人気の新型ミニバン おすすめ比較ランキング【2018年度版】

ミニバン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ミニバンの人気に関する情報がたくさん出ています。最新のミニバンは、スタイリッシュで洗練された印象がありますね。

そこで今日は、2018年度版人気の新型ミニバンを比較していきながらランキング形式でご紹介をしていきます。


スポンサーリンク

注目度ランキング10位〜7位。ホンダが3車入賞!

このランキングは”価格com.”の注目度ランキングを参考に、順位を決めています。アクセス数が多く、とにかく話題の多いミニバン10台=売れている10台ですが、トヨタ ノアとエスクァイアは圏外です。

口コミを集めていますので、ご覧下さい。

10位:ホンダ オデッセイ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

エクステリア、インテリアの評判

◆高級感がありシンプルでとても気に入ってます!シートの作りもよく長時間運転していても疲れません。

◇2列目のプレミアムクレードルシートに関しては最高の一言!最初はシート小さい!と思いましたが慣れてくればきにもならなくなります。

◆3列目は補助席ではなく、余裕のある座り心地だと思う。嫁も3歳の息子も2列目にしか乗らず、くつろいでいて羨ましい。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/cabin/

乗り心地、走りの評判

◆エルグランドもそこそこいい走りをしていると思いましたが、やはり低床設計+走りのHONDA。カーブなどエルグランドではブレーキを踏んでいたところ、オデッセイでは基本的に踏まなくても曲がってくれます!

なんと言うか吸い付いてるかのような感覚ですね!

9位:トヨタ シエンタ

引用:https://toyota.jp/

エクステリア、インテリアの評判

◆充分です。シンプルでありお洒落。

◇インテリアはかなりスタイリッシュ。オレンジのラインなど実用性に乏しいものもありますが、及第点。ただ、収納はファミリーカーとしては少なめです。

◆フロントのドアハンドルや助手席右側のポケット、中途半端な
大きさのものが多い。スマートキーの置き場所に困る。

◇2列目シートは独立しているが、キャプテンシートの設定がない。フリードはあるのに。3列目の乗り降りは、いつも2列目シートをよいしょっとしないといけない、不便。

◆見切りは悪い。特に前方は全く見えない。

引用:https://toyota.jp/sienta/

乗り心地、走りの評判

◆ハンドルの形状が、好きです。軽いのもいい。足回りもやや固めで好みです。トヨタはフニャフニャのイメージがあったので、予想外で良かったです。

8位:ホンダ フリード

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

エクステリア、インテリアの評判

◆インテリアは高級感がありませんが、安っぽいわけでもなく満足。
2列目はキャプテンシートにしたところ、後ろの荷物に手が届く。子供をチャイルドシートに乗せ、車内の移動で運転席に行けたりするので正解だった。

◇エクステリアは、ミニバンとしては小型でシャープだと思うが、居住性のためかピラーが立ちすぎている印象。

◆家族と荷物を載せて運ぶ分には何不自由ない車です。
性能的に「ここはちょっと」というのがないのは、うまくまとめているからでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

乗り心地、走りの評判

◆フリードは、5000rpmくらいまでスパっと回って、さくっと引っ張って行ってくれます。ただ逆に信号の出足は、シエンタよりわずかにですが鈍いです。

◇高速でホンダセンシングを使ってみましたがとても楽チンで面白いです。10分使うだけでも良い気分転換になります。

◆フリードはエンジンパワーがあるし、ブレーキもシエンタほどカックンではないので運転は楽。レーンチェンジも、身のこなしはそれなりに軽い。ボディはがっしりしている感はしますが、これからですね。しかしシフトにBレンジがないのだけは大きなマイナス。

7位:ホンダ ステップワゴンスパーダ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

エクステリア、インテリアの評判

◆インテリアは高級感と言うよりは、落ち着き、クール、大人、な感じ。

◇わくわくゲートの恩恵はRPユーザーにとって、このミニバンにして良かったー!と思える瞬間。

◆リアエアコンは便利。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

乗り心地、走りの評判

◆静かです。三列目の子供とリビング感覚で会話が成立します。足回りは硬いと言うよりも、しっかりしている。車体剛性が高い為か足回りの動きが良く伝わってます。多少の路面のウネリではふらふらしません。安心感があり。

◇イメージ通りにブレーキが効いてくれる。

◆自動運転や、ブレーキまでも自動で、ビックリ。ステップワゴンは自分の中では驚くほど未来的な車で、全てに置いてパーフェクト。

◇出だしのグワッと湧き出るトルク、どこからでも気持ちよく回ってくれるエンジンは非常に爽快、ミニバンらしからぬ気持ちの良いドライブが楽しめる。

◆エンジンが素晴らしく、嫌な面が目立ちません。パドルでの変速もショックがうまくコントロールしてあっていい感じ。

◇エンジンは、ECONオンにするともっさり感満載。ECONオフにするとスーッと走る。i-MMDの加速感にはかなわない。


スポンサーリンク

6位〜4位はミニバン販売数トップのセレナとヴォクシー!

6位:日産 セレナe-POWER

引用:https://www3.nissan.co.jp/

エクステリア、インテリアの評判

◇エクステリアは気に入っていますが、Sハイブリッドとの違いをもっと出してほしいかな。フォグランプとかもLED標準装備にして欲しいですね。

◆スマホ、タブレットの充電が3列目シートでもできるようになっているのが○。テーブルが3列目まであるのが○。デュアルバックドア、まあまあ使いやすい。レジャーシートを拾う時に届きづらいと感じましたが届きました。

◇スイッチ類が、とっ散らかったように感じるのは何故だろう?ドライブ系のマナー&チャージモードスイッチはセンターなのに、ドライブモードスイッチは右だったり…。シートヒータースイッチがものすごく低い位置にあったり…。

ハンドル周りとマルチインフォメーションディスプレイ、運転支援系のシステムとナビの連携は秀逸。良く出来ています。

◆ガソリン車のようにマルチセンターシートがあれば最高だったです。あれは本当に便利。

◇残念なのは背の低い方がシートのリフト機構でアップさせるとチルト・テレスコピックステアリングの調整幅が追いつかず、ハンドルが足に当たる。上に調整できないため、メーターが見える位置にハンドルを下側に調整する。その為D型ハンドルでも足に当たる。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

乗り心地、走りの評判

ひと踏みぼれで購入したので、走っていて楽しいです。ほとんどブレーキを踏まずに運転できます。急発進したりしないので子供達も酔ったりしてないです。乗って、運転してみないとわからない楽しさですね。

◇ワインディングではeペダルの制動力が足りないのが残念です。結局ブレーキ使っちゃいます。スポーツモードで強力なeペダルブレーキがほしい!

◆車高も高いためか、大変運転しやすい、スムーズなほどほどの加速、静かな車内満足です。

5位:日産 セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/

エクステリア、インテリアの評判

◆もう少し座面が低いといいですね。荷物はたっぷり入りますが、スーパーで買ったものをちょっと置くような場所がないので、ヘッドレストに引っ掛けるフックを買ってきて使っています。

バックドアが上半分だけ開くのは便利。ドアギリギリまで荷物を積んだ状態でも、ドアの上半分だけ開けば荷物が崩れないので、便利です。3列目真ん中のシートベルトの外し方がトリッキー!

◆3列目のシートでの乗り心地がセレナハイウェイスターがダントツ。三列目を頻繁に使う人はセレナがオススメ。ステップワゴンスパーダは、お尻が痛くなると思う。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

乗り心地、走りの評判

◆安全機能や自動運転と言う面で、セレナのプロパイロットは、最高。高速で遠出するひとには、本当にオススメ。

◇また、安全性能が欲しくてセレナを選択しましたが、長い草とかにも反応するくらい、ソナーとかの警告音はしっかり効いていると思います。

4位:トヨタ ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

エクステリア、インテリアの評判

◇エクステリアは、ノアの顔よりは好きですね。色は流行りの白。格好良いです。後ろの姿はモッサリしてて今一ですが自分では見えないので良いです。

◆VOXYの最も差別化が大きかったのは2列目以降のシートアレンジと、規格破壊かと思われる程のナビの大きさ(Op)。シートアレンジに関しては、2列目ロングスライドは素晴らしい!

◇イルミが赤系なのが個人的に嫌です。ブルーかホワイトのLEDに全て交換予定。アナログメーターなのは良い。

◆2列目、特に3列目用の収納が少ないのが残念。

引用:https://toyota.jp/catalog/

乗り心地、走りの評判

◇ヴォクシーは未だに足踏み式のパーキングブレーキ。これは痛い。軽自動車並みです。それと、高速道路ではACCがあるのとないのでは全く疲れ具合が違います。

◆足周りは、ノーマルでもしっかりしてます。車高調を入れる気持ちもわかりますが、今はノーマルでも満足してます。


スポンサーリンク

3位:超話題!ホンダ ステップワゴンスパーダ ハイブリッド

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

エクステリア、インテリアの評判

◆主として内装に残念な点がある。例えばソフトレザーで覆われているのはドア内張の一部だけ。ダッシュボード周辺は全面的にプラスチック感でいっぱい。パワーウィンドウがオートスイッチなのは運転席だけです。2列目のウィンドウスイッチは安い軽自動車並みの造り。

◇アイボリー内装が好きなのですが、黒しか選べません。ヴォクシー・ノアのように天井まで黒い最低デザインよりはずいぶんマシですが。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

乗り心地、走りの評判

◆一般的な平坦地ではEVモードで走ることも多いため静粛性は抜群。モールの駐車場などEVモードで走る場面では同乗者を驚かせる。

◇ヴェゼルと比べるとしなやかな乗り心地ですが、かと言ってコーナーで車体のロールも少なく、背の高いミニバンだということを忘れてしまうほどです。

◆ミニバンにしては硬め。セレナより突き上げは有りますが、そんなに不快ではないし、コーナリングを犠牲にしない範囲で絶妙なバランス。ロールにピッチも上手に抑えてると思う。ハンドリングもニュートラルで乗りやすい。


スポンサーリンク

2位:やはり来た!トヨタ ヴェルファイア

引用:https://toyota.jp/vellfire/

エクステリア、インテリアの評判

◆カラーは202(ブラック)で高級感があります。内装も悪くない。シートアレンジでかなり荷物がつめる、3列目シートも普通に座れる。

◇広い空間に少ない小物スペース。駐車券やスマホを直ちに置きたいとき、いちいち収納ボックスの木目調の蓋をめくって入れなきゃならないのが不便。ティッシュボックスも蓋の下なので二段階で取り出します。

↓画像はHYBRID ZR(512万円、シートは合成皮革)

引用:https://toyota.jp/vellfire/

乗り心地、走りの評判

◆2.5Lの2WDです。ロックアップが作動する20km/h位までは、もたつきますが、それ以外のほとんどの場面で不足なく走らせてくれるパワートレーンです。

◇高速でも一般道でもサスが柔らかいのですが、車の姿勢が崩れそうで崩れない。しっかり吸収してくれる。アクセルのレスポンスは良くはないが、大型車なので仕方ない。不満を凌駕する満足感のある高級車!

◆乗り心地は、ホールド感が足りない。人工皮革や本革が主なオプションならシートの設計は専用設計が必要。滑る疲れる。

1位:堂々のトップは当然?トヨタ アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/

エクステリア、インテリアの評判

◆タイプブラックなので高級感もあるし、質感も良いと思います。インテリアはイタレリツクセリで文句のつけどころがありません。ベンチレーションは非常に便利!

◇前期SRから後期SCなので、必然的に高級感はUP。”リラックスキャプテン”から”エグゼクティブ”への変化で、使い勝手悪いかと思ったが、我が家では問題なし。

◆S”C”パケと400千円ほど差があり、迷いました。合皮や全席パワーシート、パワーバックドアは魅力でしたが、シートヒーターの必要性を感じなかったこと、後席もパワーシートになり、子供もいて頻繁にシートアレンジをすることから、S”A”パケにしました。

◇インナーミラーは、後席モニターを使っていると上半分弱が邪魔に。それ以上に3列目の中央のヘッドレストをつけるとかなり邪魔。両方あるとデジタルインナーミラーでなければ厳しい。

◆合皮シートですが、高級感あります。ディーラーナビとリヤモニターつけましたが、見た目はチープです。液晶や機能面は問題なしです。前例シートとコンソール側の隙間にスマホや鍵を落とすと大変な目にあいます。手が届かない。

↓画像はHYBRID G(497万円、シートは本革仕様)

引用:https://toyota.jp/

乗り心地、走りの評判

◆3.5からなので、パワー不足を感じるかと思いきや、100キロまではあまり感じない。パワー不足だと感じる場面は、高速等での追い越し、登坂ぐらい。ブレーキ性能が飛躍的に向上してたのには驚いた。

◇2列目、3列目はさすがに広々しています。リクライニング含めて、快適に長距離ドライブできると思います。

まとめ

ミニバンで人気の10台を《価格com.》よりコメント引用も含めてご紹介しました。クルマの善し悪しは、乗る人の普段使い車が何か?で随分変わります。

ミニバンは、運転席と2列目、3列目全てに乗ってクルマをチェックするといいでしょう。人気車は必ず”家族”の後押しがあって売れているようです!!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク