V8DOHC5.0Lツインターボエンジン

最高出力600ps

を発生させるようです。

いかにもフラッグシップモデルに相応しいパワーを持つようです。

レクサス「LS」はフルモデルチェンジは

燃料電池車FCVモデル

新開発のダウンサイジングターボ、3.0LV型6気筒ツインターボエンジン

など、ゾクゾクするようなラインナップで登場するようです。

2017年中といわれていますが、今から待ち遠しい思いです。

 

 

 

参考サイト

 

http://lexus.jp/

https://gazoo.com/

http://jp.autoblog.com/

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク