スズキの新型軽自動車を比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型軽自動車の人気に関するデータがたくさん出ています。

その中から今日は、スズキにしぼって最新版おすすめ人気新型軽自動車としてランキング形式でご紹介いたしますね。


スポンサーリンク

2017年新型軽自動車「スズキの人気車種」ランキング

キャンディピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

2017年も後半になってきましたが、新型軽自動車の活躍には目を見張るものがあります。デザイン性に優れており、安全性も確かで、燃費も良いといった良いとこ取りをしている軽自動車の魅力も見ていきます。

今回は、室内の広さ、安全性能、燃費、選べるカラーやオプションといった総合的なことでランク付けになっていますので参考にしてください。

では、スズキには、どんな車種が人気の度合いが高くて、どんな軽自動車があるかをさっそく見ていきましょう。


スポンサーリンク

第5位 エブリイワゴン

エブリイワゴン2台

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/

第5位にランクインしたのは、エブリイワゴンです。エブリイは、仕事などで荷物を運ぶ機会が多いかもしれませんが、意外と家族で楽しめる車種でもあるのです。

PZターボスペシャルの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,895mm
  • 室内高 ➡ 1,240mm
  • 幅 ➡ 1,280mm
  • 長さ ➡ 1,820mm
家族で使えるエブリイワゴン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,430mm
  • トレッド前/後 ➡ 1300mm/1,280mm
  • 車両重量 ➡ 970㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 16.2km/L

エブリイの特徴は、ワンアクションスイッチを押すだけで、自動解錠するのでお出かけのときには便利ですね。また、スライドドアが自動で開くので、両手にたくさんの荷物があるときでも助かります。

家族や友人とキャンプに買い出しにと大活躍しそうです。また、色も鮮やかな色からモノトーンまであるので、違った表情を楽しむことが出来ますね。


スポンサーリンク

第4位 ハスラー

スタイリッシュな街並みと

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

第4位には、若い世代を中心に人気が高いハスラーがランクインしてきました。アイドルのにぎやかで楽しそうなCMでも話題を呼んだスズキですが、ハスラーは人気アニメの主人公も出てくるので楽しいイメージがありますね。

Xターボ 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,665mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
家族と自然で楽しむ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,290mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L

ハスラーの色は、ポップなカラーやモノトーンまで自分仕様に作りやすいですね。タイプによって色の数は異なりますが、1タイプに11カラーもあることから選ぶのがたのしくなります。

また、ハスラーの特徴としては、やはりSエネチャージを採用しているので低燃費だということです。

それから、可愛い4WDとしてアクセサリーも充実しているので女性のハートを射止めてしまうことも多そうです。

街乗りも、キャンプもハスラーで楽しみながら走りたい軽自動車ですね。


スポンサーリンク

第3位 アルト、アルトワークス

最小回転半径

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

続いて第3位にランクインしたのは、アルト&アルトワークスです。アルトは、ガソリン車で№1という低燃費を実現しています。

「Simple is best(シンプルイズベスト)」をそのまま表している車種ですね。必要なものだけを搭載して走る実用的な車です。

Xタイプ 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,500mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
img02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

  • ホイールベース ➡ 2,460mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 650㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 37.0km/L

アルトには、スポーティーなアルトターボRS、スタイリッシュなアルトワークスもあるので好みのタイプで活動できます。そしてアルトは、スズキの安全技術と低燃費を実現する機能をすべて搭載していることが大きな特徴といえそうです。

燃費に関しては、車体が650㎏という軽さであることも低燃費になる理由かもしれませんね。色・カラーも11パターンもあるので、自分色のアルトを探してみてくださいね。

アルトを購入するメリットとしては、他の車種と比較すると価格が安価なため手に入れやすいことが挙げられます。

第2位 スペーシア、スペーシアカスタムZ

エコな毎日

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

第2位に輝いたのは、スペーシア&スペーシアカスタムです。スズキの軽自動車の中でも、やさしい色など、その存在はまるでお姉さんのようなスペーシアです。

Gタイプ 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,735mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,425mm
img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 32.0km/L

スズキのSエネチャージで静かなことがスペーシアのメリットです。それから、軽自動車の中で上質感を加えたことで子育て世代にも支持を得ています。

大きく開くスライドドアは、赤ちゃんや小さな子どもだけでなく、ご両親や高齢者も乗りやすい乗降口までもが全て優しいですね。

赤ちゃんや小さな子どもを抱っこして乗ったり、お買い物で大きな荷物になっても安心して載せることが出来ます。

また、色はタイプにもよりますが、Xの場合だと10色から選ぶことが可能ですので、じっくりと選んで納得の1台にしたいものです。

第1位 ワゴンR、ワゴンRスティングレー

img02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/  

スズキの中でも栄えある第1位は、ワゴンR&ワゴンRスティングレーになりました。現在のような軽ハイトワゴンが主流になる「きっかけ」を作ったスズキが出した重要な車種です。

歴史的にも名を残し、軽ハイトワゴンというジャンルを築き上げたワゴンRが出た時には衝撃を受ける人も多かったようです。

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,650mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,460mm
室内プリスクブルー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/  

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L

ワゴンRのスティングレーは牛のCMで評判になった車種でもありますね。こうしてワゴンRという車名が同じものは、他社でもあります。車名が同じでも、セカンドネームが変わるとイメージも大きく変わってきますよね。

  • 1,078,920円~1,530,360円

優しさと強さといったコントラストが見事な車種です。価格帯も下記のようになっており、購入しやすいこと、安全性能、走行性能、広さといった総合的な視点からスズキでは、ワゴンR&ワゴンRスティングレーが第1位となりました。

2017年スズキの人気車種ランキングまとめ

イエローツートン 大

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom_z/special/

では、今日の人気ランキングまとめスズキ編です。

  • 行動派の人は、ハスラーで楽しむ

カラフルで可愛いのに4WDという山にもキャンプにも行けるハスラーを連れて、街乗りも、自然の中も、これ1台で楽しめますね。

  • 子育て世代の人は、スペーシア&スペーシアカスタムで安全に乗る

小さな子どもや赤ちゃんを連れている人には、安全性能も、燃費性能も、広さも合格点のスペーシアをおすすめします。スライドドアでがあるだけで、乗り降りが楽になるので家族がいる人が購入する軽自動車として良いですね。

そして総合的に見て、スズキのファンである人は、ワゴンRをじっくりと楽しむことをおすすめします。スズキの安全性能も、その力強さも、自分の目で確かめてほしい感じがします。

新型軽自動車は、もう今では主流の車として注目を集めています。どんどん性能も上がり、色も素敵になっています。

基本のタイプで優しく走るも良いし、セカンドネームが付いた車でスタイリッシュな走りを楽しんでみるのも良いですね。ただし、安全には十分に注意をしてください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク