新型マツダ CX-3 口コミ評価 評判まとめ

CX-3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型CX-3にはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型CX-3の口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

スクリーンショット(2018-06-22 14.20.21)

引用/http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/?_ga=2.237503815.63024941.1529636773-573078375.1529636773


スポンサーリンク

良くなった!という口コミ

口コミは《価格com.》や《マツダ公式サイト》などから引用しています。

スクリーンショット(2018-06-22 14.22.05)

引用:http://livedoor.4.blogimg.jp/jin115/imgs/c/5/c5c5b8a0.jpg

MC前よりも、ドアと天井の厚み増で重厚感アップ

展示車は20SのプロアクティブのS packageでした。

内装はネットで見た通りでしたので特にアレでしたが、サイトで言っていたドアと天井の厚みを増したとのことで確認したところ、cx-5までとは言えませんが、自分の車と比べたらそれなりの重厚感はありました。

カラーがマシーングレーだったのもあるかな。
あとドアのガラス部に内側に風切り音防止策と思われるゴムモール?のようなものが施されていましたね。

ドアを閉める音がいい。ただ、CX-5の方が価格的に有利か……

スクリーンショット(2018-06-22 14.32.57)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/safety/?link_id=sbnv

特にリヤドアはとても分かりやすく閉める時の音が違いましたね! 「パン!」から「バン!」になりました。

あと店長さん曰く、今cx-3 乗り換えユーザーを対象に金利1.99%の特別キャンペーンを実施しているので(車種変でも可)今なら下取りも頑張れるので是非検討してもらいたい!と熱弁内容盛りだくさんのcx-3 で魅力的ではあるが・・・

とりあえず今度試乗車が来た時にまた見積もりを検討しているが、やはり金額的にcx-5の20Sが脳裏をチラついているので、なんともねぇ~


スポンサーリンク

走りに関する口コミ

ガソリンエンジンの音は大きい。走り出すと加速がいい

スクリーンショット(2018-06-22 14.34.31)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/driving/economy/

先日改良型ガソリンモデルを試乗してきました。
エンジンを始動して思ったのは、冷感始動直後のエンジン音が相変わらず大きいのに加えて、振動を感じました。ディーゼルかと勘違いしたレベルです。

CX-5ディーゼルのほうが、冷感始動時は音も振動も少ないと感じました。暖気が終わると、うるさくはないですがエンジン音は耳につくなと思いました。

走り出すととても軽快に加速していく印象で、アクセルレスポンスもよく、踏み込めば素早くキックダウンして加速が始まる感じで好印象でした。(現行 アクセラ前期 2.0ガソリン 所有)

トーションビームのリアサス、問題なし

180517_cx3_controll_img_02.ts.1805170101060000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/driving/controllability/

XD S Package 4WDを試乗。標準で18インチタイヤ、扁平率が低いタイヤですが、ロードノイズはかなり抑えられている印象ですね。

エンジンノイズが勿体無いですが、それ以外の静粛性はかなり高いレベルにあると思います。

乗り心地に関しても、どっしりとした印象で、段差のいなし方なんかもいい感じ。

いろいろ言われている”トーションビーム式のリアサス”ですが、そこの悪さというのは目立ってませんでしたね。

素直な加速、思った通りの曲がり方がいい

180517_cx3_controll_img_03.ts.1805170100520000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/driving/controllability/

安全性は:安全に配慮された装備が充実しているのが良いですね。特に、BSMは死角なる箇所にいる車輪を教えてくれるので助かっています。

外観のデザイン・ボディカラー:この車が出たときに見て、思わず見とれてしまったデザイン。
深みを感じる赤色もとても気に入っています。

走行性能:素直に加速して、思ったとおりに曲がってくれます。市街地、高速道路、カーブの続く道と走らせましたが不自然な挙動は感じませんでした。


スポンサーリンク

新型CX-3、改良点はここだ!

2015年2月にデビューした、CX-3。足掛け3年3ヶ月で合計4回もの”年次改良”となりましたが、今回の2018年5月MCは今までにない大改良となっています。

ここでは、その変更点を洗い出ししてみました。

①乗り心地が変わった

スクリーンショット(2018-06-22 14.28.15)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/accessories/?link_id=sbnv

トーヨータイヤにCX-3専用タイヤを開発依頼。ダンパーの径を替えてことでしっかりした乗り心地になっています。新タイヤで操縦安定性も増しています。

②ディーゼルエンジンは排気量が 1.5L から 1.8L にアップ

スクリーンショット(2018-06-22 14.25.43)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/?_ga=2.237503815.63024941.1529636773-573078375.1529636773

ダウンサイジングではなく、敢えてアップサイズさせたCX-3。その理由は、世界的な環境問題に対処するため。

排ガス規制値が今後上がってくるため、排気量の小さなエンジンはNOxの排出量で不利……ということから、サイズアップさせています。2020年に、欧州のEURO5、さらに一段と厳しいEURO6も控えています。

ただ、車重そのものは抑えているため、税対策には抜かりはありません。

排ガス規制で消滅!2ストロークエンジン

例えば、2ストロークエンジンをご存知でしょうか?現在のエンジンは4ストローク(吸気・圧縮・燃焼・排気)ですが、これを2行程で行うのが2ストロークエンジンです。

50ccバイクは、2ストのバルブタイミングと空気&燃料の比率の2点で市場からの撤退を余儀なくされています。50ccという極小エンジンは排ガス規制で生き残れなかったわけです……

さて、トルク重視のディーゼルエンジンも排ガス規制に抵触する可能性は低くありません。

スクリーンショット(2018-06-22 14.03.01)

引用:https://www.goobike.com/learn/bike_issue/toku214/img/02_l.jpg

エンジンははじめの燃焼でもっとも排ガスを出す、と言われています。大きなエンジンなら、わずかな燃焼でも力が出て、排ガス値は低い。ここをマツダは狙っている訳です。

※2ストロークエンジンには”Uniflow scavenging Diesel engine”という方式がある。現在UDトラックスとなった、日産ディーゼルのトラックにはUDの文字があるが、2ストロークエンジンに基づいている。

③新型エンジンの重量を軽減

スクリーンショット(2018-06-22 14.36.31)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

エンジンが大型化すれば、その分重量が増加するもの。ですが、マツダはシリンダー内の部品を徹底して軽量化しています。

とくに摩擦が生じる部分のスリム化で、結果として車両重量全体の増加を微量にとどめ、ドライビングでの”もたつき感”を感じさせないものにしています。

④電動パーキングの採用で、アームレストを装備!

スクリーンショット(2018-06-22 14.23.45)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/?_ga=2.237503815.63024941.1529636773-573078375.1529636773

今回のインテリアでは、サイドブレーキをシフト式から電動式に変更。センターコンソールにスイッチを設け、シフトノブを”撤去”しました。その影響で、運転席左の肘掛け部分が装備可能に。

結果的にアームレストと付随のカップホルダーのセットが完成。後席にもアームレストが付けられました。

CX-3

新型CX-3の口コミと、改良点をご紹介しました。意外にも大きなMCとなった、今回の年次改良。走りはMCと別物のようですね!!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク