新型ベンツ Cクラス 色・カラー紹介!人気カラーは?

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ベンツ Cクラスの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型ベンツ Cクラスの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

Cは受注生産の180のカラーは、ホワイト・シルバー・ブラックが全体のほとんどを占めています。

グレードがアップするにつれてブルー、レッドなどの色が増えていきます。

mercedes-benz-c-klasse-nw-gallery51

引用:http://wiesenthal.at/images/uploads/neuwagen/Mercedes-Benz/Galerie/mercedes-benz-c-klasse-nw-gallery5.jp


スポンサーリンク

シッケンズ

uyuyu

引用:http://www.sikkenscr.at/ja/products/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8

オランダのシッケンズの塗装を採用するドイツ車。

不思議なことに、塗装に関してはこの会社の塗装が欧州車のベースラインになっており、下塗りからトップコートまで広く採用されている。

日本では色に関してのシークレットゾーンが各メーカーにあるが、ドイツではそれがオープン化されている。


スポンサーリンク

ソリッド系


スポンサーリンク

149 ポーラーホワイト

00o0

引用:http://yanase.jp/car/id/112230/kobe_gm/grid=4/thumbnail-view.html?param=detail&param=YGConly

メタリック系

日本車同様、メタリックのブラック・シルバー・ホワイトの御三家が圧倒的に人気。

カラーリングに関しては、ドイツの塗装は酸性雨によるボディ浸食と、冬場の塩化カリウム融雪剤による防錆技術が非常に進歩している。

防錆に関してはボルボが圧倒的だが、メルセデスの場合はトップコーティングが非常にうまいことで定評がある。

メタリック系はガラスを散らす「スターライトブラックガラスフレーク」がレクサスにあるが、日本車は塗装自らが傷を補修する技術を追求している。

メルセデスはCクラスが「アルミニウムハイブリッドボディー」を採用。

つまり、軽量化の権化ともいうべきアルミニウムと鉄をうまく使っているだけなのだが、この2つは全く違う性質を持つ。

鉄とはいわゆる鉄鋼を指しており、そもそもが炭素との掛け合わせ、つまり合金だ。

そのため、強度は高いが錆びやすい。

アルミニウムは鉄鋼の重さの3割程度、そして錆びにくい。

問題は細工がしやすい鉄鋼に比べ、アルミニウムは溶接加工が非常に難しい。

アルミニウムだけのエンジンはホンダが有名ですが、ボディにアルミを使うことは、強度の問題でもかなりの技術が必要となる。

わずか数ミリのへこみでさえ、SRSエアバッグの精度に影響を与えるというのが、現在のメルセデスの現状…乗用車の進化をよくよく考えてみると、合理性を富むドイツ人とは思えない「無理」が突き進んでいるとも思える。

197 オブシディアンブラック

oo9o

引用:http://yanase.jp/car/id/110432/gunma/grid=5/detail.html?param=YGConly

775 イリジウムシルバー

ooio

引用:http://yanase.jp/car/id/110434/shibaura/grid=4/thumbnail-view.html?param=detail&param=YGConly

796 シトリンブラウン

oopo

引用:http://yanase.jp/car/id/110443/sakai/grid=4/thumbnail-view.html?param=detail&param=YGConly

890 カバンサイトブルー

ppop

引用:http://yanase.jp/car/id/111651/yokohama/grid=4/detail.html?param=YGConly

988 ダイヤモンドシルバー

p11

引用:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/usercar/000/001/746/805/1746805/p1.jpg?ct=ccac670f610e

992 セレナイトグレー

u00019280269_001l1

引用:http://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/bkkn/280/269/U00019280269/U00019280269_001L.JPG

00p0

引用:http://media2.autotrader.co.uk/media/ae140755f34e4d8ca97ea5ccf6cc652a?width=500&redirectUrl=http://www.autotrader.co.uk/static/missing/images/noimage/no_image_354x200.png

996 ヒヤシンスレッド

006_o1

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1839246/006_o.jpg

896ブリリアントブルー

018_o1

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2512112/018_o.jpg

プラグインハイブリッドモデル、C350e専用色(セダン)のブリリアントブルー。

ただ、この色はカブリオレでも採用されていることから、たまに同じ色を見る方もいるだろう。

ブルーはエコカラーというのはどうも日本とドイツの共通項のようだ。

確かにBlueTEC(クリーンディーゼルの技術だが)とわざわざ英語で表記するあたり、非常に不思議な感覚になってしまう。

ドイツ語で「blau」は…良い意味がない。Er ist blau(He is blue)だと、「奴は酔っ払いだ」ということだし、「blau machen」マッヘンとはmakeのこと、つまり青を作るの意味。

青が酔うというわけなら、青を作るとは「サボタージュ」なのだ!

ドイツで環境問題を意味するのは緑。そうそう緑の党の緑だ。

だが、驚くほど緑色の車は見かけない。

やはり、ベンツと聞いて値引きを考慮に入れて購入を検討している方がほとんどでしょう。

予算を決めて、最後にカラーを見定めていざ!ディーラーへという方へ、少しだけ時間をください。

値引きの目標額それで、十分ですか?実は交渉次第で、もっとお得に買えるようになるはずです。

是非一度ご覧になってみてください。

新型メルセデスベンツCクラスの値引きの方法については、

「新型メルセデスベンツCクラス 値引き術!」で詳しく解説しています。

799 ダイヤモンドホワイト

bad4d891cb095032523abe81d31999781

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/23/8a/bad4d891cb095032523abe81d3199978.jpg

様々なボディーカラーを見てみよう

c-class-estate-fun-drive-main-xlarge-large_transrwyeuu_h0zbkyvljoo6zlkymapkpjdhylnv9ax6_too1

引用:http://www.telegraph.co.uk/content/dam/motoring2/2015/12/02/c-class-estate-fun-drive-main-xlarge-large_trans++rWYeUU_H0zBKyvljOo6zlkYMapKPjdhyLnv9ax6_too.jpg

ppo0

引用:http://thumbs2.picclick.com/d/l400/pict/361665683949_/2016-Mercedes-Benz-C-Class-C-200-d-AMG-Line.jpg

20161106011149f11s1

引用:http://blog-imgs-96.fc2.com/c/a/r/carinfoj/20161106011149f11s.jpg

0090

引用:http://gqjapan.jp//uploads/media/2016/06/16/mercedes-benz-c-class-cabriolet_05-420-420.jpg?1466066896

llpl

引用:http://3.bp.blogspot.com/-bKoOcbviNTY/UrBRt0Tpq4I/AAAAAAAAF2U/p2nBz6EdUh4/s1600/2014Mercedes-benz-C-class-13C1004_28.jpg

kkik

引用:http://p.ke-s.cc/images/response/img.response.jp/imgs/zoom1/993643.jpg

kkuk

引用:http://auto.hobidas.com/img_item/20141002Kawamura01.JPG


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう