人気の新型ミニバン おすすめ比較ランキング【2017年度版】

おススメミニバン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ミニバンの人気に関する情報がたくさん出ています。最新のミニバンは、スタイリッシュで洗練された印象がありますね。

そこで今日は、2017年度版人気の新型ミニバンを比較していきながらランキング形式でご紹介をしていきます。


スポンサーリンク

20117年度版 新型ミニバン人気ランキング

ミニバン 比較

引用:http://toyota.jp/sienta/

ミニバンとは、軽自動車に匹敵するボディ構造をしていますが、実は軽自動車のような定義や規格は存在していないのです。

ただ一般的には、なんとなく車高が高くて全長が短いけど室内空間が広いっていうイメージで受け入れられていますね。乗員数が6人以上のタイプが多いので、「みんなで乗れる車種」といった感じでしょうか。

  • 小さい ➡ ミニ (mini)
  • 貨物車 ➡ バン (van)

貨物車は、大きい商用車であることが多いのですが、それらよりは小さいボディなので、ミニバンと呼ばれるようになったというのが有力ですね。また、人数が多く乗れることから3列目シートがあるワゴンタイプの自動車という形が主流になっています。


スポンサーリンク

第10位 ホンダ ステップワゴン


スポンサーリンク

 ③クリスタルブラック・パール

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

 ミニバンは冒頭でもお話ししたように、たくさんの人数が乗れることから家族向けで購入する人が多いのですよね。

ホンダのステップワゴンは、両側パワースライドドアがあるので、乗降がしやすく、ワクワクゲートがあるため誰かを待つことなく一緒にみんなが乗降することが出来るのが魅力です。

SPADA HYBRID G・EX Honda SENSINGの場合 ➡ 3,559,680円

  • 全長 ➡ 4,760mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,840mm
  • 総排気量 ➡ 1.993cc
  • ホイールベース ➡ 2,890mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,470/1,485mm

また、荷物を縦でも横でも置けるので旅行へ行く時にも便利ですよね。ホンダSENSINGも搭載しているので、レーダーとカメラを融合した先進の支援システムによって、乗員の安全を守るためにドライバーのアシストをしてくれるのです。

  • 最小回転半径 ➡ 5.4M
  • 燃費消費率 ➡ 25.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

ステップワゴンは、2,455,920円から購入が可能となります。色・カラーは、ステップワゴン、ステップワゴンSPADA、ステップワゴンモデューロを合わせると11色揃っています。

第9位 トヨタ エスクァイア

carlineup_esquire_performance_eng_hv_pic_02

 引用:http://toyota.jp/esquire/

エスクァイアは、最近テレビでよく聞く言葉で「サポカー」なんです。このサポカーは、セーフティー・サポートカーといって政府の交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。

高齢者を中心にブレーキなどの操作を誤ってしまうことによる悲惨な交通事故が後を絶たないことから積極的にこの取り組みを行うようになったようですね。

HYBRID Gi“Premium Package” の場合 ➡ 3,358,800円

  • 全長 ➡ 4,965mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,825mm

レーザーレーダーと単眼カメラが遠くまで検知できます。しかも、白線や対向車のライトまで認識できるので、事故回避や衝突被害の軽減を支援することが出来ます。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

もちろん自分でしっかりとハンドルを握る責任と技術を持って乗るのが1番良いのですが、高齢者でなくてもストレスや睡眠不足から事故を起こしてしまう場合もあるので安全性能が高くなってくれるのは歓迎したいですね。

第8位 トヨタ ヴェルファイア

carlineup_vellfire_top_3_02_pc

引用:http://toyota.jp/vellfire/

 ヴェルファイアには、エコ運転をサポートするためのハイブリッドシステムインジケーターがあります。これは、ハイブリッドシステムの出力やチャージの状態をリアルタイムに表示するものです。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]の場合 ➡ 7,036,691円

  • 全長 ➡ 4,930mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm

ハイブリッドシステムインジケーターの指針をエコエリアに保つだけで環境に配慮した走りが出来ると、優しい気持ちになれて嬉しいですね。子どもとお出かけのときに地球の環境について話が出来ると絆まで深まりそうです。

  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

また、ヴェルファイアもサポカーになっています。また、若年層に大人気のGOLDEN EYEがあり特別仕様の2タイプがあります。ヴェルファイアの「金色の目」が神秘的ですね。

また、ヴェルファイアは、3,197,782円より購入が可能となっています。色・カラーについてはホワイトパールクリスタルシャインを始めとする7色が揃っており、セルフリストアリングコートが施されています。

このセルフリストアリングコートは、洗車などで出来てしまう小さな擦り傷を自己修復するものです。全カラーに採用しており、分子レベルでの結合しやすい特性を備えて新車の時の光沢やカラーを保持してくれる期待が出来ます。

第7位 トヨタ アルファード

3B_recommend_lineup1引用:http://toyota.jp/alphard/

第7位には、アルファードが登場してきました。ヴェルファイアと兄弟カーとして見られているアルファードは、大空間での高級サルーンの時代を作った代表的な存在ですよね。

見た目から豪華で勇壮なエクステリアデザインが自慢です。これまでのステップワゴンやエスクァイアよりも、価格帯が急上昇してきました。

アルファードは、ヴェルファイアと同じように、3,197,782円より購入が可能になっているのでアルファードのファンにとっては購入しやすい価格も用意されているのが良いですね。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge 3.5Lの場合 ➡ 7,036,691円

  • 全長 ➡ 4,915mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm

また、世界初になる助手席スーパースライドシートは、助手席オットマンと一緒に使うことで、脚を伸ばしたまま上げることが出来るので、脚のむくみなどが気になる女性なども嬉しくなる心遣いですよね。

なお、これまで助手席と後席に分かれていたスライドレールが、超ロングになって一体化したので、助手席がぐんと後ろにさがり脚を伸ばせるスペースを作りました。

  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

VVT-iなどの採用によって豊かなトルクを全域で獲得しました。つまり、街中でも敏感な走りも、高速でのなめらかな走りも体感できるというわけです。使い勝手も、走行性能も、デザインもトータルして優秀なミニバンですね。

アルファードのカラーは、ヴェルファイアと同じようにラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークを始めとした7色が揃っています。

第6位 トヨタ ノア

carlineup_noah_exterior_top_pic_05_03

引用:http://toyota.jp/noah/

 続いては第6位に登場してきた、ノアです。このノアは、ヴォクシーとともに並んで身近なミニバンとして愛されている車種ですね。

家族との心地いい室内空間を大切に作られているのがよく分かります。

Si“GR SPORT” の場合 ➡ 3,257,280円

  • 全長 ➡ 4.795mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,810mm
  • 総排気量 ➡ 1,986cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm

ノアは、身近なミニバンとして愛されていますが、2,466,720円から購入が可能となっており、価格帯においても愛され価格になっているのですね。

  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

ノアの大きな特徴は、便利機能が優れていることです。例えば、インテリジェントパーキングアシストは、広角カラーバッグガイドモニター+イージーセット機能付きになっていて、駐車場で車庫入れをするときに車両がステアリング操作をアシストしてくれるのです。

シフトをRに入れるだけで駐車枠を認識してくれるので、OKボタンをタッチするだけで、真っすぐに車庫入れしてくれるのですね。周囲に気を付けてブレーキの準備だけしていれば大丈夫なんて、車庫入れが苦手な人が乗ると運転が上手くなった気がして楽しそうですね。

カラーは、アバンギャルドブロンズメタリックなど全部で、7色から選ぶことが可能です。

第5位 日産 セレナ

カシミヤグレージュ×インぺリアアンバー

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

 日産のセレナは、特に子育て世代に人気のある車種ですが、現在のところ第5位になっているようですね。

ハイウェイスターGの場合 ➡ 3,011,040円

  • 全長 ➡ 4,770mm
  • 全幅 ➡ 1,740mm
  • 全高 ➡ 1,865mm
  • 総排気量 ➡ 1.977cc
  • ホイールベース ➡ 2,865mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm

ノアの便利なところは、インテリジェントキーをバッグやポケットなどに入れて身に付けていると、スライドドアの下に足先を入れて引くだけでドアが自動でオープン、クローズしてくれるのです。

もちろんインテリジェントキーを持っていないと、ドアは開くことがないので防犯面も安心です。これだと、小さな子どもを抱っこしていても、両手に荷物を持っていても、スライドドアが大きく開いてくれるので助かる人も多いでしょう。

  • 最小回転半径 ➡ 5.7M
  • 燃費消費率 ➡ 16.6km/L
  • 乗員数 ➡ 8人

室内高が1,400mmもあることから、最大690mmの超ロングスライドを使うと子どもが着替えられるほどのスペースが出来るのも、ミニバンの魅力ですね。

色は、ブリリアントホワイトパール / ダイヤモンドブラック 2トーンを始めとする12色あるので、好きな色パターンが見つかるのではないでしょうか。それから、軟質樹脂を配合したクリヤー塗装を施しているため、洗車などの小さな傷程度なら時間の経過とともに修復していきます。

第4位 トヨタ ヴォクシー

carlineup_voxy_performance_top_pic_01

引用:http://toyota.jp/voxy/

第4位には、トヨタのヴォクシーが登場しています。ヴォクシーは、ノアをクールにしたようなイメージですね。大きすぎず、「男の子のためのヴォクシー」として男っぽい印象のテレビCMでも人気があることが分かります。

ZS”GR SPORT”の場合 ➡ 3,257,280円

  • 全長 ➡ 4,710mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm

ガソリンとハイブリッドのどちらを選んでも優れた走行が楽しめて、環境性能にも大きく貢献しているトヨタのヴォクシーは、熟成されたハイブリッドシステムを採用しています。

もちろん低燃費というだけではなく、低重心化や静粛性が向上したことによって、運転がしやすいといった点が喜ばれているようです。

  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

色は、ホワイトパールクリスタルシャインといったトヨタらしい色を始めとした7カラーパターンが用意されています。

シックな色でクールに決めるのもよし、上品にキビキビ走るのもよし、ハンドルを握る人を選ばない性能が人気の秘密かもしれませんね。

第3位 トヨタ シエンタ

シエンタ2

引用:http://toyota.jp/sienta/

そして上位3車種のうち、第3位に上がってきたのは、トヨタのシエンタです。このシエンタは、これまでのミニバンとは少し違った印象を受けますね。どちらかというと、第4位までは、お出かけの顔をしたミニバンだったようですが、シエンタは「一緒に遊ぼうよ」と言ってきそうな親しみを感じます。

また、ミニバンの販売台数ではトータルで№1という誇りがあるのですね。特徴的なのは、最低地上高が14.5mmと低いため小さな子どもや高齢者が乗降しやすいといった魅力があります。

HYBRID G“Cuero”〈特別仕様車〉の場合 ➡ 2,465,855円

  • 全長 ➡ 4,235mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,675mm
  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,750mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm

このシエンタは、変速ショックがないので、エンジンの力を無駄なく路面に伝えるというSuper CVT-iなので、低燃費で静かな走りに貢献してくれます。

  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 27.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

また、価格帯としては、1,689,709円から購入が可能なので軽自動車と変わりない負担で済みそうですね。色・カラーは、17のパターンがあります。昨年度は、販売台数が第1位だったので今年はどうなるか楽しみですね。

第2位 ホンダ フリード

pic_storage_car

 引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

ホンダのフリードは、ホンダSENSINGが搭載されているので、安心で快適な運転をさせてくれるうえに、事故回避を支援する先進の技術がドライバーをサポートしてくれます。

室内では、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーが装備されているので、きれいな空気で過ごすことが出来ます。

HYBRID G・Honda SENSING 7人乗りの場合 ➡ 2,517,600円

  • 全長 ➡ 4,265mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,710mm
  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,740mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm

小さな子どもや女性にとっては、嬉しいプラズマクラスターですよね。また、IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス+IRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントガラスがあることで、紫外線に肌をさらすことがなく快適に過ごせます。

  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 19.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

長距離になると便利なクルーズコントロールが低速で走行する高速道路の運転を快適にしてくれるので、ドライバーの疲労を軽減してくれます。疲労が軽減されると、より安全なドライブをたのしめますね。

カラーは、フリードの場合ブルーホライゾン・メタリックをはじめとする7色パターンがあります。

第1位 トヨタ プリウスα

トヨタ ギャラリー4

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

2017年の販売台数・人気ともに高く、堂々の第1位になったのは、トヨタのプリウスαです。

S“ツーリングセレクション”の場合 ➡ 3,136,909円

  • 全長 ➡ 4,645mm
  • 全幅 ➡ 1,775mm
  • 全高 ➡ 1,575mm
  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,780mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,530/1,535mm

一般のプリウスとは存在感が異なっているように感じますね。それは、プリウスの車体を伸ばしてワゴンスタイルにしたことです。

それによって、トヨタの言葉を借りていうなら「移住空間や荷室スペース、空力性能など相反する課題を1つ1つクリアして試行錯誤」した結果だということです。

  • 最小回転半径 ➡ 5.8M
  • 燃費消費率 ➡ 26.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

エンジン音や静粛性も良くなっているのですが、EVドライブモードを選択することでさらに静粛な走行を楽しむことが出来るようになっています。

赤ちゃんや小さな子どもを乗せるときには嬉しいですね。それに静粛性が高いと好きな音楽を楽しめたり、室内での会話を聞き取りやすくなり楽しめるので大切ですよね。

2017年度版新型ミニバンの人気ランキングまとめ

プリウスα1

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

では、今日の新型ミニバンの人気ランキングのまとめです。

  • 広さがあること
  • 運転がしやすいこと
  • 燃費がいいこと

上記のような基本的なミニバンを選ぶ理由と必要性を満たした車種が選ばれていることが分かりました。良い意味での欲張りな願望をバランスよく満たしてくれる車種を選ぶ傾向が増えたということでしょうか。

情報社会になった現在では、最新の情報を目にすることが誰でも出来るようになったので消費者が賢い買い物をするようになった証でもありますね。

そして、2011年の東北大震災を機に家族を大切にするといった絆が生まれたともいわれています。そういう意味では、クルマも友人はもちろん家族と一緒に楽しめる車が人気を得るようになったと考えることも出来ます。

  • 家族や友人みんなと同じ車に乗ってドライブを楽しめること

上記のような気持ちを持つ人が増えてきたのは、優しい車が増えることでもあり嬉しいことでもあります。ミニバンは、高さや安定性など、改良の余地があるとみる専門家などもいますので、さらに進化を遂げると思いますが、ドライバー自身の幸福感がもっとも大切ですね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう