新型レヴォーグSTI オプションまとめ!

20160119_4109396

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型レヴォーグSTIのオプションの情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型レヴォーグSTIにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

ポルシェを抜いて、世界一の「儲かる」自動車メーカーになったスバル。2016年、まさに世界一のスポーツワゴンがお目見えしました。

余程悔しいのか、ドイツのADAC(全ドイツ自動車クラブ=日本のJAF、自動車関係の民間団体としては世界一の規模を持つ)は、レヴォーグのライバルは Hyundai i40 Kombi、 Mazda 6 Kombi、 Skoda Octavia Combi、 Toyota Avensis Touring Sports を指名。

ですが、このSTIが欧州を走り抜ければ、ボディーサイズにしか眼中にないドイツ人をもガタガタに震わせるのは間違いないでしょう!

→ 新型レヴォーグSTIが値引きから更に50万円安くなる裏ワザ!?

 


スポンサーリンク

STIにしかない、特別装備はこれだけある

20160609-20102865-carview-006-1-view[1]

引用:http://amd.c.yimg.jp/amd/20160609-20102865-carview-006-1-view.jpg

レヴォーグSTI Sport専用のイクイップメントは、エクステリア、足回り、インテリアの3つに分けて、21のコンテンツに上ります。

安全装備のアイサイトver.3やアドバンスセイフティパッケージは、ノーマル仕様車と全く変わりません。

エンジンに特別なチューニングを行ったわけでもなく、サスペンションに大きな違いがあるだけで、走りは完全にスポーツシフトに移行します。

インテリアは漆黒のクロ、そしてボルドーとダークグレーの絶妙な味わい。

シートとひじ掛け、ドアトリム、アームレストすべてにアクセント程度の品の良さが出ています。


スポンサーリンク

エクステリアは5つの専用装備が固める

CkbHmwnUkAAICFt[1]

引用:https://pbs.twimg.com/media/CkbHmwnUkAAICFt.jpg

フロント回りは、スバルのアイデンティティを色濃く投影した形に改められました。

●フロントバンパー…歩行者への衝突安全基準を満たす、エアロタイプのバンパーを左右ワイドに広げた印象強い形状に変更。

この部分は航空機のエアダクトにも通ずるデザインになり、カラーリングの濃いボディーならよりはっきり感じることができます。

●フロントグリル

●LED フロントフォグ

●フロントフォグランプカバー…上下にライト(上→ウインカー、下→フォグ)を分け、バンパー内に収めたことで、メインランプとの干渉がありません。インパクトのある形状です。

●マフラーカッター(大形状)

●STIエンブレム…なりきりSTIは許されません!


スポンサーリンク

足回りは当然、ビルシュタインで決めている

CeJZBSiUMAAIJhf[1]

引用:https://www.webcartop.jp/wp-content/uploads/2016/03/CeJZBSiUMAAIJhf.jpg

●18インチアルミホイール…ダークグレー&切削工期(アルミニウムにブラック塗装をしてから、削り出してシルバー面を浮き出らせる手法)と、225/45R18タイヤ

●ビルシュタイン メイド、フロントストラット + コイルスプリング

●ビルシュタイン メイド、リヤダンパー + スプリング


スポンサーリンク

専用インテリアは、歴代スバルで一番の豪華さ

Levorg-Inserat-Girl-d[1]

引用:http://www.subaru.ch/data/docs/de/4364/Levorg-Inserat-Girl-d.jpg

●フロントコンソール

●スライド機構付きコンソールリッド

●ドアトリム、ドアアームレスト…ボルドー色とダークグレーにボルドーレッドの射角ステッチがドアトリムに入る

●素材巻フロント、リアドアポケット

●STIロゴ入り、ステンレス調フロントサイドシルプレート

●インパネセンターバイザー

●本革巻シフトレバー、ピアノブラック調加飾パネル…当然シフトレバーにはボルドーレッドが鮮やかに映る

●クランプスティフナー付き電動パワーステアリング…最もSTIらしい、ステアリングの操作性

●マルチインフォメーションディスプレイ付きレッドルミネセントメーター…EV、PHVのような複雑なインフォメーションが排除され、古典的なメーターが再現

●前席ヒーター + パワーアシスト機構付き本革シート

「マブい」レヴォーグを演出したいなら、STIスタイルパッケージ

fo15910s[1]

引用:https://www.webcartop.jp/wp-content/uploads/2015/10/fo15910s.jpg

○STI スタイル・パッケージ … ¥184,860-

中身は以下の通り

●STI サイドアンダースポイラー … ¥68,040-

●STIフロントアンダースポイラー … ¥48,600-

●STIリヤアンダースポイラー … ¥46,440-

●STIリヤサイドアンダースポイラー … ¥39,960-

きっと値引きの対象になるキット、ベースキット

_DSC6958[1]

引用:http://i1.dailyrecord.co.uk/incoming/article6641580.ece/ALTERNATES/s615b/_DSC6958.jpg

●STIフロアカーペット … ¥36,180-

●ホイールロックセット … ¥7,580-(1台分)

●ナンバープレートロック … ¥3,240-

●カラードナンバープレートベース … ¥12,960-

●ドアバイザー … ¥18,360-

●エアロスプラッシュ … ¥35,640-(地上高が25㎜ローダウンする)

●LEDアクセサリーライナー … ¥55,080-(大人気アイテム)

●ドアハンドル(メッキ) … ¥35,424-

●ドアサイドモールディング … ¥22,686-(ドアパンチへの対処も兼ねる)

●ウエストスポイラー … ¥34,020-(2トーンカラー)

もっともっと色気を満たしてくれるインテリアキット

B69586EC4B11D79BB1C36B6CDB8ACD65_20160122182502[1]

引用:https://cartube.blob.core.windows.net/channelimages/B69586EC4B11D79BB1C36B6CDB8ACD65_20160122182502.jpeg

●コンソールパネル … ¥21,600-

●インパネパネル … ¥20,520-

●前後ドアパネル … ¥27,000-

これらは、ピアノブラック・シルバーカーボン・マットカーボン・木目・ブルー+マットカーボン・ボルドー+マッドカーボンなど、アイテムごとにカラーリングをいくつか選択できる

●サイドシルプレート … ¥17,280-(ボルドー)

●センターコンソールイルミネーション … ¥23,220-(ナイトドライブフリーク向け)

●フットランプ … ¥24,840-(ブルー、アンバー)

●LEDリヤハッチライト … ¥35,640(ハッチ開閉時、大変有効なアイテム)

●カーゴルームプレート&カーゴステップパネル … ¥14,040-&¥12,960-

4DD0A56708015F0553DFDF05D57C28C4_20160122182502[1]

引用:https://cartube.blob.core.windows.net/channelimages/4DD0A56708015F0553DFDF05D57C28C4_20160122182502.jpeg

ディーラーオプションは、ナビとオーディオのセレクト。

EBrtFEC[1]

引用:http://i.imgur.com/EBrtFEC.jpg

sti_subaru[1]

引用:http://cartype.com/pics/104/full/sti_subaru.jpg

もともと、STIは走りに徹するチューニングであることから、カーナビもオーディオも全くない。

自分でセレクトするなら、スピーカーもソニックデザインや、ダイアトーン、マッキントッシュなどに変えるオーナーが多い。

満足できるオーディオとナビは、随時専用カタログが更新されるので、ぜひディーラーで確認したいですね!

6I5C2613_920[1]

引用:http://www.don-neko.com/kuruma/all_seazon/nagoya_motorshow2013/companion/6I5C2613_920.jpg

→ 中古車,新古車,試乗車,展示車でも、憧れのあの車に乗りたい!賢く探す方法を紹介!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう