新型NSXを動画と画像で紹介!

pic_styling_bodycolor_02

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



見たい!乗りたい!でも、生産地は日本じゃないし、展示車も東京のホンダ本社だけ……

でも、ネット上では、これでもかこれでもか!と北米NSXユーザーの動画や画像が配信中。

ここではできるだけ掻き集めてきた、データを大公開していきます!!


スポンサーリンク

移民の国で新型NSXが生まれた。エンジニアも移民がカギを握る

■洗車と磨き………NSXのピラーが実はボディーから浮き上がっていることがよくわかる映像です。

■ボディーラインは、エッジの利いたデザイン。

ホワイトカラーだと特徴が浮かび上がってきますね。


スポンサーリンク

マクラーレンと比較する

■マクラーレン540C。《スポーツシリーズがFormula 1™やスーパーカーとシェアしている数多くのマクラーレン・テクノロジーの1つとして、カーボン・ファイバー構造があります。

モノセルⅡシャシーは、わずか75㎏という軽さでありながらも、優れたダイナミクスを生み出す比類なき強靭さを持ち合わせています。

ミッド・マウントされた強力なV8エンジンとの組み合わせにより、このライト・ウェイト構造は、同クラスのスポーツカーの中でも、最高のパワー・ウェイト・レシオを発揮することができます》

……マクラーレン公式サイトより引用

popp

引用:http://s3.caradvice.com.au/wp-content/uploads/2015/04/mclaren_540c_2206-e1429509072504.jpg

cars-honda-to-begin-sales-of-all-new-nsx-in-japan21

引用:http://www.hondamotorsa.co.za/wp-content/uploads/2016/09/CARS-Honda-to-Begin-Sales-of-All-new-NSX-in-Japan2.jpg

F1スポーツではマクラーレンとホンダがタッグを組んでいるが、ホンダは1970年代にロータスと組んだり、ウイリアムズと組んだりしていた。

いずれもイギリスのテクニカルメイツであったのは面白い。

乗用車ではローバーと提携し、ホンダが実際にローバー車を製造して販売していたこともあった。

そこで学んだことは、今日のハンドメイドに対する考え方であったようだ。

木目を使うテクニックはイギリスから習得したのは間違いなく《コンチェルト》といった小型乗用車でも生かされている。

■マクラーレン675LT

mclaren-675lt-longtail-0809-01

引用:http://cdn0.vox-cdn.com/thumbor/OYCbT0vSya8kppQEu7f7xR4iA8k=/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/4312371/mclaren-675lt-longtail-0809.0.png

675LTには、従来のスーパーシリーズのすべてのモデルと比較し、ダウンフォースを40%以上と驚異的に向上させる、印象的なカーボン・ファイバー製のボディワークを採用。

パフォーマンスは、M838TL V8ツインターボチャージド・エンジンにより、最高出力で25PS(25bhp)、最大トルクも22Nm(16lb ft)、最高出力675PS(666bhp)、最大トルク700Nm(516lb ft)を実現。

カーボン・ファイバー製モノセルにより、車重は1,230 kgしかない。

軽量なカーボン・ファイバー製のレーシングシートから1mm薄くなったフロントガラスまで、軽量化につながるチャンスは、すべて取り入れられた。

もちろん価格は軽く1億円を超える。

mclaren%20570s%20dashboard1

引用:http://cars.mclaren.com/files/live/sites/mclaren/files/cars-mclaren-com-Main/McLaren%20Model%20Section/Sports%20Series%20new/Overview/McLaren%20570S%20dashboard.jpg

4ffd59ee969021

引用:http://www.houston.mclaren.com/siteasset/mclarenretailers/4ffd59ee96902/1440/659/selected/3/0/16/4ffd59ee96902.jpg

004_o1

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2417257/004_o.jpg

そう考えると、量産型の2370万円がいかに安いかがわかる。

ハンドメイド部分を多く活かしながら、年間470万台も乗用車を販売する大メーカーが、これだけのスーパーカーを生産すること自体が凄い。

→ 憧れの新車を値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

ランボルギーニと比較する

■アヴェンタドール SV クーペ

…ランボルギーニは《アヴェンタドール》と《ウラカン》の2グレードに《アヴェンタドール・ミウラ》をラインナップしている。

750馬力、V12 エンジンを搭載しているのは、地球上でランボルギーニだけで、V12はトヨタ・センチュリーがおそらく2016年モデルで最後となるのでは、といわれている。

mtm4odaxmda3ntkymjiwntq21

引用:http://a4.files.maxim.com/image/upload/c_fit,cs_srgb,dpr_1.0,q_80,w_940/MTM4ODAxMDA3NTkyMjIwNTQ2.jpg

arancioeblu1

引用:http://www.lamborghini.com/jp-en/sites/jp-en/files/DAM/lamborghini/crosslink/arancioeblu.jpg

■アヴェンタドール

5d20bc0d6d6bd3fc18f66b35ffd712f7374e64dd5221

引用:http://cdn-lamborghini-dealersites.s3.amazonaws.com/Renditions/1080p/5d20bc0d6d6bd3fc18f66b35ffd712f7374e64dd522.jpg

lamborghini-02v3-97221

引用:http://static.robbreport.com/sites/default/files/images/articles/2016Apr/2033946//lamborghini-02v3-9722.jpg

再び動画をご覧ください!

■旧型ユーザーが驚く

■2017 Acura NSX vs. 2017 Nissan GT-R………これは見ごたえがある

■旧型と新型を比較させる

■アクセル全開

■黒沢元治(ガン)さんは、どうも気に入らないらしい

シボレーは往年のコルベットをこう、持ってきた

mm_gal_item_c2-img_resize-img_stage-_31

引用:http://www.chevrolet.com/corvette-z06-supercar/exterior-pictures.html

■シボレー・コルベット……$79,450から購入できる、というから新型NSXのざっと半額。

エンジンは6.2L・V8スーパーチャージャー。

650馬力に最大トルクは650lb.-ft.(米国)昔ながらの大排気量にトラクターヘッド顔負けの馬力が付いて来る。

これは凄い。

NSXが登場してから、というものの、アメリカンスポーツが非常にリーズナブルな価格設定と思われるように感じてくるから、おかしい。

mm_gal_item_c2_17-img_resize-img_stage-_32

引用:http://www.chevrolet.com/corvette-z06-supercar/exterior-pictures.html

やはりコルベットに比べるとAピラーの形が独特だ。

コルベットのマフラー4本出しはいかにもスポーツカーらしく、ワクワクさせるアイテムだ。

NSXは全長が短い分、非常にまとまりが良いフォルムに仕上がっている。

2016-acura-nsx-top-inline-new-photo-657477-s-original1


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう