人気の新型軽自動車 おすすめ比較ランキング【2017年度版】

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型軽自動車に関する人気データがたくさん出ています。

そこで最新版のおすすめ新型軽自動車を人気ランキング形式でご紹介いたします。


スポンサーリンク

人気の新型軽自動車を比較!おすすめ車種2017

カスタムツートーン プレミアムホワイト。パールⅡ & ブラック

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

2017年も後半に差し掛かり、何かやり残した気持ちがする人も、今年はうんと充実したと思う人も、軽自動車のお世話になっている人は多いのではないでしょうか?

今年も新たな挑戦と改良をもって、新型軽自動車が主役になる時代を走っていたような気がします。では、さっそくランキングを見ていきましょう。


スポンサーリンク

第10位 ハスラー 価格 1,078,920円~

スキー場でもハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

人気アイドルやキャラクターを使ったにぎやかなCMでも話題となったスズキのハスラーですので印象に残っている人も多いですよね。

ハスラーは、ポップな色からモノトーンまでカラーバリエーションが豊富で、自分仕様に変えることが可能になることも人気の秘密がありそうです。

Xターボ 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,665mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

カラーは、パッションオレンジ ホワイト2トーンルーフのような鮮やかな色からクールカーキパールメタリックといった落ち着いたトーンなどをGターボは11色から、Aタイプなら5色から選ぶことが可能です。

また、ブルーイッシュブラックパール3といったシックな色などもX・Xターボなど11色から選ぶことが出来るので色選びも楽しみたいところですね。

  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,290mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L

スズキのSエネチャージを採用しているので、低燃費を実現することも可能なので経済的にも良いですよね。このSエネチャージというのは、モーターによるエンジンをアシストする技術のことですが、これがあることで無駄なガソリン消費を防いでくれるのです。

また特徴としては、可愛い4WDとして街乗りだけでなく大自然をバックにキャンプにも向いているところです。


スポンサーリンク

第9位 Nワゴン 価格 1,090,000円~

ブリティッシュグリーン

引用:http://www.honda.co.jp/N-WGN/

続いては第9位にランクインしてきたホンダのNワゴンです。こちらの仲間には、Nワゴンカスタムや特別仕様車、福祉車両まであります。また、予防安全性能評価では、「ASV+」を獲得しておりホンダの最新技術が搭載されていることも信頼できる証ですね。

Cタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1655mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

Nワゴンの色は、ブリリアントスポーティブルー・メタリックのように鮮やかな色から誰からも愛されるプレミアムホワイト・パールまで9色が揃っています。

また、カスタムは7色、2トーンカラーならお洒落度がアップするようなプレミアムベルベットパープル・パール&ブラックをはじめとして5色もそろっています。

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 29.4km/L

「安心パッケージ」というオプションをパックで取り付けることが可能なので簡単だし気持ちも安心ですよね。安心パッケージには、シティブレーキアクティブシステムといって低速域での衝突軽減ブレーキに、誤発進抑制機能が加わっているものなどが含まれます。


スポンサーリンク

第8位 アルト 価格 847,800円~

styling9

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

続いて人気は第8位に上ってきたスズキのアルトですね。このアルトは、歴史があり、低燃費がガソリン車で№1ということから実用的な使い方を好む人たちに愛されています。

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,500mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

アルトの色は、爽やかな印象のフィズブルーパールメタリックをはじめとしてシックなブルーイッシュブラックパール3ミディアムグレー2トーンバックドアまで11色パターンが用意されています。

  • ホイールベース ➡ 2,460mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 650㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 37.0km/L

アルトの特徴は低燃費だということがありますが、車体が軽自動車の中でも非常に軽くできていることも理由の一つですね。また、車体が軽くなった分だけ走りにも大きな差が生まれることも注目です。

この他に、アルトの仲間は、スタイリッシュなアルトワークスやスポーティータイプのアルトターボRSがあります。自分に合ったタイプを見つけてくださいね。

第7位 ミラ 価格 884,572円~

ライトローズマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira

ラッキーな数字の第7位は、ダイハツのミラです。ダイハツのミラは、ダイハツの歴史を築いてきたといわれるくらい大切な車種として存在しています。

編集スタッフが初めて免許をとって恐る恐る公道へ練習に出たのも、ミラでしたので懐かしい気持ちがしているようです。

X”Special”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,530mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

ダイハツ車種の中では、もっとも低価格なことから購入がしやすいことがあり最近ではOLだけでなく、高齢者にも人気があるということです。どちらかというとダイハツ車種の中ではお姉さん的な存在のようですね。

  • ホイールベース ➡ 2,490mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,310mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.2M
  • 燃費消費率 ➡ 24.2km/L

こちらは低燃費だけでなく、最小回転半径が最小の4.2Mということで小回りがすごく効いてくるので住宅街などの狭いスペースにも、取り回しが楽にこなせますね。

色は、落ちつた中にも洗練された印象を持つプラムブラウンクリスタルマイカを始めとして合計5カラーです。色のパターンが少ないと思われる人がいるかもしれませんが、ミラの場合には、必要なものだけを使ったシンプルさで価格を低く抑えているので、それらを考慮すると充分カラーを楽しめますね。

第6位 スペーシア 価格 1,274,400円~

フェニックスレッドパール

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

続いて第6位には、この頃は特に登場回数が増えているスズキのスペーシアの登場です。それだけ話題になっている秘密は、スズキのSエネチャージという低燃費さに加えて、少し上質感をもったお姉さん的な存在として優秀な使い心地を与えてくれるからではないでしょうか。

Gタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,735mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,425mm

スペーシアの色は、Xの場合、温かな春の日差しのような色でシフォンアイボリーメタリックを始めとして、センスアップが魅力のアーバンブラウンパールメタリック ホワイト2トーンルーフまで、合計で10色パターンがあります。

Gタイプは、そのうち7色なので購入する時には、シートの内装色をはじめ色やタイプをしっかりと確かめて選んでくださいね。

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 32.0km/L

他には、スペーシアカスタムが仲間として出ており、同じように人気車種としてみんなに選ばれているようです。

また、スペーシアにはスライドドアがあることで、荷物の出し入れはもちろん、小さな子どもを連れて乗降がしやすいメリットがあることも人気の理由ですね。

第5位 タント 価格 1,220,400円~

ホワイト×シルキーブルーパール

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto

第5位に輝いたのは、ダイハツのタントです。初めて発売されたころには、背が高く四角い車だなって軽自動車のこれまでのスタイルとは異なった印象を受けた人も多かったようですね。

Lタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm  全幅 ➡ 1,475mm  全高 ➡ 1,750mm  総排気量 ➡ 658cc

タントの色は、甘い優しさが感じられるライトローズマイカメタリックⅡを始めとして、深みのあるトーンのメテオライトグレーイリュージョナルパールまで10色あり、他にツートーンが2色とカスタムが8色となり、合計で20色といった多様な色パターンを楽しむことが出来るようになっています。

  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,300mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 920㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 28.0km/L

大きな形状に見えますが、乗せてる安心は大きくても小回りは4.4Mとタントも最小クラスの最小回転半径になっています。そのため、保育園のお迎えなど狭いところを走らなければいけないときにも楽々取り回しがききますね。

室内が広く、スライドドアがあることで大きな窓が魅力です。赤ちゃんや小さな子どもが寝てしまっても抱っこしたままで乗降が出来るため、子育て世代に人気があることも上位に選ばれている証ですね。

他にはタントカスタムがあり、力強さとクールなカラーによって男性にも「乗ってみたい軽自動車」として人気が高い車種となっています。

第4位 ワゴンR  価格 1,078,920円~

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

第4位に登場してきたのは、スズキのワゴンRです。ワゴンRも、軽ハイトワゴンとしてのジャンルを築き上げたことで「歴史を残している軽自動車」として知られています。

FA 2WD CVTの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,650mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,460mm

ワゴンRの色は、CMで印象的だったサニーイエローメタリックとブリスクブルーメタリックを筆頭に全部で20種類以上の色パターンを展開しています。

これらは、ボディカラーと内装などの組み合わせによって、タイプごとに設定されているので、購入の際には自分の欲しいタイプにある色カラーを担当者に確認してくださいね。

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L

燃費消費率も30km/Lを越えているという実用車です。スズキの最新技術であるマイルドハイブリッドを採用しているので低燃費へ貢献できるのですね。マイルドハイブリッドは、モーターは必要なエンジンがかかり走り始めるといった時にだけ作用するので無駄なガソリン消費を抑制するといった技術です。

ワイドなボディにも関わらず、最小回転半径が小さいので駐車場での出し入れが苦手な人も、これだとハンドルを握りやすくなりますよね。

第3位 ムーヴ 価格 1,112,400円~

石畳のうえ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

堂々のベスト3にランクインしてきたのは、第3位のムーヴです。ムーヴは、クルマの基本がしっかりとあることにこだわっているため、信頼ある軽自動車として選ばれているようですね。

 L 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,630mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm

先ほどの車の基本と同じように、誰にとっても乗降が楽で扱いやすいといった「当たり前」だと思われることにもこだわっているところは、リスペクト級です。

色は、10カラーパターンがあり、カスタムになると8色があります。自分のスタイリングに合ったタイプを選んでくださいね。

  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 31km/L

ムーヴのシリーズには、ムーヴカスタムやムーヴキャンパスがあります。どれも個性的で、ぶつかり合わない自己主張が素敵です。

主にですが、ムーヴでは子育て世代、ムーヴキャンパスは女性、ムーヴカスタムは男性にと人気が高いことが見受けられます。誰にとっても愛着がある軽自動車としては、納得の1台ですね。

第2位 デイズ 価格 1,140,480円~

デイズ ➡ レモンライム

引用:http://www2.nissan.co.jp/SP/INTELLIGENTKEI/

第2位に輝いたのは、現在大注目の日産デイズです。このデイズは、ハイトワゴンを越える、スーパーハイトワゴンとして出てきており、視界も広く大きく前面に出しているのが特徴です。

Jタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,620mm
  • 総排気量 ➡ 659cc

色は、海をイメージしているオーシャンブルーといったネーミングも楽しい全部で14色パターンがあることも特徴ですね。ターボを含めると20色も越える豊富なバリエーションが気になるところです。

  • ホイールベース ➡ 2,430mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,300mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率  ➡  23.0km/L

最小回転半径や燃費消費率にしても、他の軽自動車と互角で台頭できるスペックを持ちながら、「かしこさを追及している」という表現にあるように、安全性と快適性を追求していることがよく分かりますね。

また、軽自動車初となる4コートメタリックという4Mを採用しているところも色の不思議です。この4層構造は、現在はプレミアムサンシャインオレンジだけに採用されており、他の色は2層構造となっています。

第1位 Nボックス 価格 1,385,640円~

モーニングミストブルー・メタリック  プレミアムグラマラスブロンズ・パール

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

そして最後に堂々の栄えある第1位に輝いたのは、ホンダのNボックスです。ホンダのNボックスは、他の部門でも1位に輝く快挙を成し遂げているように、実力と人気を常に高く持っているといえますね。

Gタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,790mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

このNボックスには、品格のあるプレミアムホワイト・パールⅡをはじめとしてショーウィンドウに飾られるチョコレートのようなプレミアムアガットブラウン・パール&ホワイトまで、全部で14色パターンがあります。

また、ツートーンはこのうち4色あり、面白いのはキーが車体と同色のものが用意されるというものです。ブラックもキーに限っては、ツートーン仕立てになるそうです。

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 890㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 27.0km/L

また、Nボックスには、8色の中から選べるNボックスカスタムもあります。その色の中では、プレミアムグラマラスブロンズ・パールという色が気になりますね。

このプレミアムグラマラスブロンズ・パールは、光の当たり方でルージュやグリーンといったように色彩が変化するダークブロンズだそうです。色って不思議な力を秘めていますので、じっくりと見てみたい感じがしますね。

新型軽自動車おすすめ人気ランキングまとめ

タント大きなドア

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto

では、新型自動車おすすめ人気ランキング今日のまとめです。

たくさん良い車種を見てしまっているので、しぼるとなるとなかなか難しいところがありますね。使う人や、生活状況などによって、何を重要視するかは購入する人にしか分からないのですが、こちらでは項目でおすすめを決定してみました。

  • 街乗りにもキャンプにも行きたい人へおすすめ ➡ スズキのハスラー

これは、可愛い4WDに期待を込めてのおすすめという意味もありますが、何といってもその可愛いボディにメロメロになってしまいそうです。

  • 低燃費で経費を節約したい人におすすめ ➡ スズキのアルト

お金を掛けずに、場所も取らないとなれば、やはりアルトが一番ですね。その歴史を見ても安心して購入できるのではないでしょうか。

  • 子育て世代の人におすすめ ➡ ダイハツのタント

これは、CMでも分かるように装備を見ても、まさに子育てのために生まれたような軽自動車ですから押させていただきました。

  • 総合でおすすめ! ➡ ホンダのNボックス

こちらは文句なしの優れた軽自動車ですよね。外観も燃費も安全性も、そして子育て世代に必要なスライドドアまで、トータルでバランスが取れた車ですので、人気車種としては最優秀といえそうです。

今日は、こうして色々な軽自動車を人気順に見ていきましたが、人気のある軽自動車というのは、やはりそれにしかない性能や、選ばれるだけの魅力を持っていました。

これらを参考にして、性能の良い車はたくさんありますが、やはり流されずに自分のライフスタイルに合う軽自動車を探してみることも大切でしょうね。今日も安全運転で、走行を楽しんでください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク