新型リーフ(2017年モデルチェンジ) 燃費まとめ!

リーフ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型リーフ(2017年モデルチェンジ)の燃費情報が公開されています。

こちらでは新型リーフ(2017年モデルチェンジ)の燃費に関するデータをご紹介します。

nenpi_01

引用:http://www.naoiauto.jp/newcar/newcar_detail.php?car_info=00200-04000-201710-00003


スポンサーリンク

新型リーフ フルモデルチェンジ

2017年10月2日、新型リーフがフルモデルチェンジをして発売されました。

駆動用リチウムイオンバッテリーは40kWh、1回の充電での走行距離はJC08モードで400kmにまで延長したことで「BMW i3」の390kmを上回ることになりました。

そしてエクステリアではVモーショングリルの採用でシャープになり、低重心でスポーティなプロポーションを実現しています。

注目の機能はアクセルペダルひとつで発進、加速、減速、停止、停止保持を行う「e-ペダル」。

高速道路同一車線内自動運転の「プロパイロット」。

そして自動駐車システムの「プロパイロット・パーキング」です。

また、「Apple CarPlay」を搭載するなどコネクテッド技術を充実させました。

nenpi_02

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/exterior_interior.html


スポンサーリンク

新型リーフ 燃費は93km/L ?!

ガソリン車の場合1リッターで何キロ走るのかが燃費になります。

ですがリーフは電気自動車ですので、ガソリンに換算しながらおおよその燃費を出してみたいと思います。

※ガソリン1リットル当たりの発熱量を8,000kcal、電気自動車1kWの発熱量を860kcal/hとします。


<リーフの電力量を発熱量に換算>

40kWh×860=34400kcal


<34400kcalのガソリン料換算>

34400÷8000=4.3L

ここからわかるのはリーフは4.3Lのガソリンで400km走ることができるということです。

そこで1リッターあたり何キロ走るのかを出してみたいと思います。

nenpi_03

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/exterior_interior.html

出展:https://ev1.nissan.co.jp/LEAF/RORA/QUESTIONS/DETAIL/399


<リーフの燃費>

400km÷4.3L=93km/L


これがリーフの燃費だとしたらすごいですね。

ですがあくまでも理論値です。

※「原油,石油製品の発熱量試験方法」に日本工業規格ではガソリンに適用できる数式はありませんので原油、灯油の例で算出しました。

nenpi_04

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/exterior_interior.html

出展:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/305753.html


スポンサーリンク

新型リーフ1km走るのにいくらかかる?

今度はリーフの1km走るのに必要な金額をガソリン車と比較してみます。

<1リッター20km走るガソリン車>

ガソリン代を127円/Lとして

127÷20km=6.35円、1kmを走るのに6.35円かかることになります。


<1kw、10km走る電気自動車>

電気代を1kw当たり20円として

20円÷10km=2円、1kmを走るのに2円かかることになります。


これを100km走るのにいくらかかるかで見ると

◆ガソリン(燃費20km/Lの場合)……635円

◆電気自動車(電費10/kwの場合)……200円

こちらについては電気代によってまちまちとはなってしまいます。

ましてや月額2,000円「使いホーダイプラン」で急速充電器だけを使った場合ですと、正確な比較は難しいですね。

ともかく「リーフの維持費がかなり安い」ことには間違いありません。

nenpi_05

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/exterior_interior.html

出展:https://ev1.nissan.co.jp/LEAF/RORA/QUESTIONS/DETAIL/399


スポンサーリンク

新型リーフ燃費の口コミ

自宅で充電する事はほとんど無く、専ら日産やコンビニで。
燃料費がほぼ皆無ですよ。
現在、購入半年で24千キロ超え。
前のエスティマならば2400立のガソリンで30万円程掛かっていた計算。

真冬は充電量や電費が落ちるのでその点だけ注意すればと思います。

この1年雪国での暮らしですが問題ないですね。
EVの悪口を言うのはほとんどがオーナーでない方ばかり。

オーナーはほとんどが楽しんでいますけどね。

nenpi_06

引用:https://clicccar.com/2017/09/06/507682/

出展:https://e-nenpi.com/enenpi/carname/1624

高速道路での電費は8.2km/kWhであった。

何度か、30kWhのバッテリーを搭載するリーフの実質的な航続距離は160km程度と書いているが、高速道路で8km/kWh程度走ることを考えると、うまく乗れば高速道路の巡航であれば満充電から180km程度走ることも可能だろう。

また、高速道路を160kmから180km走ることができるなら、この距離を走るのはおおよそ2時間掛かるので「2時間に1回の休憩を兼ねて30分間急速充電」という使い方をすれば、少ない疲労で不便なく使うことができるだろう。

nenpi_08

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf.html

エコモードをオンにしても問題や不満はないので、普段乗る際には基本的にエコモードはオンにするべきだろう。

回生ブレーキの効き具合も、最新のノート e-Powerに比べたら違和感は少ない。

なお、残り航続距離の表示を見る限りでは、エコモードをオンにすると電費は5%程度向上するようだ。

nenpi_07

引用:http://www.sankei.com/photo/story/news/170906/sty1709060007-n1.html

出展:http://autoc-one.jp/nenpi/3472682/

リーフのライバルともいえるのが、ハイブリッドカーの代名詞、トヨタ プリウス。
新型プリウスのカタログ燃費は40km/Lですが、実際の燃費は28km/Lとした場合、プリウスの1ヶ月にかかるガソリン代(120円/Lと想定)は以下のようになります。

プリウスのガソリン代 走行距離1000km/月÷燃費28km/L×120円/L=4,285円
リーフの電気代 走行距離1000km/月÷電費6km/kWh×20.78円/kwh=3,463円
1ヶ月にかかる燃料費の差は822円、年間9,864円分リーフの方がお得といえます。

nenpi_09

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/exterior_interior.html

出展:https://221616.com/car-topics/20170909-92229/

新型リーフ(2017年モデルチェンジ) 燃費まとめ!

リーフのユーザーによると大体の実電費は7km/1kwhだといいます。

新型リーフは40kwhですので、実質の走行可能距離は1回の充電で280kmということです。

280kmといえば東京から浜松、浜松から大阪といった距離ですので、日常使いでほとんど不自由がないレベルなのではないかと思います。

これがさらに2018年追加されるモデル、60kwhになれば420kmの航続が可能となりますので、ほぼガソリン車と同じ使い方ができるでしょう。

nenpi_10

引用:https://ev.gogo.gs/news/detail/1505207055/

ただし、バッテリーの劣化の問題もあります。

バッテリーの劣化は新車時からすぐに始まり、およそ75%あたりまで落ちた後は安定するといいます。

そのため40kwhでは航続距離が210km、60kwhでは294kmです。

これがライフスタイル上、問題なければリーフはじゅうぶん買いですね。

新型リーフの値引きの方法については、

「新型リーフ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にリーフを購入して下さい。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク