新型シエンタ  値引き術!

サムネ103

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シエンタの値引きについて情報をまとめました。

2015年7月新型シエンタがフルモデルチェンジになり、大好評となりました。

発売開始当初は3~4ヶ月分の納期でしたが、今はだいぶ落ち着いてきて、1ヵ月半~2ヵ月程度だそうです。

値引き幅も最初よりは伸びてきていて、本体価格で10万円から25万円程度。

新型シエンタはオプション設定が多く、本体は値引きも含めて安いと感じますが、トータルでは300万円を超すなどはざらにあるようです。

本体車両はベース車両と言うべきで、必要とされる多くの装備はオプションとなっているので付けないわけにもいきません。それが現代のトヨタ商法であるのなら、逆手に取ってしたたかに値引きに挑んでみましょう。


スポンサーリンク

古くからある処世術

https://gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/sienta_201507_page01.aspx?MAKER_CD=A&CARTYPE_CD=699&GENERATION=07 GAZOO公式サイト
交渉に臨んでみると、そのテクニックは昔から変わらぬもので、お笑いの「突っ込みとボケ」とも言える2人1組の処世術とも言えるでしょう。

ディーラーに赴いてショールームで目的の車を見ていると、営業マンが近づいてきます。中には声をかけないで知らないそぶりをしている営業マンもいます。

そんな時どちらからでもかまいませんので、ずけずけと話しを持ちかけます。積極的に要点を進めてもかまいません。でも駆け引きをしないと気が済まない営業マンもいます。その時には駆け引きの程度で、度が過ぎていると感じたら、さっさと引きあげましょう。

駆け引きの多い営業ですと、値引き交渉をするにも時間が必要になってしまいます。暇なときは付き合うのも良いでしょう。

だいたい車種が決まると「下取り査定をさせてくれ」と言いだします。そうしたら決めていなくても、かまわずに査定させてください。平均すると30分ぐらいかかります。この時「どうせ安いでしょ」と下取りに期待していないように言いましょう。

ディーラーの下取り価格は、ユーザーの顔色で決めてきますので、自分の現在の車にあまりこだわりを持っていないそぶりをしましょう。すると下取り価格を下げて、値引きに備えてきます。

値引き交渉で自信がないのであれば、現在の自分の車に非常にこだわりがあるように言いましょう。下取り額が低いと不機嫌になるようにするのです。

すると、まずまずの下取り価格を示し、こちらのご機嫌をうかがってきます。それでも下取りに不満があるときは、不機嫌になってひとまず引き上げます。

仕事で交渉事を数多くこなしてきた方ならご存知かもしれませんが、値引き交渉も、お笑いの「突っ込みとボケ」と同じです。相手に厳しく要求を突き付ける役割と、相手の反応を受けて和やかに同意しているように振る舞い合意を取り付ける役と、両方が必要なのです。

買いたい人・財布を握る人

 

http://toyota.jp/sienta/gallery/ トヨタ公式サイト
まず、最低2人で交渉の役割分担をすることをオススメします。トヨタ・新型シエンタは、コンパクトミニバンクラスです。その多くはファミリーであり、そこで旦那さんが買いたい人を演ずるのが順当でしょう。

奥様が財布のひもを握って睨みを効かせているのが当然で、営業マンもファミリー客であれば、当然と受け止めています。

もしも独り暮らしであるのなら、もちろん彼女に頼むのもよし、親に普段はどんなことでも意見を聞かないのだけれども、この時だけは怖い親になってもらうのもよしです。

奥さんが交渉事苦手なら、子供に頼んでもよいでしょう。子供の場合は、わがままに「買いたい一心」のように振る舞ってもらうことです。

下取り価格が出たのなら、買いたい役割の旦那さんは、すぐにでもオプションの選定に掛かりたがるのですが、奥さんは露骨に下取り価格が低いと不愉快な顔をするのです。帰ってしまってもよいと思います。

もっとも一般的なのは、このように旦那さんが買う気満々で交渉に入っていき、奥様が「条件を聞いて渋い顔」をする役割です。そして奥様は何でも良いのでケチをつけます。「この顔、嫌い」「いい色がない」など人の好みで誰もどうしようもないことが良いのです。

すると営業マンも奥様のご機嫌を取るしか方法がなくなります。

https://gazoo.com/car/pickup/Pages/spec_sienta_freed_hybrid_1507.aspx GAZOO公式サイト
そこでさらに「ホンダ・フリードなら、これでいいのに」と条件について、競合他車ならこれでOKと言って予算はあることを示します。

「でも嫌い!」と突き放して、交渉を伸ばします。旦那さんは「買いたくてしょうがない」ふりをしておくと、営業マンは「これは絶対に買う」と感じます。

すると自動的に後は「値引き」など条件を良くするしかなくなります。営業マンは普段出さないような値引き条件を示して話しを決めようとします。でもすぐに決めてはダメです。そこは一度、時間をあけるために引き上げます。

これがユーザー側としては良くある交渉テクニックです。

この交渉に入る前に、3月で決算時期であり、その営業所その営業マンが成績をあげたがっていることを、その態度などから確認しておきます。

特に営業成績にこだわっていないのであれば、営業マン側がそこそこで引き上げていきますので、見切り時を判断するために必要なことです。年間の一番の交渉するべき決算期を逃さず、異例な値引き巾を引き出すチャンスとするのです。


スポンサーリンク

こまめに競合車の見積もりを取る

トヨタ・ヴォクシー

http://toyota.jp/voxy/style/
この時、やはり競合他車をこまめに見て回って、見積もりを取っておくことを基本とします。

新型シエンタを本命とすれば、トヨタ・ヴォクシー、ノア、エスクァイアも競合するでしょうし、ホンダ・フリードはもちろん競合するでしょうが、日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴンなども競合してくるはずです。

すると上級車や下級車も視野に入り、どのように見積もらせればよいのか、分からなくなるかもしれません。

日産・セレナ

http://www2.nissan.co.jp/SERENA/


スポンサーリンク

下取り値段

下取り車がある場合、ディーラーと買い取り業者の2通りがあります。ディーラーは自社車両でないと低い値段になることが多くあります。

これもやはり多くの業者に見積もらせてみる方が、良い値段が出る可能性はあるのです。買い取り業者には、値段が出た時、その値段がいつまで有効であるのか見積書に記入してもらっておくことをオススメします。

買い取り業者では、中古車を探しているお客さんが既にいて、直ぐに売れる見込みの時には、高い値段を出してきます。

しばらく時間を置いて、新車ディーラーと購入の話しが付き、契約したので引き取ってほしいと申し込んだとき、すでに待っているお客さんがいなくなっていて、下取り値段を下げられてしまうことがあります。

利口な交渉のしかたとしては、新車ディーラーで購入の話しが出来て契約時に「下取りとして入れずに、現金で払う場合がある」と注意書きをしておいて、納車下取り車引き取りの時までに、買い取り業者に見積もらせて良い値段が出たら、業者に売って下取り者の代わりに同じ値段を現金で払うのです。そうすれば、下取り価格より高く売れれば、差額が現金で残ります。

上手な交渉で値引きを引き出すのがポイントですが、買取業者でも最近は数が増えてきて、どの業者を回ればよいか、ディーラーと行ったり来たりが大変だ。とも良く聞きます。

そんな時の決めの一手がこちらをぜひ参考にしてください。

→ 新型シエンタの値引き交渉+αでさらに50万円安く買う方法!

時間と手間を省きながら、最大限の値引きを引き出せます。

後半では、値引き交渉に使える競合車をピックアップしていきます。

交渉のキモ 競合車選び

トヨタ・エスクァイア

http://toyota.jp/esquire/style/ 
トヨタ・シエンタの競合車では、トヨタ・ヴォクシー、ノア、エスクァイアは上級車になりますが、諦めずに見積もりを取るようにします。

もしかしたら予算に会う見積もりが出るかもしれませんし、少なくとも競合させることが出来ます。この場合、2通り見積もりの取り方が考えられます。

1つは必要なオプションを着けさせて見積もる方法です。これですと値段としては高くなりますが、値引き幅が大きくなります。

オプションを100万円以上付ければ、車体本体を含めて30万円以上の値引きは出るでしょう。40万円以上を狙いたいものです。

そして新型シエンタのディーラーに「ヴォクシーはこれだけ値引くのよ・!」と値引き巾だけを言って迫る材料にするのです。同クラスで古くなったホンダ・フリードなら、もっと値引き幅があるはずです。

でも、実際には購入予算が足りない場合があります。そこで「すっぴん」つまりオプションを出来るだけ省いて本体のみで見積もらせる場合も考えられます。それが購入予算内に入れば「ヴォクシーがこの値段よ・!」とシエンタの営業マンに迫れるのです。

上級車種の見積もりでは、基本は「すっぴん」でしょう。どちらを使うか、両方使うかは、皆さんにお任せ致します。

狙いの車

http://toyota.jp/sienta/gallery/ トヨタ公式サイト
今回、買いたい車の本命である新型シエンタの見積もりを取る時、一番の問題はディーラーが強気であることです。

大ヒットになっていますし、納期も押しています。でもホンダ・フリードについては古くなり、シエンタにおされています。

さらにホンダはエアバックのタカタのリコール問題で傷ついています。ここで販売成績を伸ばしたいはずですので、奥様とコンビで交渉に臨んでみてください。フリードは本体価格だけで30万円以上の値引きも得られるようです。

通常ディーラーの本体価格に対する原価率は90%ありますので10%の利幅では300万円で30万円値引きしたら利益はないことになります。

オプションでも15%程度といわれますので、100万円のオプションでも15万円程度となります。口コミで20%にもなる値引き幅と獲得した例などがありますが、ディーラーの演出であることも有り得ます。

つまり下取り価格を低くて維持しておいて、値引き幅に載せるのです。

営業マンとの駆け引きは一筋縄ではいきません。こまめに丹念に手間を掛けることがコツでありましょう。

買いたい本命がシエンタの場合、特にオプション設定の多い車ですので、基本は「必要なオプションを全て込み」で見積もらせてください。

そして最後に付けさせるディーラーオプションを見定めておきます。またローンを使うのであれば、最後の交渉で金利を下げさせることにするのです。

下級車のオプション三昧

freed
http://www.honda.co.jp/FREED/ ホンダ公式サイト
シエンタの競合車として筆頭に挙げられるのは、ホンダ・フリードでしょう。

2016年9月にフルモデルチェンジしてからは、燃費性能に磨きがかかり、カタログ燃費でも、実燃費でも、シエンタに肉薄しています。

特に、2017年に入ってからは単月の販売台数でフリードの後塵を拝する月も出ていますので、トヨタの営業マンとしても、うかうかしていられません。

フリードを競合車とする場合、メーカーオプションだけでなくディーラーオプションもフルに着けさせて、値引きを出来るだけ出させます。

オプションの金額にもよりますが、60万円ぐらいは引き出し、シエンタの交渉に出して迫りましょう。遠慮はいりません。旦那さんが買いたい人で、奥さんが厳しく査定する役割を正しく演じていれば、トラブルにはなりにくいのです。

最後は「奥様にはかなわない」と営業マンに言わせれば、購入後も仲良くやっていけます。

その他、余り使わない3列目の座席をあきらめれば、数多くのコンパクトカーが競合対象となってきます。VW・ゴルフも競合するはずです。

今年はVW・Golfでしょ・!

VWは、ディーゼル車の排気ガスのコントロール・プログラムで、世界的な衝撃を与えました。2兆円とも言われる課徴金がアメリカで言い渡されました。

しかしさすが世界のVW。

倒産かとの噂もなんのその、見事にはねのけ、2016年の世界販売台数でトヨタに次ぐ2位につけました。

 

http://golf-polo40th.volkswagen.co.jp/golf/ VW・ゴルフ
そこで、新型シエンタの競合車種としてVW・ゴルフの見積もりを取ってみてください。この場合、新型シエンタと同じように、奥様とコンビで本気で交渉して常識では考えられない条件を出させてください。

VW・ゴルフがほんとに気に入ったのなら、購入すれば良いでしょう。VW・ゴルフは高速ツーリングが基本としてのコンセプトです。

新型シエンタは、むしろミニミニバンの居住性向上に振っていますので、VW・ゴルフを気に入る人もいるはずです。値段との勝負です。

となれば、↓も参考にしてもらい、最大限の値引きを勝ち取りましょう。

→ 新型シエンタの値引き交渉+αでさらに50万円安く買う方法!

それでは、皆さんの奮闘をお祈りいたします。

新型シエンタのおススメ動画

→ 新型シエンタ の記事をまとめてチェック!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう