新型デリカD5 色・カラー紹介!人気カラーは?

デリカD5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型デリカD5の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型デリカD5の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

2016年10月、恒例のローデスト&シャモニーのダブルデビュー!

いかにもデリカに似合うブラックとホワイトの塗装色、マイカ色やパール色、ガラスフレークなどは絶対に拒否拒否!!

できればソリッドをベッタリ塗り込んで…と息巻くるオーナーの方もいましたが、やはりここは洒落た落ち着きのあるホワイトパール、ブラックマイカが人気!では、カラーラインナップをご紹介しましょう。


スポンサーリンク

ダイヤモンドブラックマイカ

00

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/18069

■M、CHAMONIXの内装色はブラックのみ


スポンサーリンク

ウォームホワイトパール 32,400円

20151219_40487281

引用:http://img-cdn.jg.jugem.jp/360/2505142/20151219_4048728.jpg

□ベージュ内装  /  ブラック内装

→ 新型デリカD:5を値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

ディープシーグリーンマイカ / アイガーグレーメタリック

2トーンは最低地上高を高く見せるアイテムの一つ。

アウトドアに振る方ならこれ以上リフトアップを上げなくても問題ないでしょう!(とは言いつつ、RVショップではかなりの極太タイヤで固めるオフローダーも。これは雪山で乗りたくなりますね!)

99

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/


スポンサーリンク

密かに人気のある、クールシルバーメタリック / アイガーグレーメタリック

無難な色といえばワントーンシルバーですが、このタイプは結構使えるカラーリングになっています。

ビジネスとプライベートでも活躍。

力強さがしっかりとうかがえるカラーリングですね!

88

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

クールシルバーメタリック

ROADEST D-Power package 一押しのカラー。

デリカでこれだけの迫力はなかなかありません!

やはりタッパが高いだけあって、エアロパーツはもう少し長いと締まって来るのでしょうか…

5

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

アイガーグレーメタリック / ダイヤモンドブラックマイカ

pop

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

画像はM。下位グレードは社用車として使われる想定でMTがありますが、デリカにはなし。

日産提供のD:3に委ねるということですが、いかがでしょうか2トーンになっていることで、グレードレスの感がありますね。

シンプルなボディーとしてデザインされたことから、グレードを意識させるものはエンジン、トランスミッションとタイヤ程度。

つまり外観からはプライスタグが見えない、お得感のある作り。

これは現在の車作りではあり得ないことでしょう。

ウォームホワイトパール / クールシルバーメタリック 32,400円

一番人気の2トーンカラー。

2016年はセレナがレッド&ブラックの2トーンをCMで使用しましたが、その多くはルーフとアンダーの2トーンが多く、下回り部分だけの定石2トーンは逆に少なくなっています。

カラーリングでは王道を行くデリカ。独自路線は外さない。

1

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

カラーリングで見る、デリカD:5

引用:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/carlife/images/UserCar/349018/p1.jpg?ct=fdbb7bb3b475

本来はブルー色はないが、ローデストをローダウンさせるという大技、扁平タイヤという組み合わせは見る人がみれば圧巻。

ただ、グリルがおとなしい分、三菱ユーザーの控えめさが判ろうというもの。

h

引用:http://23eni.biz/wp-content/uploads/2014/09/%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%ABd5.jpg

レッド色は三菱車に似合う色の一つ。

スバルがラリー仕様レプリカが今でも人気なのに対し、もったいないのが三菱。

素がはっきりしたレイアウトの車なのだから、デカールも堂々と映えるし、子供たちの人気が出ようというもの。

尚、今回の巻末にはこの車両が実際に走ったラリーについての表記を記した。ぜひ参考にされたい!!

b

引用:http://prestigemotorsport.com.au/wp-content/uploads/2016/05/Mitsubishi-Delica-D5-off-road-4WD.jpg

先代を思わせるようなトールボディ。

ジェットパックを取り出すのにどうやって?という感じだが、おそらく190㎝を超す大男がドライバーなのだろう。

リフトアップさせると、川も渡れるような雰囲気になる。

インテリア・ベージュ

ドライバーズシートから順々に見ていこう。

三菱往年の凹凸がはっきりしたメーター付近、直射日光を遮る簡潔な設定。

画像からは多少ステアリングがチルトアップ気味だが、この角度が絶妙な位置関係をもたらしている。

1

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

D:5といえば、2007年1月に広大なアフリカを舞台に開催されたダカールラリー《通称:パリダカ=フランスのパリからセネガルのダカール(アフリカの西端。貿易港としてアフリカ屈指の実力を誇る)までの地中海を越えたラリー》において、『パジェロ』のサポートカーとして7000kmの行程を走り切っている。

ダカールラリーは世界有数の過酷なクロスカントリーレイドだ。

チーム・レプソル三菱ラリーアート・パジェロは優勝し、連勝を7に伸ばしたことをご存知だろうか?

そうだ、つい十年前までは、砂漠地帯を走る世界一のバギーカーならぬラリーカーは三菱製だったのだ!

そして、競技コース外を走るサポートカーであるデリカ、パジェロと並走しペースはラリーカーと変わらず、走行条件も全く変わらない。

道なき道を走り、時には戦闘地帯をかわし、砂の山をぐでんぐでんに揺れながら走り切る。

デリカD:5のステアリングを握ったラリードライバーの田口勝彦。

「全長7000kmあまりのうち砂漠は800km少々で、残りは舗装路。

ただし舗装路といっても2000km以上は山岳路で、あちこちにポッドホール(舗装欠けの穴)が開いているという悪条件だった。

BMWやフォルクスワーゲンなど、他チームが本格SUVをサポートカーに使うなか、デリカD:5は最高の走りをした」と、胸を張ったのだった。

現在販売されているD:5と、ダカール仕様の違いは何だったのだろうか?

「サスペンションは、コイルやショックアブソーバーは換えたが、アームなどのコンポーネンツはノーマル。

それでも、他社のカスタマイズされたSUVと同等のペースで走れたのは予想外。

トラクションもあるし、直進安定性もいい。

スタックも、パジェロが停止してしまったときに一緒に停車したときの1回だけ」

なるほど、この自信こそが10年続いているわれらのD:5 そのものだと言える。

本物のクロカンを操る楽しみも、モデルチェンジで消えてしまうかもしれない…

ACTIVE GEAR

delicad5activegear

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/active_gear/?cid=p_lis-p_gol_adw_d5-ag1-lis_hy_20170414

7人乗りのD-Power packageをベースとした特別仕様車です。

黒いグリルにオレンジがアクセントで入り、ベースカラーはグレー、ブラック、ホワイトから選べる2トーンカラーの特別仕様車です。

184,075円のコンプリートパッケージでは、バンパープロテクター、アルミホイールでカール、フロアマット、オレンジのサイドガーニッシュ、リアディフレクターが追加されます。

アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ

dd5ag_gray

ダイヤモンドブラックマイカ

dd5ag_black

ウォームホワイトパール/ダイヤモンドブラックマイカ

dd5ag_white

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/active_gear/?cid=p_lis-p_gol_adw_d5-ag1-lis_hy_20170414

新型デリカD:5 カラー・色まとめ

もともと用意されているカラーや、2トーンカラーはもちろんのこと、自分なりのアレンジを加えるマニアが多いのもデリカD:5です。

唯一無二のクロカン・ミニバンとして、もともと希少性が高いことに加え、リフトアップや塗装など、独自のデリカD:5を作り上げる楽しみもあります。

だからと言って、これしかない…、他には選べない…、と言ってディーラーの言い値でそのまま購入するのではなく、購入時にはしっかりと値引き交渉をしましょう。

新型デリカD5の値引きの方法については、

「新型デリカD:5 値引き術!」で詳しく解説していますので、

パリダカを走り切りたいぐらいオフロードが好きな方も、そうでない方でも、ぜひ参考にしてください。

2

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

3

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

4

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク