トヨタ・ホンダ・日産・マツダのセダン徹底比較!おすすめの人気車種を紹介!【2017年版】

各メーカー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



セダンといえば、最近ではすっかり数が減ってきました。

とはいえ、各メーカーはセダンを作っていますので、トヨタ・ホンダ・日産・マツダのセダンにどのようなモデルがあるのか、改めて見てみましょう。

maker_01

引用:http://toyota.jp/crownathlete/exterior/?padid=ag341_from_crownathlete_navi_exterior


スポンサーリンク

 トヨタのセダン

トヨタほど、セダンをラインナップしているメーカーは他にはありません。

◆カローラアクシオ……1,507,680円~2,482,920円

◆アリオン……1,897,855円~2,650,909円

◆プレミオ……1,908,655円~2,686,255円

◆マークX……3,207,600円~3,850,200円

◆カムリ……3,294,000円~4,195,800円

◆SAI……3,303,818円~4,339,637円

◆クラウン……3,963,600円~7,149,600円

◆MIRAI……7,236,000円

maker_01.png2

引用:http://toyota.jp/mirai/

よく売れているのはクラウン、カローラです。

またハイブリッドを持たないプレミオやアリオンも意外と売れていて、合計すると月販2000台は受注があります。

FCV「燃料電池自動車」、MIRAIも徐々に売れてきているようです。

MIRAIには230万円近くの税制優遇があるためかなり安くなり、購入の後押しになっているのかも知れません。

トヨタは安全運転支援システムの「トヨタセーフティセンスP」をまだ高級車にしか導入していませんから、高齢者も多く乗る5ナンバーセダンへの普及が急務です。

※「トヨタセーフティセンスC」では歩行者を検知しないため、歩行者にも自動ブレーキが作動する「トヨタセーフティセンスP」の搭載がこれからの購入要件として大きくなってきます。

maker_03

引用:http://toyota.jp/camry/exterior/?padid=ag341_from_camry_navi_exterior


スポンサーリンク

 ホンダのセダン

ホンダのセダンは5車種、トヨタと同じくFCV「燃料電池自動車」があります。

◆グレイス……1,769,040円~2,569,320円

◆シビックセダン……2,650,320円

◆アコード……3,850,000円~4,100,000円

◆レジェンド……6,800,000円

◆クラリティ フューエル セル……7,660,000円

maker_04

引用:http://www.honda.co.jp/CLARITY/webcatalog/styling/design/

グレイス、アコード、レジェンドについてはハイブリッドとなっています。

シビックセダンはガソリン車のみです。

すべてのセダン車にはクラリティ フューエル セルも含めて「ホンダセンシング」が搭載されています。

ホンダのセダンはクーペを思い起こさせるような流線形が特徴です。

maker_05

引用:http://www.honda.co.jp/ACCORD/webcatalog/styling/design/


スポンサーリンク

 日産のセダン

日産のセダンは全部で5車種。

すべて3ナンバーとなっています。

◆シルフィ……1,992,600円~2,674,080円

◆ティアナ……2,563,920円~3,513,240円

◆スカイライン……4,136,400円~6,098,680円

◆フーガ……4,775,760円~6,794,280円

◆シーマ……7,946,640円~9,026,640円

maker_06

引用:http://www.nissan.co.jp/CARLINEUP/?rstid=20140314rst000010002

ティアナ、シルフィはガソリンモデルのみ、フーガとスカイラインはガソリンとハイブリッドをラインナップしています。

シーマはすでにハイブリッドのみです。

エマージェンシーブレーキを搭載するのはシーマ、フーガ、スカイライン、ティアナです。


スポンサーリンク

 マツダのセダン

マツダのセダンはアクセラとアデンザの2車種です。

パワートレインごとの価格に差がありますね。

マツダのクルマはどんどん大きくなる傾向があるようで、すべて3ナンバーとなっています。

maker_08

引用:http://minkara.carview.co.jp/car/mazda/atenza/

◆アクセラガソリン……1,825,200円~2,619,000円

◆アクセラディーゼル……2,338,200円~3,310,200円

◆アクセラハイブリッド……2,505,600円~2,879,000円

◆アテンザガソリン……2,797,200円~3,364,200円

◆アテンザディーゼル……3,207,600円~4,001,400円

マツダのセダンは全ての車種でサポカーSワイドに該当しています。

maker_07

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/#axela-sedan

安全運転支援システムでは、ホンダ、マツダが充実していることがわかります。

むしろトヨタは遅れている印象が強いです。

 おすすめセダン

クラウン、アコード、スカイラインあたりのセダンは先進性があり、スペックも充実していますが、ここでおすすめしたいセダンはマツダのアクセラハイブリッドです。

走行性能、安全性、経済性それらのバランスがとても優れているのがアクセラハイブリッドとなります。

プリウスと同じハイブリッドシステムですが、燃費重視ではなく走行性能重視のクルマです。

どんな車なのか概要を見てみましょう。

maker_09

引用:http://minkara.carview.co.jp/car/mazda/axela_hybrid/review/

<アクセラハイブリッド基本情報>

◆全長×全幅×全高……4580×1795×1455mm

◆ホイールベース……2700mm

◆車両重量……1410kg

◆エンジン……水冷直列4気筒16バルブ

◆総排気量……1997cc

◆最高出力…..73kw(99ps)/5200rpm +モーター60kw(82ps)

◆最大トルク……142Nm(14.5kgfm)/4000rpm +モーター207Nm(21.1kgfm)

◆燃費……30.8km/L

<アクセラハイブリッド試乗レポート>

プリウス同様、アクセルペダルを軽く踏めばEV発進することができるが、アクセル開度を上げるとエンジンが始動する。

モーターとエンジンの繋ぎ方がとても上手く、途中でエンジンが始動した場合の振動も非常に少ない

これには本当に驚かされたのだが、不覚にも、”本家のトヨタよりもいいじゃん”と思ってしまったほどだ。

プリウスはもちろんのこと、上級車であるSAIよりも洗練されている印象を受ける。

maker_10

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/2068596/car/1570716/profile.aspx

出展:https://ilovedemio.com/archives/10038

ちょっと重めのハンドルを切ったときの車体の動きは重厚感あるもので、そんじょそこらのドイツ車よりドイツ車らしいといえるほどのもの。

ごく低速から大きな力を出す電気モーターで走り出し、やがて速度があがりエンジンにバトンタッチするときに切れ目ないスムーズな加速感の気持ちよさ。

maker_11

引用:http://car-moby.jp/197577

出展:https://gqjapan.jp/car/review/20140217/mazda-axela-2

 トヨタ・ホンダ・日産・マツダのセダン徹底比較!まとめ

各メーカーのセダンはいかがでしたでしょうか。

各社、クルマの世代交代の中にあって、売り上げ台数があまり伸びないセダンについては消極的な側面もあるようです。

セダンのモデルチェンジよりも、SUVの新しいモデルを出す方が大きな利益を生むということですね。

セダン好きにとってはちょっと寂しいようなそんな気がします。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう