新型シーマ 値引き術!

シーマ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シーマの値引き方法について情報をまとめました。

新型シーマはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

日産の最高峰セダン「シーマ」は、全車ハイブリッドとして、伝統の走行性能と優れた環境性能を両立しています。

そんな憧れの新型「シーマ」の魅力をご紹介します。

あわせて購入の際の交渉のポイントなどもご紹介したいと思います。

一度検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

ニッサン新型「シーマ」、どんなクルマ?

photo_04

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

歴代のDNAである「圧倒的な走行性能」を継承し、優れた環境性能を兼ね備えた日産の最高級セダン「シーマ」は、今回フルモデルチェンジを行い5代目となりました。

3.5Lハイブリッド用「VQ35HR」型V6エンジン(最高出力306馬力)と高性能モーター「HM34」(最高出力68馬力)を搭載し、「ハイブリッド(HYBRID)」、「「ハイブリッドVIP(HYBRID VIP)」、「ハイブリッドVIP G(HYBRID VIP G)」の3モデルをラインナップしています。

65_dl0000440563[1]199473_l_dl0000440655[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

日産独自の1モーター2クラッチ、パラレル方式のハイブリッドシステム「インテリジェント デュアルクラッチ コントロール」を採用し、ダイレクト感のあるレスポンスに優れた走りと低燃費を両立し、バッテリーには優れた充放電性能を持つリチウムイオン電池が採用し、マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションを組み合わせることで、クラストップレベルのJC08モード燃費16.6km/Lを達成しました。

199446_l_dl0000600484[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

ボディサイズ

全長

5,120mm

全幅

1,845mm

全高

1,510mm

ホイールベース

3,050mm

全長と全幅は先代と同等としながら、全高は+20mm、ホイールベース+180mmとすることで、フラッグシップカーに相応しいボディサイズとなりました。

エクステリアは、立体的なフロントグリルやメッキモールをあしらったフロントバンパーにより存在感を高めるとともに、伸びやかでエレガントなサイドビューとなりました。

708_dl0000485229

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

インテリアでは、セミアリニン本革シートや、「銀粉本木目フィニッシャー」、シートクッションやシートバックから暖気/冷気を吹き出す「エアコンディショニングシート」、後席のパワーリクライニングシートなどを「ハイブリッド VIP(HYBRID VIP)」、「ハイブリッド VIP G(HYBRID VIP G)」に標準装備

後席は3mを超えるロングホイールベースによりクラストップレベルを誇る後席ニールームを実現したほか、後席読書灯、後席パーソナルランプ&照明付きバニティミラー、リア/リアドア電動サンシェード、リアドアオートクロージャー機能など、快適性を追求した装備が充実しています。

上質な乗り心地と高い静粛性をめざし、日産初採用となる「吸音タイヤ」や、後席重視のチューニングを施した「アクティブコントロール」が搭載され、さらに、路面からの入力に応じて、2つのピストンで減衰力をコントロールする「ダブルピストンショックアブソーバー」を採用し、乗り心地の向上が行われました。

また、エンジン回転数の高まりに応じて生じる不快なこもり音を、逆位相の制御音を使って低減する「アクティブノイズコントロール」を搭載するとともに、特殊な吸音材を内部に取り付けた「吸音タイヤ」の採用と合わせ、高級車らしい静かな走りが実現しています。

新型「シーマ」では、高級車の求められる製造品質を追求するために、「よりこだわりの強い工程」を経て生産されています。

たとえば、塗装工程ではより美しく仕上げるために、ボディ塗装表面の鮮やかさが求められる濃色のボディカラーについては、中塗り後に一度生産ラインから外し、熟練者が一台ずつ手作業による水磨きを行ってから上塗りを行っています。

グレード構成と車両価格は次の通りです。

・シーマ ハイブリッド(HYBRID)

708_dl0000600464

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

7,646,400円

(税抜価格7,080,000円)

・シーマ ハイブリッド VIP(HYBRID VIP)

199496_l_dl0000440941[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

8,186,400円

(税抜価格7,580,000円)

・シーマ ハイブリッドVIP G(HYBRID VIP G)

vip_g_exterior[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

8,726,400円

(8,080,000円)


スポンサーリンク

新型「シーマ」、最新値引き情報

199436_l_dl0000440711[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

「フーガ」と同様の3.5L 「VQ354HR」エンジンを搭載し、1モーター2クラッチ方式のハイブリッドモデルのみが用意され、全車FRの駆動方式を採用している新型「シーマ」には、ベースグレードの「ハイブリッド」、「ハイブリッド VIP」、そして最上級グレードの「ハイブリッド VIP G」の3グレードが用意されています。

上級グレードの「VIP」及び「VIP G」にはセミアニリン本革シートや後席パワーシートなどが標準で装備され、最上級の「VIP G」には、後席用ヘッドレストモニターなどがさらに装備されています。

三菱の「ディグニティ」はこの「シーマ」がベースとなるOEM供給車両となっています。

値引き額30万円台、オプションによっては数万円の上乗せが可能というところです。

東京や大阪などの大都市部では輸入車などの競合も多く、40万円台の大台に乗ることもあるようです。

トヨタ「マジェスタ」、「クラウン」や「シーマ」のOEM者である三菱「ディグニティ」も競合車種となっていますので、相見積を取っておきましょう。

→ 新型シーマを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

新型「シーマ」、値引き交渉のコツを紹介

199442_l_dl0000440723[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

日産「シーマ」やトヨタ「マジェスタ」などの国産高級車はユーザーの高齢化という問題を抱えています。

フルモデルチェンジされた高価格のアルファードやメルセデスなどの輸入高級車の販売は順調に推移しているところからすれば、その車両価格だけではないイメージの問題もあるように考えられています。

欧州の高級セダンに慣れている人を引き付けるのは、このイメージの刷新が急務であると考えます。

モデルチェンジを行った「シーマ」は、ユーザーの若返りを狙ったスポーツイメージを前面に押し出す戦力を推し進めています。

値引きについては、数多くを販売するつもりがないので、値引きを拡大して価値を下げるような販売手法を避けているのが、バブル期の高級車販売と大きく異なっているところですが、ディーラーとしては1台当たりの利益は大きく、10万円多く値引かなかったために成約を逃すことは絶対避けなければならないところです。

この辺りは、メーカーの思惑と現場とのギャップであり、購入者側としては付け込む隙はありそうです。

新型「シーマ」の競合車種としては、

・レクサス LS460

img_gallery_06

引用:http://lexus.jp/models/ls/

830.0~1080.0万円

旧セルシオといったところで、ハイブリッドではありませんが、パフォーマンスは全く問題ありません。

・キャデラックCTS-Vセダンプレミアム

945.0万円

いわゆる「Vシリーズ」という日本向けの最上級モデルで、V8・6L+スーパーチャージャーは415kw(564ps)のパワーと747Nm(76.1kgm)の大きなトルクが魅力です。

内装は伝統と最先端技術の見本市のようだと言われています。

・メルセデスベンツ CLS350ブルーエフィシェンシー

945.0万円

メルセデスらしからぬスタイリッシュなクーペモデルが最大の魅力です。

ブルーエフィシェンシーという環境技術はブルーダイレクト直噴3.5Lエンジン以外にも、アイドリングストップ、可動式フィン付ラジエターブラインド、アルミボンネットなどが採用されています。

新型「シーマ」の購入時には、値引き額と同様に下取り価格も重要となります。

いくら値引きしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。

新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買い取り相場も調べておきましょう。

「一括見積査定」を利用することで、買い取り相場がすぐにわかります。

ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

まとめ

708_dl0000485230

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

国産車の中でも最高級車種の中に入る新型「シーマ」ですが、初代「シーマ」が大ヒットしたバブル期はいざ知らず、現在では決して安い買い物ではありません。

また、個人ユーザーというよりも、法人ユーザーが多い車種といわれています。

値引き交渉はもちろんのこと、保険なども検討することが重要です。

車両保険などが付帯できるかどうか、よく検討を重ねてほしいものです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク