新型シーマ オプションまとめ!

シーマ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シーマのオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型シーマにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

圧倒的な走りの良さと経済性を磨いた日産「シーマ」は、最上級車としての装備が満載しています。

そんな日産「シーマ」の魅力をご紹介します。

全車ハイブリッドとして生まれ変わった新型「シーマ」の実力は如何に。

ご検討中の方の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

日産新型「シーマ」とは

photo_04

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

歴代「シーマ」のDNAである「圧倒的な走りの良さ」を継承し、優れた環境性能を兼ね備えた日産のフラッグシップモデルは、今回フルモデルチェンジを行い5代目として復活しました。

199473_l_dl0000440655[1]65_dl0000440563[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

今回のモデルチェンジでは、全車にハイブリッド用V6エンジン「VQ35HR」(最高出力306ps)と高性能モーター「HM34」(最高出力680ps)を搭載し、日産独自の1モーター2クラッチ、パラレル方式のハイブリッドシステ「インテリジェント デュアルクラッチ コントロール」を採用しすることで、ダイレクト感のあるレスポンスに優れた走りとクラストップレベルの低燃費を両立しました。

バッテリーには素早い充放電特性を持つリチウムイオンバッテリーを採用し、マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションと組み合わせることで、JC08モード燃費16.6km/Lを実現しながら、0-100km/h加速では6.6秒という驚異的な走行性能を達成しています。

ラインナップは、ベーシックな「シーマ ハイブリッド」、上位グレード「シーマ ハイブリッド VIP」、「シーマ ハイブリッド VIP G」という3グレードで構成されています。

199446_l_dl0000600484[1]708_dl0000485251

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

全長

5,120mm

全幅

1,845mm

全高

1,510mm

ホイールベース

3,050mm

のボディサイズは、全長及び全幅は先代と同等ながら、全高が20mm高く、ホイールベースは180mm延長され、後席ニールームの拡大が実現しています。

エクステリアは、立体的なフロントグリルやメッキモールをあしらったフロントバンパーにより存在感を高めるとともに、ホイールベースが延長されたサイドビューは伸びやかでエレガントさを強調する仕上がりとなりました。

インテリアでは、セミアニリン本革シートや、「銀粉本木目フィニッシャー」や、シートクッションやシートバックから暖気/冷気を吹き出す「エアコンディショニングシート」、後席パワーリクライニングシートなどが上位グレード「シーマ ハイブリッド VIP」、「シーマ ハイブリッド VIP G」に標準装備としています。

後席は3mを超えるロングホイールベースによってクラストップレベルを誇る後席ニールームを実現したほか、後席読書灯、後席パーソナルランプ&照明付きバニティミラー、リア/リアドア電動サンシェード、リアドアオートクロージャー機能など、快適性を高めました。

ボディカラーは高級感あふれる全4色が用意されています。


スポンサーリンク

新型「シーマ」、おすすめオプション

199438_l_dl0000600481[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」のラインナップは、ベースグレード「シーマ ハイブリッド」、上位グレード「シーマ ハイブリッド VIP」、最上級グレードの「シーマ ハイブリッド VIP G」という3グレードで構成されています。

ここでは、グレード毎の標準装備を見ていきましょう。

■シーマ ハイブリッド

199441_l_dl0000600483[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

・車両価格

7,646,400円

(税抜価格:7,080,000円)

・主要装備

cima_equipment[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

■シーマ ハイブリッド VIP

199440_l_dl0000600482[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

・車両価格

8,186,400円

(税抜価格:7,580,000円)

vip_equipment[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

■シーマ ハイブリッド VIP G

vip_g_exterior[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

・車両価格

8,726,400円

(税抜価格:8,080,000円)

vip_g_equipment[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

インテリアは、後席を中心にした快適性やおもてなしがポイントとなります。

シートは全席のクッションに低反発ウレタンを採用したほか、VIP系のグレードにはエアコンディショニングシートやセミアニリン本革シート、パワーリクライニングリアシートなどが採用されています。

最上級グレードの「VIP G」には、BOSE5.1chサラウンドサウンド付後席プライベートシアターシステムが用意されています。

また、快適性を重視して新たなチューニングが施されたコンフォートサスペンションによって快適な乗り心地が実現したほか、「アクティブノイズコントロール」や騒音の低減を重視して開発された「吸音タイヤ」などによって、たkぁ委静粛性も確保されています。

メーターにはハイブリッドシステムの作動状況に応じてバッテリーの残量、アクセルガイド、ECOドライブインジケーターEVオド・ツイントリップメーターなど、多彩な情報を表示するセンターディアスプレイが採用されています。

メカニズム面では、路面からの入力に応じて二つのピストンで減衰力をコントロールする「ダブルピストンショックアブソーバー」が採用することで乗り心地を向上させたのをはじめ、ドライバーのエコドライブをサポートする「ECOペダル」を採用するなど、新機構・新技術が積極的に取り入れられています。

安全装備に関しても、「インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)」をはじめ、「インテリジェントクルーズコントロール」、「インテリジェントブレーキアシスト/前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト」、「車線逸脱防止支援システム」、「車線逸脱警報」、「前方車両接近警報」、「VDC」など、各種の先進的な安全装備が用意されています。

それぞれのグレードの消費税を除いた本体価格ベースでみると、708万円、758万円、808万円と50万円ずつの価格差が設定されています。

199442_l_dl0000440723[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

最上級グレードの「シーマ ハイブリッド VIP G」だけに設定されるのが、BOSE5.1chサラウンドサウンド付後席プライベートシアターシステムで、これが50万円となる計算となります。

「シーマ ハイブリッド VIP」、「シーマ ハイブリッド VIP G」には、前席エアコンディショニングシート、後席パワーリクライニングシート、セミアニリン本革シート、リアセンターアームレスト内蔵コントロールスイッチ、後席テンションリデューサー付ELR付3点式シートベルト(左右席)などが標準装備されています。

VIP系はオーナーが後席に乗るための使用を設定したグレードで、パーソナルユーザーが載るならベースグレードの「シーマ ハイブリッド」を選び、必要に応じて「BOSE5.1chサラウンドサウンド付後席プライベートシアターシステム」や「前席エアコンディショニングシート」などをオプション装着することができます。

→ 新型シーマを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

まとめ

199496_l_dl0000440941[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」は、全数が日産自動車栃木工場(栃木県上三川町)で生産されています。

さらなる品質の向上を図るために、塗装工程では「匠」と呼ばれる熟練者が中塗り後に生産ラインから外し、一台一台専用の特別室で塗膜を平滑にする「水研ぎ」と呼ばれる工程を行っています。

また、検査工程においては、資格を持つ検査員が全車両に対し品質検査を実施したのちに、走行試験において検査員が2名体制(通常は1名体制)走行や操舵のフィーリングの評価試験や内装の軋み音の有無等のチェックを行います。

そして、すべての工程に合格した車両に対しては栃木工場長の直筆サインが記された「品質検査確認書」は付与されています。」

まさに、日本の高級車を代表する「シーマ」のみのエピソードです。

いかがですか。一度試してみては。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク