新型SAI 納車ブログまとめ!

SAI

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型SAIの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは2016年の新型SAIの納車に関するブログのデータをまとめています。


スポンサーリンク

新型SAI、改良点

トヨタSAIは、ハイブリッドセダン、プリウスの上のクラスとしての位置づけのクルマで、シンプルかつプレーンなモデルで2009年に発売されました。

ところが価格設定の問題もあり、販売台数は月間目標の3,000台を大きく下回り、300~500台とひどく低迷していました。

トヨタはその状態を打破すべく、大きくマイナーチェンジモデルを発表しました。

「先進性と上質感」をコンセプトに贅沢仕様で作られた、SAI、いいクルマが売れるとは限らないことを痛感した開発チームは、新型SAIに、新たな改良と躍進を加えたのでした。

それは、SAIのコンセプトをまるごとひっくり返すほどの大きなもので、デザイン、走行性能、静粛性すべてにおいて、アグレッシブな改良となったのです。

sai031

引用:http://toyota.jp/sai/

◆フロント、リアのデザインを大幅に変更しました。

◆燃費を向上させました。

◆ナビやオーディオ、エアコンなどがマウスで操作するように簡単に使える「リモートタッチ」を採用しました。

◆パワフルな加速を楽しめる「スポーツモード」を新設定しました。

◆「ヒルスタートアシストコントロール」(坂道発進時、ブレーキを放してアクセルを踏むまでの1,2秒間に後退しないようにする)を追加しました。

sai032

引用:http://www.carsensor.net/contents/terms/category_485/_10730.html

◆停電時に使用可能な家庭用100Vコンセント(1,500w)を2か所に配置しました。

◆溶接個所を40ヶ所追加し、ボディの剛性を高め、サスペンションのチューニング、ステアリングギア比の見直しを図りました。

◆遮音ガラスを採用、さらに遮音素材を改良し静粛性を高めました。

◆「セルフリストアリングコート」(小さなすりキズを自己修復)を全色に対応しました。

◆「スーパー400カットガラス」(99%カットできる紫外線の波長を380nmから400nmに)を全車フロントドアに採用しました。

◆フロントフォグランプをLEDにしました。

sai033

引用:http://toyota.jp/sai/style/

他にも操縦安定性の向上を目的に車体の設計も大幅に変更、ヤマハ発動機開発のショックアブソーバーとストラットタワーバー機能を併せ持つ揺動抑制装置「パフォーマンスダンパー」を採用するなど、価格に見合った洗練を加味したのです。

新型SAIの値引きの方法については、

「新型SAI 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にSAIを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型SAI 2016年 納車、口コミ

それでは、実際に新型SAIを購入した人や購入を検討している人たちの、納車にかかわる口コミを見ていきましょう。

sai030

引用:http://ameblo.jp/toyopet-miyako/entry-11790133294.html

◆ここ2か月ほどSAIとカムリでさんざん迷いましたが、お台場で試乗して最終的にSAIに決めました。

最後は内装やシートの硬さ(SAIのほうが固いです)を妻が気に入ったのが決め手です。

カムリも大きさの割に運転が楽で、広さも相当気に入ったのですが・・・・。

色はグレーマイカメタリックにしました。

この色はカタログと実車でかなり印象が違いますので、できれば実車で確認されることをお薦めします。

(カタログよりも色が濃くて赤系が強く感じました)

8月30日に注文して納車は11月25日になっています。

値引きは1ケタですが下取りは上乗せしてもらいました。

sai034

引用:https://www.kurumaerabi.com/car_news/info/24493/

◆今から担当セールス氏が試乗車を持って我が家に来てくれることになっています。

本来は、試乗車のナンバーは来週に取得の予定だったらしいですが、無理して頂いたようです。

ちょっと長めに試乗させてもらい、燃費を出来るだけ実情に近く測定し、タンクフィルで1,000km走れることを確認したら、最終決定する予定です。

っで、納車日が11月25日ですか・・・

先週の話しでは、10月中旬と言っていたのですが、想定外に受注があったのでしょうか?

10月中旬を想定して、コーティングの予約やフロアマットの手配をしていたのですが、痛し痒しですね。

sai035

引用:https://www.kurumaerabi.com/test_drive/info/83437/

◆契約しました。

契約前に、およそ20kmを試乗させてもらい、前車に追従する運転に徹した結果、燃費計では22.1km/lを示していました。

プリウスの経験から、5%程度の誤差はありますが、それでも20km/lは超えそうです。

したがって、タンクフィルで1,000kmは確認できました。

第一声で、今までのお付き合いもあるということで、下取りupおよび値引きは予想外の数値を出して頂きました。

ただし、先例になってしまうからということで、公表は勘弁して下さいと言われてしまいました。

現時点での納車予定は、10月中旬ということでした。

sai036

引用:http://cora.tea-nifty.com/photos/uncategorized/2014/02/19/20140219_184408.jpg

◆先代、現行プリウスからのSAIです。

切っ掛けは8月末に見たテレビCM。

翌日ディーラーでカタログ&見積もり。

私は走りには本当に全くこだわりが無いので見た目(のみ)で契約。。。すみません。

9/4契約で10月初旬納入との事でした。

ディーラーですっと同じ担当者(親の代から)で、オプションおまけ少しと一応二桁値引きでした。

今乗ってるプリウスも実車,試乗しないで買ったので不安は無いんですが、ホイールを変えたのでどれだけ印象が変わるかが気になるところです。

◆10/20に契約しました。

当初カムリを購入する予定で、10/17に家内と一緒にディーラーさんに伺ったのですが、カムリは思ったより大きく、断念。

帰宅しようとした際に、サイ(部長の社用車)が登場。

夕方に映えるフロントマスク。

また、コクピットンのデザインに一目ぼれし購入に迷いが、、、。

問題はグレードと価格。

Gは予算を大きく超えるため、泣く泣くS Cパッケージ(ホワイトパールクリスタルシャイン)。(カタログを見ると装備にかなりの差があり)

その日の夜、他のディーラーさんも訪問し、違うカラー、グレードを確認。

2日後に試乗しましたが、エコモードを解除しても坂道に若干の力不足を感じるも、普通に乗れれば良いかな?!と思っていたので。。

しかし、その試乗車88kmの走行距離に対し、燃費が12.4km/Lと表示されており、ハイブリッドなのに、、、。

少し、悩みました。

しかし、2つのディーラーさんが競い、がんばって頂き、値段がほとんどつかないセカンドカーとして使用していた11年落ちのマーチを出して、20万代真中を割るくらいまで引いて頂けたので決めちゃいました。

納車は来年の2月頃(横浜)とのことです。

かなり待ちますが、ネット動画で、防音ガラス、パワーウィンド等、意外といい車かも!(意外は失礼でした)

購入をご検討されている方は「トヨタ 新SAI発表会 詳細説明 」を見られることをお勧めいたします。

sai037

引用:http://response.jp/article/2013/09/02/205423.html

◆SAIはもともと色々と標準装備されていますので、贅沢さえ言わなければカーナビ、ETC位で良いのかもしれません。

私は家内も運転に自信がないので、バックモニター、コーナーセンサー、オートリトラクタブルミラー(最後の交渉時のサービス品)を付け、フロアーマットはネットで購入予定です。

また、SAIの販売台数ですが、私が訪問したディーラーさんで今までに各店舗4-5台との事です。

先週、横浜横須賀道路(高速道路)にて黒のSAIを見かけましたが、それ以外に見たことがありません。

「トヨタ 新SAI発表会 詳細説明 」にて紹介されていましたが、世界最大のヘッドランプは一目でSAIと分かるようですね。

sai038

引用:http://shihzu-cp.com/2012_vol6/sai.html

出展:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000064764/SortID=16554875/


スポンサーリンク

新型SAI、納車ブログまとめ

新型SAI、契約から納車まで1ヶ月から3ケ月くらいかかるということが、わかりました。

いろんな口コミを見かけますが、さすがに実際の購入者の声は、新型SAIのいいところを、よくついているように思います。

購入者にしかわからない、SAIの魅力が伝わってきました。

sai039

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/603264/blog/31057577/

確かに価格は高めの設定ですが、標準装備の良さやナビの自動更新等、乗ってみてはじめてわかる満足度の高さは、トヨタ車の中でも抜群なのではないでしょうか。

さあ、今から新型SAIの納車が楽しみですね。

新型SAIのコンセプトである「先進性と上質感」を存分に感じてください。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク