新型シャトル 燃費まとめ!

シャトル

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シャトルの燃費情報が公開されています。

こちらでは新型シャトルの燃費に関するデータをご紹介します。


スポンサーリンク

ホンダシャトルってどんなクルマ??

趣味とレジャーを最大限に楽しむドライバーに合った独自の価値観で創造させて、また反映をした一台として開発されたのがホンダ新型シャトルです。

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

フィットの後継車種となっていますが、全く違うコンセプトで作り上げているためにフィットという名前を外して販売をしています。

ホンダ新型シャトルのハイブリッドタイプにはEVモーターで発進が可能となっているホンダ独自のSPORTS HYBRID i-DCDシステムを採用しています。

燃費も5ナンバーのステーションワゴンタイプでは最も優れているリッターあたりJC08モードでリッターあたり34キロメートルを記録しています。

ガソリン車でもJC08モードでリッターあたり21.8キロメートルを記録しています。

また、抜群の室内空間を更に拡大して最大限の室内空間を確保しています。

例えば5名乗車時のラゲージルームの収納能力は約570リットル分となっており大容量の荷物を収納できるようになります。

後部座席を倒すと更に多く荷物の収納が可能となります。

最大184センチメートルまで室内空間を最大限広げることができますので、様々なシートアレンジを施しサーフボードなども入ることができます。

シートアレンジによって快適なドライブを楽しむことが出来ます。

また、アクティブ派の皆様待望のステーションワゴン初の4WD車が登場しています。

4WD 車も軽量でコンパクトなビスカスカップリング方式を採用しており燃費の良さに貢献しています。


スポンサーリンク

高速道路での燃費

今回は神戸市内から兵庫県の北部を堪能しようと思います。

先ずはエンジンをかけてシートベルトを締めて出発です。

どのような結果が出るのかが楽しみです。

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

ホンダ新型シャトルはホンダフィットの後継車両としてフィットの特徴を持ちつつ、全く新しいタイプの一台に仕上げているユニークな一台となっています。

しかしながら、フィット同様によく耳にする言葉があり、それはホンダ新型シャトルのベーシックグレードも他のグレードと同様にとても優れているという言葉です。

これは先ず多くのドライバーが言っている印象的な言葉となっています。

これは、ホンダ新型シャトルのベーシックであるグレードのバランスがとてもよく取れていることを裏付けています。

それと同時に、例えばパワーを大きく取っているエンジンを搭載しているグレードがあると言うことと。

同時に、クルマを引導するパワーの少ないベーシックなグレードであれば車体側に余裕が生まれるために結果的にいい車になっているということがいえると思います。

それは、ホンダシャトルハイブリッドタイプ及びガソリン車タイプ両方に当てはまる言葉ではないかと思います。

ホンダシャトルハイブリッドタイプは、今までパワー不足を感じてしまいがちな高速道路を走っていても“これで満足だ!!”という力強い走りを提供してくれるのは、エンジンのホンダならではの強みではないのかなと思います。

ホンダシャトルのインテリアは先ずその居住空間の広さに驚かされてしまいます。5ナンバーの1.5リッターのクルマを運転しているのですが、それを忘れてしまいそうな広々としている居住空間です。

その居住空間の広さからワンサイズいやツーサイズ上のクラスのクルマを乗っているのかなと思わせるようなつくりで快適なドライブを満喫しています。

この居住空間の広さを実感するのは、ドライバーズシートの位置の高さなども影響していると思います。

しかし、このことは実際に1.5リッターステーションワゴンタイプの中で一番の居住スペースとラゲージスペースの広さを改めて実感させられます。

高速道路を走っていて乗り心地のよさを実感します。

今回はホンダ新型ハイブリッドで一番燃費のいいベーシックタイプであるGグレードに乗せていただきました。

路面での繋ぎめやデコボコした部分を乗り越えた時に身体を突き上げるような嫌な硬さを全く感じることなく、しなやかで軽やかな動きの足回りを実現しています。

ハンドルステアリングから感じ取れるハンドリングフィーリングがしっかりしていて安定しているところも高速道路上では大事なポイントになるのではないかなと思います。

もちろんハイブリッド車に限らず、ガソリン車でも優劣はつき物だと思いますが、それでも直進をする時に大きなトラックが通った後も風にあおられるようなこともなく、しっかりとしています。

高速道路上で加速をしながら進入する時も、ホンダシャトルの動きやタイヤと路面が接触をして感じることが出来るフィーリングも正確さが伝わってきます。

また、高速道路上で狙いを定めたラインを思い描いたとおりに正確にラインをつかんでいます。

動力性能も先ほど述べたように高速道路の合流や追い越し加速で、アクセルを踏み込み加速を全開にしてみたところ、これが本当に1.5リッターのクルマなのと感じるほどに力強い運転が体現できます。

この力強い運転にとても贅沢な気持ちになります。

Dドライブレンジにシフトを合わせて時速100キロメートルで走ったところ、エンジンのトルク回転数は2000回転ととても低く抑えられていて燃費のいい運転が出来ます。

高速道路上での燃費はリッターあたり32キロメートルという数字を記録しています。まさに文句なしの大満足エコドライビングカーです。

ホンダシャトル1.5Li-VTEC+i-DCD FF 7速デュアルクラッチトランスミッション の高速道路での実燃費はリッターあたり32キロメートルとなります。

 


スポンサーリンク

田舎道での燃費

今回の田舎道での燃費走行の確認は県道429号線を通り生野町から青垣町までのドライブを美しい景色や地産地消の食事を通してドライブをすることにしました。そしてそのまま神戸市の方向に向かってドライブをするルートです。

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

田舎道を通り美しい真っ青な銀山湖を横にしながら深緑の青葉広がるこの季節のドライブをして、明らかに感じ取られるのが燃費計を計らなくてもすごく燃費のよさそうなクルマだなということが素直に感じることが出来るのがホンダ新型シャトルです。

そう実際に感じる一番の要因は低速トルクがとても大きく太いエンジンと、ワイドレンジ化にされているCVTとの相性の良さがそのようにさせています。

具体的にはエンジントルクの回転数にして、2000回転を割るくらいの回転域で、ホンダシャトルは田舎道のドライブが実現できているところとエンジントルク回転数が2500回転を超えると加速力を持つことができるからです。

アクセルを軽く踏むだけで十分安定した速度を出してくれます。

そのように思いながら、途中の黒川温泉という秘境によってランチをすることにしました。ここでは小さな秘境の温泉を満喫することができて、地元のジビエ料理に舌鼓をしました。今回は鹿肉のステーキを食します。臭みがなくて美味しいものです。

さて、ここで気持ちをリフレッシュして新たに田舎道をドライブしながら感じたことを記録しています。

峠を越えたり、曲がりくねったワインディングロードを通りながら率直に感じるのはハンドルステアリングが安定しているということです。

狭く曲がりくねったワインディングロードでも安心してハンドルステアリング操作が出来ます。

曲がりくねったワインディングロードでも狙いを定めたコースをきちんと正確に走ってくれるのがホンダシャトルです。

コーナーリングでのタイヤの地面に付ける技術性能が優れていますので、ワインディングロードのコーナーリングの踏ん張り性能はとても高いです。

ステーションワゴンとして安定したドライビングを可能としてくれます。

田舎道で記録して燃費がいいのはエンジン回転のトルク数が低く抑えられているのがいい影響を与えています。

田舎道での燃費はリッターあたり32.9キロメートルという数字を記録しています。

ホンダシャトル1.5Li-VTEC+i-DCD FF 7速デュアルクラッチトランスミッション の田舎道での実燃費はリッターあたり32.9キロメートルとなります。


スポンサーリンク

市街地での燃費

今回は神戸市で市街地運転の燃費を確認することにします。

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

ホンダ新型シャトルの市街地での走行は今回はハイブリッド車ということもあり、市街地での運転中にストップ&ゴーのアクセルの開度がとても少ないので、市街地での運転もとても楽な車の一台となっています。

特にエンジントルクの回転数の低さは渋滞の中でノロノロ運転をしている時にストップ&ゴーをする時にも感じることが出来ます。

渋滞中の減速運行の中でも、ホンダシャトルはアイドリングとプラスアルファの一定したトルク回転数で走行することができるので、ガソリンを一切使っていないのではと感じてしまうほどです。

アイドリングの完成度もとても高く、ブレーキの設定が超絶で普通に停止をするだけで自然にエンジンが止まってくれるという、天晴れな調整をしているのがエンジンのホンダの誇るべきところではないのかなと思います。

アイドリングストップをする時にセルモーターの音が低く抑えられていますので、セルモーターの音が耳障りではないところも印象が良いです。

市街地での燃費はリッターあたり30.8キロメートルという数字を記録しています。

ホンダシャトル1.5Li-VTEC+i-DCD FF 7速デュアルクラッチトランスミッション の市街地での実燃費はリッターあたり30.8キロメートルとなります。

カタログ燃費で30km/Lを超え、実燃費でもそれに迫る勢いのシャトル。

燃費でお得になる分、ハイブリッドは購入価格が高くなります。

高くなるからと躊躇するのではなく、高くなる分は値引きでカバーしましょう。

新型シャトルの値引きの方法については、

「新型シャトル 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にシャトルを購入してください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク