新型ハリアー (2017年) 色・カラー紹介!人気カラーは?

aaaaaaaaaaaaaa

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



トヨタの新型ハリアー(2017年)の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型ハリアー (2017年)の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

2013年11月に発表された3rdハリアー。

それから4年を待たずにMC(2017年6月)となったのは、C-HRの好評ぶりが大きいのも理由の一つです。

トヨタのSUVと言えば≪ランドクルーザー200系≫≪ランドクルーザー・プラド≫そして≪ハリアー≫≪C-HR≫の4台。

オフロード>オンロードのランクル兄弟に比べ、ハリアーとC-HRは完全にオンロード派のSUV。

外観のかっこよさも評判ですが、やはり豪華なインテリアに惹きつけられる方が多いのもハリアーの特徴。

ここでは、新型ハリアーのカラーリングについてレポートします。


スポンサーリンク

新型は何が変わったのか?

フロントマスクを見る

yg4fvrf

引用:http://automove.jp/wp-content/uploads/2015/09/600xNxcarlineup_harrier_top_05_pc.png.pagespeed.ic.FofiGojlcr.png

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior

上の画像、左がMC前のハリアー。

右は今回のMC仕様ですが、お分かりでしょうか?

フロントマスクで大きく変わったのはラジエターグリル。

旧型が六角形でボーダー(横線)処理がされています。

一方で、新型はハニカム(ハチの巣型の六角形)処理で、面積は台形になった分だけ広く取られています。

リヤフェイスを見る

uukrs5

引用:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/syurikenshop/20150412/20150412102147.jpg

引用:http://www.harrier.car-lineup.com/g_nebiki/image/52.jpg

リヤランプ形状が微妙に変わった!”下がり目”から”上がり目”への変身。

今や闇夜に映るランプのデザインは各社とも意匠デザインとして特許申請するほど。このリヤランプは印象強く映りますね!

掟破り!NSXとハリアーのリヤを比較

byup-90[o]@l

引用:http://blog-imgs-75.fc2.com/c/a/r/carinfoj/NSX_012348s.jpg

引用:http://www.harrier.car-lineup.com/g_nebiki/image/52.jpg

ハリアーファンに怒られそうなこの2台の比較。

人気者2台ということでご容赦を!NSXとハリアーのリヤランプは”パッと見”似ていながら実は”コ”の形が違います。

バックドアを意識しているSUV・ハリアーとスポーツカー・NSXですが、”スポーティに見せるデザイン”はなんとなく似てくるのでしょうか…

好比較!ポルシェ・カイエンとハリアーのフロントマスク

cdc2dw

引用:https://trafficnews.jp/assets/2017/02/170202_cayennes_01-600×400.jpg

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior

ポルシェ・カイエンこそ、ハリアーの成功がきっかけで開発された車種。さすがにフロントデザインは911の面影をそのまま”引きずって”います。

ただ、ラジエター部分を左右ワイドに引っ張るのはVWデザイナーの”ワルテル・デ・シルヴァ”の作。ポルシェには関与していない…とは言いながら、VWグループの一員としてやらざるを得なかったのかも。

制約の多いポルシェデザインとは裏腹に、ハリアーはトヨタでは最も成功しているデザインと言えます。

人気度が高く、MCでも基本線は変えない。4年で消滅するSUVもある中、10年はこのデザインで大丈夫…というところでしょう。

ハリアーが”ハリアう”クルマは、ここにもある!

sd2dsaC

引用:https://i0.wp.com/www.euro-car.info/wp-content/uploads/2015/11/lamborghini0.jpg

なんだ、このクルマは?とお思いの方、なんとランボルギーニが開発中のSUV”ウルス”です。ポルシェ・カイエンの次期型は、このウルスと同じプラットフォーム上に開発されます。ということは、アウディQ7、トゥアレグも血のつながった兄弟…トヨタもぜひ負けてはいられないところ!ハリアーもぜひ全世界で販売して、レクサスと同時に売れて欲しいですね!


スポンサーリンク

カラー紹介

→ 新型トヨタ ハリアーとライバル車の燃費を徹底比較

ここでは新型ハリアーのボディカラーをご紹介します。

ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉32,400円(税込)

しろ

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

シルバーメタリック〈1F7〉

灰色

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

ブラック〈202〉

kuro

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン〈220〉32,400円(税込)

ao

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

人気色はやはりブラック、シルバーメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン。スパークリングブラックパールクリスタルシャインがどの程度売れるのかが興味のあるところです。

ダークレッドマイカメタリック〈393〉

aqaq11

引用:https://www.chibatoyopet.co.jp/images/newcar/harrier/harrier5_darkredmicametallic.jpg

下は、レクサスRX。

レッドマイカクリスタルシャイン〈3R1〉ハリアーの以前の”赤系”は深いボルドー系でしたが、今回はRXの明るい発色により近いものに若干変わりました。

ところで、このRXですがアメリカではよく売れているSUVです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引用:http://gazoo.com/car/newcar/photo_impression/PublishingImages/lexus_rx_201510/2_2_l.jpg

ダークブルーマイカメタリック〈8W7〉

aoaaoa

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

2017年6月発売開始の新型ハリアー。6月現在の納車待ちは1カ月から2カ月といったところです。

今回は”ガソリンエンジン”・”ガソリンエンジン+モーター(ハイブリッド)”・”ガソリンエンジン+ターボ”の3グレードが用意されました。

特に、ターボ搭載モデルはかなり人気のようです。


スポンサーリンク

ハリアーの人気色はブラック

ところで、MC前のハリアーでの人気を調べてみると、1位ブラック系、2位パール系、3ホワイト系…という結果が出ました。

これは”カーセンサー”などで出まわっている中古車市場での台数比較です。

平均して2,200台程度が中古販売されていますが、ブラック系で約1,100台と半数。

パール系が700、ホワイト系が500程度の数字で、査定で高いのもこの3種が多いようです。

新型もやはりこの3つが人気になるのは間違いないところです。

この後にシルバー系が出てきますが、ぜひ実車を見て、内装とのマッチングを確かめてみたいですね!

カラーリングは、やはり個性というかこだわりが強くなってしまうものです。

自分がよくても、家族の反対でやむなく別のカラーになんてこともよくあることです。

そんな時に、この色にしてくれるならここまで安く買って見せると、言えればあなたがこだわったハリアーを勝ち取ることができるかもしれません。

そこで、世の中の家族のために是非ご覧いただき、円満な車選びに役立ててください。

新型ハリアーの値引きの方法については、

「新型ハリアー 値引き術!」で詳しく解説しています。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう