アウディ・BMW・ベンツなど、外車のセダンを比較! おすすめ人気ランキング【2017年版】

外車

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



外車も最近ではコンパクトなタイプのものの人気が高まっているようですが、せっかく外車に乗るならやっぱりセダンという人も少なくありません。

ここでは外車おすすめセダンをランキング形式でお届けしたいと思います。

gaisya_01

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon/gallery.html


スポンサーリンク

 5位:アウディA3

◆価格:3,110,000円~4,470,000円

gaisya_02

引用:https://www.audi.jp/a3/lineup.html

<アウディA3セダン1.4L基本情報>

◆全長×全幅×全高……4465×1795×1405mm

◆ホイールベース……2600mm

◆車両重量……1330kg

◆エンジン……直列4気筒DOHCインタークラー付ターボ

◆総排気量……1394cc

◆最高出力……90kw(122ps)/5000-6000rpm

◆最大トルク……200Nm(20.4kgfm)/1400-4000rpm

◆トランスミッション……7速Sトロニック

◆燃費……19.5km/L

gaisya_03

引用:https://www.audi.jp/a3/lineup.html

2014年に追加されたA3セダンはMQBを採用、スポーティで軽快なイメージは高級国産セダンよりもカジュアルで乗りやすいです。

1.4リッター直噴ターボはパワー十分でありながら、19.5km/Lという低燃費を実現しています。

2.0Lでは、190psに1500回転からの強いトルクは街乗り以上です。

<アウディA3セダンの口コミ>

ボディサイズも日本の道では最適。

また、バーチャルコックピット、MMIも快適。

スマホと連動し、インターネット情報を表示し、いつでも、コンシェルジュに電話で問い合わせが可能。

最大の満足は、半自動運転機能と安全機能です。高速道路の運転は、本当に疲れませんし、渋滞時も楽です。

gaisya_04

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/a3.html

出展:http://minkara.carview.co.jp/car/audi/a3_sedan/review/detail.aspx?cid=167020


スポンサーリンク

 4位:フォルクスワーゲンパサート

◆価格:3,299,000円~5,049,000円

gaisya_05

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/passat/gallery.html

<パサート1.5L基本情報>

◆全長×全幅×全高……4785×1830×1465mm

◆ホイールベース……2790mm

◆車両重量……1460kg

◆エンジン……直列4気筒DOHCインタークラー付ターボ

◆総排気量……1394cc

◆最高出力……110kw(150ps)/5000-6000rpm

◆最大トルク……250Nm(25.5kgfm)/1500-3500rpm

◆トランスミッション……7速Sトロニック

◆燃費……20.4km/L

gaisya_06

引用:http://www.goo-net.com/car/VOLKSWAGEN/PASSAT.html

パサートは8代目となる歴史あるフォルクスワーゲンのトラディッショナルセダンです。

全幅1800mmを超える大きさでですが、MQBを採用することで軽量化、燃費は20.4km/Lと低燃費を実現しているのがポイントです。

クーペのような流れるデザインは格上の高級感が感じられます。

またゴルフバッグ4セットが入るトランクの大きさも特筆すべき点です。

gaisya_07

引用:http://car-moby.jp/media?id=172288&post=171578&num=14

<パサートの口コミ>

嫌味のないエクステリアとインテリア。

塗装がよく、エッジの効いたデザインとあまり見ない希少性が私の心に響きます。

イイモノに乗ってるなぁと自己満足。

初の輸入車で、コーディングで色々設定を弄れるのも車好きにはうれしいところでした。

トラフィックアシストによる渋滞支援や全車速クルコンは信頼度も高く、動きはスムーズ。

ベンチレーションは夏場は快適です。

gaisya_08

引用:http://kakaku.com/item/70101610261/

出展:http://minkara.carview.co.jp/car/volkswagen/passat_sedan/review/


スポンサーリンク

 3位:ベンツCクラス

◆価格:4,980,000円~13,570,000円

gaisya_09

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp

<ベンツCクラスローレウスエディション基本情報>

◆全長×全幅×全高……4715×1810×1435mm

◆ホイールベース……2840mm

◆車両重量……1540kg

◆エンジン……DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付

◆総排気量……1595cc

◆最高出力……115kw(156ps)/5300rpm

◆最大トルク……250Nm(25.5kgfm)/1200-4000rpm

◆トランスミッション……電子制御9速A/T

◆燃費……15.7km/L

gaisya_10

引用:https://gaisya-suteki.com/benz-c-class-coupe-singata-hyouka-nenpi-1820

ベンツCクラスはベンツの中で最も人気のあるモデルです。

またグレードの多さでも知られていますが、グレードによっては全く違うクルマだといえるでしょう。

中でもお勧めするのがローレウスエディション、かなりお買い得なグレードとなっています。

<ローレウスエディションの口コミ>

アクセルの微細な動きにも反応するダイレクト感までも得られるし、絶えずターボによる力強い加速が得られるエンジン回転数を維持するようにも走ってくれる。

そんな若々しくもあり、アクティブな世界観を漂わせるのが、「C 180 ローレウス エディション」。

gaisya_11

引用:http://jp.autoblog.com/2017/09/29/the-c-class-laureus-edition/

出展:http://jp.autoblog.com/2017/09/29/the-c-class-laureus-edition/


スポンサーリンク

 2位:BMW3シリーズ

◆価格:4,190,000円~8,320,000円

gaisya_12

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/sedan/2015/at-a-glance.html

<BMW3シリーズ基本情報>

◆全長×全幅×全高……4645×1800×1440mm

◆ホイールベース……2810mm

◆車両重量……1500kg

◆エンジン……直列3気筒DOHCガソリン

◆総排気量……1498cc

◆最高出力……100kw(136ps)/4400rpm

◆最大トルク……220Nm(22.4kgfm)/1250-4300rpm

◆トランスミッション……電子油圧制御8速A/T

◆燃費……17.2km/L

gaisya_13

引用:http://car-moby.jp/146526

<BMW3シリーズの口コミ>

普段に乗ることを考えるならベストな車ではないでしょうか、インテリアもモダンな雰囲気が出ていますし、ゆったりと寛げるのではないでしょうか

また「ドライビングコントロール」機能が搭載されておりスポーツ、コンフォート、エコプロの3種類から走行モードを選択できるシステム、この中でもエコプロモードはなかなか良く出来ているようで、「エコプロモード」、コンフォートモードより1段高めのギアを使って走ったり、エンジンレスポンスをコントロールしたりすることで、最大20%も燃料消費を抑えてくれるようです。

とにかく実用性を意識した一台だと思います。

出展:http://minkara.carview.co.jp/car/bmw/series_3_sedan/photo/

 1位:アウディA4

◆価格:4,470,000円~13,170,000円

gaisya_14

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4.html

<アウディA4 基本情報>

◆全長×全幅×全高……4735×1840×1430mm

◆ホイールベース……2810mm

◆車両重量……1450kg

◆エンジン……直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ

◆総排気量……1394cc

◆最高出力……110kw(150ps)/5000-6000rpm

◆最大トルク……250Nm(25.5kgfm)/1500-3500rpm

◆トランスミッション……7速 Sトロニックトランスミッション

◆燃費……16.6km/L

gaisya_16

引用:http://blog.livedoor.jp/auto2014/archives/1050878529.html

「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したA4セダン。

アバントではやや割高感を感じないわけでもありませんでしたが、セダンは447万円からとぐっと身近になりました。

またトランミッションが7速Sトロニックになり、よりしなやかな走りと爽快なフィーリングが実現されています。

<アウディA4の口コミ>

先代より色々な部分にエッジを利かせ守りのデザインの中に先鋭感を感じました。

シングルフレームは立体的になりとても凛々しい顔つきは個人的に好きな部分です。

ライト類は全てLED化され、ウインカーは前後流れます。

gaisya_17

引用:http://blog.livedoor.jp/auto2014/archives/1050878529.html

出展:http://review.kakaku.com/review/70101110212/

 アウディ・BMW・ベンツなど、外車のセダンを比較!まとめ

外車は国産車にくらべ、個性が豊かです。

選んでいて楽しくなりそうですね。

またドイツ車には提携やグループ経営によって、自動車の熟成が感じられます。

各々で技術を隠すのではなく、公開しさらに磨くことで業界全体の活性が保たれていることがよくわかります。

だからこそ、新しい挑戦も多く一見、地味に見えるモデルチェンジでも多くの仕掛けが盛り込まれているのです。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう