新型ステップワゴン(2017年ハイブリッド追加) 燃費まとめ!

pic_car_pc_01

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ステップワゴン(2017年ハイブリッド追加)の燃費情報が公開されています。

こちらでは新型ステップワゴン(2017年ハイブリッド追加)の燃費に関するデータをご紹介します。

nenpi_01

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/


スポンサーリンク

ステップワゴン SPORT HYBRID i-MMD

2017年9月、ステップワゴンに待望のハイブリッドモデルが追加発売されました。

そこでステップワゴンファンが驚いたのは、そのハイブリッドシステムです。

誰もがフィットやヴェゼルに採用されるハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」がステップワゴンには搭載されると思っていたのです。

1.5L i-VTEC エンジンに組み合わされる「 i-DCD」は1モーターシステム。

モーターだけで走る「EVドライブモード」とモーターとエンジンを組み合わせて走る「ハイブリッドドライブモード」で構成されています。

nenpi_02

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

ところがステップワゴンに用意されたのは、2.0Lに組み合わされる「SPORT HYBRID i-MMD」。

「 i-MMD」は2モーターとなり、i-DCDより複雑で高価な分、優れたシステムで、オデッセイやアコードなどクラス上のモデルに採用されるシステムです。

「i-MMD」は3つのモード

「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」

で構成されていてハイパワーなシステム出力により、100km/hくらいまでの「EV走行」が可能となっています。

またエンジンで電気を作り出しモーターを回して走行することも出来るため、より低燃費を実現しました。

nenpi_03

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

安価な「i-DCD」ではなく「i-MMD」を搭載したことにより、燃費がJC08モードで25.0km/L、新しいWLTCモードで20.0km/Lと、トヨタのミニバン3兄弟や日産セレナを追い越した形になります。

パワーにおいても優れた性能を発揮することになったのです。

<ハイブリッド車スペック>

◆全長×全幅×全高……4760×1695×1840mm
◆ホイールべース……2890mm
◆車両重量……1780~1820kg
◆エンジン……水冷直列4気筒横置
◆総排気量……1993cc
◆最高出力……107kw(145ps)/6200rpm +モーター135kw(184ps)
◆最大トルク……175Nm(17.8kgfm)/4000rpm +モーター315Nm(32.1kgfm)
◆トランスミッション……電気式無段変速機
◆駆動方式……FF
◆燃費
JC08モード……25.0km/L
WLTCモード……20.0km/L

nenpi_04

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/


スポンサーリンク

ステップワゴン WLTCモードとは

WLTCモードとは燃費の国際的基準です。

「ワールドワイド・ハーモナイズド・ライトデューティー・テスト・サイクル」の略です。

(Worldwide harmonized Light duty Test Cycle)

WLTCモードは国際的基準の燃費計測方法による結果を

■「市街地モード(WLTC-L)」

■「郊外モード(WLTC-M)」

■「高速道路モード(WLTC-H)」

と3つの走行モードと平均値で燃費を表示します。

nenpi_06

引用:https://www.youtube.com/watch?v=v9xEtBtQfnc

現在日本で表示されているJC08モードより、実際の使用状況での燃費に近いとされているのです。

日本では2018年10月以降、WLTCモードでの表示が義務付けされることになっています。

それに先駆けてステップワゴンはホンダ車では初となるWLTCモードの認可取得を行いました。

測定はJC08モードに比べ、冷機状態での走行時間を増やし、アイドリングの時間を減らした構成になっています。

速度も距離も実際の使用状況に近くなりましたが、この測定方法ではハイブリッドカーはかなり不利になるといわれています。

<測定方法の違い>

nenpi_05

出展:https://worldcar-ranking.com/wltc/

厳しい条件の上で公表できるだけの燃費値をたたき出したステップワゴンハイブリッドの実力は本物ですね。

<ステップワゴンハイブリッドWLTCモード燃費>

WLTCモード……20.0km/L

市街地モード……18.8km/L

郊外モード……21.7km/L

高速道路モード……19.5km/L

nenpi_07

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00010000-autoconen-bus_all


スポンサーリンク

ステップワゴンハイブリッドの口コミ

カタログ値で1クラス下のフリードハイブリッドと遜色無し。
この動力性能でこの燃費は本当に魅力的だと思います。

高い車ですが、動力、走行性能と燃費を兼ね備えた評判通りの車だと思います。

動力は十分すぎます。全く重さなくエコモードでも軽やか。ノーマルで走ればぐいっと加速します。
2000リッターハイブリッドは伊達じゃなく、Mクラスミニバンで1番だと思います。

nenpi_10

引用:https://www.webcartop.jp/2017/10/164555/7l0a0215

やはり車格からフリードでは無く、オデッセイのシステムを小さくして納めた点はマル、コスト的にも厳しいと思いますが、よく載せましたね。
純ガソリンより100kgほど重くなってますが、パワー不足どころかSモード時は十分な加速が得られます。中速までならガソリンターボと同じくらいではないかと感じました。

渋滞追従ACCを国道で試しました。最高です、この機能だけでも乗り換えたいと思いました。
ブレーキングの状態でスイッチを押すと30キロの速度設定になり、アクセルをチョンと触るとスムーズに走り出しました。

前車の停止に合わせて?減速してスムーズに停止しました。車間距離は車1台分くらいなので悪く無いです。
あと、オートブレーキ?も乗り換えたいと思う機能でした。

一度ブレーキングすると足をブレーキペダルから離してもブレーキを保持してくれる。

ブレーキペダルから足を離せるので楽チンです。

nenpi_09

引用:https://car-news.jp/archives/2543

一般道高速半々エアコン使用で燃費計17.9km/lでした。優秀だと思います。
エルグランドの2.5倍以上走ります。

このサイズ、この走行性能でこの燃費は驚愕です。
ただ、これから寒くなって近所まで5分とかの運転だと、暖気でエンジンが回り続けるので、10km/l以下まで下がりそうです。

IMMDのモーターを主体としたハイブリッド。
渋滞追従も出来るホンダセンシング。
どちらも7年間の車の進化を感じました。

我が家の場合、年に数回、往復1500kmの長旅が有りますので、そこでどの様なパフォーマンスを発揮してくれるのか、今から楽しみです。

これはやはりハイブリッド費用とマイナーチェンジ直後である為、決して安いとは思いません。
しかし乗り心地や燃費などを考えると、適正な価格かと思います。

およその感じでは下道で18km/L、高速で17km/L程度でした。

nenpi_08

引用:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1031823/101700109/?rt=nocnt

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000994728/#tab


スポンサーリンク

新型ステップワゴン 燃費まとめ!

ステップワゴン=燃費悪い

そんなイメージが吹っ飛んでしまうハイブリッドの登場でした。

燃費の良さと同じくらい、いえそれ以上に走行性能の高さが口コミで寄せられているのが爽快です。

試乗レポートでは、オデッセイよりも軽くハイパワーに体感する、またアコードに匹敵するともいわれていて、ミニバンを評価したものとは思えないほどでした。

それにしても、一口にハイブリッドといっても、種類や性能がいろいろあり、クルマによっては全く違うものとなるのですね。

新型ステップワゴンハイブリッドによってミニバンのカタチが変わったといっても言い過ぎではないでしょう。

ハイブリッド追加+安全性能強化でますます魅力的になった新型ステップワゴンの値引きの方法については、

「新型ステップワゴン 値引き術!」で詳しく解説しています。

ステップワゴンを購入時に参考にしてください。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう