新型軽自動車の大きさを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型車種も、機能性が高くなり個性豊かな車種が多くなってきました。

そこで今回は、新型軽自動車の大きさを比較したデータを基におすすめの人気車種をランキング形式でご紹介いたします。


スポンサーリンク

人気ランキングでの新型軽自動車の大きさを比較!

雨の日の自転車

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

新型軽自動車の情報がたくさんあって調べると面白いことが分かりました。軽自動車が「売れない都道府県ランキング」では、やはり東京都が第1位でした。

都心だと電車の移動が多いことや、大きな会社などもあり乗るとしたら大きな車が多いということかもしれないですね。トヨタの本陣である愛知県が第4位というのも少し頷けますね。

そんな軽自動車ですが、たくさんある中で人気ランキングの車種にしぼって、大きさを比較したので見ていきますね。


スポンサーリンク

第10位 キャスト

キャスト スタイリング③

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast

キャストは、大きく3タイプに分かれているダイハツのお洒落な軽自動車です。サイズ的には、下記のようになります。

“プライム コレクション SA Ⅲ”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,600mm
  • 室内高 ➡ 1,245mm
  • 幅 ➡ 1,320mm
  • 長さ ➡ 2,005mm

新型軽自動車としては、本当に標準の大きさです。キャストの場合には、洗練されたそのスタイルから分かるように、外観を重要視している部分もあるので、どうしても高さには限りが出てくるようで、そのため大きさ的には他の車種より下回ってしまいました。

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.7M
  • 燃費消費率 ➡ 30.0km/L

価格帯に関しては、1,225,800円~1,706,400円といった感じで、標準から少し高めといった形で設定されています。そのぶんの性能は確かにあるので、走りを重視する人はスポーティータイプで楽しむことも出来ますね。

スタイリッシュに決めるキャストも、スポーツカー気分で走るキャストも、行動派のキャストも、いろんな表情を自分で選ぶ楽しみが増えそうです。


スポンサーリンク

第9位 デイズ

デイズ ➡ プレミアムサンシャインオレンジ 

引用:http://www2.nissan.co.jp/SP/INTELLIGENTKEI/

日産が出したことで、ルークスとともに注目をされている車種です。

スーパーハイトワゴンとしてデビューしてから、インテリジェント機能がたくさんあることで子育て世代に人気が高い車種なんですね。

デイズ の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,775mm
  • 室内高 ➡ 1,400mm
  •   幅 ➡ 1,320mm
  •  長さ ➡ 2,235mm

大きさ的には、Nボックス、ウェイクに次ぐ高さが、子育てをしている世帯にとっては動きやすく、赤ちゃんのお世話や小さな子どもの着替えなどがしやすいということで魅力的に映るようです。

  • 総排気量 ➡ 659cc
  • ホイールベース ➡ 2,430mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,300mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 920㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 22.0 km/L

室内も広くて色も綺麗なのですが、少し重量が軽自動車にしてはあることで燃費にとってはプラスになりにくいと考える人もいました。

あとは、軽自動車としてなじみがまだ浅いということで残念ながら第9位という結果になりました。しかし、デイズは今注目の車種なので、自分の目で確かめるという意味では、一度試乗してみるという手もありますよね。


スポンサーリンク

第8位 ムーヴ

スペック1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

今度は、軽自動車の代表格であるムーヴが第8位で登場してきました。新型ムーヴとムーブCustomが同一車名で数字を稼げる車種です。

大きさ的には、新型軽自動車としては標準タイプですが、大人が4人で乗車しても楽だという点が人気のようです。

L 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,630mm
  • 室内高 ➡ 1,280mm
  • 室内幅 ➡ 1,320mm
  • 室内長さ ➡ 2,080mm

クルマの場合でも「基本がしっかりとあること」が、当たり前なのですが、そういった重要なことが意外と忘れられてしまいます。

また、ムーヴは、そういったことを丁寧に考えられているため、誰にとっても扱いやすくて、乗降がしやすい新型軽自動車として定着をしたようですね。

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
  • 燃費消費率 ➡ 27.4km/L

ムーヴにも、ムーヴカスタムがあり、シリーズで言うとムーヴキャンパスまであります。全く異なる性格の車でありながら、大切なことは全車種が共有しているところが信頼されているのでしょう。

スマートアシストⅢに進化したのですが、そういった最新技術も搭載していることから安全性や走行性能に関しても、人気が集まるわけですね。

第7位 ワゴンR

ブレイブカーキパール

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

第5位には、王道を走るワゴンRの登場です。ワゴンRは、背が高いのでちょっとした観葉植物やコレクションなどを安心して積むことが出来ます。

シートリフト&スライドの機能があるため、体にぴったりのドライブポジションを得られることで疲れにくいドライブをすることが出来ることも特徴です。

FA 2WD CVTの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,650mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,460mm

基本に忠実にした大きさでも、最小回転半径が4.4Mと強さの裏には、コンパクトな構造が考えられているのですね。これだと、大人が4人と荷物があっても大丈夫なことが分かります。

  • 室内高 ➡ 1,265mm
  • 室内幅 ➡ 1,475mm
  • 室内長さ ➡ 2,450mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L

室内の長さがあることで、例えば釣り竿だったり、自転車だったり、長さがある荷物も楽々なんですね。おまけに静かなエンジン始動で室内でも快適に過ごせるのも便利です。

そこにワゴンRスティングレーを加えると、力強さも増した行動派の人に似あう車に変身です。室内が広いとはいえ、最小回転半径が4.4ということは狭い住宅街でも自由に行きかうことが出来ますよね。

ワゴンのメリットと乗用車のメリットを上手く組み合わせて考えられた新型軽自動車ですので、年齢や性別に関係なく愛されそうです。

第6位 Nワゴン

ブリティッシュグリーン

引用:http://www.honda.co.jp/N-WGN/

第6位には、Nワゴンがランクインしてきました。四角い感じとコロンと丸い感じが加わったような見方でどんどんイメージが変わる車ですね。

Cタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1655mm

これだけの広さを得るために、Nワゴンでは荷室をホンダの特許技術である「センタータンクレイアウト」で両立させたことが魅力です。これにより荷物も最大で奥行きが37㎝も取れるという強者なんですね。

  • 室内高 ➡ 1,300mm
  • 室内幅 ➡  1,355mm
  • 室内長さ ➡ 2,055mm
  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
  • 燃費消費率 ➡ 29.4km/L

それから、シートパターンが豊富なので楽しい気持ちで乗っていられることが、メリットの大きなところになりそうですね。

また、小さな赤ちゃんやママに嬉しい「すべての窓で日差し対策」があるので、肌を傷めずに済みそうです。

第5位 ハスラー

友人たちとキャンプ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

第5位には、スズキのハスラーがランクインしました。ハスラーは、アイドルやキャラクターを使ったCMがインパクト大でしたね。

Xターボ 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,665mm

可愛い4WDとして人気が高いハスラーですが、街乗りも自然を楽しむ冒険も出来るスタイルが若い女性を中心に話題になっているようです。

  • 室内長さ ➡ 2,160mm
  • 室内幅 ➡ 1,295mm
  • 室内高さ ➡ 1,250mm

室内は、高さがそこまでない代わりに「シートアレンジが豊富」という点と「アクセサリーが多い」ので、女性に支持される要素をしっかりと掴んでいるのですね。

そういう意味では工夫次第で、キャンプの荷物をはじめたくさん積めそうです。女の子が集まると盛り上がりそうな1台です。

  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,290mm/1,290mm
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L

色・カラーは、ポップな色からモノトーンまで、11色ありますが、2トーンと単色では、また表情が違います。そんなちょっとの変化も見逃さない女性にも、おしゃれな男性にも、ハスラーはセンス良く繋がってくれそうです。

第4位 スペーシア

シフォンアイボリー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

続いては、スペーシアが第4位で登場してきました。スペーシアは、まだ少数派のスライドドアに対応している車種です。

スライドドアが使えるということは、小さな子どもが寝ているときなど抱っこしたまま連れて乗降が出来るということですよね。ベビーカーも載せることができるので子育て世代に人気が高いようです。

Gタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,735mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M

パパもママも運転が楽に出来るように、体格に合わせてシートやステアリングの位置をきめ細かな調節することが出来るのもうれしい心遣いですよね。

室内の高さもトップクラスですので、乗降が楽に出来そうです。もちろん、高齢者の乗降もしやすくなっています。

  • 室内高 ➡ 1,375mm
  • 室内幅 ➡ 1,320mm
  • 室内長さ ➡ 2,215mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 850㎏
  • 燃費消費率 ➡ 32.0km/L

これだけ広くて、無理なく乗降できるスペーシアは、Sエネチャージで静かな低燃費で32.0km/Lという性能の良さもママにとっては嬉しいですよね。

色は、シフォンアイボリーなどの優しい色から、ビビットなフェニックスレッドパールなど、10色から選ぶことが可能な優しい1台です。

第3位 タント

ブラックマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto

いよいよ、ベスト3の発表になり、ここで子育て世代のために生まれたようなタントが第3位にランクインしてきました。

新型軽自動車タントは、スライドドアが大きく開くことで、赤ちゃんを抱っこしたまま乗せることが出来たり、ベビーカーをそのまま載せることが出来ると話題の1台ですね。

Lタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,750mm
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,300mm/1,295mm
ベビーカーもそのまま載せることが出来る

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto

  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 室内高 ➡ 1,365mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長さ ➡ 2,200mm
  • 車両重量 ➡ 940㎏
  • 燃費消費率 ➡ 28.0km/L

タントには、タントカスタムも車名が同じということで大きな数字を稼ぐことが出来る車種です。そのため、支持される人は年齢や性別に関係なく、たくさんいるようです。

実は我が家にも、タントカスタムがいるのですが、見かけよりも荷物が入ることと、燃費性能が良いことが個人的には好きですね。デザイン性のあるマスクに室内の洗練された空気管も軽自動車の中では最高の1台だといってもいいくらいです。

タントカスタムのように力強さとクールさ、タントのように赤ちゃんに優しいスタイルと異なる表情もタントの魅力ですね。

もちろん、ムーヴと同様にスマートアシストⅢを搭載していることから安全性もしっかりしているので大切な命を乗せるのに安心できますね。

第2位 Nボックス

カスタム ツートーン ミラノレッド&ブラック

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

どの部門でも上位を占めているNボックスが大きさでは、第2位で登場してきました。Nボックスは、大きさ、燃費、安全性能、走行性能と、バランスの取れている優れた軽自動車なので、売り上げにも人気の高さが反映されていることが分かります。

Gタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,790mm
デザイン画①

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 室内高 ➡ 1,400mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長さ ➡ 2,240mm

シートがスライドすることから後席で赤ちゃんのおむつ交換が楽に出来るのも子育て世代に支持されるところのようです。

また、室内が広いこと=大きさにゆとりがあるってことですので、やはり4人で乗ることを考えた新型Nボックスでは、後席の子どもの様子が分かりやすいことが安心ですよね。

  • 車両重量 ➡ 890㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 27.0km/L

大きさを重要視しても広ければ良いわけではないですよね。何よりも、気になることは日差しの強さです。

エアコンで温度をコントロールしても、太陽の日差しは、オゾン層の破壊もあって肌にはトラブルを招きやすいことが知られています。そんなデリケートな赤ちゃんの肌などにとっては、強い日差しを避けてあげたいですよね。

まさに、UVケアは軽自動車を選ぶための重要な項目だという人も多くいます。そこでNボックスでは、360°スーパーUV・IRカットパッケージによって強い日差しから赤ちゃんやママの肌を守ることが出来るようになりました。これは、男性も嬉しい人が多いのではないでしょうか。

第1位 ウェイク

大きなウェイク

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

堂々の第1位には、キャンピングカーとしても使えるダイハツのウェイクがランクインしました。

親子で元気に自然を楽しむことも、友人たちとワイワイキャンプを楽しむことも出来るウェイクは、背が高くて室内も大きいことから車中泊も出来るのです。

“レジャー エディション SA Ⅱ”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,835mm
  • 室内高 ➡ 1,455mm
  •   幅 ➡ 1,345mm
  •  長さ ➡ 2,215mm

いろんな使い方が出来るってことは、シートや室内に汚れた靴で上がらなければいけないことが心配されますよね。

そんな時でも、安心できる装備を搭載しているので泥だらけの靴でも平気で乗ることが出来る室内になっています。これは、子どもたちが泥だらけになって元気に遊んでも、ママが安心できることが嬉しいですよね。

全方位ウェイク

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 1,020㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.7M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L

メリットは、左右分割ロングスライド・左右分割リクライニング・ステアリングやシートの高さ調節も出来ることです。自分の必要な広さをシートアレンジで生み出すことが可能なんですね。

  • 車両重量 ➡ 1020㎏
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L

全高や全幅など基本的な大きさは、一般の軽自動車と同じですが、室内の高さはダントツに高いのです。室内が大きいと子どものお着替えや、大きな荷物も平気な軽自動車ってことで便利なうえに本当に頼りになりますね。

また、燃費に関しては、新エコアイドルなどの安全装備や走行性能が上がったことで低燃費を実現しているので、大きさや乗り心地だけでなく、経済的な安心感をもって走ることが出来るのです。

その他には、最低地上高が14㎝ということで、乗降がしやすいことやスーパーUV&IRカットガラス によって肌を守ってくれるといった機能が優れていることが良いですね。

また、赤ちゃんやみんなの健康を思うママにとって、スーパークリーンエアフィルターがあることで空気をきれいに保つことが出来ることが安心出来る軽自動車です。

新型軽自動車の大きさ比較ランキングまとめ

海辺のウェイク

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

では、新型軽自動車の大きさ比較ランキング今日のまとめです。

  • 大きさが欲しい人 ➡ 大きなダイハツの新型ウェイク

大きさだけで決めるとしたら、もちろん大きなダイハツのウェイクをおすすめいたします。独身の人も子育て世代にも、乗る人を選ばない優しい車なので安心ですからね。

比較をしても、一目瞭然で大きさ№1といった感じのダイハツ ウェイクですね。街乗りも、大自然に包まれるときも、ウェイクなら満足をさせてくれる1台になりそうです。

  • 大きくてスタイリッシュに決めたい人 ➡ 両方叶えてくれる新型Nボックス

Nボックスは、バランスに優れているので、それがどの項目も現れています。スタイリッシュで、荷物も大きく包んでくれる、もちろん安全性が良いといった「嬉しいわがまま」をかなえたい人におすすめです。

  • 大きさが欲しい子育て世代の人 ➡ スライドドアがママの味方をしてくれる新型Nボックス

赤ちゃんや小さな子どもを連れて移動することが多いなら、やさしい雰囲気と安全性能が頼りになる新型スペーシアがおすすめですね。

全体的には、どの車種も大きくて広さがある使いやすい室内を目指しているようですが、メーカーによっても得意不得意があったり、使う人の状況だったりと、すべての人に当てはまるわけではないので、その時々で自分だけの車選びをしていきたいですね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク