新型トヨタ ヴィッツ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

画像6

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型ヴィッツの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは2016年の新型ヴィッツの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

mainvisual[1]

引用:http://gazooracing.com/pages/gs/vitz/

トヨタのコンパクトカーの代表格「ヴィッツ(Vitz)」は、ガソリン車としてはたぐい稀な低燃費を誇り、年齢を問わず多くのユーザーの支持を受けています。

今回マイナーチェンジが行われ、外観は最近の「トヨタデザイン」によりより精悍な顔つきとなりました。

また、先進の安全装備「Toyota Safety Sense C」が標準装備(一部グレードはメーカーオプション)されたことで、経済性に優れ安全安心なファミリーコンパクトカーとして、生まれ変わりました。

そんな新型「ヴィッツ」のグレードのラインナップや価格についてご紹介します。

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

2016年新型ヴィッツとは

carlineup_vitz_style_3_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

ヴィッツは、トヨタより新旧ネッツ店で販売されている1,000~1,500ccクラスのハッチバック車です。

ヴィッツは、1970年代のマイカーブームの中で一世を風靡したトヨタ・スターレットの後継車にあたり、ギリシャ人デザイナーのソティリス・コボォスによるデザインや品質、衝突安全性能、環境性能の高さなどをセールスポイントとして、国内外で爆発的なヒットを記録しました。

コンパクトカーブームにさらに拍車をかけたことにより、他社もフィットやマーチなどの対抗車種を投入することになりました。

日本のコンパクトカー市場に大きな影響を与えたことで、現在も高い評価を得ています。

現在は3代目となり、心臓部であるエンジンは「1KR-FE1.0L直3DOHC」、「1NR-FE1.3L直4DOHC」、「1NR-FKE1.3L直4DOHC」、「1NZ-FE1.5L直4DOHC」の4種類がラインナップされています。

carlineup_vitz_performance_engine_03_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

このうち、「1NR-FKE」型エンジンは、ハイブリッド車にも用いられるアトキンソンサイクル機構に加え、クールドEGR、VVT-iEなどを採用し、燃費改善と損失低減を追求し、世界トップレベルとなる最大熱効率38%が達成されています。

この新型1.3Lエンジン搭載車は全車でアイドリング機能を標準装備し、高効率なCVTと組み合わせることでJC08モード燃費で従来型から3.2km/Lの向上となる25.0km/Lを実現しています。

「平成32年度燃費基準」を達成し、「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」の取得と合わせて、エコカー減税(自動車重量税50%+自動車取得税60%)+グリーン化税制(概ね50%)の対象車となっています。

img_782e8e972bd9772427cbceaaedfa3cbc338997[1]

引用:http://www.webcg.net/

内外装デザインは「Lively(元気な、行き来とした)」をテーマにイメージチェンジが図られました。

フロントデザインには先に2代目オーリス、2代目SAIなどで採用された「キーンルック」が導入され、「ネッツエンブレム」を中心にヘッドランプに向かうアッパーグリルモールのV字ラインに、開口を広く取ったロアグリルを採用し、バンパーをハの字型に張り出すことでワイドで踏ん張り感のある力強いフロントビューが表現されています。

また、「F」、「Jewela」、「U」、「RS」の4種類のグレード体系ごとに個性を際立たせるデザインが与えられています。

ボディでは、スポット溶接の増加、床下補強材の大型化、ショックアブソーバーの改良などが実施され、操縦安定性と乗り心地が高められています。

内装ではメーターデザインが変更され、アイドリングストップ車ではメーター右下に「TFTマルチインフォメーションディスプレイ」が設定され、燃費や航続可能距離などのほか、エコドライブを100点満点で評価する「エコジャッジ」、これまでのエコドライブをランキング形式で紹介する「燃費エコランキング」などを表示しています。

さらに、トヨタのコンパクトカー用予防安全システム「Toyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)が標準装備(グレード「F」はメーカーオプション)されました。

このシステムは、レーザーレーダーと単眼カメラの2つのセンサーを用いて、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの3つで構成され、これらに付帯機能として「先行車発進告知機能(信号待ちなどで先行車が発進したことを知らせる)」が追加されています。

それでは、各グレードについてみていきましょう。


スポンサーリンク

2016年新型ヴィッツグレード別価格

■グレード「F」

carlineup_vitz_grade_grade1_3_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_grade1_21_pc[1]

14インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)

引用:http://toyota.jp/vitz/

ベーシックグレードで、1.0L車には装備内容を簡素化した”Mパッケージ”とアイドリングストップ機能やマルチインフォメーションディスプレイなどを装備した”SMART STOPパッケージ”が設定されています。

gh01

■グレード「U」

carlineup_vitz_grade_grade2_3_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_grade2_19_pc[1]

15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_grade2_20_pc[1]

U専用マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ

引用:http://toyota.jp/vitz/

本革巻ステアリングとシフトノブや快適温熱シートなどを標準装備し、高い質感と快適性を追求した上級グレードです。

ヘッドランプやホイールなどが専用デザインとなっています。

gh02

■グレード「Jewela」

carlineup_vitz_gallery_3_07_lb[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_grade3_26_pc[1]

14インチスチールホイール(専用樹脂フルキャップ付)

引用:http://toyota.jp/vitz/

専用ボディカラーや内装色が設定され、ドアミラーやドアハンドルにメッキ加飾が施されて華やかさを表現したグレードになります。

1.0Lエンジン搭載車と1.3Lエンジン搭載車があり、加えて、アイドリングストップ機能を装備したJewela”SMART STOPパッケージ”も追加されています。

gh03

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

■グレード「RS」

carlineup_vitz_gallery_3_10_lb[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_grade4_15_pc[1]

16インチアルミホイール

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_grade4_16_pc[1]

プロジェクター式LEDヘッドランプ(RS専用・メッキ加飾)

引用:http://toyota.jp/vitz/

スポーツグレード「RS」は、専用デザインのエクステリアや専用スポーツシート、7速スポーツシーケンシャルシフトマチック&パドルシフトまたは5速マニュアルを選ぶことができます。

フロントデザインについても専用デザインで、ロアグリルが大開口メッシュタイプとなりより力強さが強調されています。

また、専用デザインの16インチアルミホイール、プロジェクター式LEDヘッドランプが装備されています。

アイドリングストップ機能が追加されたRS”SMART STOPパッケージ”にはTFTマルチインフォメーションディスプレイも付加されています。

gh04

■グレードG’s

mainvisual[1]

引用:http://gazooracing.com/pages/gs/vitz/

img_equipment_09[1]

引用:http://gazooracing.com/pages/gs/vitz/

img_equipment_01[1]

引用:http://gazooracing.com/pages/gs/vitz/

スポーツコンバージョンモデルの「RS”G’s”もベース車「RS」に準じてマイナーチェンジが行われました。

ボディはマイナーチェンジ後の「RS」をベースとして、ロッカーフランジのスポット溶接増しとフロア底部のエアロパーツを採用しています。

加えて、「GRMN Turbo」や「G’sアクア」に先行採用されたセンタートンネルブレースとリアフロアブレースを追加してボディ剛性をさらに高め、それらにあわせて専用サスペンションと電動パワーステアリングのチューニングをリセットしました。

さらに新意匠を採用し一層の軽量化が図られたG’s専用17インチアルミホイールを採用したことで操縦安定性とハンドリング性能をブラッシュアップし、乗り心地も改善されました。

内装はアクアG’sにて先行採用された「G’s専用スポーティシート」へと変更されてホールド性と質感向上が図られています。

gh05

■特別仕様車”LED Edition”

carlineup_vitz_grade_special_3_19_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_special_3_31a_pc[1]

プロジェクター式LEDヘッドランプ(ロービームオートレベリング機能付)

引用:http://toyota.jp/vitz/

carlineup_vitz_grade_special_3_41_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

「F」をベースに、ブルーブラック&ブラックの専用ファブリックシートを採用したほか、ドアハンドル(アウトサイド、インサイドとも)などをメッキ加飾し、インパネオーナーメントにブラックの布目調フィルムなどにブラックマイカ塗装が施されました。

さらに、LEDヘッドランプとコンライト(ライト自動点灯・消灯システム/)ランプオートカットシステム)が装備されています。

gh06

このように内外装が一新された新型ヴィッツは、各グレードごとに専用デザインが取り入れられていて、自分の好みに合わせて選ぶことができるようになっています。

また、グローブボックスなどにもさまざまな快適装備が工夫されていて、いかにもトヨタらしい「痒いところに手が届く」ような改良が加えられています。


スポンサーリンク

まとめ

carlineup_vitz_style_3_19_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

今回のマイナーチェンジで新開発エンジンに加え先進の安全装備を搭載した新型ヴィッツは、多彩なグレードを取りそろえられています。

スタンダードな「F」、「U」、華やかさを演出しまるで女性専用のような「Jewela(ジュエラ)」、スポーティさが際立つ「RS」など、選ぶのに苦労しそうです。

また、ボディカラーもグレード専用色や新イメージカラー「ルミナスイエロー」など17色が用意されています。

クルマ選びの楽しさが満載の2016年の新型ヴィッツです。

参考サイト

http://toyota.jp/vitz/

https://ja.wikipedia.org/wiki/

http://car.watch.impress.co.jp

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう