新型5ナンバーセダンを比較! おすすめ人気ランキング!【2017年版】

セダン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



車両価格も比較的安く、燃費も経済的な5ナンバーセダンですが、どんな車種があるのでしょうか。

比較しながら情報を見ていきましょう。

5number_01

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20160719-20102906-carview/


スポンサーリンク

ハイブリッドの5ナンバーセダン

5ナンバーセダンにはマイナーチェンジで延命しているともいえるガソリン車のみのタイプとハイブリッドを追加した車種があります。

トヨタプレミオ、アリオンはハイブリッドをラインナップしていません。

延命といいましたが、じつはこれらのクルマはガソリン車としてのニーズが強く、じゅうぶん売れていることから、いまだにハイブリッドモデルが追加されていないようです。

一方、ガソリン車とハイブリッド車を併用し販売する5ナンバーセダンもありますので、ご紹介します。

【ホンダグレイスハイブリッド】34.8km/L

価格:1,979,640円~2,569,320円
5number_03

引用:http://www.honda.co.jp/GRACE/webcatalog/styling/design/

アッパーミドルクラスのセダンが持つ広い室内と、流麗なデザインそして質感、走り、燃費をすべて実現させたホンダで唯一の5ナンバーセダンです。

2014年発売と歴史は浅く、当初はハイブリッド専用カーであったところを翌年2015年にガソリン車を追加することになりました。

2017年にマイナーチェンジが行われ、安全運転支援システム「ホンダセンシング」が採用されました。

ホンダセンシングはレス化も可能です。

グレイスの「ホンダセンシング」にはレジェンドについで2車種目となるオートハイビームが装備されています。

5number_04

引用:http://www.honda.co.jp/GRACE/trip/

※ホンダセンシング

・衝突軽減ブレーキ(前走車・対向車・歩行者)

・誤発進抑制機能

・歩行者事故低減ステアリング

・路外逸脱抑制機能

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

・LKAS(車線維持支援システム)

・オートハイビーム

・先行車発進お知らせ機能

・標識認識機能

5number_05

引用:http://www.honda.co.jp/GRACE/trip/

<ホンダグレイス基本情報>

◆全長×全幅×全高……4450×1695×1475mm

◆ホイールベース……2600mm

◆車両重量……1170kg

◆エンジン……水冷直列4気筒横置

◆総排気量……1496cc

◆最高出力……81kw(110ps)/6000rpm +モーター22kw(29.5ps)

◆最大トルク……134Nm(13.7kgfm)/5000rpm +モーター160Nm(16.3kgfm)

◆燃費……26.6km/L~34.8km/L

5number_06

引用:http://www.honda.co.jp/GRACE/webcatalog/interior/cabin/

【トヨタカローラアクシオ】34.4km/L

価格:2,073,600円~2,482,920円

5number_02

引用:http://www.biz-newspaper.com/toyota/corolla_axio.html

カローラは1966年から発売される日本を代表する庶民カーですが、海外での資産価値も高く、特にアフガニスタンでは人気が高く市内を走る乗用車の9割がカローラだといいます。

ハイブリッド車が追加されたのは2013年8月。

アクアと同じハイブリッドシステム「リダクション機構付THS-Ⅱ」が採用され、2015年にはトヨタ車初の「トヨタセーフティセンスC」が採用となっています。

2017年10月に2度目のマイナーチェンジを行い、インテリジェンスクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が標準装備、一部オプション設定となりました。

さらに燃費を34.4km/Lに改良。

5number_07

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/exterior/?padid=ag341_from_corollaaxio_navi_exterior

※トヨタセーフティセンスC

・自動ブレーキ・プリクラッシュセーフティシステム(対車両)

・車線はみ出しアラート・レーンディパーチャーアラート

・自動ハイビーム・オートマチックハイビーム

・先行車発進アラーム

5number_08

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/interior/?padid=ag341_from_corollaaxio_navi_interior

<トヨタカローラ基本情報>

◆全長×全幅×全高……4400×1695×1460mm

◆ホイールベース……2600mm

◆車両重量……1140kg

◆エンジン……直列4気筒

◆総排気量……1496cc

◆最高出力……54kw(74ps)/4800rpm +モーター45kw(61ps)

◆最大トルク……111Nm(11.3kgfm)/3600-4400rpm +モーター169Nm(17.2kgfm)

◆燃費……34.4km/L

5number_09

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/interior/?padid=ag341_from_corollaaxio_navi_interior

5ナンバーということもあり、グレイスもカローラもスペックは似たクルマになります。

ハイブリッドということでどちらも燃費はトップクラスです。

大きく違うところは「ホンダセンシング」と「トヨタセーフティセンスC」

ホンダセンシングが、歩行者の認識ができるのと違い、トヨタセーフティセンスでは対車両にしか自動ブレーキが作動しません。


スポンサーリンク

2リッターの5ナンバーセダン

車重の軽い5ナンバーで2リッターであれば、かなりパワフルとなり余裕をもって走らせることができます。

5ナンバーでの2リッターカーはアリオンとプレミオです。

アリオンがトヨタ店、プレミオがトヨペット店での扱いとなる以外では、アリオンが30代~40代をターゲットとしているのに対して、プレミオは60代以上を取り込むことで住み分けをしています。

エンジンは2.0Lの他に1.8L、1.5L,いずれも直列4気筒DOHC、トランスミッションはCVTです。

5number_10

引用:http://toyota.jp/allion/gallery/

アリオンとプレミオが登場したのは2001年、カリーナとコロナの後継車種として誕生しました。

広い室内とリクライニング機能をもつリアシートが特徴的です。

2007年にはフルモデルチェンジ、ラグジュアリー色の強い路線へ、その翌年2008年に2.0Lのモデルが発売されたのです。

それから8年目の2016年6月に2度目のマイナーチェンジとなりました。

それによりアリオン・プレミオ2.0Lに「トヨタセーフティセンスC」が標準装備されます。

5number_11

引用:http://toyota.jp/allion/gallery/

<トヨタアリオン2.0L基本情報>

◆全長×全幅×全高……4590×1695×1475mm

◆ホイールベース……2700mm

◆車両重量……1270kg

◆エンジン……直列4気筒

◆総排気量……1986cc

◆最高出力……112kw(152ps)/6100rpm

◆最大トルク……193Nm(19.7kgfm)/3800rpm

◆燃費……15.6km/L


スポンサーリンク

新型5ナンバーセダンを比較!まとめ

考えてみると日本の5ナンバーセダンというのは、カローラ、グレイス、アリオン、プレミオの4種類しかないのですね。

かつてはセダンがクルマの主流であったことを思うと、なんとなく寂しいような気がします。

それから、「トヨタセーフティセンスC」の上位に位置する「P」(歩行者も検知)は同じセダンでも、3ナンバーから対応しているようですね。

「P」を搭載している3ナンバーセダンはクラウン、カムリです。

「P」を搭載するには大幅な改良が必要になるとのことで、売り上げの大きなクルマから先行していて、後回しとなったのが、カローラ、アリオン、プレミオ、他にはエスティマもそうですね。

そうなってくると5ナンバーセダンで有力となってくるのがホンダグレイスです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク