新型ホンダ フィット (2017年)燃費まとめ!

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型ホンダ フィットの燃費情報が公開されています。

こちらでは2017年の新型ホンダ フィットの燃費に関するデータをグレード別にご紹介します。

ガソリン価格が毎日上下している中、燃費のよいコンパクトカーを求める人たちは増え続けています。

フィットなら、多少の旅行カバンも思い出も一緒に詰めますから、ぜひコストパフォーマンスのよいモデルを探したいものです。

走りと燃費の両方を天秤にかけてもよし、ドライビングに没頭してもよし…

ぜひフィットライフの参考にしてみてください。

spec_10

引用:http://www.motortrend.com/cars/honda/fit/2017/#2017-honda-fit-cargo-space-02


スポンサーリンク

2017年 新型ホンダ フィットの燃費(グレード別)


スポンサーリンク

1,グレード名:13G・F

燃料

レギュラー

車両重量

1030 kg

排気量

1,317 cc

燃料タンク

40 L

燃費

FF 24.6 km/L

nenpi_01

引用:http://www.motortrend.com/cars/honda/fit/2017/#2017-honda-fit-wheel-and-fog-lamp

nenpi_02

引用:http://www.motortrend.com/cars/honda/fit/2017/#2017-honda-fit-tail-lamp-and-badge


スポンサーリンク

2,グレード名:13G Fパッケージ(5MT)

燃料

レギュラー

車両重量

1,010 kg

排気量

1,317 cc

燃料タンク

40 L

燃費

21.8 km/L

2015-All-Star-Honda-Fit-cockpit

引用:http://www.automobilemag.com/news/honda-fit-2015-automobile-all-star/#2015-all-star-honda-fit-cockpit


スポンサーリンク

3,グレード名:13G 4WD

燃料

レギュラー

車両重量

1,120 kg

排気量

1,317 cc

燃料タンク

40 L

燃費

20.2 km/L

4,グレード名:15XLパッケージ

燃料

レギュラー

車両重量

1,070 kg

排気量

1,496 cc

燃料タンク

40 L

燃費

22.2 km/L

2015-Honda-Fit-instrument-cluster

引用:http://www.automobilemag.com/news/honda-fit-2015-automobile-all-star/#2015-honda-fit-instrument-cluster

5,グレード名:15XLパッケージ 4WD

燃料

レギュラー

車両重量

1,150 kg

排気量

1,496 cc

燃料タンク

40 L

燃費

19.4 km/L

6,グレード名:RS Honda SENSING

燃料

レギュラー

車両重量

1,090 kg

排気量

1,496 cc

燃料タンク

40 L
燃費

21.0 km/L

2-Jazz-space-large_trans++rWYeUU_H0zBKyvljOo6zlkYMapKPjdhyLnv9ax6_too

引用:http://www.telegraph.co.uk/cars/honda/honda-jazz-review/

7,グレード名:RS Honda SENSING 6速MT

燃料

レギュラー

車両重量

1,070 kg

排気量

1,496 cc

燃料タンク

40 L

燃費

19.2 km/L

8,グレード名:HYBRID

燃料

レギュラー

車両重量

1,080 kg

排気量

1,496 cc

燃料タンク

32 L

燃費

37.2km/L

7-Jazz-fuel-economy-large_trans++piVx42joSuAkZ0bE9ijUnGH28ZiNHzwg9svuZLxrn1U

引用:http://www.telegraph.co.uk/cars/honda/honda-jazz-review/

9,グレード名:HYBRID 4WD

燃料

レギュラー

車両重量

1,180 kg

排気量

1,496 cc

燃料タンク

40 L

燃費

29.4 km/L

nenpi_03

引用:http://www.motortrend.com/cars/honda/fit/2017/#2017-honda-fit-side-profile-detail

nenpi_04

引用:http://www.motortrend.com/cars/honda/fit/2017/#2017-honda-fit-rear-three-quarter-02

2017年フィットの燃費。室内空間の広さや安全性を加味すれば、敵なし!

燃費は37.2km/Lなら、一般走行で26km/L、あるいは24km/L前後…ドライビング環境でその数字はかなり差がでてくるものです。

また、エンジンとトランスミッション、モーターなどをしっかり備えたホンダのハイブリッドの場合、どうやってコックピットに「めりこまない」でパーツ配備できたのかが不思議になるほど。

それでいて、お得意の燃料タンクを助手席下に配置するなど、最小スペースで最大の空間を作る技術は、他社を圧倒しています。

確かに、ハイブリッド性能で言えば、トヨタとホンダではカタログスペックで熾烈な争い中。

ですが、安全性能と燃費、室内空間と走り全てを備えている上で、燃費を考えればフィットに軍配があがるのは間違いありません。

nenpi_05

引用:http://www.car.blog.br/2016/09/honda-fit-2017-fotos-precos-consumo-e.html

単純に数字だけを捉えない燃費。あれも詰めるこれも載せられる…それが強みだ

フィットの燃費に於いて、ドイツのADAC(全ドイツ自動車クラブ…日本のJAFに当たる組織)では、ポロと同格の採点を行っていますが、あくまでも比較するのは難しい…という記事を機関誌に載せています。

フィットは確かにVWのポロの剛性と走りを目標としているのでは?という評論家が少なくありませんが、実際にはそれより上のゴルフに近いというのが正論でしょう。

コーナーリングのクイック感、しっかりしたストップ性能、加速の良さと伸びは、全長4mを切ったコンパクトとは言えない見事なもの。

一方同じ欧州でもイギリスでは、フィットの評価は満点。

その理由はコンパクトクラスにおいて一番室内が広く、たくさんの荷物が詰める、ということ。

シートの格納方法も巧み、そしてガソリンタンクを助手席の下に置くなど、走りと機能性で圧倒的な評価です。

これこそ、コストパフォーマンスが高い、というのも無理はないのです。

そして、走りについては、ぜひヒルクライムを大人4人乗車で燃費を計測することをお勧め。

アクセルワークで、その強さは圧倒的だということが想像できるはずです。

ぜひあなたもお好みの1台で、より遠くへドライビングをしてみてはいかがでしょうか?

nenpi_06

引用:http://kurumaruru.net/fits/

新型ホンダ フィット 燃費まとめ

新型フィット、評判は上々ですね。

燃費を37.2km/Lまで向上しているのに、キビキビした加速感がトヨタアクアと違うといった意見が多いようです。

またDCTのシフトフィールについては賛否両論ですが、概ねCVTよりはいい、マナーチェンジ前よりかなり良くなってスムースだとありました。

DCTの好みからハイブリッドにするか、ガソリン車にするかの選択肢が分かれることもありそうです。

nenpi_07

引用:https://carbikenews.xyz/post-1240/

FFより4WDの方が燃費が悪くなるのはわかりますが、マニュアル車がオートマチック車より燃費が悪くなるといったあたり、DCTが優れたセッティングとなっているということですね。

細やかな改良を加えているだけあって、新型フィットはさらにいいクルマになったことは間違いなさそうです。

nenpi_09

引用:https://carbikenews.xyz/post-1240/

最後に燃費についての口コミがありますので見てみましょう。

東京IC→清水IC(147km)を100km/h走行、ACCとLKAS使用、エコモード、クーラー使用、2人乗車で23.2km/lです。ガソリンにしては優秀です。

車格に対する室内空間の広さはこの車の一番のポイントです。

後席で足を組んでも余裕なほどです。

(燃費は)優秀です。私の乗り方、使用環境ではメーター表示で20km/L以上が度々ありました。
(アイドリングストップON、エアコンOFF)

nenpi_08

引用:https://carbikenews.xyz/post-1240/

出展:http://review.kakaku.com/review/70100210088/

渋滞の市街地で普通に流しましたが、アンダーパスの急勾配でもバッテリーだけでグイグイ登り、前車のフィットシャトルとは違うなと。
車体も軽いので加速もフリードより軽やか。

3キロの試乗の為、ノーコメントで!
ただメーターは18.4キロと出てました。ホントなら真夏の試乗オンリーには良いですね。

ハイブリッドコンパクトカーとしても、ガソリンコンパクトカーとしても、やっぱりフィットの燃費は優秀です。

新型フィットの値引きの方法については、

「新型フィット 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にフィットを購入して下さい。

nenpi_10

引用:https://carbikenews.xyz/post-1240/

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000157244/


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう