新型カローラ アクシオ スペックまとめ!

carlineup_corollaaxio_gallery_02_lb

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型カローラ アクシオのスペックが公開されています。

こちらでは新型カローラ アクシオのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、スペック

「大人4人が、安心・安全、快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに全てを見直し、改良された新型カローラ アクシオ。

axio0105

引用:http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015

ラインナップは、標準「X」、上級「G」、1.5Lハイブリッドシステムを搭載した「ハイブリッド(HYBRID)」、「ハイブリッドG(HYBRID G)」を設定。特別仕様車は、「ハイブリッドG」、「G」がベースの「ハイブリッドG ダブルバイビー」、「G ダブルバイビー」。

さらにカローラ生誕50周年を記念して、限定500台だけの「ハイブリッドG」をベースとした特別仕様車「ハイブリッドG 50リミテッド」があります。

新型カローラ アクシオのスペックはどうなのでしょうか。

◆1.5G CVT・M/T 1,813,418円

JC08モード燃費km/L:23.4

総排気量L:1.496

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

最高出力ネットkW[PS]/r.p.m.:80[109]/6,000

最大トルクネットN・m[kgf・m]/r.p.m.:

・CVT:136[13.9]/4,400

・M/T:38[14.1]/4,400

全長×全幅×全高mm

4,400×1,695×1,460

乗車定員:5名

axio0106

引用:http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015

◆1.5X CVT・M/T 1,466,837円

JC08モード燃費km/L

・CVT:23.4

・M/T:18.0

総排気量L:1.496

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

最高出力ネットkW[PS]/r.p.m.:80[109]/6,000

最大トルクネットN・m[kgf・m]/r.p.m.:

・CVT:136[13.9]/4,400

・M/T:38[14.1]/4,400

全長×全幅×全高mm

4,400×1,695×1,460

乗車定員:5名

axio0107

引用:http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015

◆1.3X CVT 1,485,491円

JC08モード燃費km/L:20.6

総排気量L:1.329

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

最高出力ネットkW[PS]/r.p.m.:70[95]/6,000

最大トルクネットN・m[kgf・m]/r.p.m.:121[12.3]/4,000

 

全長×全幅×全高mm

4,400×1,695×1,460

乗車定員:5名

直列4気筒DOHC 1.5Lの「1NZ-FE」

直列4気筒DOHC 1.3Lの「1NR-FE」を搭載

axio0108

引用:http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015

【主な標準装備】

・EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト

ブレーキをかけている時のタイヤロックを防ぐABS機能と走行状態に応じたブレーキングを前後左右に分散するEBD、ブレーキアシストは急ブレーキをかけたときに、より強い制動力を発生させてクルマの停止をアシストします。

axio0104

引用:http://toyota.jp/aqua/safety/active/

・SRSエアバック

シートベルトを補助し、運転席と助手席の安全を守ります。

衝撃をセンサーで検知し、衝撃の激しさをコンピューターが判断しエアバッグが開きます。

エアバッグが開く速さは0.03秒と、まばたきをするよりも早い速度で展開します。

axio0109

引用:http://info.pref.fukui.jp/tisan/sangakukan/jitsuwafukui/car/015.html

・UVカット機能付ウインドシールドガラス(熱吸合わせ)

紫外線99%カット、可視光線透過率78%のすぐれたUVカットガラスです。

車内の温度が上がるのを防ぐため、燃費効率に貢献します。

・ハイマウントストップランプ(室内装着)

車体後部の上の方に設置する制動灯(ブレーキランプ)です。

第3のブレーキランプといわれるハイマウントストップランプを装着するようになって、後続車からの追突事故が激減しました。

axio0110

引用:http://www.honda.co.jp/auto-archive/fit/2007/equipment/stoplmap/index.html

カローラの名を受け継ぐトヨタのコンパクトセダン、カローラアクシオ。

50年以上ブランド名が続く、日本で最も息が長い大衆車だけあって、可もなく不可もなくな性能です。

新型カローラアクシオの値引きの方法については、

「新型カローラアクシオ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にカローラアクシオを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ搭載、“TOYOTA Safety Sense C”

新型カローラアクシオ、ハイブリッドGとガソリン車1.5Gには、“TOYOTA Safety Sense C”、衝突回避支援パッケージが標準装備されています。

標準装備されていないグレードには、プラス54,000円でオプション装備することができます。

事故防止のためにも、もちろん装備しておきたいシステムですが、下取りの時にもあるとないとでは、ずいぶんと査定額に差が出てくるようです。

“TOYOTA Safety Sense ”には「P」と「C」の2種類のパッケージがありますが、新型カローラアクシオに用意されているのは「C」タイプです。

「P」タイプはより高性能となっているのですが、搭載することができるのは、現時点でプリウスとランドクルーザーのみとなります。

1.“TOYOTA Safety Sense C”はレーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで車両の存在をとらえ、追突の危険を認識した時に自動ブレーキ、プリクラッシュセーフティシステムが働きます。

auris001

引用:http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/

2.単眼カメラが車線を認識し、ウィンカーを使用していないにもかかわらず車線を逸脱しようとした際に、ブザー(レーンディパーチャーアラート)で警告を出しドライバーに注意を促します。

auris002

引用:http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/tss/c/lda/

3.ハイビームとロービームを自動で切り替えるシステムも追加していて、対向車が来た時のロービームへの切り替えのわずらわしさを省いてくれます。

対向車がいない時に、常にハイビームにしておくことが出来るので、歩行者などの早期発見に役立っています。

ハイビームアシストは速度が30km/h以上で作動します。

auris003

引用:http://toyota.jp/information/campaign/anzen_anshin/tss/c/ahb/

4.付帯機能

先行車が発進した時、ブザー・ディスプレイ表示でお知らせします。

以上が“TOYOTA Safety Sense C”の機能です。

“TOYOTA Safety Sense P”には、さらに車間距離を保ちながら先行車に追従するレーダークルーズコントロールが追加されています。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ搭載、スマートエントリー

スマートエントリーを搭載できるのは、残念ながら、ハイブリッドGとガソリン車1.5Gのみです。

メーカーオプションとして46,440円で装着することができます。

電子キーをポケットやバッグにいれておくだけで、ドアの開錠、施錠、エンジン始動がボタン一つで行えます。

荷物があるときなど、特に便利で、一度使いだせば、やめられないくらいです。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ 2016年 スペックまとめ

いかがでしたか、新型カローラアクシオのスペックについてお伝えしてきましたが、正直な感想として、まさにニッチなクルマだといえますね。

1500ccというのも、すばらしい設定です。

昔、乗ったクルマがカローラだったというシニア層にとっては、改良された新型カローラアクシオのモデルチェンジは、待ち遠しかったでしょう。

シニアをターゲットにしているにもかかわらず、エクステリアもスポーティ&モダンになったカローラアクシオは、若いドライバーにも注目されています。

ぶつからないクルマ、ランキング、2年連続1位だというのも、大きな安心感ですね。

→ 新型カローラアクシオを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう