トヨタ・ホンダ・日産のミニバン徹底比較!おすすめの人気車種を紹介!【2017年度版】

トヨタミニバン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



人気のミニバンは、2017年も大活躍しています。その中でも、特にトヨタ・ホンダ・日産のミニバンが人気が高いようです。

今日は、そのトヨタ・ホンダ・日産のミニバンを比較していきながら、おすすめ車種を人気ランキング形式でご紹介いたしますね。


スポンサーリンク

2017年トヨタ・ホンダ・日産でおすすめの新型ミニバン人気ランキング

gallery_utility_02

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

ミニバンといえば、代表的なのがトヨタ、ホンダ、日産の3社ですよね。ミニバンといっても具体的な定義はなく、現在の日本においては「多人数を乗せることが出来て3列目シートがあるワゴンタイプの乗用車」を指すことが多いようです。

大きいのにミニバンって面白い呼び方だと思いますが、これは「バン」の分類に入る車より小さなことから「バンより小さな」という意味で、ミニバンと呼ばれているようです。

これから、その3社の代表的なミニバンのうち人気ランキングで上位のミニバンを取り上げることで、ミニバン3社の特徴や魅力を通して、おすすめ車を見ていきますね。


スポンサーリンク

第10位 ホンダ ステップワゴン

②ミルクグラス・パール

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/ 

ホンダのステップワゴンは、ミニバンの基本形と言っていいくらい安定感がある人気を貫いています。そういう意味で、第10位に上がってきているのは実力を感じますね。

SPADA HYBRID G・EX Honda SENSINGの場合

  • 価格 ➡ 3,559,680円
  • 全長 ➡ 4,760mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,840mm
  • 室内長 ➡ 3,220mm
  • 室内幅 ➡ 1,500mm
  • 室内高 ➡ 1,405mm

サイズを見ても分かるように、室内高が1,405mmもあるので小さな子どもなら立ったままお着替えをすることが出来そうです。

そのうえ、シートに関してはファブリックだけでなく、本革シートを選ぶことが出来るので、大人の上質な座り心地を味わうことが出来るんです。

  • 総排気量 ➡ 1.993cc
  • ホイールベース ➡ 2,890mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,470/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.4M
  • 燃費消費率 ➡ 25.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。リア両側パワースライドドア

ホンダは、家族を大切にする方向で車を作っているので、もちろん大画面9インチワイドディスプレイでDVDなどを鑑賞することも出来るのです。

小さな子どもを連れての帰省など、長距離の場合には大好きなアニメを見せたり、友人同士なら話題の映画を鑑賞しながら目的地に行くことが出来るのも魅力です。

トヨタや日産には見られないホンダのワクワクゲートは独特なので、縦にも横にもドアが開くので初めて見る人は「あれ?」と驚くかもしれませんね。

ちょっと、おむつを取り出したいとか、汗をかいたり食事をこぼしたりしても、さっと荷物に手が届くのでママも安心してすぐに取り出すことが出来ます。

そんな家族の絆を大切にするステップワゴンは、2,455,920円から購入が可能となっています。


スポンサーリンク

第9位 トヨタ エスクァイア

carlineup_esquire_top_pic_10_01_pc

引用:http://toyota.jp/esquire/

 第9位になったのは、トヨタのエスクァイアですね。顔が違うものの、一瞬ヴェルファイアか、アルファードと思った人も多いかもしれませんね。

エスクァイアは、5ナンバーになるぶん、少し小柄な印象もあります。最小回転半径が5.5Mと小回りが効く方ですよね。そのためかエスクァイアを運転する女性を見かけることも増えて来ました。

 HYBRID Gi“Premium Package” の場合

  • 価格 ➡ 3,358,800円
  • 全長 ➡ 4,965mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  •   幅 ➡ 1,540mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

女性ドライバーの苦手なことと言えば車庫入れですよね。このエスクァイアは、車庫入れサポートが付いています。シフトを「R」に入れるだけで、エスクァイアが駐車枠を認識してくれるのですね。あとは、OKボタンを押すだけです。

エスクァイアが目標位置を自動的に補正しながら、自動でステアリング操作をしてくれます。車の先進技術は、もうここまで来たのですね。ドライバーは周囲の安全確認とブレーキだけ準備していればいいのですから運転も楽しくなりそうですね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

また、肝心な気になる燃費の方でも、熟成したハイブリッドシステムを採用しているので、エンジンとモーターのスムーズな加速性能、低重心化、そして静粛性の向上にと追及した車両となっているんですね。

そんな驚きの最新技術を搭載したエスクァイアは、2,675,160円より購入が可能となっています。


スポンサーリンク

第8位 トヨタ ヴェルファイア

シルバーメタリック

 引用:http://toyota.jp/vellfire/

 第8位には、トヨタのヴェルファイアが登場です。トヨタは勢いがあり、ミニバン部門でも、多くの車種がランクインしていますね。

トヨタの特徴を挙げるとしたら、たくさんありますが、代表的なところでは、グッとくる高級感と安定感です。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]の場合

  • 価格 ➡ 7,036,691円
  • 全長 ➡ 4,930mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 室内長 ➡ 3,210mm
  •   幅 ➡ 1,590mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

先ほどのエスクァイアと比較すると、やはり排気量やエンジンの大きさでも分かるように、さらに力強い走りをすることが出来ます。

また、VDIMは、アクセル・ステアリング・ブレーキの操作量によるドライバーの走行イメージと各種センサー情報による車両挙動との差を算出すること、言い換えればバランスの取れた理想的な走行性能を作り上げるということですね。

その差を縮めるように統合をマネジメントするので、走りのクセなども理解しているせいか、ヴェルファイアが高い予防安全性と連続する滑りやすい路面での走行時にも、イメージに近い優れた運動性能を発揮してくれます。

  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm
  • 車両重量 ➡ 2,220㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

2.5L 2AR-FXEエンジンで、環境に優しく、走りには強くといった欲張り性能を詰め込んでいるヴェルファイアは、3,197,782円より購入が可能となっています。

第7位 トヨタ アルファード

上質な乗り心地と操縦安定性の両立

 引用:http://toyota.jp/alphard/

 第7位には、またしてもトヨタの人気ミニバンが登場です。トヨタのアルファードは、標準装備も贅沢なほど揃っているので、ゆったりとした気持ちでドライバーは運転をすることが出来ますね。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge 3.5Lの場合

  • 価格 ➡ 7,036,691円
  • 全長 ➡ 4,915mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 室内長 ➡ 3,210mm
  •   幅 ➡ 1,590mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

サイズ的な大きさは、ヴェルファイアと同等です。グレードでいうと、パターンごとに9タイプのアルファードがあります。それぞれ7~8人乗りですので、家族はもちろん友人達とも楽しいドライブをすることが出来そうですね。

  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm
  • 車両重量 ➡ 2,220㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

標準装備で付いているものは、17インチアルミホイール、フロント&リヤバンパー、ヘッドランプLED、ハイブリッド車用のオプティトロンメーター、本革巻4本ステアリングなどです。

色は、トヨタらしいホワイトパールクリスタルシャインを始めとする全7色パターンが用意されています。どこから見ても優秀なアルファードは、3,197,782円より購入が可能となっています。

第6位 トヨタ ノア

ノア ③

引用:http://toyota.jp/noah/

 第6位もトヨタのノアです。トヨタのノアは、1.8L 2ZR-FXE エンジンを搭載しているので、低燃費と低排出ガスに貢献していることで知られています。

電流を最適に制御したり、低燃費化に必要な伝達効率を高めることによって、高出力モーターとしての性能を引き出しているのですね。また、CVT車であるのに、シフトをMポジションに入れることで、マニュアル感覚のシフトチェンジが可能になっています。

Si“GR SPORT” の場合

  • 価格 ➡ 3,257,280円
  • 全長 ➡ 4.795mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,810mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  •   幅 ➡ 1,540mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

すると、ノアはドライバーの積極的な変速操作に応えてくれるのでアクティブな走りを楽しむことも出来ます。便利な機能がたくさん搭載されていても、たまには操作性を楽しみたいこともありますからね。

  • 総排気量 ➡ 1,986cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率  ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。パワースライドドア予約ロック機能付

エアロパッケージなども用意されているので、さらにスタイリッシュに変身させたいときには、利用するのも良いですね。

2016年では燃費の部門で第4位にランクインしていた、環境にも優しいトヨタのノアは 2,466,720円から購入が可能となっています。

第5位 日産  セレナ

カシミヤグレージュ

 引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

 何気に身近で守ってくれそうな日産のセレナが第4位になってきました。これまでのミニバンがタッチすることと比較すると、日産のセレナは触れることなくスライドドアを開けてくれるという温かい機能があるのが特徴ですね。

これは、スライドドアの下にあるハンズフリーセンサーのおかげなのですが、よく駐車場に現れる「ねこちゃん」が通ったときでもスライドドアは開くことはないので安心してください。

ハイウェイスターGの場合

  • 価格 ➡ 3,011,040円
  • 全長 ➡ 4,770mm
  • 全幅 ➡ 1,740mm
  • 全高 ➡ 1,865mm
  • 室内長 ➡ 3,240mm
  •   幅 ➡ 1,545mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

脚の「脛(すね)の動きと足先の動き」を同時に検知するWセンサー方式で乗り込む人を判断していることがポイントですね。

つまり、インテリジェントキーを持っている人、運転席にあるスイッチなどでしか開くことがないので、小さな子どもを抱っこしたまま乗り込むことも可能なんです。

ハンドル操作も、車速感応式電動パワーステアリングを装備しているので快適にドライブを楽しむことが出来ますね。

  • 総排気量 ➡ 1.977cc
  • ホイールベース ➡ 2,865mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,700㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.7M
  • 燃費消費率 ➡ 16.6km/L
  • 乗員数 ➡ 8人
  • スライドドアの有無 ➡ あり ハンズフリーオートスライドドア〈両側〉 (挟み込み防止機構付)

もちろん家族を大切にするセレナらしく、シートアレンジも豊富なので、乗員の楽しみ方によって自由自在にアレンジをすることが出来ます。実は、これセレナだけのスマートマルチセンターシートなんです。

シンプルだけど包容力のある日産のセレナは、2,435,400円より購入が可能となっています。

第4位 トヨタ ヴォクシー

ヴォクシー2

 引用:http://toyota.jp/voxy/

トヨタを代表する小型車ミニバンのヴォクシーが第4位となりました。男性が乗ったら男っぽさが増すし、女性が乗ればクールビューティーに変身するような印象を受ける人も多いようです。

ZS”GR SPORT”の場合

  • 価格 ➡ 3,257,280円
  • 全長 ➡ 4,710mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  •   幅 ➡ 1,540mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

グイグイと切れのいい走りをするヴォクシーですが、大人が8人も乗れるほどのロングスライドが可能なんです。大空間を作るうえに、運転席が低床で乗降が楽に出来るので背の低い女性でも乗り込みやすいですね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。パワースライドドア予約ロック機能付

乗降が楽なこと、運転のしやすさ、安全性が高いこと、燃費が良いこと、そしてカッコいいことを求めたい人にはピッタリの車です。それらをすべて兼ね備えているのがヴォクシーです。

ハイブリッドシステムを採用しているので、エンジンとモーターによるスムーズな加速性能があり、低重心であることで安定性もあります。みんなでの会話をするときや好きな音楽を聴きたいときでも、静粛性が高いため楽しむことが出来るのですね。

ミニバンの上質感とスポーツカーの機能的な 要素や美しさを融合させているヴォクシーは、2,466,720円より購入が可能となっています。

第3位 トヨタ シエンタ

シエンタ街角で

 引用:http://toyota.jp/sienta/

 かなり上位までやってくると質の良さが競われますね。そんなレベルの高さが自慢の第3位には、シエンタが登場してきました。

シエンタの長所は、ミニバンの中でも低重心であるために、ちょっとしたカーブでも安定性のある走りをしてくれるところです。そのうえSuper CVT-iのおかげで、変速ショックがないのでエンジンの無駄もなくして路面に伝えてくれるなんてスマートな動きですね。

HYBRID G“Cuero”〈特別仕様車〉の場合

  • 価格 ➡ 2,465,855円
  • 全長 ➡ 4,235mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,675mm
  • 室内長 ➡ 2,535mm
  • 幅 ➡ 1,470mm
  • 高さ ➡ 1,280mm

遊び心がたくさんあるシエンタですが、能力はいたって真面目なんです。1.5L小型エンジンを搭載したハイブリッドシステムなので、排出ガスを再循環することで地球の環境も考えている車なのですね。

  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,750mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,380㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 27.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ワンタッチスイッチ付きスライドドア

また、ハイブリッドシステムにも秘密があり、駆動用のモーターに最適な電力を供給するコンパクトのバッテリーになったので、それをセカンドシートの足元へ配置しています。

すると、現れるのは低床でフラットなフロアです。つまり、配置によってゆとりがある3列目シートになったので、家族や友人と第2のリビングを体験することが可能になったのですね。

最低地上高も14.5㎝と低いため高齢者や小さな子どもが乗降しやすいので優しい車でもあります。そんな滑らかな走行フィーリングにも貢献するシエンタは、1,689,709円から購入が可能となっています。

第2位 ホンダ フリード

gallery_styling_01

 引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

 ここで第3位にホンダのフリードが現れました。ホンダの技術であるホンダSENSINGの信頼があるため家族連れを中心に大人気となっています。

ホンダSENSINGとは、8つの先進安全機能として「衝突を予測したブレーキ」や「前の車にちょうどいい距離で付いていく」といった安心と快適な機能を8つも搭載している先進技術のシステムなんです。

HYBRID G・Honda SENSING 7人乗りの場合

  • 価格 ➡ 2,517,600円
  • 全長 ➡ 4,265mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,710mm
  • 室内長 ➡ 3,045mm
  • 幅 ➡ 1,455mm
  • 高さ ➡ 1,27

同じ安全といっても、予測をするのか、衝突をしてからの安全なのかで、大きく意味が変わってきます。しかし、ホンダのフリードならその両方ともを搭載したのがホンダSENSINGなので大丈夫です。

  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,740mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,360㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 19.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ 両側スライドドアがメーカーオプションであり

また最小回転半径が、5.2Mと小回りが効くボディであるにも関わらず、7人も乗れるとなれば、2台に分かれて乗車する必要がないため、使い方も幅が広がりますね。

そんな基本を一番忠実にしているホンダのフリードは、1,880,000円より購入が可能となっています。

第1位 トヨタ プリウスα

スーツケースの男性とプリウス±

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

そして、やはりというかトヨタのプリウスαが見事に第1位となりました。プリウスのイメージを持つ人も多いかもしれませんが、全く異なるプリウスαです。

また、スタイルも他のミニバンとは大きく異なることが分かりますね。トヨタの技術者たちが一生懸命に考えたという、次の点に注目ですね。

  • 居住空間の快適さ
  • 荷室スペースの広さ
  • 空力性能の高さ

これらの課題を1つずつ試行錯誤しながら乗り越えてきたホンダの生み出したプリウスαなんですね。

そういう意味でも、アクセサリーからチャイルドシートまで揃えている豊富な装備を組み合わせると、一段とレベルの高いミニバンと成長していく感じです。

S“ツーリングセレクション”の場合

  • 価格 ➡ 3,136,909円
  • 全長 ➡ 4,645mm
  • 全幅 ➡ 1,775mm
  • 全高 ➡ 1,575mm
  • 室内長 ➡ 2,690mm
  • 幅 ➡ 1,520mm
  • 高さ ➡ 1,220mm

またエンジン音についても、EVドライブモードを選択することで、静粛性の高い走行が出来ます。それに伴い振動を感じないという親切な乗り心地を与えてくれるところが人気の秘密ですね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,780mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,530/1,535mm
  • 車両重量 ➡ 1,470㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.8M
  • 燃費消費率 ➡ 26.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ なし

プリウスαは、特別仕様車S“tune BLACK Ⅱ”を始めとして、全部で5つのグレードに分けられて販売されています。

1.8L+モーターの2WD電気式無段変速機で力強さも備えているフットワークの良いプリウスαは、2,479,091円より購入が可能となっております。

2017年トヨタ・ホンダ・日産でおすすめの新型ミニバン人気ランキングまとめ

安全性能

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

では、今日の2017年おすすめ人気ランキング新型ミニバン「トヨタ・ホンダ・日産」をまとめていきます。

  • トヨタのミニバンの数が他社を抑えてダントツのナンバー1である
  • ミニバンの良さは多数で乗れることなので、特に安全性と室内空間の広さが求められる
  • もともと荷物を載せることが出来る車として出来ているので、荷室スペースの大きさも選ばれる理由となる

今日の発見は、単に大きさだけで選ばれているわけではないということでした。確かに大きいだけで選んでしまうほど、安価な買い物ではないですよね。

だからこそ、じっくりと自分の目で「欲しい機能」などを検討していくことをおすすめします。その際には、自分の中での優先順位を考えると選びやすいかもしれませんね。

  • 車体価格
  • 安全性
  • 乗降のしやすさ
  • 操作性
  • 燃費
  • 色・カラー
  • 取り回しの良さ
  • オプション

このように数ではキリがないかもしれませんが、ある程度、自分の優先順位をしぼっておくというのは必要です。オーダーメイドの服とは違って、クルマの場合には、100%が思うままの性能となることは少ないですよね。

また、税金に影響が出てしまう排気量について、5ナンバーにするのか、3ナンバーを選ぶのかなど、他にも考えることが出てくる可能性もあります。

ただ、納得をして自分で選ぶことが大切なのは言うまでもないですよね。

  • トヨタ ➡ グッとくる高級感と信頼の安定感があるクルマ
  • ホンダ ➡ 家族との絆と安全性能を第1に考えるクルマ
  • 日産  ➡ 静かな包容力と家族との時間を大切にするクルマ

こんな答えを見たような気がします。それぞれのメーカーの傾向やカラーといったものを考えて、自分のパートナーとなるミニバンを見つけられると良いですね。

ミニバンは、家にいるよりも家族や友人との距離を縮めたり、会話を増やしてくれる役割を持っています。

もう車は単なる移動手段ではなくなった現代だからこそ、大切なことをミニバンから教えてもらった気がしました。では、今日も安全運転で楽しいドライブをしてくださいね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう