新型ホンダ フィット (2017年)エコカー減税他自動車税まとめ!

フィット

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型ホンダ フィットのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは2017年の新型ホンダ フィットのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

翌年にかかる自動車税についても紹介しています。

各自動車税の内容については、ページ下部をご確認ください。

エコカーといえば、ハイブリッドシステムが世の中を席巻しています。

ですが、新車購入の際のメリットは、法律改正でだんだんと狭められてきています。

安全性能の向上と燃費向上で、車両価格は年々上がっていますが、これに見合うだけのエコカーかどうか、よく確かめていきましょう。

c4

引用:http://www.honda.co.uk/cars/new/jazz-2017/design.html


スポンサーリンク

新型ホンダ フィット エコカー減税他、自動車税、重量税の一例


スポンサーリンク

1.ハイブリッド《FF》《4WD》1.5Li-VTEC+i-DCD

※ハイブリッド車はエコカー減税100%です

自動車取得税

¥0-

自動車重量税

¥0-

自動車税

¥20,100-(8月登録の場合)

ecocar_01

引用:https://www.honda.ca/fit


スポンサーリンク

2.15XL《4WD》1.5L DOHC i-VTEC(CVT)

自動車取得税

¥51,700-

自動車重量税

¥36,900-

自動車税

¥20,100-(8月登録の場合)

ecocar_02

引用:https://www.honda.ca/fit


スポンサーリンク

3.13G/Fパッケージ《FF》1.3L DOHC i-VTEC(CVT)

自動車取得税

¥33,200-

自動車重量税

¥16,800-

自動車税

¥20,100-(8月登録の場合)

4.13G/Fパッケージ《FF》1.3L DOHC i-VTEC(5MT)

自動車取得税

¥43,200-

自動車重量税

¥22,500-

自動車税

¥20,100-(8月登録の場合)

マニュアルトランスミッションの場合、取得税がCVTよりも加算されていますので、注意が必要です。

ecocar_03

引用:https://www.honda.ca/fit

5.13G/Lパッケージ《4WD》1.3L DOHC i-VTEC(CVT)

自動車取得税

¥44,400-

自動車重量税

¥22,500-

自動車税

¥20,100-(8月登録の場合)

ecocar_04

引用:https://www.honda.ca/fit

6.13G/Sパッケージ《4WD》1.3L DOHC i-VTEC(CVT+7Speed Paddle Shift)

自動車取得税

¥34,300-

自動車重量税

¥16,800-

自動車税

¥20,100-(8月登録の場合)

ecocar_05

引用:https://www.honda.ca/fit

7.RS 《FF》1.5L DOHC i-VTEC(6MT)

自動車取得税

¥54,800-

自動車重量税

¥36,900-

自動車税

¥20,100-(8月登録の場合)

RS は特別バージョンと割り切って、諸税を払い込む必要があります。

 table_tax

引用:http://www.carlease-online.jp/eco/images/table_tax.gif

2017年4月から基準が厳格化されたエコカー減税ですが、さすがフィットはまだまだエコカー減税対象車です。

そんなフィットを更にお得に買う値引きの方法については、

「新型フィット 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にフィットを購入して下さい。

自動車購入の際に気をつけたい「税金」

新車自動車購入の際に「法定費用」「諸費用」などがかかりますが、どうしても支払わなければならないのが《自動車取得税》《自動車重量税》《自動車税》《登録諸費用》です。

特に大きいのが《自動車取得税》と《自動車重量税》。

取得税は購入時一回きりで済みますが、重量税は3年後の「初回車検時」とその後2年おきの「車検時」に支払わなければなりません。

また、消費税は現在8%ですが、今後の10%導入は流動的、という見方が一般的です。

ecocar_06

引用:https://www.honda.ca/fit/photos

新車購入時の自賠責費用は36,780円。これは37ヶ月分

フィットの場合、新車購入時は36,780円の自賠責保険料を払い込む義務があります。

これは強制保険であって、乗用車登録ナンバーの必須条件です。

ただ、3年分(初回車検は3年後)であり、次回からは23,900円(24ヶ月分)になります。

ecocar_07

引用:https://www.honda.ca/fit/photos/Interior

登録ナンバーは、陸運局によって料金が若干異なる

ナンバーは「ペイント式」と「自光式(光るナンバー)」の2種類があります。

現在はペイント式が圧倒的に人気ですが、2枚一組の代金は、国交省のHPでは「2,000円前後」としか表記されていません。

ナンバーは「希望ナンバー」の場合、4,000円程度の代金がかかり、特に希望しない場合は1,200円から1,300円程度。

自光式の場合は、それぞれ1,000円程度上乗せになります。

ecocar_08

引用:https://www.honda.ca/fit/photos/Interior

自動車取得税は、車両価格に対してかかる、というものでもない

自動車取得税は、本来「自動車取得に対しての」税金。

50万円以上の車両には必ずかかってくるものです。

ところが、実際にはグレードや仕様などで、細かな基準が設定されています。

もし、予定通り「2019年10月の消費税10%への増税」が施行された場合にはには完全に廃止されます。

理由としては、大まかに車両価格の5%が自動車取得税、ここに消費税が増税されると税負担が大きくなるため、取得税を廃止しようという話になっているのです。

ちなみに、自動車取得税は地方自治体の財源に充てられます。

ecocar_09

引用:http://usnews.rankingsandreviews.com/cars-trucks/Honda_Fit/2017/photos-exterior/

維持費用を考えると、ハイブリッドが低コストかどうかはわからない

新車購入時にかかる税金や手数料などは、どうしても車両代金とは「別枠」で用意しておくもの。

かといって、季節によっては冬用のスタッドレスタイヤと専用ホイールなども、一緒に購入しなければならない地域もあるでしょう。

特にタイヤは年々価格が上昇しているのも事実です。

タイヤサイズでは、1.3ℓでは 175/70R14 ですが、夏期間の場合は4本で12,000円程度。

最近はグッドイヤーで4シーズン用のタイヤも発売されています。

1本12,000円程度と割高ですが、ホイールを買う必要もなく、保管場所もいらないため欧州では人気になっています。

ecocar_10

引用:https://www.honda.ca/fit/photos/Interior

ホンダフィットは、税金の面でもコストパフォーマンスが高く、タイヤサイズも小さいことから、ランニングコストも小さくて済むコンパクトカーのひとつ。

ですが、一番のオススメは「走り」も「コスト」も両立が取れており、税負担が軽い車であること。

ぜひ、あなただけのフィットを探してみましょう。

フィット エコカー減税他自動車税まとめ

フィットはガソリン車の場合、エコカー減税なしのグレードが次の通りです。

■13G・F 5MT

■13G・F 4WD

■13G・L Honda SENSING 4WD

■13G・S Honda SENSING 4WD

そして取得税20%、重量税25%減税となるのがFFのオートマチック車となっています。

■13G・F CVT

■13G・L Honda SENSING CVT

■13G・S Honda SENSING CVT

FF CVTを選択した場合のエコカー減税は約13,000円となり、少しですがお得です。

ハイブリッドの場合は優遇額合計はおよそ103,000円。

翌年の自動車税は25,500円減税され9,000円になります。

エコカー減税、そしてガソリン代をくらべて行くと、ハイブリッド車がずいぶんと身近になってきたように感じますね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク