新型シーマ スペックまとめ!

シーマ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シーマのスペックが公開されています。

こちらでは新型シーマのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

日産のフラッグシップ「シーマ」が全車ハイブリッドとなって復活しました。

伝統の卓越した走りと、新たにクラストップレベルの低燃費を両立した新型「シーマ」の魅力的な姿をご紹介します。

最先端のテクノロジー満載の「シーマ」、ぜひ一度お試しください。


スポンサーリンク

日産新型「シーマ」、フルモデルチェンジ!!

photo_04

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

日産のフラッグシップモデル「シーマ」が、”フーガ”のいでたちとハイブリッド化で復活を果たしました。

199436_l_dl0000440711[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

「シーマ」は、昭和63年1月に発売開始された初代モデル以来、日産の最上級車に位置付けられる車として作られてきました。

今回5代目となる新型「シーマ」は、日産のフラッグシップモデルであることに変わりはありませんが、パーソナルユースというよりも、オーナーが後席に座る”ショーファードリブン(お抱え運転手付の高級車)”としての性格を強めたモデルとなっています。

199496_l_dl0000440941[1]708_dl0000485251199444_l_dl0000440725[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」のベースとなったのは”フーガ”ですが、さまざまな面でフーガよりひとクラス上のクルマとして仕上げられています。

ボディは全長5,120mm、全幅1,845mmと従来のシーマと変わってはいませんが、ホイールベースが150mm延長され3,050mmとなったことによって、後席ニールームが825mmと、後部座席に大きな居住空間が創出されたことが大きな特徴となっています。

vip_g_exterior[1]708_dl0000485261199442_l_dl0000440723[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

エクステリアは、立体感のある大型フロントグリルやメッキをあしらったバンパーなどが特長で、FR車らしいロングノーズ・ショートデッキの基本プロポーションをベースに、ホイールベースの延長によってのびのびとした感覚のサイドビューを形作っています。

インテリアは、後席を中心とした快適性やおもてなしがポイントで、シートは全席のクッションに低反発ウレタンを採用したほか、VIP系の上級グレードにはエアコンディショニングシートやセミアニリン本革シート、パワーリクライニングシートなどが採用されました。

最上級グレードの「VIP G」には、BOSEの5.1shサラウンドサウンド付後席プライベートシアターシステムなども用意されています。

また、快適性を重視して新たなチューニングが施されたコンフォートサスペンションによって快適な乗り心地が実現したほか、「アクティブノイズコントロール」や騒音の低減を重視して開発された「吸音タイヤ」などによって、高い静粛性も確保されています。

photo_01

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

パワートレインは、日産独自の1モーター2クラッチ式のパラレル方式ハイブリッドシステムが搭載され、「VQ35HR」型3.5リッターV型6気筒エンジンに「HM34」型高性能モーターを組み合わせることで、システム全体の最高出力364psもの圧倒的な動力性能を発揮し、充放電に優れた特性を持つリチウムイオン電池の採用で、効率の良いパワフルな走りが実現しています。

マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションの採用などと合わせ、JC08モード16.6km/L(10・15モードでは18.8km/L)という、豪快な走りと画期的な低燃費を実現しています。

新型「シーマ」のラインナップは、ベーシックな「シーマ ハイブリッド」、上位グレードの「シーマ ハイブリッド VIP」、最上級グレードの意「シーマ ハイブリッド VIPG」の3グレードで構成されています。


スポンサーリンク

新型「シーマ」、スペック紹介

cima_exterior

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

ここでは新型「シーマ」の主要なスペックをご紹介します。

■ボディサイズ

全長

5,120mm

全幅

1,845mm

全高

1,510mm

ホイールベース

3,050mm

乗車定員

5名

車両重量

1,930kg(シーマハイブリッド)

1,950kg(シーマハイブリッドVIP/シーマハイブリッドVIPG)

タイヤサイズ

(前・後)245/50R18

新型「シーマ」は、「フーガ」をベースにホイールベースとリアドアを150mm拡大したもので、延長分はそのまま後席空間の拡大に充てられています。

外観ではボディシェル、リアドア、フロントバンパーやラジエーターグリル、リヤガーニッシュなどが専用品となる一方、ヘッドランプやリヤコンビネーションランプレンズなど主要部品は「フーガ」と共通となっています。

「フーガ」と同様、全数が日産自動車栃木工場(栃木県上三川町)で生産されていますが、さらなる品質向上を図るため、塗装工程において「匠」と呼ばれる熟練者が中塗り後に生産ラインから外し、GT-Rと同様に一台一台専用の特別室で塗膜を平滑にするために「水研ぎ」と呼ばれる作業を行っています。

また、検査工程においては資格を持つ検査員が全車両に対し品質検査を実施したのち、走行試験においては検査員が2名体制(通常は1名体制)で走行や操舵フィーリングの評価試験や内装の軋み音の有無などのチェックを行っています。

すべての工程に合格した車両には栃木工場長の直筆サインが記された「品質確認書」が付与されています。

なお、本世代はエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」の7車種目となるため、その証として「PURE DRIVE」エンブレムが装着され増しが、新型「シーマ」では2代目「エクストレイル200GT」と同様のデザイン。

ハイブリッドカーを指す「PURE DRIVE/HYBRID」のエンブレムが新たに採用されており、左右フェンダーに装着されている「HYBRID」エンブレムも「シーマ」では左上に小さく「PURE DRIVE」が入った仕様となっています。

65_dl0000440563[1]199473_l_dl0000440655[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

■パワートレインは、

エンジン

「VQ35HR」型3.5L V型6気筒DOHC

最高出力

225kw(306ps)/6,800rpm

最大トルク

350Nm(35.7kgf・m)/5,000rpm

モーター

「HM34」型

最高出力

50kw(68ps)

最大トルク

270Nm(27.5kgf・m)

モーター動力用主電池

リチウムイオン電池

トランスミッション

マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッション

燃費

(JC08モード) 16.6km/L

(10・15モード)18.8km/L

搭載されるパワーユニットは「フーガハイブリッド」と同様の「VQ35HR」エンジンに「1モーター2クラッチ方式」のハイブリッドシステムを加えた「インテリジェント・デュアルクラッチ・コントロール」となっています。

変速機はジャトコ製マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションとなっています。

シンプルな機構ながら、疑似クリープ、モーター走行、エンジン+モーターによる全開加速、エンジン走行+充電、回生ブレーキの切り替えをスムーズに行うことができ、トルクコンバーターを介さないため伝達効率も高く、車体の延長とバッテリーを含むハイブリッドシステムの装備により、車両総重量がベースグレードで2,205kg、VIPとVIP

Gで2,225kgとなったが(車両重量はそれぞれ1,930kg/1,950kg)、ハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング機構、電動油圧式電子制御パワーステアリングの効果により、燃費性能は16.6km/L(JC08モード)と平成27年燃費基準+20%を達成しています。

199440_l_dl0000600482[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

また、メカニズム面では、路面からの入力に応じて2つのピストンで減衰力をコントロールする「ダブルピストンショックアブソーバー」を採用して乗り心地を向上させたのをはじめ、ドライバーのエコドライブをサポートする「ECOペダル」を採用するなど、新機構・新技術が積極的に取り入れられています。

安全装備に関しても、「インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)」をはじめ、「インテリジェントクルーズコントロール」、「インテリジェントブレーキアシスト/前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト」、「車線逸脱防止支援システム」、「前方車両接近警報」、「VDC」など、各種の先進的な安全装備が用意されています。

新型「シーマ」主要スペック

hyou801

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

→ 新型シーマを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

まとめ

199441_l_dl0000600483[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」は、「シーマ ハイブリッド」、「シーマ ハイブリッド VIP」、「シーマ ハイブリッド VIP G」の3グレードがラインナップしています。

車両価格

・シーマ ハイブリッド

7,646,400円

(税抜価格:7,080,000円)

・シーマ ハイブリッド VIP

8,186,400円

(税抜価格:7,580,000円)

・シーマ ハイブリッド VIP G

8,726,400円

(税抜価格:8,080,000円)

「シーマ ハイブリッド VIP」、「シーマ ハイブリッド VIP G」には、前席エアコンディショニングシート、後席パワーリクライニングシート、セミアニリン本革シート、リアアームレスト内蔵コントロールスイッチ、後席テンションリデューサー付ELR3点式シートベルト(左右席)などが標準装備となっています。

VIP系はオーナーが後席に乗るための使用したグレードで、パーソナルユーザーが乗るのならベースグレードに必要に応じてオプション装着することをおすすめします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク