新型ムーヴ エコカー減税他自動車税まとめ!

ダイハツ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ムーヴのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型ムーヴのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。


スポンサーリンク

新型ムーヴとエコカー減税

Custom 2台

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

エコカーという言葉をよく耳にするようになりましたが「いったいエコカー減税って、どういうこと?」という人も、まだ多そうですね。そういった意味からも、新型ムーヴを購入する時に必要な「国土交通省が定めているエコカー減税」について少しお話をしていきますね。

エコカー減税

エコカー減税とは、「環境性能に優れた車に対する自動車税、自動車重量税、自動車取得税が軽減される優遇措置」のことです。

しかし、いつでも適用となるわけではないのです。では、いつなら適用してくれるのでしょうか?適用期間をまとめてみましたので次の項目を参考にしてくださいね。

エコカー減税の適用期間

トパーズネオエンジン

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

  • 自動車取得税 ➡ 平成27年4月~平成29年3月31日までに新車を取得する場合
  • 自動車重量税 ➡ 平成27年5月1日~平成29年4月30日までに新車登録及び最初の車検を受ける場合
  • 自動車税 ➡ 平成29年3月31日までに新車を取得する場合

また期間内でも適用される車となる対象車は異なります。すべての車の購入に対して適用される訳ではないのですね。では、適用される対象車は、どのような車か見ていきましょう。

エコカー減税の対象車

エコカー減税の対象車となるのは、次に挙げる条件を満たした車のみとなります。それぞれ減税額も異なるので、気を付けてくださいね。

  • 次世代自動車 (電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル車、平成32年度基準+20%達成車) ➡ 全額免除(自動車取得税・自動車重量税ともに)
  • 自動車税 ➡ 普通車は75%を軽減
  • 軽自動車 ➡ 軽自動車は50%の軽減

また、ハイブリッド車・ガソリン車 平成17年排出ガス基準が75%低減レベルの場合を見ていくと、いかに環境を重視した車が選ばれるのかがよく分かります。

ぷーさん

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

平成32年度燃費基準+⒑パーセント達成車

  • 自動車取得税は80%軽減
  • 自動車重量税は75%軽減
  • 自動車税 ➡ 75%軽減(普通自動車)
  • 軽自動車税 ➡ 25%軽減(軽自動車)

平成32年度年度基準達成車

  • 自動車取得税 ➡ 60%軽減
  • 自動車重量税 ➡ 50%軽減
  • 自動車税 ➡ 50%軽減(普通自動車)
  • 軽自動車税 ➡ 25%軽減(軽自動車)
気が利く収納

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

では、新型ムーヴの場合はどうなっているのでしょうか?

例えば、Xターボ “SA III”〈4WD/CVT〉車両本体価格が1,474,200円の場合だと、自動車取得税が20%の軽減されることになり軽減額が、4,900円となります。

また、自動車重量税が25%の軽減となると、軽減額が1,900円ということになります。

それから、軽自動車税のグリーン税制はないので、支払額の合計が36,000円となります。つまり、4,900円+1,900円の軽減ということで、合計6,800円の軽減を受けることが出来るわけですね。

もともと、エコカー減税がなかったつもりで、貯金をしておくのもアリですし、それをガソリン代に充てるという方法もありますね。

では、平成○○年度燃費基準とは何なのでしょうか?では次に燃費基準について、少し補足しておきますね。


スポンサーリンク

燃費基準ってなに?

90度開くドア Custom

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

新型ムーヴのように「軽減される対象車」があると分かっても、燃費基準を知らないとせっかくのエコカー減税を見逃してしまう可能性もあるので、今のうちにしっかりと見ていきましょう。

平成32年度燃費基準

平成32年度燃費基準とは、「日本のCO2排出量の約2割を占める運輸部門の温暖化対策」を推進するために、省エネ法に基づく平成32年度燃費基準の最終取りまとめが行なわれたのです。

そのために「平成32年度までに達成すべき目標基準値」として定められ、ガソリン、軽油またはLPガスを燃料とする乗用自動車が対象になります。(※貨物自動車では対象にならないのですね)

  • 燃費の試験 ➡ JC08モード走行で実施
  • 車重クラス別の重量区分 ➡ 平成27年度燃費基準と同じ16段階

また、平成27年度燃費基準と同じように、「トップランナー方式」の考え方に基づいて策定されているので、ガソリン乗用車の場合だと平成27年度燃費基準平均値に対して19.6%の向上率となっています。

快適な乗降

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

平成27年度燃費基準

こちらの平成27年度燃費基準とは、2007年7月に改正された「省エネルギー法」に基づいて、2015(平成27)年度までに達成すべき目標基準値として定められた燃費基準のことです。

  • 試験方法 ➡ 10・15モードからJC08モードに変更
  • 車重クラス別の重量区分 ➡ 16段階に細分化される

このように平成27年度基準は、平成22年度燃費基準と同じように「トップランナー方式」の考え方に基づいて策定されています。

そうするとガソリン乗用車の場合は、平成22年度燃費基準平均値に対し29.2%の向上率となっていることが分かります。

エコカー減税が出てきたことによって「環境性能が良くない車」は生産されない時代になってきましたね。

平成27年度基準を達成していることは、どのようにして証明されるのでしょうか?これについては、きちんと自動車検査証に「平成27年度燃費基準達成車」と記載されます。また「平成27年度基準達成車」のステッカーが貼られているので分かりやすいと思います。


スポンサーリンク

新型ムーヴはエコカー減税になる?

move ⑤

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

新型ムーブは、先ほどのエコカー減税を適用してもらえるのでしょうか?答えは、「新型ムーブは全車ともに減税対象車なので適用してもらえる」ということになります。

この機会を利用する価値は、十分にあります。自動車を購入すると、「想像以上にお金がかかる」と感じることがありますので、お金の流れをシュミレーションしておくことは大切です。

今からでも間に合いますので、新型ムーヴを購入する時に実際にかかる費用について考えていきましょう。

自動車にかかる税金の種類と意味は?

まず新車を購入すると次のような税金がかかり、車の名義人はそれを支払う義務が生じます。税金の種類は、自家用車の場合には主に次の4つになります。

1.自動車重量税

これは国税になります。新車を購入する時に「登録のとき又は届け出の時」に車両0.5トンにつき4100円が掛かってきます。そこに車検有効期限年数をかけたものが自動車重量税なのです。

イルミネーション②

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

2.自動車取得税

これは自動車を購入するときに掛かってくるものです。これは地方税になります。地方税といっても市町村ではなく、東京なら「関東地方」というような地域での括りとなります。

3.自動車税

毎年かかるもので普通自動車に対して生じます。時期は、毎年4月~5月に排気量ごとに年額を設定されています。車の所有者の住民票上にある区や市町村に支払うことになります。

4.軽自動車税

これも毎年かかるものですが、新型ムーヴは軽自動車なので、これに当たりますね。普通自動車にかかる自動車と同じように毎年4月1日現在の所有者に対してかかるものです。

軽自動車は2016年4月より、10,800円と決定しています。もし、友人や知人同士で車のやりとりをする人がいるのでしたら、もめごとの元となりやすいので、あらかじめ「どちらが税金を支払うか」を話し合っておくことが良いですね。

その他にかかる税金以外の費用は?

move ⑥

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

その他には、下記のように色々な経費というものが発生します。自動車は快適で有りがたいものなので、より楽しく安心してドライビングできるように、お金の支払いを計画的にすると良いでしょう。

  • 車検 ➡ 新型ムーヴを新車で購入すると、購入から3年後に受けることになります。その後は2年毎に検査をしていくことが義務付けられています。
  • 消費税 ➡ 新車でも中古車でも購入する時や車検を受ける等たくさんの項目に消費税が生じます。
  • 消耗品 ➡ 新型ムーヴの備品やタイヤ、そして万が一の修理等をまかなえるような貯蓄をしておくと安心ですね。
  • 燃料 ➡ ガソリンや電気等がないと車は走らないので毎月の交通費を計画的に決めておくと後から後悔をせずに済みそうですね。
  • 保険料 ➡ 自分が安全運転をしていても高速や一般の交差点等では、事故に巻き込まれる可能性があります。加害者にも被害者にもならないように任意の保険を掛けておくと安心です。
  • その他 ➡ 新型ムーヴのアクセサリーや、高速料金など不意の出費をまかなえるように準備しておくと、いざという時に助かります。

新型ムーヴの値引きの方法については、

「新型ムーヴ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にムーヴを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型ムーヴの名前と特徴

ドライビングポジションとシート形状

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

新型ムーヴには、たくさんの特徴とメリットがあります。そして、新型ムーヴの名前の由来に「ダイハツの想い」も垣間見ることが出来ました。

新型ムーヴの名前の由来を見るとムーブという名前には英語で「動かす」という意味があり、これは同時に「車体」だけでなく所有者の「心」までも動かす…つまり「感動させる」という想いが詰まっているのですね。

新型ムーヴは、ダイハツが1995年に初のスペース系軽自動車として世に送り出したモデルとして知られています。2017年の成人式の人達が生まれる前には誕生していたのって、感動してしまいました。

そういった優しい気持ちが今回のスマートアシストをⅢへと進化させたといって良いのかもしれないですね。

新型ムーブを少しでも安く購入するには?

モノコック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

では、そんな新型ムーヴを少しでも手に入れやすい方法を取るとしたら、やはり現在所有している「愛車」の手離し方で大きく変わってくるでしょう。

ディーラーでは、どんなに愛想の良い営業さんでも限界というものがありますので、単なる値引きでいうと「そこまで期待できない金額」という可能性もあります。

しかし、自分の愛車をディーラーになんとなく「下取り」という形で処分扱いされるのと、自分の愛車を欲しがってくれる人に高く販売できるのとでは「存在価値がかなり変わってしまう」ことに気付くことが重要となります。

買い取り専門店は、そんな新たな「新車のオーナー」さんの味方になってくれるのではないでしょうか。自分の愛車の価値を今1度考えてみてあげてくださいね。

新型ムーブのエコカー減税と税金まとめ

では、今日のまとめです。

カラーは全10色

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

  • 新型ムーヴはエコカー減税対象車である
  • エコカー減税とは、「環境性能に優れた車に対する自動車税、自動車重量税、自動車取得税が軽減される優遇措置」のこと
  • 自動車取得税、自動車重量税ともに延長されたので利用する方が経済的
  • 新型ムーヴは今回、スマートアシストをⅢへと進化させて安全性能をさらに高めた
  • 自分の愛車を処分扱いするよりも高い価値を付けてあげて新しい車を迎えるほうがいい

今日は、税金のお話だったので少し硬い言葉も出てきましたが、車を維持するためには「ちょっとした節税」の「大きな効果」が必要なことが多いです。

また、今回のマイナーチェンジのように良いところはそのままに、改良するところは、より使いやすく進化していくので消費者にとっては本当にうれしいですね。今日も、みんなが安全に楽しくドライブをすることが出来るように気を付けてくださいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク