ダイハツ・スズキ・ホンダの軽自動車徹底比較!おすすめの人気車種を紹介!【2017年度版】

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型軽自動車の人気で常に上位を占めているといえば、ダイハツ、スズキ、ホンダを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そのダイハツ、スズキ、ホンダの三社にしぼって徹底比較し、新型軽自動車の人気をランキング形式で見ていきます。


スポンサーリンク

2017年度版!新型軽自動車のメーカー別人気ランキング「ダイハツ」「スズキ」「ホンダ」編

キャンパス 男女

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus

今日は、少し面白いデータを見てしまったのです。軽自動車がもっとも売れない都道府県は、やはり東京都でした。東京は、たしかに業務用は別として、軽自動車を見かけることは少ないですからね。

逆に東京に軽自動車が多かったら、またそれはそれで大きな注目になりそうです。そんな軽自動車も販売力のある3台メーカーといえば、もちろんダイハツ、スズキ、ホンダですよね。その3社の軽自動車徹底比較をしていきながら、ランキング形式でご紹介していきます。


スポンサーリンク

第10位 ダイハツ キャスト

キャスト レモンイエロー

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast

ダイハツの軽自動車キャストが第10位にランクインしてきました。このキャストは、初めに目につくとしたら外観のスタイリッシュな雰囲気です。

この軽自動車は、大きく3つに分けると、行動派のキャスト、おしゃれなキャスト、スポーティなキャストとなっています。そんな特徴があるなんて楽しいですね。

“プライム コレクション SA Ⅲ”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,600mm
  • 室内高 ➡ 1,245mm
  •   幅 ➡ 1,320mm
  •  長さ ➡ 2,005mm

自分のライフスタイルに合うタイプを選んで乗ってほしい軽自動車です。これなら男性も、軽自動車を購入しようかなと思えるほど、走るしおしゃれだしということなしですね。

キャスト ハンドル

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.7M
  • 燃費消費率 ➡ 30.0km/L

そんなキャストの色は、合計で29種類にもなる色パターンがあるのも強みです。自分の個性を表現していくにはかっこよすぎる軽自動車がダイハツのキャストです。


スポンサーリンク

第9位 スズキ ハスラー

家族と自然で楽しむ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

人気ランキングでも若年層に人気が高いスズキのハスラーが第9位にランクインしてきました。ダイハツの軽自動車が続いてきましたね。

Xターボ 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,665mm
  • 室内長さ ➡ 2,160mm
  • 室内幅 ➡ 1,295mm
  • 室内高 ➡ 1,250mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

メーカー別で見ても、軽自動車の人気ランキングでは、この可愛い4WDのハスラーのように、女性のための4WD軽自動車はなかなか見つからないので貴重な存在です。

スキー場でもハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,290mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L

人気車種は、便利さだったり、乗降のしやすさだったり、燃費性能の良さだったりしますが、このハスラーは山や川へ遊びに行けるというのに、この燃費消費率なんです。

家計に優しい軽自動車でないと、これからの経費を考えると購入を踏みとどまってしまう人が出て来ますので、これからもメリットはそのままで、経済的な軽自動車を作ってほしいですね。


スポンサーリンク

第8位 ホンダ Nワゴン
ミラノレッド

引用:http://www.honda.co.jp/N-WGN/

末広がりで縁起がいい数字である、第8位にランクインしてきたのは、ホンダのNワゴンです。

このホンダのNワゴンも、ダイハツの車種に比較してみても負けないほど、スタイリッシュな外観です。

Cタイプ

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1655mm
  • 室内高 ➡ 1,300mm
  • 室内幅 ➡  1,355mm
  • 室内長 ➡ 2,055mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

また、ホンダの技術を詰め込んだ安全装備がしっかりしていて、予防安全性能評価では、「ASV+」を獲得しています。カッコいいだけではなく、安心して走れる軽自動車だということが確かに分かります。

Nワゴン Custom①

引用:http://www.honda.co.jp/N-WGN/

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 29.4km/L

更に、カラーバリエーションが豊富なので、センス良く軽自動車に乗りたい人に支持をされているようです。

メーカー側も、乗る人の願いを創造して開発していく必要がありますから、使いやすくてスタイリッシュな軽自動車をこれからも作ってほしいし、実際に生まれたのは、誰にとっても、カッコよく優しいホンダのNワゴンです。

第7位 スズキ アルト、アルトワークス

styling9

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

ラッキー7の第7位にランクインしてきたのは、スズキのアルトです。スズキの軽自動車では歴史のあるアルトですが、ガソリン車ナンバーワンの低燃費でも知られています。

X 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,500mm
  • 室内高 ➡ 1,215mm
  • 室内幅 ➡ 1,255mm
  • 室内長 ➡ 2,040mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

スズキのアルトには、特徴として安全性能がしっかりしているけど低価格なので購入しやすいというメリットがあります。

購入しやすいということは、誰からも愛されやすいということです。だけど、安いだけではないのがアルトの素晴らしさですよね。

小さな子どもとパパ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

  • ホイールベース ➡ 2,460mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 650㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 37.0km/L

車体も軽く、低燃費を実現する機能を搭載しているので、それだけでも良いのですが、色も爽やかなフィズブルーパールメタリックを始めとしてブルーイッシュブラックパール3ミディアムグレー2トーンバックドアといったシックでスタイリッシュな色まで揃っているところも見逃せませんね。

第6位 ダイハツ ミラ、ミライース

ミラ プラムブラウンクリスタルマイカ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira

続いては、第6位に輝いたダイハツのミラです。ミラはダイハツのお姉さん的な存在で、長い歴史をもち、ダイハツの地位を高めた実績のある軽自動車です。

X”Special”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,530mm
  • 室内高 ➡ 1,265mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長さ ➡ 2,000mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

他の軽自動車と比較してみると、背が低く重量も軽いので小柄な軽自動車といえます。しかし、ダイハツの軽自動車の中では、比較的に低価格であるため、OLさん達だけでなく、年金生活をしている世代にも人気が高いのです。

スカイブルーメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

  • ホイールベース ➡ 2,490mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,310mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.2M
  • 燃費消費率 ➡  24.2km/L

また、色は5パターンしかありませんが、代わりに仲間があり、ミライースとミラココアが優しくて可愛い存在として光っています。

ダイハツのミラがいたおかげで生まれたこれらの軽自動車ですので、もちろん操作性も良いという声が多いです。ミラは控えめな存在ですが、しっかりした軸を持っている軽自動車です。

第5位 スズキ スペーシア、スペーシアカスタム

 mainimage2

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

続いては、スズキの軽自動車がやってきましたね。第5位は、スズキのスペーシアです。スペーシアも子育て世代に人気の高い軽自動車なんです。

Gタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,735mm
  • 室内高 ➡ 1,375mm
  • 室内幅 ➡ 1,320mm
  • 室内長 ➡ 2,215mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,425mm

カラフルなキャラクターで、見たことがある人も多いでしょう。このスペーシアは、これまでのスズキの軽自動車に優しいイメージと少し上質感を加えたもので、スズキの中ではお姉さん的な存在ですね。

白とたくさんの人

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom_z/special/

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 32.0km/L

また、仲間にはスペーシアカスタムがあるので、そちらは更に力強さと洗練されたマスクの雰囲気が男性にも高い人気を誇っています。

スライドドアがあることで、小さな子どものお世話もしやすく、スペーシアを愛車とする人は、10代から子育て世代にまで広がっているというスズキのスペーシアです。

第4位 ダイハツ タント、タントカスタム

ホワイト×ライトローズマイカメタリックⅡ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto

ダイハツの軽自動車がまたランクインしてきました。第4位は、ダイハツのタントシリーズですね。

タントには、タントカスタムがあり、タントカスタムについては男性に「乗ってみたい軽自動車」挙げられるほど人気の高い軽自動車です。

Lタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,750mm
  • 室内高 ➡ 1,365mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長さ ➡ 2,200mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

また、強いスタイルの外観とは異なり、性能としては赤ちゃんにも優しい軽自動車としても、おすすめしたい軽自動車となります。大きく開くスライドドアは小さな子どもが立てるほどの高さもあるのです。

タントカスタム3

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,300mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 920㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 28.0km/L

ベビーカーがすっぽりと入り、ムーヴと同じくスマートアシストⅢを搭載しているため安全面でも信頼が出来る軽自動車です。

室内が広いので、男性が後席に乗っても圧迫感を感じないほど、空間が広がるのも特徴ですね。そんなタントは、ぜひ子育て世代に味わってほしい使いやすさを持つダイハツのタントです。

第3位 スズキ ワゴンR、ワゴンRスティングレー

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

第3位に躍り出てきたのは、スズキのワゴンRです。フルモデルチェンジしてから、爽やかなブリスクブルーメタリックや、ハッとするような鮮やかなサニーイエローメタリックがCMで出てきましたね。

FA 2WD CVTの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,650mm
  • 室内高 ➡ 1,265mm
  • 室内幅 ➡ 1,475mm
  • 室内長 ➡ 2,450mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,460mm

スズキのワゴンRには、タイプ別で選べる色は変わってきますが、なんと20種類以上の色パターンが揃っているのです。

自分の勝負カラーにするのも良いし、好きな人のイメージカラーでも素敵ですね。

夜間走行

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L

ワゴンRは、色パターンだけではなく、マイルドハイブリッドを採用しているところも注目です。

マイルドハイブリッドとは、モーターが作動するのは、走りはじめなどの力が必要な時だけなので、ムダなガソリンを消費しないのですね。お財布にも優しいのはスズキのワゴンRでした。

第2位 ダイハツ ムーヴ、ムーヴキャンパス

石畳のうえ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

第2位に登場してきたのは、ダイハツのムーヴです。ムーヴは、シリーズで、ムーヴカスタムやムーヴキャンパスがあります。

カスタムは男性に、キャンパスは女性に特に人気が高いのも特徴的ですね。また、ムーヴはダイハツのミラを進化させたような感じがあり、男性にも愛される先進車として頑張っている軽自動車ともいえます。

L 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,630mm
  • 室内高 ➡ 1,280mm
  • 室内幅 ➡ 1,320mm
  • 室内長さ ➡ 2,080mm

もちろんレトロで可愛いキャンパスにも、同等の安全性能は搭載されているし、色パターンは合計17色パターンがあるのです。

イメージ2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 31km/L

ダイハツのムーヴには、クルマの基本がしっかりあることや、誰にとっても乗降が楽であることをしっかり考えている軽自動車なのです。

  • 誰にとっても乗降が楽である
  • 愛着と信頼がある

こういった普通のことって意外と忘れがちになっていますよね。そこにこだわったダイハツの作ったムーヴだからこそ人気が高いのですね。

第1位 ホンダ Nボックス

カスタムツートーン プレミアムホワイト。パールⅡ & ブラック

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

第1位に輝いたのは、ホンダのNボックスです。Nボックスは、生活と一体化が出来る広さを売りにしているように、室内には大きな空間が広がります。

Gタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,790mm
  • 室内高 ➡ 1,400mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長 ➡ 2,240mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

その理由として、室内高が1,400mmと小さな子どもが立てるくらいの背の高さなので、室内は「移動するために走るだけでなく、大切な人と過ごす大切な空間」として考えられているからなのではないでしょうか。

pic_interior_03

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 890㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 27.0km/L

もちろん小さな子どもを連れているママにも優しいスライドドア付きです。

ベビーカーをすっぽりと包み込むように入れることも出来るし、寝てしまった赤ちゃんを抱っこしたまま乗せることだって可能なんです。

軽自動車の中でいろんな部門での第1位を獲得するだけあって、褒めたいところがたくさんあるホンダのNボックスでした。

特別編 ダイハツ コペン

コペン3台

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen

特別編として、ダイハツのコペンをご紹介します。パっと見た感じは、スポーツカーですが、やはり軽自動車ですが、スポーツカーとして出されているコペンなのです。

Robe S の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,280mm
  • 室内高 ➡ 1,040mm
  •           幅 ➡ 1,250mm
  •      長さ ➡ 910mm

コペンは、外板の樹脂化を可能にしたのでデザインを自由にする可能性を大きくしたことが特徴となっています。ボディと一体化しているエアロ形状の空力性能や美しいラインとを両立している工夫ある軽自動車としては上質な車ですよね。

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,230mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,310mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 870㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 25.2km/L

色は、10色パターンがあり、オプションでブラック/レッド・2トーンを選ぶことが出来ます。

大きなスポーツカーを購入するほど、経費を使えないけどスポーツカーに乗ってみたいという人の願いをすべて叶えてくれそうなコペンでした。

新型軽自動車ダイハツ、スズキ、ホンダの人気編まとめ

ブリティッシュグリーン。パール

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

では、新型軽自動車ダイハツ、スズキ、ホンダの人気編のまとめです。

  • 第1位に輝いたのはトータルバランスに優れているNボックス

今日は、3社にしぼって軽自動車を見ていきましたが、やはり強いですよね。軽自動車の需要はどんどん広がっていて、お金を掛けずに楽しむ形を工夫している様子がうかがえます。

また、下記のような車種が人気が高いということも分かりました。

  • スライドドアが付いていて大きく窓が開く
  • 力強さがあり走行しやすい
  • 広い空間は欲しいが路上では小回りが効いている
  • 赤ちゃんのお世話がしやすい
  • 乗降がしやすい

このような背景には、乗り換えで軽自動車を購入する人が増えたこと、住宅事情で駐車場の確保が難しいことなどが挙げられます。

また、その辺の困ったことを解決していく開発をすすめているのが、今日ご紹介したダイハツ、スズキ、ホンダの三社なのですね。では、今日も安全運転で楽しいドライブをしてくださいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク