新型シーマ 口コミ評価 評判まとめ

シーマ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シーマにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型シーマの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

全車ハイブリッドとして5代目にモデルチェンジを行った日産の最上級車「シーマ」は、広い室内と伝統の圧倒的な走行性能にくわえて、クラストップレベルの低燃費を両立しています。

そんな新型「シーマ」の評価はどうでしょうか。


スポンサーリンク

新型「ニッサン・シーマ」、その特徴は

199436_l_dl0000440711[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

日産「シーマ」は、昭和63年1月に発売された初代モデル以来、日産の最上級車に位置付けられてきました。

今回で5代目となる新型「シーマ」は、日産のフラッグシップモデルであるとともに、パーソナルカーというより、オーナーが後席に座るいわゆる”ショーファードリブン(お抱え運転手付の高級車)”としての性格を強調した仕上がりとなっています。

199440_l_dl0000600482[1]199435_l_dl0000440710[1]708_dl0000485259

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

全長

5,120mm

全幅

1,845mm

全高

1,510mm

ホイールベース

3,050mm

ボディは、全長と全幅は従来シーマと同じとなっていますが、ホイールベースが延長され、このことにより後席ニールームが825mmと、大きな居住空間を獲得しました。

エクステリアは、立体感のある大型のフロントグリルやメッキをあしらったバンパーなどが特長で、FR車らしいロングノーズ・ショートデッキの基本形をベースに、ホイールベースの延長によってのびのびとしたサイドビューが創り出されています。

インテリアは、後席を中心とした快適さやさまざまなおもてなしがポイントで、シートは全席のクッションに低反発ウレタンを使用し、上位グレードにはシートクッションやシートバックから暖気/冷気が噴き出す「エアコンディショニングシート」やセミアニリン本革シート、パワーリクライニングリアシートなどが採用されています。

最上級グレードには、BOSE5.1chサラウンドサウンド付後席プライベートシアターシステムなども用意されています。

また、快適性を重視して新たなチューニングを施したコンフォートサスペンションによって快適な乗り心地が実現し、「アクティブノイズコントロール」や騒音の低減を目指して開発された「吸音タイヤ」などによって、高い静粛性も確保されました。

65_dl0000440563[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

パワートレインは、日産独自の1モーター2クラッチのパラレル方式ハイブリッドシステムが搭載されます。

「VQ35HR」型3.5リッターV型6気筒エンジンと高性能モーター「HM34」を組み合わせることで、364psの圧倒的な動力性能を発揮し、充放電に優れた特性を持つリチウムイオン電池の採用で、効率の良いパワフルな走りが実現しています。

マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションの採用などと合わせ、豪快な走りと画期的な低燃費を実現し、JC08モードで16.6km/Lは10・15モードでは18.8km/Lに達し、従来のシーマの「8km/L」に対し2倍以上の低燃費となっています。

メカニズムでは、路面からの入力に応じて2つのピストンで減衰力をコントロールする「ダブルピストンショックアブソーバー」を採用して乗り心地を向上させたのをはじめ、ドライバーのエコドライブをサポートする「ECOペダル」を搭載するなど、新機構・新技術が積極的に採用されています。

安全装備では、「インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)」をはじめ、「インテリジェントクルーズコントロール」、「インテリジェントブレーキアシスト/前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト」、「車線逸脱防止支援システム」、「車線逸脱警報」、「前方車両接近警報」、「VDC」など、各種の先進的な安全装備が採用されています。

新型「シーマ」のグレードは、「シーマハイブリッド」、「シーマハイブリッドVIP」、「シーマハイブリッドVIP G」の3グレードが設定されています。

上級グレードの「シーマハイブリッドVIP」、「シーマハイブリッドVIP G」には、前席エアコンディショニングシート、後席パワーリクライニングシート、セミアニリン本革シート、リアセンターアームレスト内蔵コントロールスイッチ、後席テンションリデューサー付ELR3点式シートベルト(左右席)などが標準装備されています。

グレードと車両価格は次の通りです。

199446_l_dl0000600484[1]65_dl0000440939[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

・シーマハイブリッド

7,646,400円

(税抜価格:7,080,000円)

・シーマハイブリッド VIP

8,186,400円

(税抜価格:7,580,000円)

・シーマハイブリッド VIP G

8,726,400円

(8,080,000円)


スポンサーリンク

新型「シーマ」、みんなの評価

199441_l_dl0000600483[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」は、全数が日産自動車栃木工場(栃木県上三川町)で生産されています。

さらなる品質向上のため、塗装工程では「匠」と呼ばれる熟練者が中塗り後生産ラインから外し、一台一台専用の特別室で塗装面を平滑にする「水研ぎ」と呼ばれる作業を行っています。

また、検査工程では資格を持つ検査員が全車両に対し品質検査を実施した後に、走行試験において検査員が2名体制(通常は1名体制)で走行や操舵フィーリングの評価試験や内装の軋み音の有無のチェック等を行っています。

すべての工程に合格した車両には栃木工場長の直筆サインが記された「品質確認書」が付与されています。

そんな新型「シーマ」のユーザーの皆さんの評価はどうでしょうか。

photo_01

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

◆シーマの外観はとてもきれいです。塗装時に生産ラインからいったん外し、熟練した作業員が水研ぎ(水磨き)をし、再びラインに戻すという手間のかかる作り方をしているからです。

このためごく限られた台数しか生産できないクルマとなっています。

一台ずつ栃木工場内のテストコースで試乗による確認をしてから出荷されるのもシーマだけとなっています。

走りの静かさや滑らかさはさすが日産の最上級車という感じで、スルスルと滑るように静かに、かつとても力強う走りが実現しています。

日産の最高級車で870万円の価格設定です。とても簡単に買えるクルマではありませんが、車格も車の中身も大きく異なるため単純に比較はできませんが、レクサスLSハイブリッドなどと比べると格段に割安感のあるクルマといえます。

199547_l_dl0000441280[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

◆長年乗ったF50(H13)からの乗り換えです。

良い点

・デザイン、他の欠点をすべてカバーします。

・燃費、街乗り12km/L、高速10km/L、高速はモーターをほとんど使いません。

前のF50が5km/Lでしたから満足です。

・スタート、加速が良い。

でもEV走行を意識して飛ばさなくなりました。

・前車に比べて装備、操作性など快適です。

とくにシートエアコンディショナーはグッド。

・後席もリクライニング機能やヒーター、TVもついて快適ですが、前席から操作できればもっと良かった。

不満な点

・サンルーフはいりません。

・F50よりハンドルが重い、見切りが悪い、侵入音がうるさい。

室内にこもるゴロゴロ音はハイエンドモデルとは思えません。

・塗装は良いが、車体の材質、造りはワンランク下でドアの開閉音が安っぽい。

・シート座面の淵が高いので降車時にかなりももに当たります。

痛いしシート表面が悪くならないか不安です。

・もちろんトランクは狭いです。

まとめ

他メーカーのハイエンドクラスは後席、法人ユースを考慮し価格に跳ね返っていますが、ドライバーズカーのフーガがベースなので、自分で運転するクルマとしては、ステータス、価格、ドライビングのバランスが良い車です。

→ 新型シーマを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

まとめ

199442_l_dl0000440723[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

いかがでしたか。

新型「シーマ」は、その性格上、後席重視の作り込となっています。

しかし、伝統のパワフルな走りは、間違いなく受け継がれています。

ウィークディは後席で、そして一旦休日になれば、自分でハンドルを握りワインディングを駆け抜ける。

こんな使い方もはいかがでしょうか。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク