新型カローラ アクシオ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

carlineup_corollaaxio_gallery_01_lb

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型カローラ アクシオの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは2016年の新型カローラ アクシオの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオの価格・グレード

初代カローラが誕生してから50年、常に多くの人に乗ってもらうことを前提に、時代に応じた新しいコンセプトと技術を応用し、トヨタの歴史と共に進化してきました。

「大人4人が安全・快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」その原点に立ち返ってゼロから再構築されたのが新型カローラアクシオです。

外装デザインを低重心・ワイド感を強調したスポーティ&モダンに進化させ「Toyota Safety Sense C」をトヨタ車では最初に搭載したのです。

新型カローラ アクシオ、グレードごとの価格を見ていきましょう。

axio001

出展:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/

1.3X/1.5Xを基本グレードとする、9グレードがラインナップされていて、1.5G 2WD CVTが非ハイブリッド車としての最上級グレードとなっています。

◆1.3X/1.5X主な装備

・15インチスチールホイール

axio004

・フロントロアグリル

axio005

・グリップ式アウトサイドドアハンドル{カラード)

axio006

・単眼メーター(ドライブモニター付き)

axio007

 

・ウレタン3本スポークステアリングホイール

axio008

・マニュアルエアコン

axio009

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade4/

 

その他の装備

・アイドリングストップ機能2WD・CVT車

・電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドターンランプ付)

・センターコンソールボックス(フタ付)

◆1.5G主な装備

・15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)

axio010

・フロントロアグリル(ブラック塗装)

axio011

・グリップ式アウトサイドドアハンドル(メッキ+カラード)

axio012

・ドアベルトメッキモールディング

axio013

・3眼メーター(ドライブモニター付)

axio014

・本革巻き+高輝度シルバー塗装3本スポークステアリングホイール

axio015

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade3/

その他の装備

・オートエアコン+「ナノイー」(ピアノブラック加飾)2WD・CVT車は蓄冷エバポレーター付

・アイドリングストップ機能2WD・CVT車

・Toyota Safety Sense C

・リバース連動機能付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドターンランプ+ヒーター+レインクリアリング機能付)

・センターコンソールボックス(フタ付)CVT車はファブリック/スライドアームレスト機能付

またカローラ生誕50周年記念の特別仕様車が、台数限定で発売されています。

「G」をベースに専用の内外装デザインを採用したもので、スマートエントリー&スタートシステムを標準装備しています。

axio016

◆特別仕様車 HYBRID G“W×B”:2,383,855円

◆特別仕様車 1.5G“W×B”2WD:1,990,145円

◆特別仕様車 1.5G“W×B”4WD:2,131,527円

カローラ生誕50周年特別仕様車

◆HYBRID“50Limited”(ゴーマルリミテッド)限定500台

2,400,000円

 


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、変更点

原点に返ることで、大きく進化したという新型カローラ アクシオ。

今までのモデルに比べると、低重心・ワイド感を強調しているのがわかります。

スポーティであり、高級感が感じられますね。

 

axio002

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade3/?padid=ag341_from_axio_top_rec3_detail_1607

 

axio003

引用:http://autoc-one.jp/catalog/toyota/corolla_axio/grade/#mc5117

変更点は

・新色の追加

・1.5モデルエンジンの静粛性アップ

・Toyota Safety Sense Cの装備

・燃費向上

・エクステリアデザイン

・インテリアデザイン

ほとんどフルモデルチェンジといってもおかしくはない、マイナーチェンジです。

特に、内装に高級感が加えられたということですので、楽しみです。

またグレードでの変更点もあります。

上級グレードだった、「ラグゼール」「X-Gエディション」がなくなりました。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ見積もりシュミレーション

新型カローラ アクシオは、エコカー減税対象車となっています。

自動車重量税50%+自動車取得税50%+自動車グリーン税制約50%の減税が受けられるのは次のグレードです。

◆1.5G(2WD・CVT):減税額、約55,500円

◆1.5X(2WD・CVT):減税額、約52,100円

◆特別仕様車 1.5G“W×B”(2WD・CVT):減税額、約58,200円

では、新型カローラアクシオ、1.5Gのグレードで見積もりシュミレーションをしてみましょう。

axio018

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade3/

車両本体価格:1,813,418円

ボディカラー:スーパーホワイト

インテリアカラー:ブラック ベロア調トリコット シート色:フラクセン

ナビ:T-Connectナビ

171,720円

ホイール:175/65R15タイヤ 15×5Jアルミホイール+センターオーナメント

48,600円

サイドバイザー

12,960円

フォグランプ

86,400円

ナンバーフレーム

2,160円

諸経費:164,727円

合計で2,251,385円になりました。

新型カローラアクシオ、値引きがうまくいけば200万円くらいで購入できそうです。

axio017

引用:http://toyota.jp/


スポンサーリンク

ぶつからないクルマNo.1、カローラアクシオ

axio019

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade3/

2016年、ぶつからないクルマランキングが発表されました。

ぶつからないクルマランキングとは、国土交通省と自動車事故対策機構が実施するもので、安全性能を備えたクルマをテスト、「予防安全性能アセスメント」として、その順位を決めるものです。

そしてその結果を発表することで、安全性能を備えたクルマの購入を促進し、自動車メーカーにさらに安全な自動車の開発を促しているのです。

2016年のテストは、満点を獲得した車種が6車種でした。

◆1位:トヨタカローラアクシオ

トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense C”を搭載、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーが障害物を認識し、自動ブレーキをかけます。

“Toyota Safety Sense C”が標準装備されているのは1.5GとHYBRID Gで、他のグレードはオプションとなります。

◆1位:トヨタシエンタ

ミニバンとしてランク入りしたのはトヨタシエンタです。

“Toyota Safety Sense C”はオプションです。

◆1位:トヨタランドクルーザー

安全装備は、トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense P”で、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知システムで“Toyota Safety Sense C”とは異なります。

◆1位:レクサスLX

安全装備は、レクサス独自の”Advanced Pre-Crash Safety System”及び”Pre-Crash Safety System”が搭載されており、“Toyota Safety Sense P”と同様にミリ波レーダーとステレオカメラを併用した検知センサーとなっています。

◆1位:スバル レガシィ

レガシィの安全装備は、最新「EyeSight」シリーズ(EyeSightver3)が搭載されており、後方視界情報に関しては、「リヤビューカメラ」を搭載しています。

◆1位:スバル レヴォーク

レヴォークの安全装備は、レガシィと同様に、最新「EyeSight」シリーズ(EyeSightver3)が搭載されており、後方視界情報に関しては、「リヤビューカメラ」を搭載しています。

トヨタのToyota Safety Sense C、そしてスバルEyeSightver3の技術が高いことがわかりますね。

axio020

引用:http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/12791404/

前年のランキングでは

1位:トヨタ「カローラ アクシオ」

2位:スバル「エクシーガ クロスオーバー7」

3位:トヨタ「オーリス」

とやはり、カローラアクシオの安全性能が認められています。

新型カローラアクシオは、安全の面からいって、シニアにも乗ってほしい車です。

購入時にはできるだけ良い価格で購入したいものです。

新型カローラアクシオの値引きの方法については、

「新型カローラアクシオ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にカローラアクシオを購入して下さい。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう