新型ベンツ Cクラス 納車ブログまとめ!

20151204_nav_c_sedan_01

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ベンツ Cクラスの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型ベンツ Cクラスの納車に関するブログのデータをまとめています。

納車のうれしさ、充実感…これはどんな車でも同じですが、とりわけ気に入った車なら格別です。

Cクラスは見どころ、触りどころが満載!走る前からウキウキ感がひしひしと伝わってくる、オーナーのブログをちょっと覗いてみましょう。


スポンサーリンク

日本車はどうも好きになれないので…

2015-mercedes-benz-c-class-fd1

引用:http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/c6866cd455a4781be3f3f5952865246/200153548/2015-mercedes-benz-c-class-fd.jpg

■長らくS18クラウンに乗っていたが、10年乗ってとうとうCクラスを買いました。

特にドイツ車に乗りたいという気もなく、できればアスリートに乗ってみようか、と思ったんですが一回くらいはベンツでもいいか、と考えて購入。

初めてのベンツですが、Cクラスは小型だから乗りやすいだろうと考えたら大間違い。

デカかった!パノラミックスライディングルーフを付けたら納期が半年、ちょっとひどいよな。

インテリアはよく見もしないで契約。

納車の後、Eクラスを見て凹んだ。外観にばかり気を取られていた自分がいた。


スポンサーリンク

AMGラインが気に入った

628x471x2015-mercedes-c-classjpgpagespeedicojpx-luqy1

引用:http://www.blogcdn.com/jp.autoblog.com/media/2013/10/628x471x2015-mercedes-c-classjpgpagespeedicojpx-luqy.jpg

■車のことはほとんど関心がなく、ママ友の多くがベンツ派なので、とりあえず候補に。

とはいえ、小回りが効いてホームセンターの駐車場に停めやすい車がいい、という条件だけで決めました。

なぜベンツ?というと一応カタログを持ってきてもらい、一番素敵だったことと、ベンツなら安全だから…と言われたこと。

ただ、買い物程度に乗るだけだから、Cクラスの一番下のクラスを希望。

ところが、C180という車種は受注生産だったので、その上の「C180 Avantgarde」を契約。

内装が黒光りしている感じがどうしても好きになれない。

AMG仕様のウッドパネル(黒)にしたけど、ブレーキ&アクセルペダルはC180 Avantgardeが好みだった、残念。

1120621

引用:http://i.gimg.jp/cmsimg/112062.jpg?w=720&h=480&scale=both&bgcolor=EAEAEA

オプションは、AMGライン(¥357,000)ベーシックパッケージ(¥194,000)レーダーセーフティパッケージ(¥199,000)メタリックペイント(¥88,000)などがかかりました。

これは結構高くなりますね。

AMGラインはベーシックまたはプレミアムパッケージの同時申込みが必要で、結局割高になるのよ。

プレミアムパッケージって自動開閉トランクがメインでしょ?いらないいらない。


スポンサーリンク

運転席側のウェザーストリップがギシギシ鳴る

2015-mercedes-benz-c400-placement1

引用:http://blog.caranddriver.com/wp-content/uploads/2014/08/2015-Mercedes-Benz-C400-placement.jpg

■参りましたわ、これほんとにメルセデスなんですか?

前席右側のウインドウを抑えるラバー、この部分がカリカリいってうるさい。

せっかくの静粛性だ、剛性だ、皆ぶち壊しですよ!

話を聞いたら、ベンツオーナーの半分以上がこの悩みを抱えているとか。

ディーラーに持ち込んでみたけど、窓枠はゆがんでない、との一点張り。

まさかベンツがこんなことないでしょう…という対応で、一応シリコンオイルを塗ってくれたんですが、音は止まず。

BMWでもこのカリカリ音は定番のようで、ちょうど耳元でなるもんだから気に障ってしょうがありません。

クラウンなら、こんなことは一度もなかったですよ!!

リヤビューは、最高

00009

引用:http://caxury.com/wp-content/uploads/2015/03/14C772_210-e1426349031570-720×340.jpg

■AMGが納車。感激です。オブシディアンブラックで統一したんですが、本当にかっこいい。

特にリヤはこれぞ「ミニSクラス」。うれしかったのは「コンチネンタル」に当たったことですね。

タイヤはハンコックかもしれない…という恐怖感があったんですが、本当に良かった。とはいえ、やはりドイツ車ですから…

納車後最初の儀式は、やはりカーフレグランスの購入。

これが楽しみだったんですね。

フットレストを装着

Malagrine

引用:http://4.bp.blogspot.com/-zeD3UwdO6Pw/U-wmAWZff9I/AAAAAAABcWg/DKCsqdBd6_g/s1600/Novo-Classe-C-interior.jpg

■AMG LINEが納車されました。オブシディアンブラックでかっこいいですね。

実は、未走行登録車で20kmのメーターからスタート。

滑り出しは上々です。

おかしいですが、ベンツオーナーって納車後最初は必ず寿司屋なんですよ。

なんせ、郊外型の回転ずしは駐車場が広いし、やっぱ寿司って感じの車なんですね!

フットレストをペダルに貼る。このぶつぶつペダル、実に爽快なんです。

あとは、エアバルブキャップをスリーポインテッドスターに交換。

小さいですが、こういうところ、気になるんですね。

あとは、モニターでエアコンの角度を変えたり、助手席側を少し高くしたり…最初は設定に時間がかかりますが、楽しいですね。

ワゴン買いました

2015-mercedes-benz-c-250-exclulsive-full-review-41

引用:http://content.icarcdn.com/editors/2015/mar/2015-mercedes-benz-c-250-exclulsive-full-review-4.jpg

■Sportを購入。排気量は2000ccのターボ。

アヴァンギャルドと違う点は「ブレーキの制動力」、「スポイラー」、「ヘッドアップディスプレイ」、「インテリア」、「シートに若干の変化」があること。

更に、C180Sportのサスはコイルバネですが、C200Sportにはエアサスが付いている。

運転席のCOMANDセレクター左にアジリティというスイッチあり。

2015-mercedes-benz-c-class-lct-411

引用:http://s3.caradvice.com.au/wp-content/uploads/2014/08/2015-Mercedes-Benz-C-Class-LCT-41.jpg

アジリティ設定は、他にもエンジン出力、シフトタイミング、ハンドル特性、エアコンなども変更しました。

アジリティはComfort、Eco、Sport、Sport+の4モードと、ユーザー設定のIndividualの計5つから手元のスイッチで走行中、停車中に関わらずに変更可能です。

車高については、アジリティ設定の他に、Comandセレクター横にある車高UPボタンで、高い段差越え、タイヤチェーン時に車高が上がった状態になります。

もちろん走行可能だが、タイヤが偏摩耗します。

2417541

引用:http://images.autotrader.com/scaler/620/420/cms/images/cars/mercedes-benz/c/2015/2015mercedesbenzcclassvs2015mercedesbenzclaclass/241754.jpg

車高UPのまま長距離を走るのは勧められない。

ただ、高速走行時120kmを越えると車高が下がる。

ベンツといえば、街中でもよく見かけます。

その知名度たるや、車好きなら誰もが知るところでしょう。

そんな、ベンツを購入してから納車されるまでの期間、相当ワクワクしていることでしょう。

そのワクワク感を、購入時の値引き交渉でも味わってみいませんか?目標の値引き額を提示することができれば、ディーラーも応えてくれるはずです。

そんな、新型メルセデスベンツCクラスの値引きの方法については、

「新型メルセデスベンツCクラス 値引き術!」で詳しく解説しています。

2014-mercedes-benz-c-class-estate-wagon-c250-amg-111

引用:http://s3.caradvice.com.au/wp-content/uploads/2014/12/2014-mercedes-benz-c-class-estate-wagon-c250-amg-11.jpg


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう