新型カローラ アクシオ 試乗レポートまとめ!

カローラ アクシオ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型カローラ アクシオは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは2016年の新型カローラ アクシオの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、どんなクルマ

1966年に発売された、カローラの11代目、新型カローラ アクシオ。

2015年のビッグマイナーチェンジで、エンジンの改良、そして小型軽量化、さらに内外装も大きく変わりました。

エクステリアはスポーティでモダン、インテリアは高級感を感じる仕様になったことは、カローラファンとしては、うれしいことです。

axio0111

引用:http://gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/corollaaxio_150330.aspx

グレードのラインナップは1.3X、1.5X、1.5G、ハイブリッド、ハイブリッドGと特別仕様車があります。

価格はそれぞれ次のようになっています。

1.3X:1,485,491

1.5X:1,726,037

1.5G:1,813,418

ハイブリッド:2,030,400

ハイブリッドG:2,207,127

「大人4人が安心・安全・快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに基礎から見直しただけあって、とてもうまくまとまったクルマとなりました。

トヨタではアクアに次ぐ、2位の売り上げを誇っています。

◆トヨタ カローラ アクシオ 1.3Lガソリンエンジン

axio0114

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade5/

直列4気筒DOHCエンジン
総排気量 1,329cc
最高出力 95ps / 6,000rpm
最大トルク 12.3kgf・m/4,400 rpm
JC08モード燃費 20.6km/L

◆トヨタ カローラ アクシオ 1.5Lガソリンエンジン

axio0115

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade5/

直列4気筒DOHCエンジン
総排気量 1,496cc
最高出力 109ps / 6,000rpm
最大トルク 13.9kgf・m/4,400 rpm
JC08モード燃費 23.4km/L

◆トヨタ カローラ アクシオ ハイブリッドエンジン

axio0116

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade1/

直列4気筒DOHCエンジン
総排気量 1,496cc
最高出力 74ps / 4,800rpm
最大トルク 11.3kgf・m/3,600~4,400 rpm
<電動機>
最高出力 61ps
最大トルク 17.2kgf・m
JC08モード燃費 33.8km/L

axio0120

引用:http://autoprove.net/2012/07/20473.html


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ 試乗レポート

まず、はじめに新型カローラアクシオを、実際に見た印象は、モデルチェンジによって、とてもきれいなクルマになったということです。

きれい、というのは、クルマに対して変な表現かもしれませんが、印象をひとことで表すとそうなります。

見事に低重心が表現されていて、確かにスポーティでモダンです。

乗り降りもしやすく、Aピラーの角度が立ったことで、視界性がものすごくよくなりました。

axio0112

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/performance/drivability/

走り出しはスムーズで加速もじゅうぶん満足いくフィールです。

ステアリングもかなり軽くなっていて、たとえば、60代や70代の人でもかなり運転しやすいクルマだといえるでしょう。

全長が4,400mmと短くなったことで、小回りもきくようになっていて、運転をアシストされているように感じます。

運転しやすいセダンに乗りたいけど、クラウンなどは大きすぎる、そういったユーザー層にぴったりのクルマなのです。

axio0113

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/performance/drivability/

1.5Gは燃費23.4km/L(JC08モード)、ハイブリッドでは33.8km/Lと1500ccクラスではトップレベルの低燃費となっていることもすばらしいです。

カローラアクシオにハイブリッドを搭載するのが遅すぎたと感じていたので、このグレードのラインナップは妥当だといえます。

そして新型カローラアクシスの全車にスタビライザーが装着されているので、静粛性もまったく問題はないです。

試乗してみて、新型カローラアクシオがさらに、取り回しの良いクルマに仕上がった事を実感しました。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、口コミ

◆新しくなった1.5リッターエンジンだが、燃費性能を重視した割には、低い回転域から余裕を感じる。

特にカローラアクシオは車両重量が1100kgを下まわることもあり、2000回転以下の領域でも力不足をほとんど感じない。

普通の1.5リッターエンジンだから鋭い加速力は期待できないが、実用的には十分だ。

◆ハイブリッドの動力性能は、ノーマルエンジンに当てはめると1.6~1.8リッターくらい。

高回転域の吹き上がりは鈍く、1.6リッター相当だが、アクセルペダルを軽く踏み増した時の加速は、モーター駆動の併用で滑らかだ。

なので1.8リッタークラスの余裕を感じる。

◆それでも改めて試乗すると、乗り心地は全般的に硬い。

路面の細かなデコボコを伝えることはないが、大きめの段差を乗り越えると、突き上げ感が少し気になる。

ノーマルエンジン車の15インチタイヤ装着車とハイブリッドは、快適性がいま一歩だ。

出展:http://autoc-one.jp

axio0117

引用:http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade3/


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、ドライビングユーティリティ

モータージャーナリストから見た、新型カローラアクシオはどのように評価されるのでしょうか。

それぞれのコメントを見ていきましょう。

◆新型の目玉は、なんといっても新開発のアトキンソンサイクル1.5Lを搭載するモデル。

これまでは、燃費抜群のハイブリッドと、値頃感があって燃費も良好な1.3Lモデルに挟まれて存在感を発揮できないでいたが、新型は旧1NZ-FE型搭載車の21.4km/Lを着実に超える23.4km/Lのモード燃費値(いずれもアイドリングストップ付き)を達成。

同時に動力性能も改善した。

◆新エンジンは下から有効なトルクを発揮するのがいい点で、力強く発進し、そのあともストレスなく速度を乗せていく。

◆スムーズさや静粛性の向上も実感することができ、走りの質感が全体にひとつレベルアップした印象。

axio0118

引用:http://autoprove.net/2012/07/20473.html

◆走りの質感向上にはハイブリッドから移植した技術やノウハウが大きく貢献している。

◆カドがまるくなり快適度を高めた乗り心地や、低減されたロードノイズはそのわかりやすい例だ。

加えて、ステアフィールが自然に、挙動がリニアになったことで、走りの安心感も高まった。

◆「トヨタセーフティセンスC」の新搭載。

燃費、安全、快適性はユーザーの大きな関心事だけに、商品力は大きく向上した。

◆実に小回りが効き(最小回転半径4.9m)、常用域で心地よいフラットライドも実現、アイドルストップも用意される。

◆動力性能は1.5リッターでまったく不満はなく、その直後に試乗した1.3リッターは、同様のルートで「エンジン回転がやや上昇気味かな」と思えた(ステアリングの手応えもやや軽めに感じた)。が、全長を50mm縮め5ナンバーの全幅を堅持したボディは何しろ扱いやすい。

出展:http://www.goo-net.com/magazine/newcomerfile/3998.html

出展:https://www.kurumaerabi.com/test_drive/info/61677/

axio0119

引用:http://autoprove.net/2012/07/20473.html

新型カローラ アクシオ 2016年 試乗レポートまとめ

試乗レポートでは、新型カローラアクシオが、旧モデルよりもかなり、良くなったとの意見が目立ちました。

走行感や、加速に不満がある人は、新型カローラアクシオを選ばずに別のクルマに乗ればいいと思います。

カローラアクシオは、1966年発売当時からの、「乗りやすいクルマ」を、貫いているのが、すごいところで、常にカローラ以上でもなく、カローラ以下でもなく、世界中で売れ続けてきたのです。

たくさんの車種がある現代でも、カローラが選ばれるわけがわかるような気がしました。

新型カローラアクシオの値引きの方法については、

「新型カローラアクシオ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にカローラアクシオを購入して下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク