新型BMW 3シリーズ ツーリング 燃費まとめ!

3-series-touring-wallpaper-1920x1200-6.jpg.asset.1435072722944

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型BMW 3シリーズ ツーリングの燃費情報が公開されています。

こちらでは新型BMW 3シリーズ ツーリングの燃費に関するデータをご紹介します。

BMWで燃費の話をするのは、非常識でしょうか?今時の車は国産車・外車問わず燃費にはうるさくなっている印象ですね。

低燃費というと、今時当然のように求められますがこれからはもっと、厳しくなるかもしれませんね。

そんな中でも、BMWには更なる進化を期待していたいですね。

しかしながら、外車とあって価格もどっしりと構えられています。

そこで、外車ならではの値引き交渉に臨みましょう!ぜひこちらをお読みいただき、お得にBMWを購入してみてはいかがですか?

新型BMW3シリーズツーリングの値引きの方法については、

「新型BMW3シリーズツーリング 値引き術!」で詳しく解説しています。


スポンサーリンク

燃費:2.0L 直4ターボエンジン FR

065_o[1]

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1228148/065_o.jpg

1


スポンサーリンク

燃:2.0L 直4ターボエンジン 4WD

bmw-f30-320i-xdrive-touring-review-by-top-gear-57750_1[1]

引用:http://s1.cdn.autoevolution.com/images/news/bmw-f30-320i-xdrive-touring-review-by-top-gear-57750_1.jpg

2


スポンサーリンク

燃費:2.0L 直4ディーゼルターボエンジン FR

BMW-320i-Touring-2[1]

引用:http://4.bp.blogspot.com/-a4KUg3zPm4s/VAhkwarSxcI/AAAAAAAAFVQ/jJnJcV7kqIk/s1600/BMW-320i-Touring-2.jpg

3


スポンサーリンク

燃費:2.0L 直4ターボエンジン FR

bmw-touring-comparo-3-series-vs-5-series-which-is-best_3[1]

引用:http://s1.cdn.autoevolution.com/images/news/gallery/bmw-touring-comparo-3-series-vs-5-series-which-is-best_3.jpg

4

燃費:3.0L 直6ターボエンジン FR

bmw-320i-touring-dashboard-2[1]

引用:http://dreamaticl.com/images/bmw-320i-touring-dashboard-2.jpg

5

果たして、燃費を考えて乗るべきか(FR)

cc81b1f5b9681ccd70b6a2668e9572c4[1]

引用:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/cc/81/b1/cc81b1f5b9681ccd70b6a2668e9572c4.jpg

直列4気筒エンジンは、ビギナーにとってはなかなか面白いエンジンだと言える。

BMW特有の剛性がまるで銃口から発せられる弾丸のようにまっすぐにコース取りをしてくれるのだ。

もちろん、ランフラットタイヤをフルに生かそうと走る場合は、場所を選ぶだろう。

だが、重い車重を軽く往なしてくれるフィーリングは雲上のひとときと言える。

だからこそ、ゴツゴツと段差を拾うような場所ではドライビングの先読み感覚を鋭くさせてくれるのだ。

多くのドライバーは、リッター15kmという数字にあまりこだわりはない。

当たり前だが、BMWを操るということは、胃に穴が開くような思いをして走るべき行為ではない。

BMWは道楽と思わなければ付き合えないのだ。

例えていうなら、お金のかかる愛人のようなもの。魅惑的な一瞬の表情に虜にさせてくれるだが、その一瞬のために常に投資し続けなければならない。

ただ、タイヤもノーマルに変更すればよいし、オイルも専門店で購入すれば高くない。

時には、愛人にも少しばかり「協力」してもらうことも必要だろう。

1199-ducati-panigale-sexy-lingerie-babe-.1[1]

引用:http://2.bp.blogspot.com/-LHIEwYP2hl4/UFBNfMdIlGI/AAAAAAAAZk4/76qIB1VluSU/s640/1199-ducati-panigale-sexy-lingerie-babe-.1.jpg

果たして、燃費を考えて乗るべきか(ディーゼル)

bmw-essen-motor-1[1]

引用:http://eurocarfans.jp/wp-content/uploads/ngg_featured/bmw-essen-motor-1.jpg

1600kgという車重を軽々と運んでくれる2.0Lディーゼルエンジン。

燃費は20km/Lを軽々と超えていくのだが、ドライビングそのものが難しい。

その特徴はブレーキにある。ドイツ車と日本車の大きな違いは、信号待ちの考え方にある。

日本では青→黄色→赤→青のループだが、ドイツではそうではない。

青→黄色→赤→黄色→青と、黄色が一拍多くなっている。

考えれば合理的なのだが、黄色は注意!である。

赤から黄色に映る、ということは「徐行せよ」という意味で、いきなりのスタートダッシュはあり得ない。

この感覚が、エンジンフィールに大きく反映されている。

ディーゼルの場合、トルクがあるからと言って、シグナルチェンジの際にロケットスターターになることないため、じわじわと車両を持ち上げて、高速回転につないでいく。その逆もまた同じなのだが、日本のような急ブレーキはまず不可だ。

燃費を考える運転のいろはが、日本とドイツとでは大きく違う。

停車する一歩手前で既にエンジンは停止させているわけであり、こればかりは日本との交通事情の違いで、なかなか燃費云々にドライビングが到達しないだろう。

シルキーシックスの走りはどうなのか?

201511w2_1600_1200[1]

引用:http://dealer-blog.bmw.ne.jp/motoren-glanz/201511w2_1600_1200.jpg

3L直列6気筒 ツインターボエンジンを擁する340系は、おそらく3シリーズを購入する方々の目標アイテムだろう。

なぜこの車が5シリーズでなくて、3シリーズなのか、という問いもあるが、これはBMWの戦略なのでなんとも答えが見つからない。

エンジンメーカーであるBMWは、先にエンジンを開発し、後でボディーを考えるスタンスで車を作り続けてきた。

その中には駄作も多く見られ、なんでこんな車が…というものも少なくない。

i3もそのひとつで、野暮ったいカバのような形状は、トヨタのポルテにそっくりだが、こうしたシティコミューターを作らせれば、トヨタの方が断然うまいし、工夫がありありとしている。

スライドドアを助手席側に設けている点は、観音開きのBMWには決してできないだろう。

たまたま、トヨタのスープラがBMWとの共同作業になっているのは公然の秘密だ。

ちらちらとその情報が出てきているし、スイスやオランダのジャーナリストが執拗にスパイ活動をしているのだが、BMWの完璧な社員たちによって、情報は完全にシャットアウトされている。

だが、シルキーシックスがスープラに搭載されるような場合、トヨタはハイブリッドシステムをすんなりと配置できるのだろうか?

とにかく大きくて重いエンジンがシルキーシックスだ。

それに整備は面倒だし、5万kmも走れば食いつぶされるような代物。

それに魅力を感じるような御仁でなければ、このエンジンは付き合えないだろう。

もちろん本当に滑らかなフィールディングは一度味わったら忘れられない。

あなたがどこまでドライビングに興味を持つのか、それによってこの車の価値が大きく上下する。

ぜひとも乗ってから、買うなり悩むなりをまず存分に楽しんでほしい。

敢えて1,500万円の新車ではなく、数千キロ走行程度の新古車か、あるいは程度のいいアプルーブドカーでも十分だろう、340系はとっておきのスポーツカーだから大事に乗って楽しんでほしい。

そんなとっておきに出会うためには、きっと決断が必要でしょう!しかし、その決断を後押ししてくれるものがあったとしたらどうだろうか?

きっと、あなたの背中を軽くしてくれることになるだろう、「値引きより更に安く購入する方法」を使って是非とも、あなたが憧れたBMWを勝ち取ってみてはいかがだろうか?

→ 新型BMW3シリーズツーリングを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

shutterstock_77485657[1]

引用:http://yokoyamayuki.com/wp/wp-content/uploads/2016/07/shutterstock_77485657.jpg


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう