新型エブリイワゴン 納車ブログまとめ!

img10

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型エブリイワゴンの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型エブリイワゴンの納車に関するブログのデータをまとめています。

では、早速実際に新型エブリィワゴンを納車された方のブログを見ていきましょう。


スポンサーリンク

納車ブログAさん 2015年3月納車

“今日3月29日(日)は大安、ということで新型エブリイワゴンが納車になりました。

と言っても自分で自分のクルマを納車するんですけど。

今日限りで去ってゆく旧型エブリイワゴンとの引き継ぎ式。

グレードは両方とも PZターボスペシャル の標準ルーフ。

70004009173015100300200

引用:http://picture1.goo-net.com/7000400917/30151003/J/70004009173015100300200.jpg

リヤビューはテールランプの位置が変わりました。

新型はバンパー内に横置きのLEDタイプ。

でも、これでは他社の軽ワンボックスと同じで判別がつきにくい…。

ここは旧型と同じ、サイド縦置きを踏襲してほしかったところです。

基本的にキープコンセプト。

ボンネットが短くなり、ホイールベースが延びています。

窓の大きさがやや小さくなった感じです。

ドアハンドルは、明らかにデザイン性が落ちましたね。

20160914_c84ec6

引用:http://www.lanbo.co.jp/data/lanbo/product/20160914_c84ec6.jpg

せめて電動スライドドア車は、従来どおりグリップタイプにしてほしいものです。

運転席側は古めかしい感じのキーシリンダーまで付いてきます。

p1

引用:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/note/000/003/502/832/3502832/p1.jpg?ct=d69183ea154a

ボンネットは短くなりました。

剛性アップしたので、これでも従来以上の衝突安全性を確保しているそうな。

でも視覚的にはやや不安な印象を拭い去れず…。

フロントバンパーの開口部がとても広くなりました。

p1-2

引用:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/003/669/349/3669349/p1.jpg?ct=4fa1e8b2a54c

これでは大型の虫や飛来物との衝突で、ラジエータのコアが潰れてしまう恐れがあります。

新型では、衝突被害軽減ブレーキ・誤発進抑制機能・車両走行安定補助システム・エマージェンシーストップシグナル、キーフリーシステムが標準装備になりました。

なのに、サイドエアバッグや膝部エアバッグは設定がないのはどうなんでしょう…。

新型エブリイワゴン、実はまだ電装品の架装が間に合わなくて、ナビも字光式ナンバーキットもETCも付いていません。

とりあえず日柄が良いので先に納車となりました。

さて、今日でお別れの旧型エブリイワゴン。1年4ヶ月で41662kmを走りました。

p1-3

引用:http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/003/936/921/3936921/p1.jpg?ct=6b2afc04c780

岩手久慈にも2回遠征したし、キャンプやスキーにも行ったし、通勤や外回りでも使っていたとは言え、かなりのハイペースで距離を伸ばしました。

綺麗に洗車と掃除をして、次のユーザーへと渡ります。お疲れさま!そしてありがとう!!”


スポンサーリンク

納車ブログ2  Bさん 2015年04月納車

normal-3

引用:https://goin.cdn-dena.com/images/25038/エブリイワゴン-PZターボスペシャル%28標準ルーフ%29_%281%29.jpg/normal?1458366740

“待ちに待った新型エブリイワゴン納車しました。

PZターボ ハイルーフ 4WD パールホワイトです。

2月7日に注文して今です。

わしより遅く注文したパープルは1週間も前にDに車が来ていました。

色によって納期が違うみたいです。

納車日を最初は4日(土)の大安にしていたのですが天気が悪い予報なので今日にしました。

今日は天気も良くて納車日和でした。

11時スズキから車が入ったと電話が来たので午後一で行きました。

出かける前にエブリイバンを最後の洗車をしてあげました。

「今までありがとう 次のオーナーにもかわいがって貰えよ」と語りかけながら。

ご対面、6kでした

乗って帰ってきて桜の木の下で

カオスバッテリーを昨年の10月の終わりに入れたばかりなのでDラーで純正と交換しました。

ところが今度のバッテリーはLではなくてRで、しかも小さくて、ボックスの高さが浅くなっていて入るか微妙でした。

バッテリー固定ステーもカオスの高さが高いのでステーが片側持ち上がってしまって、無理やり曲げてぎりぎり何とか固定できました。

ケーブルも届くかなと思いましたが何とか届きました。

高さがラッゲージ床と同じくらいになってしまい蓋が閉まるかなと。

蓋の真ん中が平らでなくて持ち上がっていたのでなんとか蓋が出来ました。

良かった!!”

normal-5

引用:https://goin.cdn-dena.com/images/25022/エブリイ-オーバーヘッドシェルフ%28JOINターボ、JOIN、PC%29.jpg/normal?1458363228


スポンサーリンク

納車ブログ3   Cさん 2015年6月納車

maxresdefault-2

引用:https://i.ytimg.com/vi/YOl9z2HScSM/maxresdefault.jpg

“6月6日(土)に納車され、1週間後の13日(土)までに500km走った。

慣らし運転中で、500kmまでは回転数を巡航時に2500rpmを越えないようにしていた。

これから1,000kmまでは3,000回転を越えないように走るつもりだ。

この回転数だと、上り坂では45~50km/hまで速度が落ちてしまうので、迷惑を被る後続車の少ないイナカで良かった・・・

土曜の時点で燃費計は12,4km/Lを示していた。

日曜だけでさらに150kmほど走ったが、12,5までしか伸びていない。

3,000kmほど走ればアタリが付いてもうちょっと伸びるかもしれない・・・

さかのぼること2ヶ月前に先行予約していたベレッツアのシートカバーが先週木曜に届いた。

gallery1

引用:http://www.bellezza-cs.com/seatcover/images/wildstitch/gallery1.jpg

とりあえず中身を点検。

不足分や型番間違いがないか確認。

で、ヘッドレストだけでも・・・と、深夜に車から外してきて取り付けてみた。

翌、金曜の朝、明るいところで取り付け状態を確認。

フィッテングは悪くない。

土曜日にあまり時間がなかったので、助手席だけ装着。

ネットでは、かなりキツキツで指先が痛くなる・・・と不安な情報もあったが、実際作業してみるとそれほどでもなかった。

特に横方向は装着後にグイグイやれば修正が利く。ただし縦方向はかなりタイトだ・・・。

それなりに力がいる。

子供達のために、リアモニターを設置したが・・・ちょっとデカ過ぎたか・・・・

助手席後ろにはバックポケットがちゃんと付いていた。

純正の運転席後ろにはシートバックポケットは付いていない。

リアモニターからでろりんと延びていた電源等のケーブルは、シートカバーに開口部を作ってカバー内側を通した。これでかなりスッキリした。”

normal-6

引用:https://goin.cdn-dena.com/images/25042/エブリイワゴン-PZターボスペシャル%28標準ルーフ%29-ロケ-02.jpg/normal?1458368746

まとめ

いかがでしたか?

みなさんの納車ブログを見て感じたのが、どの方もエブリィワゴンをすごく愛しているということ。

エブリィワゴンを何代にも渡って乗り続けているという方もいました。

そんなリピーターを作ってしまうような魅力がエブリィワゴンにはあるようです。

ぜひ、一度試乗してみてはいかがでしょうか。

試乗の後は値引き交渉スタートです。

しっかり交渉すれば、思いのほかお得に購入できます。

新型エブリイワゴンの値引きの方法については、

「新型エブリイワゴン 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にエブリイワゴンを購入して下さい。

capacity1

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/home/img/capacity1.jpg


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう