ホンダのS2000が復活! Baby NSXと呼ばれるその価格を予想!

特集!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



かつてNSXと並んでホンダを代表するスポーツカーだったS2000に復活の噂が出ています。

ここでは新型S2000にまつわる情報をまとめてみました。

→ 新車が値引きから更に50万円安くなる裏ワザを公開!


スポンサーリンク

S2000とはどんな車だったのか

ホンダS2000とはそもそもホンダが1998年に創立50周年記念モデルとして発表、翌99年に発売したオープン2シーターのFRスポーツカーです。

HO_S013_F001_M001_1_L

http://www.carsensor.net/catalog/honda/s2000/

ホンダは1970年「S800」というモデルの販売を終了していますが、これ以降FR車を量産することはありませんでした(NSXはMR)。

つまり実に29年振りにホンダのラインナップに帰ってきたFR車、ということになります。

縦置きに搭載された直列4気筒の2,000ccDOHC VTECエンジンは9,000回転で最高出力250psを絞り出すという高回転型で、そのピストンスピードは「F1マシンに匹敵する」と表現されたほどです。

ホンダのスポーツカーといえば代表的なものがNSXですが、S2000の開発にはNSXを開発したスタッフが加わっています。

このことからもホンダがいかにS2000の開発に力を入れていたかが伺えます。

img_222f03be96cd7f39a978c391c2edc45090979

http://www.webcg.net/articles/-/7942

S2000は残念ながら2009年に販売を終了しています。

それから現在に至るまでホンダはFR車も、本格的なスポーツカーもリリースしていませんが、熱狂的なスポーツカーマニア、ホンダファンからは「再びホンダらしく元気のいいスポーツカーを出して欲しい」という声は多く聞かれます。


スポンサーリンク

新型NSXの後は新型S2000が登場か?

S2000と共にホンダの一時代を築き、S2000よりも4年早い2005年に販売を終了したNSXです。

実は2016年夏に新型NSXがリリースされることが既に決まっており、海外では予約受付も始まっています(日本では2016年秋にリリース予定)。

001_o

http://autoc-one.jp/honda/nsx/report-2620176/photo/0001.html

そしてNSXのリリースの後には、S2000のリリースが待ち構えている、という情報がまことしやかに流れています。

というのも、新型NSXはベースモデルでも2,000万円弱、フルスペックモデルともなると2,500万円を超える価格帯が設定されており、フェラーリやランボルギーニなどに匹敵するようなプレミアムスポーツカーとなってしまったからです。

北米のホンダディーラーを中心に「もっと安い価格帯のスポーツカーを投入してくれないと他社との競争に勝てない」という突き上げが相当あったようです。

ホンダとしても「廉価版NSX」のような位置付けのスポーツカーの開発を模索しているといわれています。

つまりこの廉価版NSXが新型S2000として登場する可能性がある、ということです。

既に欧米の自動車メディアでは新型S2000の登場は既定路線とみられており、予想CG画像なども数多く出回っています。

honda-s200-news2915-0001

http://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/honda-s2000-sports-car-return-mazda-mx-5-rival

honda-s200-news2915-0003

http://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/honda-s2000-sports-car-return-mazda-mx-5-rival


スポンサーリンク

新型S2000開発上の問題はプラットフォームか

新型S2000の登場はとても喜ばしいニュースですが、ここで気になるのは「プラットフォームはどうするのか」という問題です。

かつてのS2000はFRでしたが、現在のホンダにはFRを採用する車種がありません。

もし仮に新型S2000がFRを採用するのであれば、既存のプラットフォームを流用することが出来ないわけです。

新型NSXはガソリンエンジンに3モーターハイブリッドシステムをミッドシップレイアウトする上に4WDとなるので、こちらの流用も非常に厳しいはずです。

honda-accord-marysville-plant

http://autos.goo.ne.jp/news/260878/image.html?news_image_id=1170590

となると、新型NSXの場合がそうであったように、新型S2000でも全く新しいプラットフォームの開発が必要になることが考えられます。

言うまでもなく新規プラットフォームの開発には莫大なコストが掛かるので、メーカーとしてはかなりの大英断が必要になります。

仮にホンダが新型S2000のための新規プラットフォームの開発に踏み切ったとしても、そのコストは車両販売価格に跳ね返ってきます。

ただ、ホンダには今回リリースされた新型NSX然り、2015年に日本でリリースされたS660然り、専用プラットフォームの開発に割と躊躇なく踏み切る思い切りの良さがあります。

各メーカーがプラットフォームの共通化に力を入れている今のご時世にあって、このホンダの姿勢はとても貴重です。

新型S2000のための新たなプラットフォームを開発する可能性は十分にあるといえます。

逆にいえば適当なプラットフォームがないから新型S2000は出ない、という理屈にはならないでしょう。


スポンサーリンク

搭載されるエンジンは新型シビックタイプRと共通か

ホンダは2015年に4代目の「シビックタイプR」をリリースしました。

新型S2000にはこのシビックタイプRに搭載された「K20C」という2,000cc直4ターボエンジンがそのまま流用されるという説が有力です。

003_o

http://autoc-one.jp/honda/civic_type-r/special-2367125/

新型S2000のためのプラットフォームを新たに開発するのであれば、全体のコスト削減のためにエンジンは既存のものを流用する、というのは自然な流れです。

しかも2,000cc直4ターボというのは「Baby NSX」とも呼ばれる新型S2000にとってサイズ感といい性格といいピッタリといえます。

また、新型S2000は新型NSXと同じくアメリカのオハイオ州にある「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」という工場で生産されるとみられています。

シビックタイプR用のエンジンは同じくオハイオ州にあるホンダのアンナ工場で生産されています。

055_o

http://axisatlanta.blogspot.jp/2016_03_01_archive.html

Euro+Honda+Civic+Type+R+engines+are+American-made

http://www.jp.autoblog.com/2015/07/05/honda-civic-type-r-engine-ohio-video/

エンジン工場と車体組み立て工場が同じ州内にあればそれだけ輸送コストが下がるので好都合になります。

以上の理由から新型S2000へのシビックタイプRのエンジン流用という説は非常に現実的であるといえるでしょう。

このエンジンの最高出力は310psとなっていますが、新型S2000に搭載するにあたってある程度リファインされるものと思われます。

ただし必ずしも出力を向上させるとは限らず、トータル的なバランスを考えてあえて少し下げるという噂もあります。

また、場合によっては新型NSXと同様にハイブッドシステムが加わることも考えられます。

エンジンのレイアウトと駆動方式については「フロント縦置きで後輪駆動」(つまりFR)の可能性が高いですが、欧米のメディアの中にはミッドシップ(MR)と予想するところもあります。

また、駆動方式についてはFRにせよMRにせよ後輪駆動という説が有力ですが、新型NSXと同じく「SH-AWD」を採用して実質的な4WDを採用する、という説もあります。

WS000001

http://www.honda.co.jp/tech/auto/chassis/sh-awd-2/

SH-AWDというのはホンダが独自に開発した四輪駆動力自在制御システムのことです。

通常、車が曲がる時はステアリングを切ることによって「曲がる力」を発生させて曲がっていました。

SH-AWD搭載車はリヤの左右に一対の電磁クラッチを取りつけ、曲がろうとする時に外側の車輪に対して内側の車輪よりも強い駆動力をかけることによって別の「曲がる力」を生み出しています。

これによって安定したコーナリング性能が得られる、という仕組みです。

新型S2000の登場時期と価格は?

新型S2000の登場時期ですが、2018年か2019年が予想されています。

2018年はホンダの創立70周年にあたるため、少なくとも2018年には発表されるとみられています。

先代のS2000の発表からちょうど20年、という意味でもよい節目といえるでしょう。

2017年の東京モーターショーで発表され、2018年に発売、あるいは2018年の北米国際オートショーかロサンゼルスオートショーで発表された後にすぐ発売、というようなスケジュールになると思われます。

価格については仕様によって大きく変わってくるでしょう。

プラットフォームを新たに開発した上、ハイブリッドシステムもSH-AWDも搭載してくるとなると600万円から700万円程度になると思われます。

新型NSXほどではありませんが、普通のサラリーマンが簡単に買えるような金額でないことは確かです。

ハイブリッドシステムは非搭載で、駆動方式もシンプルなFRをチョイスすれば400万円から500万円程度に納まるかもしれません。

ちなみに先代のS2000は約386万円でしたが、それから20年という時の流れを考えると400万円から500万円の間というのは妥当な価格だと思います。

ホンダのS2000が復活!まとめ

以上、新型S2000のスペックと登場時期、価格などを予想してみました。

ホンダは今でこそコンパクトカーやミニバンがラインナップの中心ですが、いつの時代も必ず車好きをわくわくさせるようなスポーツカーを世に送り出してきました。

現在もS660という軽自動車のオープン2シーターが存在しますが、1日も早くここにNSXとS2000が加わる日が来ると良いですね。

→ 中古車,新古車,試乗車,展示車でも、憧れのあの車に乗りたい!賢く探す方法を紹介!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク