新型Audi(アウディ) A4 オプションまとめ!

アウディ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型Audi(アウディ) A4のオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型Audi(アウディ) A4にはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

2016年、8年ぶりのフルモデルチェンジとなったAudi(アウディ)  A4、クラストップレベルの低燃費と最先端の予防安全システムを搭載して登場しました。

新型Audi(アウディ)  A4の魅力をたっぷりとお伝えします。


スポンサーリンク

新型Audi(アウディ)  A4とは

gallery05gallery032-5A2[1]

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/

アウディの主力モデルが8年ぶりにフルモデルチェンジを行いました。

まず、エクステリアではアウディの象徴であるシングルフレームグリルに切れ長のヘッドライトの組み合わせは従来通りです。

どちらもシャープなデザインとなり、さらにシングルフレームがワイドさを増したことで、落ち着いた佇まいに仕上がっていて、アウディのエースとしての風格が感じ取ることのできるフロントマスクとなっています。

全幅が15mm広がって1840mmとなりましたが、ボンネットをサイドまで回り込む”クラムシェル”タイプとしたことで、サイズ以上にワイド感が強調された印象を受けます。

”マトリックスLEDヘッドライト”(オプション)が装着されたことで、ウインカーが流れるように点滅する”ダイナミックインジケーター”仕様になり、昼夜を問わず一発でアウディとわかるようになりました。

それ以上にアウディらしさを意識するのがインテリアで、先代とはまるで違う空間となりました。

水平基調のダッシュボードが広さを感じさせてくれますが、新型A4の新しさを端的に示すのが、「アウディTT」に初めて搭載されたフルデジタルのメーターパネル”アウディバーチャルコックピット”です。

”マトリックスLEDヘッドライト”とセットオプションとして提供され、速度計や回転計がアナログメーターのように表示されるだけではなく、中央に地図を表示することや、地図表示のエリアを広げることができるのが大きな特徴となっています。

オーディオや電話の操作、クルマの設定なども行えるので慣れてしまえばとても便利な機能です。

「アウディTT」にはないダッシュボードにもモニターが備わりますが、ドライバーに限ればメーターパネルだけで事足りてしまいます。

34万円のセットオプションですが、A4にはこれだけは選んでおいた方が良いようです。

この他にも、シフトセレクターのデザイン やエアコンが格段に操作しやすくなったりと、あらゆる部分が新しくなったA4ですが、違和感や玩具っぽさが全くなく、上質な雰囲気に仕上がっているにはAudi(アウディ) らしいところです。

2008年の導入以来、高い人気となっている「A4」シリーズは、セダンタイプの「A4」と、ステーションワゴン「A4アバント」の2タイプが用意されています。

そのラインナップはベーシックモデル(FWD)「2.0TFSI」、「2.0TFSI スポーツ」、フルタイム4WDモデルの「2.0TFSIクアトロ」、「2.0TFSIクアトロスポーツ」が用意されています。

搭載する2.0L直列4気筒DOHC TFSI(直噴ガソリンターボチャージャー)ユニットは、、従来型に対して動力性能を高めつつ、Start/Stopシステムやエネルギー回生機構を標準装備するなどにより燃料消費を大幅に削減しました。

新しい燃焼方式(ミラーサイクル)を採用した2.0TFSIと7速デュアルクラッチ式のSトロニックを搭載したFWDモデルは、従来型に対して33%の燃費改善が実現しています。

進化したモジュラープラットフォーム「MLB  evo」をベースにゼロから再設計するとともに、進化した予防安全システム「アウディプレセンス」など、最新テクノロジーを惜しみなく投入し、すべての面で商品力の大幅なアップが図られました。

全モデルに標準化された「アダプティブクルーズコントロール」に「アクティブレーンアシスト」を加えた新機能「トラフィックジャムアシスト」は、アクセル、ブレーキに加え、状況の応じてステアリング操作にまでシステムが介入することで、将来のパイロットドライブ(自動運転)への道筋を切り拓くものとなっています。


スポンサーリンク

ラインナップ紹介

新型Audi(アウディ)  A4、セダンとステーションワゴンのラインナップをご紹介しましょう。

■ベーシックモデル

a4[1]

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/

「より力強く、ラグジュアリーに生まれ変わったAudi(アウディ)  A4は、ワイドな形状とシャープに流れるボンネットフードのライン、そして力強さを醸し出すフェンダーのアーチなど、ち密に計算されたディテールがプレミアムミッドクラスの進化を物語っています。

フロントは立体的なシングルフレームとエアインテークが独自のダイナミクスを主張します。

インテリアは、ラップアラウンドデザインによって開放感のある空間を演出し、さらに帯状にデザインしたエアベントとダッシュボードが広さを強調しています。」

「つややかに磨き上げられたボディ、研ぎ澄まされたライン、存在感を主張するスタイルのAudi(アウディ)  A4 Avantが、明快なスポーティネスを纏って登場しました。

また、オプションのマトリックスLEDヘッドライトは、ルームミラーに内臓されたカメラが検知した対向車や先行車に、直接光を照射することを避け、周囲の状況にあわせて配光を自動調節します。」

[セダン]

Audi(アウディ)  A4 2.0TFSI

Audi(アウディ)  A4 2.0TFSI quattro

[ステーションワゴン]

Audi(アウディ)  A4 Avant 2.0TFSI

Audi(アウディ)  A4 Avant 2.0TFSI quattro

■スポーツモデル

large__J3A9710_21_9

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/

「進化し続けるプレミアムミッドクラスAudi(アウディ)  A4を、さらにスポーティネスにアップデートした一台がAudi(アウディ)  A sportです。水平のラインとシルバーを基調にしたワイドに広がるシングルフレームグリルやエアインテイクが、鋭敏さを感じさせます。

アルミホイールには逞しさを醸し出す5スポークYデザインを採用し、スポーツサスペンションが卓越したハンドリング性能を発揮します。

インテリアは、スポーツシートとアルミニュウムエリプスのデコラティブパネルが洗練された印象を与えます。」

[セダン]

Audi(アウディ)  A4 2.0TFSI Sport

Audi(アウディ)  A4 2.0TFSI quattro Sport

[ステーションワゴン]

Audi(アウディ)  A4 Avant 2.0TFSI Sport

Audi(アウディ)  A4 Avant 2.0TFSI quattro Sport

■モデル別車両価格一覧

[セダン] hyou501 [ステーションワゴン」 hyou502

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/


スポンサーリンク

おもなスペック

gallery02

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/

新型Audi(アウディ)  A4シリーズの主な主要スペックをご紹介します。

■Audi(アウディ)  A4 2.0TFSI

●ボディサイズ

全長

4,735mm

全幅

1,840mm

全高

1,430mm

ホイールベース

2,825mm

●車両重量

1,540kg

●駆動方式

FWD

●エンジン

2.0L 直列4気筒DOHC16バルブターボ

●トランスミッション

7速Sトロニック

●最高出力

190ps(140kw)/4200~6000rpm

●最大トルク

32.6kgm(320Nm)/1450~4200rpm

●JC08モード燃費

18.4km/L

■Audi(アウディ)  A4 Avant  2.0TFSI quattro

2-3_mainvisual

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/

●ボディサイズ

全長

4,735mm

全幅

1,840mm

全高

1,455mm

ホイールベース

2,825mm

●車両重量

1,680kg

●駆動方式

フルタイム4WD

●エンジン

2.0L直列4気筒DOHC16バルブターボ

●トランスミッション

7速Sトロニック

●最高出力

252ps(185kw)/5000~6000rpm

●最大トルク

37.7kgm(370Nm)/1600~4500rpm

●JC08モード燃費

15.5km/L


スポンサーリンク

オプションを紹介

a4_sline_pkg[1]a4_sline_pkg[1] (2)

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/

新型Audi(アウディ)  A4シリーズでは、さまざまなオプションが用意されています。

おもなオプション装備をご紹介します。

■レザーパッケージ

45万円

・ミラノレザー

・デコラティブパネル ウォルナットブラウン

・エクステリアミラーの電動調節機構、格納機能、自動防眩機能、メモリー機能及びヒーター

・前席電動調節機能

・運転席メモリー機能

・前席シートヒーター

■Bang&Olufsen 3Dアドバンストサウンドシステム

17万円

■マトリクスLEDヘッドライトパッケージ

34万円

・マトリクスLEDヘッドライト

・LEDリアコンビネーションライト

・LEDインテリアライティング

・ヘッドライトウオッシャー

・バーチャルコックピット

■S Lineパッケージ

a4_sline_pkg_eq1a4_sline_pkg_eq2a4_sline_pkg_eq3

引用:http://www.Audi(アウディ) .jp/

35万円

数々の優れたデザインと装備を一つにまとめ、スポーティなスタイルを確立するのが”S Lineパッケージ”です。

フロントとリアの専用バンパー、ドアシルトリム、そしてリアディフューザーに至るまで精悍な印象を創出します。

インテリアは美ラックのヘッドライニングが覆い、S Lineのロゴ入りスポーツシートがドライバーを包み込みます。デザインの細部まで躍動感にあふれた一台となります。

・S Lineバンパー

・ドアシルトリム S Lineロゴ

・S Lineエクステリアロゴ

・ヘッドライニング ブラック

・デコラティブパネル マットブラッシュアルミニウム

・アルミホイール 5ツインスポークスターデザイン8J×18

・スプリントクロス/レザーS Lineロゴ

まとめ

8年ぶりのフルモデルチェンジを実施た新型Audi(アウディ)  A4は、パワフルさと低燃費を両立したエンジンやプラットフォーム等は言うに及ばず、安全装備も含めてすべての面で変わりました。

Audi(アウディ) のもつテクノロジーと洗練された上質な走りと先進の安全装備は、ライバルを凌ぐほどの出来栄えです。

また、充実したオプション群は、その上質さをさらに磨き上げています。

とくに「マトリクスLEDヘッドライト」と「バーチャルコックピット」のセットオプションは、ぜひとも付けておきたい装備です。

近い将来やってくるであろう「自動運転」への道を切り開いたAudi(アウディ) のテクノロジーは本物です。

先進的なオプションは魅力ですし、特にセーフティパッケージはぜひ付けたいところです。

その分の価格上昇は、しっかりと値引きでカバーしていきましょう。

新型Audi(アウディ)A4の値引きの方法については、

「新型Audi(アウディ)A4 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、自分の好きなオプションを登載したAudi(アウディ)A4を購入しましょう。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう