新型シーマ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

シーマ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シーマの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型シーマの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

今回フルモデルチェンジが行われた日産のフラッグシップカー「シーマ」は、全車ハイブリッドとなり、優れた環境性能を備えるとともに、歴代シーマのDNAを受け継いでいます。

そんな新型「シーマ」はどの様に変わったのか、お伝えします。

国産車の最高峰、新型「シーマ」はどんなクルマでしょうか。


スポンサーリンク

ニッサン新型「シーマ」、フルモデルチェンジ!

199441_l_dl0000600483[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

今回のモデルチェンジによって5代目となる新型「シーマ」は、歴代シーマが培ってきた伝統である高い走行性能を受け継ぎ、快適性と安全性、そして優れた環境性能を兼ね備えたモデルとなりました。

パワートレインには日産独自の1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステム「インテリジェント・デュアルクラッチ・コントロール」が採用され、JC08モード燃費16.6km/Lというクラストップレベルの低燃費と、優れたか走行性能が両立したものとなっています。

また、日産初採用の「吸音タイヤ」や、後席重視のチューニングを施した「アクティブノイズコントロール」の搭載されたことで、上質な乗り心地と高い静粛性を実現しています。

パワートレインは、基本的には「フーガハイブリッド」に搭載されたものと同じで、ハイブリッド専用の「VQ35HR型」3.5リッターV6エンジン(306ps/6,800rpm、35.7kgm/5,000rpm)に高性能モーター「HM34」(68ps、27.5kgm)を組み合わせ、システム全体で346psを発揮しています。

高出力で素早い充放電が可能なリチウムイオンバッテリーを組み合わせることで、効率のいいパワフルな走りが実現できたと言われています。

JC08モード燃費で16.6km/Lの低燃費を記録する一方、0-100km/h加速は6.6秒となっています。

トランスミッションはマニュアルモード付電子制御7段AT(フーガと同様にトルクコンバーターを持たない「ハイブリッドトランスミッション」)が採用され、また、パワーステアリング機構にはアシストが必要な時だけ電動ポンプを作動させて油圧を発生させる電子制御の電動油圧式が用いられています。

さらに、ブレーキの倍力機構は従来のブースター部分にモーターを内蔵した電子制御式が採用されています。

199446_l_dl0000600484[1]199444_l_dl0000440725[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

エクステリアデザインは「フーガ」と足並みをそろえたものとなり、立体的なフレームを持つ大型フロントグリルやメッキモールをあしらったバンパーなどによって、存在感のあるフロントマスクとなっています。

ボディサイズ

全長

5,120mm

全幅

1,845mm

全高

1,510mm

ホイールベース

3,050mm

先代と比べると、全長と全幅は同じ、全高が+20mm、ホイールベース+180mmとなり、ホイールベースを長く取られたことで、後席ニールーム825mmとクラストップを確保しています。

路面からの入力に応じて、2つのピストンで減衰力をコントロールする「ダブルピストンショックアブソーバー」を採用し、乗り心地を向上させるとともに、エンジン回転数の高まりの応じて生じる不快なこもり音を、逆位相の制御音を使って低減する「アクティブノイズコントロール」を搭載しました。

特殊な吸音材を内部に取り付けた「吸音タイヤ」の採用などと合わせ、高級車らしい静かな走りが実現しています。

199435_l_dl0000440710[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」では、高級車の求められる製造品質を追求するために、”よりこだわりの工程”を経て製造されます。

たとえば、塗装工程ではより美しく仕上げるために、ボディ塗装表面の鮮やかさがより求められる濃色のボディカラーについては、中塗り後には一度生産ラインから外し、熟練者が一台づつ手磨きしてから上塗りを置いていると言われています。

販売台数は初年度が2,000台、次年度以降は年間1,000台を目指しています。


スポンサーリンク

新型「シーマ」、グレード構成と車両価格

199436_l_dl0000440711[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」のラインナップは、3.5Lハイブリッド専用「VQ35HR」型エンジン(最高出力306馬力)と高性能モーター「HM34」(最高出力68馬力)を搭載した「ハイブリッド(HYBRID)」、「ハイブリッドVIP(HYBRID VIP)」

「ハイブリッドVIP G(HYBRID VIP G)」をそろえ、セミアリニン本革シートや、「銀粉本木目フィニッシャー」、シートクッションやシートバックから暖機/冷気を吹き出す「エアコンディショニングシート」、後席のパワーリクライニングシートなどを「ハイブリッドVIP(HYBRID VIP)」

「ハイブリッドVIP G(HYBRID VIP G)」に標準装備、、後席は3mを超えるロングホイールベースによりクラストップレベルを誇る後席ニ―ルームを実現したほか、後席読書灯、後席パーソナルランプ&照明付きバニティミラー、リア/リアドア電動サンシェード、リアドアオートクロージャー機能など、快適性が高められています。

VIP系はオーナーが後席に乗るための使用を設定したグレードで、パーソナルユーザーが乗るならベースグレード「ハイブリッド」に、必要に応じてBOSEサラウンドサウンドシステム付き後席プライベートシアターシステムや前席エアコンディショニングシートなどをオプション装着する方法があります。

安全装備に関しては、インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)をはじめ、インテリジェントクルーズコントロール、インテリジェントブレーキアシスト/前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト、車線逸脱防止支援システム、車線逸脱警報、前方車両接近警報、VDCなど、各種の先進的な安全装備が用意されています。

グレードと車両価格は次の通りです。

■CIMA HYBRID VIP G

199438_l_dl0000600481[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

8,726,400円

(税抜価格:8,080,000円)

◆主な装備

65_dl0000440939[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

HYBRID VIP G/HYBRID VIP 専用装備

・VIPエンブレム

・リヤセンターアームレスト内蔵コントロールスイッチ(オーディオ、エアコン、シートヒーター、リクライニング)

・後席パワーリクライニングシート(シートバック中折れ機構、オートリターン機構付)(左右席)

・セミアニリン本革シート

・高輝度LEDリヤコンビネーションランプ

・本革巻ステアリング&シフトノブ

・銀粉本木目フィニッシャー(インスト、センタークラスター、センターコンソール、ドアトリム、リヤセンターアームレスト)

・BOSE5.1chサラウンド・サウンド付後席プライベートシアターシステム

■CIMA HYBRID VIP

86993[1]

引用:http://minkara.carview.co.jp/

8,186,400円

(税抜価格:7,580,000円)

◆主な装備

708_dl0000485259

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

HYBRID VIP G/HYBRID VIP 専用装備

・VIPエンブレム

・リヤセンターアームレスト内蔵コントロールスイッチ(オーディオ、エアコン、シートヒーター、リクライニング)

・後席パワーリクライニングシート(シートバック中折れ機構、オートリターン機構付)(左右席)

・セミアニリン本革シート

・高輝度LEDリヤコンビネーションランプ

・本革巻ステアリング&シフトノブ

・銀粉本木目フィニッシャー(インスト、センタークラスター、センターコンソール、ドアトリム、リヤセンターアームレスト)

・BOSEサウンドシステム(10スピーカー)

■CIMA HYBRID

708_dl0000600464

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

7,646,400円

(税抜価格:7,080,000円)

◆主な装備

708_dl0000485261

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

・高輝度LEDリヤコンビネーションランプ

・本革巻ステアリング&シフトノブ

・シート地(ネオソフィール/ジャガード織物(内装色:ブラック)

・本木目フィニッシャー(インスト、センタークラスター、センターコンソール、ドアトリム)

・BOSEサウンドシステム(10スピーカー)

→ 新型シーマを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

まとめ

photo_01

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」は、各グレードごと50万円の価格差で設定されています。

最上級の「シーマ ハイブリッドVIP G」だけに設定されているのが、BOSE5.1chサラウンドサウンド付後席プライベートシアターシステムとなっており、他のグレードでもオプション装着が可能となっています。

平日は後席でおもてなしのビジネスユース、週末は自らハンドルを握りワインディングを極めるなんて使い方が出来そうです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク