新型Audi(アウディ) A4 値引き術!

2av

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型Audi(アウディ) A4の値引き方法について情報をまとめました。

新型Audi(アウディ) A4はどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

新型Audi(アウディ) A4及びAudi(アウディ) A4 Avantは、すべての面で刷新され、新しく生まれ変わりました。

そんな新型Audi(アウディ) A4及びAudi(アウディ) A4 Avanntの魅力そのほかについて、たっぷりお伝えします。


スポンサーリンク

新型Audi(アウディ) A4その魅力は

gallery01gallery03

引用:http://www.Audi(アウディ).jp/

Audi(アウディ) の中核モデル「A4」が8年ぶりのフルモデルチェンジを行いました。

先に行われたセダンに続き、プレミアムステーションワゴン「A4アバント」も実施されました。

デザインはAudi(アウディ)の伝統をキープしながらもよりシャープに進化し、とくにアバントについてはワゴンとしての機能性が高められたほか、セダン、ワゴンタイプとも将来の自動運転を見据えた先進安全機能が目立っています。

新型Audi(アウディ) A4は、先にAudi(アウディ) TTに採用されたモジュラープラットフォーム「MLB Evo」を採用しゼロから設計が見直されました。

走行抵抗の削減を主要テーマにエアロダイナミックスを最適化し、セダンボディではcd0.23(欧州仕様値)、ワゴンボディではcd0.26(同じく欧州仕様値)とトップクラスを実現しました。

同時に構造面から軽量化に取り組み、熱間成形鋼板を多用するなどにより、ボディサイズを大型化しながらも従来型方に比べ最大120kgの軽量化を果たしています。

室内空間は水平基調のデザインが採用され、視覚的にもより広さを感じることができるものとなっています。

とくにステーションワゴン新型「A4アバント」は、荷室も最大1510リットルへと拡大し、ワゴンならではの使い勝手が強調されています。

talegate[1]

引用:http://www.Audi(アウディ).jp/

パワートレインは2.0L4気筒DOHC直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式の7速Sトロニックを組み合わせ、排気量は同じながらベーシックなFWDモデルは190ps/320Nmを発揮しています。

フルタイム4輪駆動のクアトロモデルはハイパフォーマンスモデルとして、252ps/370Nmを発揮しています。

しかも、パワーと低燃費が両立していて、燃費についてはFWDモデルで18.4km/Lと従来型に比べて33%もの改善がなされています。

安全面では、Audi(アウディ)独自の「アウディプレセンス」の機能を拡充し、「アダプティブクルーズコントロール」に「アクティブレーンアシスト」を加えた新機能「トラフィックジャムアシスト」を搭載しています。

巡航時のアクセル/ブレーキの自動化だけでなくステアリング操作にもシステムが介入し、将来の自動運転の実現を見据えたアウディの先進技術によりドライバーの負担を軽減します。

gallery04

引用:http://www.Audi(アウディ).jp/

また、新型Audi(アウディ)「TT」より順次導入されている「バーチャルコックピット」もオプション設定され、メーターパネル内を12.3インチの巨大ディスプレイとすることで、ナビ表示をはじめとした様々な機能を視線の移動を最小限に活用できるようになっています。

プレミアムミッドサイズセダン新型「A4」及びプレミアムステーションワゴン新型「A4アバント」のモデル構成と車両価格は次表のとおりです。

セダン「A4」

about_01[1]

引用:http://www.Audi(アウディ).jp/

hyou801

引用:http://www.Audi(アウディ).jp/

ステーションワゴン「A4 Avant」

about_01[1] (2)

引用:http://www.Audi(アウディ).jp/

hyou802

引用:http://www.Audi(アウディ).jp/


スポンサーリンク

新型Audi(アウディ) A4 値引き交渉術

a4avant-.11[1]

引用:http://eurocarfans.jp/

8年ぶりのフルモデルチェンジとなったAudi(アウディ) A4は、その仕上がりの良さから先代に引き続き人気車種となっています。

そのような新型Audi(アウディ) A4の値引き交渉はどのように進めていけばよいのでしょうか。

ほんの一例ですがご紹介しましょう。

■値引きのコツ 準備

クルマだけではありませんが、どんなものにも適正価格というものがあります。

たとえば新築マンションや高級腕時計など、たいていの商品は適正価格と希望小売価格にはずれがあります。

そこで、値引きのコツは、まずその適正価格を自分なりに見極めることです。

自分の欲しい車と、日本車を含めた競合車を並べて適正な価格を自分なりに導き出します。

適正価格の精度を高めるために、自分の欲しい車と競合車の、装備や内装を含めた車種間の価格比較をオプションごとに行います。

自分なりの適正価格が出来上がったら、予算と照らし合わせ現実な価格であれば準備OKとなります。

■値引きのコツ ディーラーを訪ねる

file[1]

引用:http://car-me.jp/

交渉を有利に進めるために、デイーラーにいくことになりますが、なるべくお客さんの少なそうなお店を選ぶことが有利に交渉できる可能性が高くなります。

Audi(アウディ)のような輸入車のディーラーは日本車ほど多くはありませんので、なかなかお店を選ぶことは難しいと思いますが、出来るだけ複数のディーラーを訪問しましょう。

それぞれ見積もりを出してもらうことが交渉する際の参考になりますので、ぜひ実施してみてください。

また、競合車(ライバル車)の見積もりも入手しておきましょう。

これらは値引き交渉の時には、「他車ではこれくらいの値引きですよ」などと、交渉する際のネタに使いましょう。

お店に行った時は、ディーラーのセールスに対してとにかく誠実であることが最も大切です。

このクルマにほれ込んだのでどうしても欲しいということがセールスに伝わるように、クルマのことを語った方がセールスの提案が増えることになります。

時間に余裕があれば、決算期をねらってみるのもいいと思います。

Audi(アウディ)のような輸入車のディーラーの決算期は

9月

となっています。

日本車ディーラーと同じように、決算の次期は売り上げを伸ばすために大きな値引きを出してくるかもしれません。

また、輸入品ですので、円高の時期を狙うのもいいかもしれません。

注意して輸入車価格を見ているとわかりますが、円安になると価格は上がりますが、円がかの局面では価格を下げることはあまりありません。

差額はディーラーや輸入元の利益となっているようですが、それは値引きの余力があるということにもなりますので、そこをついていくことも戦略の一つとなります。

ただし、輸入車は値上げは早いですが、値を下げるのはとても遅くなりますので、余り円高に期待しすぎないようにしましょう。

■値引きのコツ 交渉

2017-audi-a4-inline2-photo-662262-s-original[1]

引用:http://media.caranddriver.com/

おかしな話ですが、交渉のコツは交渉しないことです。

何せ相手はプロですから、素人である私たちは彼らと同じ土俵では勝負になりません。

具体的には、テーブルでの交渉ではなく車を眺めながらの立ち話で、希望の価格をそれとなく伝えましょう。

立ち話をして見積もりをもらって帰るということを、何度か繰り返し、数十万円単位の大きな値引きが出てきたら、ここで初めてテーブルについて交渉を始めましょう。

値引き交渉は指値で、自分が作った適正価格で勝負していきます。

適正価格まで下がらない場合は、店頭や系列の中古店舗に並んでいる高年式の中古車の価格を参考に指値を繰り返し、落としどころを探っていきます。

ディーラーとお互いに納得のいく価格が定まってきたら、オプションを追加する交渉となります。

欲しいものを列挙して、一つ一つ価格交渉を行いできれば車両本体に込みにしてもらうように進めていきましょう。(オプションはおまけで付けてもらう)

すべては無理ですが、一部オプションや低額商品は車両価格に入れてくれることもあります。

■値引きのコツ 契約

a4avant-.12[1]

引用:http://eurocarfans.jp/

契約は即決しましょう。

その日のうちに即決することを条件に、さらなる値引き(オプションの追加、諸費用サービス)をお願いして、値引きの限界が見えてきたら、契約書にサインとなります。

最後に、セールス担当者に誠意を示すことは最も大切なことです。

「あなたから買いたい」とまでは言わなくとも、態度でわかるくらいには誠意を示したいものです。

セールス担当者が値引きに応じるということは、彼らの利益(=お給料の原資)を減らすことに応じているということですから、決して上から目線でお客様をアピールしないようにしましょう。

セールスもお客を選ぶ権利はありますから。

■下取り

新車の購入価格が決まったら、現在所有している車を下取りに出すのが一般的です。

これは日本車も同じですが、ディーラーでは高く買い取ることはありません。

ディーラーでは下取り車を引き取った後は、高年式で程度の良い車を除き、中古車販売業者へ流します。

古かったり過走行車の販売はディーラーは得意としていませんので、買い取り業者と価格交渉をしないでそのまま売却します。

そのため、ディーラーは絶対に損をしない価格でしか買い取ってくれないのです。

そこでディーラーより高く買い取ってくれる買い取り業者に直接査定を要ら出来る、「車一括査定」を利用することで愛車を見積もってもらいましょう。

出来るだけ高く買い取ってもらうことは、総合的に値引き額に反映してきますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

まとめ

slide_image_07[1]

引用:http://www.yanase.co.jp/

cq5dam.resized.img.1680.large.time1447942758095[1]

引用:http://www.bmw.co.jp/l

audi-a4-xlarge[1]

引用:http://www.telegraph.co.uk/

Audi(アウディ) A4及びA4 Avantは8年ぶりのフルモデルチェンジを行い、新世代のミッドサイズカーとして登場しました。

Audi(アウディ)らしさそのままに、力強い走りと優れた環境性能の両立しています。

その新型Audi(アウディ) A4のライバルと言われているのが、先にモデルチェンジが行われた

メルセデスCクラス

4,270,000円~

BMW3シリーズ

4,270,000円~

となります。

新型Audi(アウディ) A4とは名実ともに拮抗した両車ですから、ぜひ参考にしてみてください。

さらに一歩踏み込んでお得にAudi(アウディ)A4を購入したい方は、こちらを参考に!

→ 新型アウディA4を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

もしかするととてもお得にAudi(アウディ)A4が購入できるかもしれません!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう