新型レヴォーグSTI スペックまとめ!

ex2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型レヴォーグSTIのスペックが公開されています。

こちらでは新型レヴォーグSTIのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

レガシィが世界戦略車となったことから、国内で小回りの利くスポーツワゴンが見当たらなくなった…そう悲しんでいたスバルファン。

4thレガシィからの買い替えをどうしようか、迷っている方々にとっておきのホットモデルになったのがレヴォーグでした。

コンプリートモデルが、カタログモデルとなって登場した、STI Sportは、見えない部分での味付けがかなり違う、という声を聞きます。

スペックから追っていきましょう。

→ 新型レヴォーグSTIが値引きから更に50万円安くなる裏ワザ!?


スポンサーリンク

ボディサイズはノーマル車と変わりないが…

spec_three_view[1]1

全幅1,780㎜・全長4,690㎜・全高1,490㎜のボディ。

何も変わらないどころか、オプション設定なしならSTIかどうかがわからない…そんなところがいかにもスバルらしい。

不思議なのは、海外でもSTIの特別性をエクステリアに求める声がない、ということでしょう。

中国での売れ行きを想定した、メッキモールを随所に配置したフロントマスク、ドアハンドルからリヤスポイラーまで目立つ雰囲気にした乗用車が日本国内モデルにも登場しています。

特に、ミニバンは顕著で、フォグランプ周りのデザインはトヨタのミニバンが秀逸。

一方で、スバルは…ようやくすべての車種が同じマスクに統一されただけでなく、インパネ形状も同じものになったことで、エクステリアとインテリアの整合性が取れるようになりました。

ボディーサイズは日本の道路法規に合わせた作りで、納得。

世界で一番リーズナブルにSTIを購入できる、日本人はサイコーです!


スポンサーリンク

2.0Lのパワートレーン

MG_2602-20160710104521-618x412[1]

引用:http://clicccar.com/wp-content/uploads/2016/07/MG_2602-20160710104521-618×412.jpg

スペック1


スポンサーリンク

2.0L / 1.6Lの主な標準装備は、30コンテンツ

levorg_sti_sport_image14[1]

引用:http://newcarinfosite.com/wp-content/uploads/2016/07/levorg_sti_sport_image14.jpg

soubi1

p1[1]

専用LEDフロントフォグランプ&フォグランプカバー。

LEDアクセサリーライナーはベースキットに入っているオプションだが、単価では¥55,080-で取り付けられる。

レヴォーグSTIオーナーなら、ぜひ付けたいアイテムと言える。

1)アイサイト(ver.3)

2)アドバンスドセイフティパッケージ

3)STI専用大型マフラーカッター

ST44300VV010[1]gigi

4)225/45R18 タイヤ + STI Sport 専用アルミホイール

5)ビルシュタイン製ダンパー STI専用チューニング

…STIのキモといえば、やはり専用チューニングされたサスペンション。

特に全輪と後輪のコンディションがノーマルレヴォーグとはかなり違うことから、ドライバーの反応は「違う車になった」「B4より速い」「アウトバックとは正反対」などとコメントが寄せられています。

ビルシュタインが提供するダンパーは、レースで特設ブースを開設、ニュルブリンク24時間耐久レースでもスタッフが常駐。

圧の具合を細かく設定するなど、ワークスチームの要求に応えてきました。

スバルの場合、STIだけでなく全国のディーラーメカニックがレースにも参加。

一般ユーザーが全国のディーラーでしっかりアフターサービスを受けられるのは、STIの仕事を共に行ったメンバーがいる工場を選ぶのが一番です。

6)フロントベンチレーテッドディスクブレーキ 17インチ2ポッド

7)リヤベンチレーテッドディスクブレーキ 17インチ

8)アルミ鍛造性フロントロワアーム

9)アイドリングストップ… 1.6Lのみ

10)SI DRIVE… 1.6L → 2モード、2.0L → 3モード

11)フロントフォグランプ 専用LED

12)ウェルカムライティング + サテンメッキドアミラー

13)オールウェザーパック

14)専用インパネセンターバイザー

15)専用巻シフトレバー + ピアノブラック調加飾パネル

MG_1163b-720x540[1]

引用:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2016/07/MG_1163b-720×540.jpg

16)専用レッドステッチシフトブーツ

17)専用レッドステッチ + 交触感革 本革巻ステアリングホイール

18)STI Sport専用クランプスティフィナー付き電動パワーステアリング

19)アルミパッド付きスポーツペダル

20)ボルドー&ブラック前席シートヒーター付き本革シート

1f9ceaae5914e05333189bae7ccdfe33-680x453[1]

引用:https://www.webcartop.jp/wp-content/uploads/2016/06/1f9ceaae5914e05333189bae7ccdfe33-680×453.jpg

21)フロントスポーツシート

22)運転席10ウェイパワーシート

23)助手席8ウェイパワーシート

24)ピアノブラック調 + クロームメッキ インパネ加飾パネル

インテリアに目を引くのは、ピアノブラックという色調。

これは家電製品でおなじみのクロームメッキを引き立たせる重要なアイテムです。

スバルは長年シボのインパネを取り入れてきましたが、最近はホンダ・ヴェゼルが200万円台でキャメル色の皮を使ったパネルを用意。

2世代は古くたっていたデザインが、STIでようやく追いつきつつあります。

インテリアに関して、まだまだ注目していかなければならないのは、STI仕様がワンポイントになっている点。

本当に、450万円もの質感になっているのか、オプションを積み重ねたユーザーの声をどんどんメーカーに出していかないと、インテリアでドイツ車に後れを取りかねません!!

1022110[1]

引用:http://response.jp/imgs/zoom1/1022110.jpg

25)STIロゴ入り ステンレス製サイドシルプレート(フロント)

26)フロント&リヤ STIエンブレム

27)STI Sport専用フロントバンパー&フロントグリル

28)UVカット機能付きスーパーUVカットフロントドアガラス

29)STI Sport専用大型マフラーカッター

30)アドバンスドセイフティパッケージ


スポンサーリンク

1.6Lのパワートレーン

スペック2

07192b9458b35d2a663f2730abc1ac1b[1]

引用:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/07/19/2b/07192b9458b35d2a663f2730abc1ac1b.jpg

サンルーフはオプション

サンルーフがどうしても欲しい、という方は¥86,400のオプションを付けるだけでなく、20kg加重がプラスされます。

電動チルトとスライド式のサンルーフは前席部分にのみ解放感を持たせてくれます。

レザーシートに当たる日光でボルドーの色使いも変わるかもしれません。

実際にサンルーフを装着しているレヴォーグはA型にはちらほらありましたが、B型に移行してからは数がほとんど出ていません。

STIだけでなくすべてのグレードでオプション扱いになっていること、あるいは撥水処理もしなければならないなど、最近はあまり人気がないようです。

特にフロントガラスの撥水加工が優れてきてからは、ドライバーと助手席の頭上の「汚れ」は気になる存在に。

長い目で見てセレクトを考えてみるのが大事です。

9f765bcaa-1[1]

引用:http://cars.showlikes.com/uploads/thumbs/9f765bcaa-1.jpg

→ 中古車,新古車,試乗車,展示車でも、憧れのあの車に乗りたい!賢く探す方法を紹介!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう