新型トヨタ ヴィッツ 納車ブログまとめ!

画像29

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型ヴィッツの納車情報が各ブログで公開されています。

 こちらでは2016年の新型ヴィッツの納車に関するブログのデータをまとめています。

carlineup_vitz_grade_special_3_19_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

今、コンパクトカーの中で抜群の人気を誇りるトヨタ・新型ヴィッツ。

17色もの豊富なカラーバリエーション、100万円台のお手ごろな価格、ガソリン車では群を抜く25.0km/Lという低燃費など、人気の理由は枚挙いとまがありません。

そんな新型ヴィッツ、2016年納期・納車など、様々な情報をお伝えします。

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

2016、新型ヴィッツとは

carlineup_vitz_grade_grade5_design_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

国産のコンパクトカーの先駆けとなったスターレットの後継として誕生した「ヴィッツ」は、現行型3代目となり多くの老若男女から絶大な支持を得ています。

この度、3年ぶりの大幅なマイナーチェンジが実施されました。

そのポイントは3つあります。

一つ目は内外装が一新されたこと。

内外装デザインは「Lively(生き生きとした)」をテーマにイメージチェンジされました。

フロントアッパーグリルで左右のヘッドライトを連続させ、大型開口のロアグリルを採用したことでワイド感が強調されています。

最近のトヨタデザインが取り入れられいわゆる「キーンルック」が採用されました。

また、「F」、「Jewla」、「U」、「RS」の4種類のグレード体型ごとに個性を際立たせるデザインをが与えられています。

ボディカラーは新規開発色の「ルミナスイエロー」を追加したほか全17色のラインナップとなりました。

carlineup_vitz_top_3_05_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

インテリアでは内装色が変更され、Jewelaのバーガンディー、RSのストライプとコンビネーションのブラックなど個性的なデザインとなっています。

ボディ剛性を高めるため、スポット溶接の増加、床下補強材の大型化、ショックアブソーバーの改良などが実施され、操舵安定性と乗り心地が高められました。

二つ目は、安全性能を高める技術がふんだんに盛り込まれたことです。

「VSC(横滑り防止機能)」、「TRC(タイヤの空転抑制機能)」、「緊急ブレーキシグナル」が標準装備となっています。

さらに、レーザーレーダーと単眼カメラの2つのセンサーを用いた衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパチャーアラート、オートマチックハイビームの3つで構成された「先行車発進告知機能」を付帯機能としたコンパクトカー用予防安全システム「Toyota Safety Sense C」が全グレードに設定され、「F」系グレードはメーカーオプション、その他グレードは標準装備されました。

三つ目のポイントは、新開発エンジンが搭載されたことです。

新しく登場した「1NR-FKE」ガソリンエンジンは、同社のハイブリッドカーで採用しているアトキンソンサイクルに加え、クールドEGR、VVT-iEなどを採用し、世界トップレベルの最大熱効率38%を達成しました。

1.3Lリッターエンジン搭載車で標準装備となったアイドリングストップ機能と高効率CVTの組み合わせで、JC08モード燃費25.0km/Lが実現されました。

また、直列3気筒1.0Lエンジン「1KR-FE」エンジン搭載車にもアイドリング機能を採用する”SMART STOPパッケージ”が設定され、アイドリングストップ車のJC08モード燃費は24.0km/Lが実現されています。

エンジンラインナップは従来から搭載している直列4気筒1.3L「1NR-FE」と、直列4気筒1.5L「1NZ-FE」の計4種類が用意され、トランスミッションはCVTのほかRSグレードに5速MTが用意されています。

メーカー希望小売価格

グレード「F」

1,153,637円

1,556,182円

グレード「U」

1,750,582円

1,871,345円

グレード「Jewela」

1417,745円

1,755,491円

グレード「RS」

1,883,127円

2,046,109円

この他に、「RS」をベースにスポーツコンバージョンモデル「ヴィッツRS”G’s”」が設定されています。

グレード「RS”G’s”」

メーカー希望小売価格

2,096,182円

2,199,273円

新しく設定された特別仕様車1.3F”LED Edition”/1.0F”LED Edition”は、LEDヘッドライトとコンライトが特別装備され、専用シートとメッキ加飾が施された印象的なフロントデザインが取り入れられています。

carlineup_vitz_grade_special_3_32a_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

メーカー希望小売価格

1,372,582円

1,637,673円

ボディカラーバリーエーション全17色などグレードとともに魅力満載の新型ヴィッツの納期・納車待ちはどうでしょう。

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

新型ヴィッツ口コミ【納期】

carlineup_vitz_grade_grade4_3_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

Kさん

ヴィッツ RS CVT

カラー:ミディアムシルバーメタリック

オプション:スマートエントリー、オーディオレス

「契約日は2月3日で、3月16日納車です。

契約から納車までの期間は、1か月と13日でした。

ディーラーの話では納車までに最大で2か月待ちだそうです」

 

carlineup_vitz_grade_grade1_3_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

Hさん

ヴィッツ 1.0F

カラー:スーパーレッドV

オプション:ディラーオプションのみ

「私の場合、2月7日に契約して2月23日に納車されました。

オプションはエアロパーツを付けて、クォーツガラスコーティング(足かけ2日必要)まで済ませての納車です」

carlineup_vitz_style_3_12_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

Tさん

ヴィッツ 1.3U

カラー:シルバーマイカメタリック

「2月5日に契約して、3月25日に納車となりました。

1.3Lは結構納車まで時間がかかり、私の契約したディーラーでは2月6日以降に契約の人は納車が4月以降になるということでした」

carlineup_vitz_style_3_14_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

Mさん

ヴィッツ F

カラー:黒

「僕は2月18日に契約して3月25日に納車でした」

carlineup_vitz_style_3_20_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

Tさん

ヴィッツ RS CVT

オプション:ディーラーオプションのみ

「私の場合は、2月11日に契約しまして、3月21日納車です。

皆さんの納期・納車待ちは1.0か月~1.5か月といったところでしょうか」


スポンサーリンク

新型ヴィッツ納期情報

■新型ヴィッツ(Vitz)の最新納期を確認

3代目ヴィッツ15[1]

引用:http://ヴィッツ買取.jp/

先日、マイナーチェンジをした新型ヴィッツ(Vitz)を見るためにネッツトヨタまで行ってきました。

マイナーチェンジした新型ヴィッツ(Vitz)は、フロントマスクが変わって、かなり精悍な顔つきになっていました。

また、なにより良かったのはマイナーチェンジをして燃費が良くなったこと。

マイナーチェンジする前は、燃費が21.8km/Lでしたが、燃費が25.0km/Lまで一気に伸びました。(1.3L 2WD車)

この燃費はうれしいですよね。

今までは日産のノートやマーチ、ホンダのフィットに比べて燃費が悪すぎました。

個人的には、燃費が他のライバル車に並んで、ようやく購入検討車になりました。

最近はガソリン代が高いので、やはり燃費の良い車を欲しいと思っていたので。

そんな新型ヴィッツ(Vitz)ですが、先日ディーラーに展示車を見に行ったときに最短の納期を教えてもらいました。

ビッグマイナーチェンジしたばかりの新型ヴィッツ(Vitz)ですが、納期は早くて1.0~1.5か月みたいです。

思ったより早いですね。

ビッグマイナーチェンジしたばかりで、もっと遅いと思っていたのですが、意外に早くてちょっとびっくりしました。

これくらい納期が短かったら車検まで余裕で間に合うのでうれしいです。

今度、新型ヴィッツ(Vitz)を試乗して乗り心地を確認してきたいと思います。

ただ、新型ヴィッツ(Vitz)の場合グレードやカラーがいっぱいあるのでかなり悩みそうですね。

つぎは、納車された方々の感想を集めてみました。


スポンサーリンク

新型ヴィッツ納車レポート

carlineup_vitz_style_3_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

■「デュエット」君ありがとう、「ヴィッツ君」こんにちは

かみさんとおばあちゃんが大切に乗っているトヨタ自動車の「デュエット」くんが、この度めでたく車齢10歳を迎えました。

お買い物と送迎中心のため走行距離はわずか5万kmほどであるが、10年一区切りということで、この度買い替えることとしました。

「車齢が10年を超えると、車検が年1回になってたいへんだからね~」という話も食卓でしていたのだが、1995年(平成7年)の車検制度規制緩和で10年を超えた普通車の毎年車検が廃止されていることは、都合よく記憶から消えていました。

「デュエット」に出来るだけボディサイズが近い普通車という条件で車種選定したのだが、「アクア」は新世代ハイブリッドの魅力を差し引いても割高だということで却下。

「iQ」は思いのほか外内装はリッチだったが後席が狭すぎるということで却下。

続いて「ヴッツ」に試乗すると全方位でバランスが良く、若干ボディサイズが大きくなるものの、かみさんも運転しやすいと好印象でした。

いつもお世話になっている気心の知れたディーラーさんなので、とくに深い値引き交渉をする必要もなく、一発サインで制約となりました。

「ヴィッツ」のオルタネーター容量は通常仕様が12V80A(純正)、寒冷地仕様が12V100A(純正)と2割ほど差があるのだが、ヴィッツで雪道ドライブに行く可能性はあまりなく、電装品もさほど満載しない予定なので標準仕様を選択しました。

「デュエット」が直3 1.0リッター/3速ATだったこともあり、直4 1.3リッター/CVTの「ヴィッツ」はかみさん曰く「とっても静かでパワーがあるね」との高評価です。

普段「ヴェルファイア」に乗っている筆者の感想は「ちょこまか小回りが利いて、とにかく楽しい」と、こちらも好印象でした。

「ヴィッツ」くん、これからもよろしく頼みますよ。

まとめ

いかがですか。充実した装備とグレードやボディカラーバリエーション豊かな新型ヴィッツは、トヨタ・スモールカーラインナップの中でも、アクアに次ぐ販売台数を誇っています。

co1_img_pc[1]

引用:引用:http://toyota.jp/vitz/

現在とところ、新型ヴィッツの「納期・納車待ち」は1.0か月~1.5か月といったところです。

そろそろハイブリッドの登場などと噂される新型ヴィッツ、これからも注目の一台です。

新型トヨタ ヴィッツのおススメ動画


参考サイト

http://minkara.carview.co.jp/car/toyota/vitz/

http://新型ヴィッツ.blog.so-net.ne.jp/2014-04-29

http://car.watch.impress.co.jp/docs/

http://car.watch.impress.co.jp/docs/

http://car.watch.impress.co.jp/docs/

http://car.watch.impress.co.jp/docs/

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう